コインチェック、流失したNEMの保有者約26万人に日本円での返金を発表

次の記事

Facebookの社員がトランプのロシア疑惑で特別検察官の聴取を受けたらしい、その詳細はまだ不明

1月26日に約580億円に相当する仮想通貨「NEM(ネム)」の不正流出を発表していた、仮想通貨取引所を運営するコインチェック。

同社は28日、流出の影響を受けたNEMの保有者が約26万人であったことを報告。その上でNEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金する形で補償することを明かした。

補償金額は88.549円×保有数となり、総額は日本円で約460億円。補償時期や手続きの方法については現在検討中で、返金原資については自己資金より実施する。

なお金額の算出方法については、NEMの取扱高が国内外含めて最も多い仮想通貨取引所Zaifの価格を参考にし、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本発表まで(2018/01/26 12:09〜2018/01/27 23:00 )の加重平均の価格で、日本円にて返金する。