イーロン・マスク、「Model Yのすぐ後」にピックアップトラックを作ると約束

次の記事

日本のVC・エンジェル投資家が予想する2018年のスタートアップ・トレンド(前編)

Teslaの全電動セミトラック と第2世代Roadsterを11月に発表したばかりのElon Muskは、今日(米国時間12/26)Twitterで、Teslaをもっと良くするには何をすればいいかをファンに尋ねた。

MuskはTeslaのピックアップトラックを要望した人に答えて、「ピックアップトラックはModel Yのすぐ後に作ることを約束する。基本設計とエンジニアリング要素は5年近く前から私の頭の中にある。作りたくてたまらないんだ」と言った

サイズについてMuskは、Ford F-150と同じくらいだが「真に革新的な(と私が思っている)機能を付けるために、たぶんほんの少し大きくなるだろう」と語った。

これはさして驚くことではない。なぜならMuakは今年、今後数年のうちに電動ピックアップを披露するつもりだと話していたからだ。そして11月にセミトラックを発表した大イベントで、Muskは電動ピックアップトラックの画像を披露し、その設計はセミトラックを基にしたものだった。さらに2016年に発表したMuskの「マスタープラン、パート2」には、Teslaが「新しいタイプのピックアップトラックをつくる」計画が書かれていた。

タイミングに関する唯一の手がかりは、TeslaがModel Yのすぐ後にピックアップを作るということだけで、そのModel Yはまだ正式公開されていない。 Model YはクロスオーバーSUVと呼ばれるカテゴリーに属する車て、開発は後期段階にあると報じられている。TeslaはModel Yを2020年までに出荷する計画だ。

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook