Amazon、独自のQRコード風の”SmileCodes”を実験中

次の記事

Samsungが暗号通貨採掘用のASICチップの生産を開始、TSMCと競合へ

Amazon、独自のQRコード風の”SmileCodes”を実験中
QRコードはまだ米国では本格的に普及しているとはいえないが、それでもAmazonは類似のシステムに挑戦しようとしている。

Amazonは、独自のスタイルのコードを開発し “SmileCodes” と名付けた。

QRコードをスキャンしたことのある人なら、よく似たアイデアに見えるだろう。雑誌などでコードを見つけたら、スキャナー(Amazonアプリに内蔵される)を開いてカメラをコードに向けると何かが起きる。その何かはコードによって異なるが、製品ページに飛ぶ、ビデオ(映画の予告編や製品レビュー等)が再生されるなどなどだ。

ほかのバーコードと差別化するために、コードの中央右側には大きくAmazonのスマイルロゴが置かれている。”SmileCode” の名前はそこから来ている。

AmazonはこのコードをヨーロッパのポップアップストアとAmazon Lockers(写真上)でこの数週間テストしているが、2月にはいくつかの雑誌で米国デビューさせる予定だ(CosmopolitanとSeventeen)。

雑誌の広告からAmazonの商品ページにジャンプさせるだけでなく、Amazonならこのコードをもっと身近な物に載せると思うべきだ。あのAmazonボックスだ。これまでにもAmazonはこの箱に広告を載せたことが一度ならずある(2015年の鮮やかな黄色のミニオンと数カ月前の赤いGreatest Showmanの箱)。このコードはあの箱をクリック可能なリンクに変える確実で繰り返し可能な方法だ。もしスキャンしてもらえなくても、単にAmazonのロゴが増えるだけのことだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook