「ヒトの瞬間移動」が5GとVRで現実に? KDDIとJR東が上野駅で体験イベント開催、1月27日まで

次の記事

AppleがBusiness Chatでメッセージングのライバルたちに挑戦

eng-logo-2015ヒトの瞬間移動の実現が、VR・ARの発展で現実味を帯びつつあります。

KDDIと東日本は、大容量かつ低遅延の次世代移動通信「5G」と「VR」を活用し、東京から宮城県の商店街に瞬間移動したかのような体験が味わえる「南三陸さんさん商店街へ瞬間移動」イベントを、1月25日から27日の期間限定で東京・上野駅で開催します。
同イベントは、「5G」通信を使って、「南三陸さんさん商店街」と「JR上野駅」をリアルタイムのVR映像で結ぶという内容。

具体的には、来場者は上野駅の特設スタジオでVRゴーグルを装着します。すると、現地ガイドが持つ4K 360°カメラを経由して現地のリアルタイム映像が視界に広がり、現地の人と会話や買い物の疑似体験などインタラクティブなコミュニケーションも可能だといいます。

なお今回のイベント開催にあわせ、KDDIは南三陸さんさん商店街に28GHz帯を使った5Gエリアを試験構築。スループットは下りが1.7Gbps、上りが200Mbps程度で、イベントでは上り回線のみ使用します。

会場はJR上野駅中央改札外グランドコンコース内で、開催期間は下記の通りです。

・2018年1月25日 14:45~16:00
・2018年1月26日 13:00~16:00
・2018年1月27日 13:00~16:00

なお、VRやAR、そして5Gなどを組み合わせた「瞬間移動」構想はクアルコムも発表済。今回の上野駅のイベントでは360°カメラを携帯するガイドが必要ですが、人形のアバター的なロボットと組み合わせれば、ヒトの瞬間移動が実質的に実現したと言えるかもしれません。

▲半導体大手のクアルコムは、映画「キングスマン」の1シーンを引き合いに、VR・AR技術が人の実質的な瞬間移動(テレポート)を可能にするとアピールしていた(2017年12月開催のQualcomm Snapdragon TechSummitにて)

Engadget 日本版からの転載。