この高さ4.5メートル、重さ3.6トンのメカは時速32キロで走る

次の記事

「MixChannel」生みの親の新たな挑戦は“車”のコミュニティ「CARTUNE」、1.1億円の調達も

これはガンダムのモビルスーツのリアルバージョンだ。Furrionという会社がこの巨大メカを作った。名前はProsthesis。私の生活に1台必要だ。

Prosthesisは重さ3.6トンの外骨格型デバイスで最高速度32 km/hで動く。バッテリーは1時間持続すると同社は言っている。そしてこれは実在する本物だ。上のビデオをご覧あれ。

これはロボットではない。操縦者を要する強化外骨格だ。Furrionはこれを集めてレースをさせたいと考えている。

Furrionは2004年創業で、主としてハイエンド家電製品や高級電子機器を作っている会社だ。価格についての言及はない。しかし、ほとんどの物がそうだが、値段を聞かなければならないのは、買えないということだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook