これは、部屋全体を使って4人でプレイするリアルPongだ

次の記事

人材紹介会社マッチングのgrooves、地銀系VCなどから1.8億円を資金調達——地方の人材不足解消を支援

Pongが登場してから45年(!)以上が過ぎた。今のところこれをプレイして大きくなった人を見つけるのは難しくないだろう。

だが、こんなかたちでプレイしたことはおそらくないはずだ。

カナダのマルチメディアスタジオ、Moment Factoryは、Pongを部屋全体を使った巨大な体験へと変えてひとひねりを加えた。それぞれのパドルは人間ふたりが協力してコントロールする。

ゲームはみなさんご存じのPongと同じように始まり、ボールは12 x 18メートルのプレイ空間を動き回る。しかし、ボールを打ち合っていくうちに難題がふりかかる。ボールはスピードアップし、2つに分かれ、ボールのサイズが拡大/縮小する。

画面は天井から床面に映写され、LIDARセンサー(自動運転車の屋根にくくり付けられている大きな回転する筒のようなもの)がプレーヤーの位置を検出する。

ではどこへ行けばプレイできるのか? 残念ながら、おそらく、…今はどこへ行っても無理だ。Moment Factoryは、モントリオールで行われたビデオマッピング会議でこれを公開デモしたが、どうやらまた実験室に戻るらしい。なお、同社は現在ほかのアーケード型の体験を開発中であることを予告していた。

[via Engadget]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook