中小スタートアップに人気のクラウドサービスDigitalOceanが料金体系を改定

次の記事

リクルート「SUUMO」がAirbnbと業務提携、民泊事業へ参入

クラウドホスティング企業DigitalOceanが今日、一部の料金改定を発表した。また同社は数年ぶりに、最低料金月額5ドルのドロップレット*のインスタンスのスペックをアップグレードした。〔*: droplet, 滴(しずく), DigitalOcean独自の愛称で、同社が提供する仮想マシンのこと。〕

5年前にDigitalOceanは、革命的なサービスの提供を開始した。それは月額料金5ドルでSSDが20GB、RAM 512MB、CPUコア1を利用できるサーバーだ。しかしその後、Linuxの仮想サーバーは参入企業がどんどん増えて、低料金が珍しくなくなってきた。

たとえばLinodeは、月額5ドルでRAM 1GB、SSD 20GB、CPUコア1だ。Scalewayでは、RAM 2GB、SSD 50GB、2CPUコアで3ドル65セント(2.99ユーロ)だ。というわけでDigitalOceanは、競争に生き残るために、製品構成および料金体系のオーバーホールをせざるを得なくなった。

新料金は、月額5ドルでRAM 1GB、SSD 25GB、CPUの性能は前と同じだ。標準のドロップレットはすべて、前と同じ料金でRAMが倍になり、ストレージも増える。もちろん料金の高いプランではストレージも大きい。

月額40ドル以上になると、同料金のまま仮想CPUコアの数が前より多くなる。ただし160ドルのプランは、前と変わらない。高額な料金プランが新たに二種類増え、最高の月額960ドルのモデルではRAM 192GB、ストレージ3840GB、コア数32になる。

おもしろいのは、月額15ドルの新しいプランでは構成が三種類あることだ。すなわち、(1)RAM 3GBで1コア、(2)RAM 2GBで2コア、(3)RAM 1GBで3コアだ(下表)。さらにまた、RAM容量33%アップでストレージも多めという、“最適化ドロップレット”もある。ここまで読んで頭が混乱してきた読者は、DigitalOceanの新料金表へ行ってみよう。

なお、同社によると、秒課金をもうすぐ始める。Amazon Web ServicesGoogle Compute Engineがすでにやってるように。

例によってプランを変えるのは簡単で、DigitalOceaのアドミンパネルへ行けばよい。DigitalOceanの人気の源泉は、こんな気軽さ、柔軟性にある。すでにユーザーである方は、さっそく今度の新しい料金体系の“良いとこ取り”をトライしよう。

標準のフレキシブルドロップレット

最適化ドロップレット

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa