これはキーボードを弾きながらピッチベンドをかけられる指輪だ

次の記事

閲覧中のWebサイトがあなたのことをどうやって調べているか分かるツールKimetrak

今週のCESでは面白いガジェットを山ほど見てきたが、今も心に残っているはこれだ。

これはMIDIキーボードを演奏するときにはめる指輪で、手を振ったり鍵盤の上で指を滑らせてビブラートや音の強さを変えることができる。こういうものはビデオで見るのが一番だろう。

手のジェスチャーがサウンドを変化させているのをご覧あれ。ROLIのSeaboardというMIDIコントローラーを思い出させるが、これは標準MIDIキーボードで使える。

作ったのはフランスのEnhanciaという小さな会社。リングには9つのセンサーが組み込まれ、ジェスチャーを検出してキーボードに接続したハブに送信する。展示されていたプロトタイプは優先だったが、出荷時には完全ワイヤレスになるとEnhanciaのチームは言っていた。

3月にKickstarterに登場する予定だとEnhanciaは言っているが…残念ながら価格はまだ決まっていない。
[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook