LGもスマートスピーカー戦線に参加、その中身はGoogle Assistantだが音質が売り

次の記事

細胞と組織が自然に発達発育していく能力をプログラミングして簡単に生物機械(バイオマシン)を作れそうだ

LGの今朝(米国時間12/28)の発表によると、同社は2018年の新製品として、Google Assistantを実装したスマートスピーカーを発売する。そのLG ThinQと呼ばれる製品は、Googleが最近ローンチしたハイエンド機Google Home Maxに似ている。LG自身によるセールスポイントは、まずMeridian Audioの技術を採用してロスレスで高解像度のオーディオを実装したこと。Google Assistantの機能によりスマートホームデバイスをコントロールできること。またLG自身の音声アプリケーションにより、同社のThinQ系列のスマートホーム器具をコントロールすることだ。

ThinQスマートホーム器具には、スマート冷蔵庫や皿洗い機、洗濯機、乾燥機、そして掃除機も含まれる

これらをコントロールしたいときは、ThinQスピーカーにこう命じる: “OK Google, talk to LG, turn on the air purifier”(OK Google、LGに言って空気清浄機を動かしてよ)。これらのコマンドは、ぜひぜひ、もっと単純化すべきだよ!

現状ではあまり詳しい情報を提供していないが、来月のCES 2018で完全な情報開示を行うそうだ。音声とオーディオの技術の詳細、そしていちばん重要なのは、価格だ。

スマートスピーカーも種類が増えてきて、AmazonのEcho系列、Google Homeの系列、音質を重視したSonos One、Appleが近く出すHomePodといろいろある。お値段が分からないと、LGのThinQがどのへんに位置するのかも分からない。

今日LGは、ほかにもいくつかの新製品を発表した。たとえばサウンドバーのSK10Y、ポータブルなBluetoothスピーカーPKシリーズなどだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa