3Dプリント

 

  • スウェーデンの科学者たちが人間の軟骨細胞でインプラントを3Dプリント、マウスへの移植に成功

    スウェーデンの科学者たちが人間の軟骨細胞でインプラントを3Dプリント、マウスへの移植に成功

    3Dプリントで体の部品を作るこ技術が、また一歩前進したかもしれない。スウェーデンのSahlgrenska Academy(サルグレンスカ・アカデミー==ヨーテボリ大学医学部)とChalmers University of Technology(チャルマース工科大学)の科学者たちが、人間の軟骨の細胞を生後6週間のマウスに移植することに成功した。 続きを読む

  • ロボットの皮膚の3Dプリントを研究しているMITのチームが自己防衛のために色を変える甲虫から重要なヒントを得た

    ロボットの皮膚の3Dプリントを研究しているMITのチームが自己防衛のために色を変える甲虫から重要なヒントを得た

    Subramanian Sundaramのチームは、3Dプリントによるロボットの制作で行き詰まったとき、ロボット屋さんがよくやることだが、自然へと目を向けた。そしてこのMITの研究者たちのチームはごく最近、golden tortoise beetle(ゴールデンカメノコハムシ)から、ヒントをいただいた。それは、ユニークなカモフラージュを習性とする、北米原産の甲虫類だ。 続きを読む

  • MakerBotの新しい3Dプリントドライバーは、材料もプリント時間も平均30%節約する

    MakerBotの新しい3Dプリントドライバーは、材料もプリント時間も平均30%節約する

    MakerBotのMinFillが昨夜(米国時間3月19日夜)、既存顧客に対するファームウェアのアップグレードとしてひっそりと登場した。同社は既にそれを「3Dプリンティングのスピードと幅広い応用に対する重要な評価基準だ」と呼び始めている。当然のことながら、この分野のメーカーたちによる、このような気宇壮大な宣言には少々気を付ける必要がある、特にそれが、インフィル(モデルの内部で支えになる構造)という… 続きを読む

  • 陽気なキャンディカラーの3D肝臓プリントモデルが、腫瘍に立ち向かう医師たちを助ける

    陽気なキャンディカラーの3D肝臓プリントモデルが、腫瘍に立ち向かう医師たちを助ける

    肝臓は素晴らしいものだ。クラッカーにペーストしても美味しいし、敗血症からあなたの血液を守ってもくれる。しかしこの奇妙な臓器を手術するためには、少しばかりの幸運と十分な準備が必要とされる。有り難いことに、更に良い準備手段が現れた。 ここ数ヶ月の間、ポーランドのクラクフにあるヤギェウォ大学医科大学の医学生、Jan Witowskiは、医師向けの、肝臓の3Dモデルを作成してきた。それを医師が手術の前に眺める… 続きを読む

  • ピザを3D”プリント”―、BeeHexが100万ドルを調達

    ピザを3D”プリント”―、BeeHexが100万ドルを調達

    「3Dプリンター」というフレーズを耳にすると、普通の人はプラスチック製のアクセサリーやおもちゃ、ハードウェアのプロトタイプまたは人工装具といったものを作る機械のことを思い浮かべるだろう。しかし3Dフードプリンターを開発しているBeeHexは、この度シードラウンドで100万ドルを調達し、最初の製品となるピザプリンターの「Chef 3D」をローンチしようとしている。 当初BeeHexは、地球から長期間離れ… 続きを読む

  • オーダーメイドのインソールを作るWiivvが$4Mを調達して靴にも進出

    オーダーメイドのインソールを作るWiivvが$4Mを調達して靴にも進出

    本誌主催Hardware Battlefieldで人気者だったWiivvがシリーズAで400万ドルを獲得し、買収も行った。たかが履物屋さん、と馬鹿にしてはいけない。 でもしかし、同社はただの靴屋ではない。ファウンダーのShamil HargovanとLouis-Victor Jadavjiを軸とするWiivvのチームは、3Dプリントで作ったインソールを売っている。これまでに作って売ったインソールは1万足だ… 続きを読む

  • プリント後に形を変えることのできる3Dプリント素材をMITの化学者たちが発明

    プリント後に形を変えることのできる3Dプリント素材をMITの化学者たちが発明

    3Dプリントされたプラスチックは、そのままの形をずっと保つ。3Dプリントで作ったヨーダが大手術をせずにチューバッカの頭に変わることはない。ところが、MITの科学者たちは、プリント後のポリマーを変えることのできる3Dプリントの方法を作り出した。オブジェクトの縮小拡大、色を変える、さらに形を完全に変えることもできる。 続きを読む

  • 出会いサイトMatchのポップアップコーヒーショップでは飲み物の上にお相手の顔を3Dプリントする

    出会いサイトMatchのポップアップコーヒーショップでは飲み物の上にお相手の顔を3Dプリントする

    デートサイトの老舗Matchが、巧妙なパブリシティ策としてコーヒーショップのポップアップショップを開き、しかもそこでは、カフェラッテの泡の上にお相手の顔を3Dプリントする。 店に入って飲み物をオーダーするときに、男4女4計8名の候補から一人を選ぶ。すると、その人の顔が3Dプリントされたコーヒーが運ばれてくる。Match上のその人のプロフィールのリンクなど、関連情報もついている。 続きを読む

  • 3Dプリンターでセラミックの精密プリントができる…Formlabsがそのための実験システムとツールを開発

    3Dプリンターでセラミックの精密プリントができる…Formlabsがそのための実験システムとツールを開発

    Formlabsの3Dプリンターは、まるで射出成形で作ったような、しっかりした滑らかなオブジェクトを作る。しかし今回彼らは、改良された素材をいくつか加え、その中には、完全にマットで、最適なプリントを得るために配合を変えられるグレーの素材や、あとでふつうに焼成できるセラミックの素材がある。 さらに同社は、メイカーやエンジニアのための実験的なツールキットForm Xをローンチした。 続きを読む

  • 「da Vinci Nano」は230ドルの本格3Dプリンター

    「da Vinci Nano」は230ドルの本格3Dプリンター

    テクノロジーの愛好家やアーリーアダプターであるとは、新技術が真の消費者製品として持続可能なレベルまで価格を下げるために必要な速さに精通していることを意味する。現時点では、これがVRで起こっているのを目撃している。わずか数年間のうちに入手の障壁が、本格的なVR(Oculusとそれを動かすコンピューター)を999ドルで入手できるまでに低下したのだ。 しかしこれが起こる速さは、産業によって異なる。そして3… 続きを読む