赤いテスラには「スターマン」が乗っていた――イーロン・マスクのFalcon Heavy、打ち上げ準備完了

次の記事

iPhone Xの着信時にディスプレイ表示が遅延、「電話が取れない」との報告が多数。アップルは調査中

イーロン・マスクはケープカナベラルでSpaceXが始めて発射するモンスター、Falcon Heavyの最終点検に忙しい。今回のペイロードはマスクの愛車、チェリーレッドのTesla Roadsterで、ロケット先端のファエリング内に設置されて宇宙に飛び出す。

このTelsaにはドライバーが乗っていることがInstagramに投稿された写真で判明した。SpaceXが開発したクールな宇宙服を着用したダミーの宇宙飛行士だ。マスクはこのドライバーをデビッド・ボウイーの曲にちなんでStarmanと名付けている。

打ち上げは火曜日の東部時間午後1:30に予定されている〔日本時間2/7明け方〕。願わくば、ボウイーの名曲に乗って無事に宇宙に飛び出してもらいたい。

Starman in Red Roadster

A post shared by Elon Musk (@elonmusk) on

今回のペイロードはもちろんFalcon Heavyのテスト用ダミーだが、宇宙に送られる物体としていちばん愉快なものだろう。同時に人類が環境に与える負荷を最小限にするためにイーロン・マスクが挙げてきた業績や地球外に植民するというビジョンを巧みに象徴するものとなっている。

TechCrunchでは記者がケープカナベラルに出向き、現地からこの歴史的打ち上げをレポートする。ご期待いただきたい。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+