3D

 

  • 3D
    交通騒音も路上と室内では違う…3D空間内の複雑な音響編集を助けるResonance AudioをGoogleが発表

    交通騒音も路上と室内では違う…3D空間内の複雑な音響編集を助けるResonance AudioをGoogleが発表

    拡張現実(augumented reality, AR)は、コンピューターとの対話を三次元化するという展望により、徐々に伸びつつあるが、すでにいろんなプラットホームを提供しているGoogleは、その三次元空間に視覚だけでなく五感のすべてを持たせたいようだ。 今日(米国時間11/6)Googleは、同社のVR Audio SDKをベースとして、より総合的な空間オーディオプロダクトResonance Audioをモバイルとデスクトップ両用に作っていることを発表した。 続きを読む

  • 3D
    Nvidiaが作った本物のホロデッキで製品デザインや設計のコラボレーションができる

    Nvidiaが作った本物のホロデッキで製品デザインや設計のコラボレーションができる

    NvidiaのCEO Jensen Huangは以前、同社でいちばんやってみたいのは、本物のホロデッキ(Holodeck)を作ることだ、と言っていた。そして今まさにNvidiaがやってるのが、デザイナーやデベロッパーのための、細密にリアルなVRプラットホームとして、ホロデッキを作ることだ。 続きを読む

  • 3D
    写真スタジオよさらば、colormass仮想写真ツールの登場

    写真スタジオよさらば、colormass仮想写真ツールの登場

    IKEAは、デジタルイメージングを使用して製品マーケティングを次のレベルに引き上げるために、限界を押し広げたリーダーの1人だ。IKEAのカタログやそのウェブサイトを見ると、スウェーデンのソファー、コーヒーテーブル、スタイリッシュなランプがいっぱいの部屋を見ていると思うかもしれないが、実際に見ているのは非常にリアルながら、デジタル処理によって生み出された3D複製なのだ。そのような複製は次世代の小売に利用されよとしている:ARアプリだ。このアプリを使えば、何を買うかを検討しているときに、商品を選んで部屋の中に置いてみるといったことが可能だ… 続きを読む

  • Google Earth VRアプリケーションがStreet Viewをサポート、衛星ビューから地上360度ビューへ切り替えできる

    Google Earth VRアプリケーションがStreet Viewをサポート、衛星ビューから地上360度ビューへ切り替えできる

    Google Earth VRが今日(米国時間9/14)、ささやかなアップデートにより、その世界探検仮想現実アプリケーションに、街路に立った人間の目ぐらいの高さからのビュー(ストリートレベルのビュー)が導入された。 つまりそのアプリケーションにGoogle MapsのStreet Viewが加わった形になり、ユーザーは3Dの衛星ビューと地上レベルの360度カメラのビューを容易に切り替えることができる。 続きを読む

  • 3D
    REDのスマートフォンのホログラフディスプレイはこんな原理だ…今後のコンテンツが人気の鍵

    REDのスマートフォンのホログラフディスプレイはこんな原理だ…今後のコンテンツが人気の鍵

    映画撮影用カメラのメーカーREDが、スマートフォンを出す気だ。Hydrogenと名付けられたそのスマートフォンは、ビデオカメラを自慢しているだけでなく、“ホログラフディスプレイ(holographic display)”なるものを搭載している。ほとんど未知の技術だが、YouTube上の人気ヴロガー(vlogger)MKBHDは発売前にちょっと触ってみたらしい。しかしEngadgetの記事によると、REDのCEO Jim Jannardは、HP LabsのスピンアウトLeia Inc.をディスプレイ技術のパートナーに選んだ… 続きを読む

  • 3D
    Unityのプラグインで各種ARプラットホームの違いを吸収する8th Wallが未来でなく今のスマートフォンARの活況を展望

    Unityのプラグインで各種ARプラットホームの違いを吸収する8th Wallが未来でなく今のスマートフォンARの活況を展望

    拡張現実のスタートアップは、その多くが、スマートグラスの常時着用がもたらす未来の世界にフォーカスしている。しかしARは、今現在のモバイルデバイスの使い方にも、私たちがまだ見たこともないような変化をもたらし得る。 でもこれまでARのそんな使い方の多くは、最新かつ最高性能のハードウェアを必要とした。そこへ、FacebookやGoogle出身の技術者たちが作った8th Wallは、今あるスマートフォンの90%以上で使える技術によって、スマートフォンARのリーチを広げようとしている。 続きを読む

  • 3D
    小さな2D画像から3Dオブジェクトを生成する賢いアルゴリズム

    小さな2D画像から3Dオブジェクトを生成する賢いアルゴリズム

    世界を観察することで、私たちは知覚に情報を与え続けている。そのことで私たちは片側しか見ることのできない、或いは一瞬しか見ることのできない物体の全体像を想像することを、かなり上手にできるようになる。しかし、コンピュータにとってそれはただ苦手な仕事だ。しかし幸いなことに、 BerkeleyのAI研究者が作成した賢い手法が、その性能を大幅に向上させてくれるかもしれない。 何かを2Dで見て、実際の大きさを正確に推測することができるなら便利だ。それはARやVR、クリエイティブなワークフローなどの中でオブジェクトを追跡することを助ける。だが、それは難… 続きを読む

