Dell、リサイクル基板から集めた金でジュエリーを作る

次の記事

「メディアは今が変革期」ミレニアル世代向け分散動画のワンメディアが3.5億円調達で本始動

今週新しいジュエリー製品ラインが発表されたのは、ふつうの人間が地球上で最新ファッションを求めて行く最後の場所だろう。それでも、Dell Computersのファッションリーダーたちは構わず進み、リサイクルされたコンピューター基板から収集した金で作った限定エディション・ジュエリーコレクションをCESで発表する。

Dellは女優のニッキー・リードと提携し、14、18カラットの金の指輪、イヤリング、およびカフリンクスを販売する。これは主として同社のリサイクルへの取組みに注目を呼ぶためのささやかな策略だが、少なくともかなり面白いやり方だと正直思った。

EPAによると、電子機器廃棄物でリサイクルされているのはわずか12.5%程度であり、毎年古い携帯電話から6000万ドル相当の金と銀が捨てられている。

Dellによると、新しい効率的なリサイクルプロセスによって余剰に金が得られたので、ただ蓄積するよりもっと面白いことをしようと思ったという。リードがデザインしたリング状のアクセサリーは、来年中に新しいマザーボードを100万枚作るために同社が推進する「クローズド・ループ・システム」に因んでいる。

商品は現在予約受け付け中で、金の指輪が78ドル、派手なカフリンクス1組が348ドル。というわけで、今度誰かにどこでそのキラキラを気に入れたのか聞かれたら、“Dude, I got a Dell” と言って、このビデオを見せればいい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook