楽天がウォルマートと提携――日本でネットスーパーを協働運営、米国で楽天Kobo展開へ

次の記事

クラウド上の超ハイエンドゲームPC Shadowがイギリスでもローンチ、Shadowボックスは最初の500名無料

楽天は1月26日、ウォルマートと日米における戦略的提携を締結したことを発表した。両社の強みを活かしたユーザーへのリーチ拡大とサービス向上が目的で、「日本でのネットスーパー事業展開」と「米国での電子書籍サービス展開」に取り組む。

日本におけるネットスーパー事業については、楽天とウォルマートの日本子会社である西友が「楽天西友ネットスーパー」を協働で運営する。新会社を設立する方針で2018年度第3四半期(7〜9月)にサービスの提供を開始する予定だ。

配送は西友の実店舗からだけでなく、2018年内にネットスーパー専用の配送センターを設けることで件数を拡大。生鮮食品や日用品に加えて、ミールキットや楽天ならではのお取り寄せグルメも扱うという。ビッグデータやAIを活用した最適な商品の提案、楽天スーパーポイントの導入にも取り組む。

また今回発表されたもうひとつの施策が、米国での電子書籍サービス「楽天Kobo」の展開だ。具体的には年内に楽天Koboの提供する電子書籍やオーディオブック、電子書籍リーダーなどを、米国内のウォルマート実店舗や「Walmart.com」にて独占販売する。

今回の提携について、楽天の代表取締役会長兼社長である三木谷浩史は「楽天とウォルマートは、世界有数のEコマースおよび小売りのリーディングカンパニーとして、革新的なサービスの提供を通じて、世界中のお客様の生活をより豊かにするために独自のマーケットを築いてきました。ウォルマート社との提携により、お客様により満足いただけるようなお得なサービスをお届けできるようになることを、心より嬉しく思います」とコメントしている。