  • 3D
    MicrosoftがRemix 3D上のコンテンツをよりリミックスしやすくした

    MicrosoftがRemix 3D上のコンテンツをよりリミックスしやすくした

    Remix 3Dは、Paint 3Dや他の3Dモデリングツールの3Dモデルを共有するための、Microsoftのコミュニティサイトだ。複合現実や仮想現実に焦点を当てる同社の姿勢を考えると、人びとがそうした新しい体験を生み出す3Dモデルの構築へと目を向けるようにしたいとMicrosoftが考えることは、驚きではない。その名前が示すように、Remix 3Dが目指してきたのは、コミュニティがリミックスできるモデルのためのリポジトリ(倉庫)を提供することだ。 これを簡単に行うことができるように、Microsoftはこのサービスに対して、ささやかながら… 続きを読む

  • 3D
    二台のドローンとWi-Fi信号で厚い壁の中の状況を3D画像化できる、Google Tangoも活躍

    二台のドローンとWi-Fi信号で厚い壁の中の状況を3D画像化できる、Google Tangoも活躍

    カリフォルニア大学サンタバーバラ校の研究者Yasamin MostofiとChitra R. Karanamが作ったシステムは、二台のドローンと大きなWi-Fiアンテナと、少々の補間計算によって、厚い壁を透視できる。 このシステムは二台のドローンの共同作業で、片方が構造物へWi-Fiを照射し、他方がその信号を拾う。そして二台はその構造物の周囲を飛びながら、各地点で信号の強度の違いを記録していく。そうすると、その情報から閉じた建物の3Dモデルを作れる。 続きを読む

  • GoogleがMatterportとパートナーして屋内ストリートビューの360度3D画像を一挙に充実

    GoogleがMatterportとパートナーして屋内ストリートビューの360度3D画像を一挙に充実

    知らない場所へ行くときには、事前にGoogleのストリートビューを見ると、だいたいの様子が分かる。しかしそれが屋内の場所なら、そのやり方が通用しない。 でも最近のストリートビューでは、一部の家やお店、企業などの建物の中に入って見れるようになった。それが今日(米国時間5/9)、GoogleがMatterportとパートナーしたおかげでさらに増えた。 続きを読む

  • 3D
    深海に眠るタイタニック号を3Dスキャン―、米OceanGateが2018年5月に実施予定

    深海に眠るタイタニック号を3Dスキャン―、米OceanGateが2018年5月に実施予定

    シアトルに拠点を置くOceanGate Inc.は、世界で最も有名な沈没船のタイタニック号を調査するため、有人探査を行う予定だと今週発表した。歴史学者の推定によれば、1912年4月の沈没以降、タイタニック号を訪れた人の数は200人にも満たないとされており、エベレスト登頂者や宇宙に行ったことがある人の数の方が多いくらいだ。 2018年5月に予定されているこの調査は、2005年に別のチームがタイタニック号を訪れて以来初の調査となる。前回の調査が行われた頃や、ジェームズ・キャメロン監督が映画『タイタニック』のために沈没船の様子を撮影した1995… 続きを読む

  • 3D
    VRベースのソーシャルプロダクティビティアプリBigscreenがAndreessen Horowitzらから$3Mを調達

    VRベースのソーシャルプロダクティビティアプリBigscreenがAndreessen Horowitzらから$3Mを調達

    VRの“キラーアプリ”(killer app)*をめぐる議論が喧しい中で昨年は、VRが提供する他に類のない優れたコラボレーション機能を活かそうとするソーシャルアプリがいくつか登場してきた。〔*: killer app, ここでは特定のアプリケーションではなく、その分野をメジャーに押し上げるアプリケーションのジャンル。〕 それらの中で、VRの面白さと仕事の生産性(プロダクティビティ, productivity)の二兎を追った初期の試みのひとつがBigscreenだ。それは初期のVRユーザーたちのあいだで、かなりの人気を獲得し… 続きを読む

  • 3D
    ケンブリッジ大学が癌の診断治療への3D VR技術の応用を研究中

    ケンブリッジ大学が癌の診断治療への3D VR技術の応用を研究中

    テクノロジーが癌の治療に貢献、というお話は、いつ聞いても嬉しいけど、そこに仮想現実が登場するとは、ぼくも含め多くの人が思ってない。でも、今ケンブリッジ大学の研究者たちが100万ポンドの補助事業で研究に取り組んでいるのは、VRと3Dの視覚化を利用する診断と治療の技術だ。 続きを読む

  • 3D
    3Dの原始データを用途に合わせて最適化(軽量化)するSimplygonをMicrosoftが買収

    3Dの原始データを用途に合わせて最適化(軽量化)するSimplygonをMicrosoftが買収

    Microsoftが今日(米国時間1/17)、ゲームのデベロッパーや、そのほかの、3Dデータを視覚化する必要のある業種のために3Dの最適化ソリューションを開発している、Simplygonを買収したと発表した。 大手のゲーム開発スタジオの多くがSimplygonのSDKを利用しており、同社は最近AR/VR市場にも手を伸ばした。Microsoftは同社のHololensプロジェクトでARを、Windows HolographicでVRをそれぞれやっているから、Simplygonの技術はどこよりもまず、自分のロードマップにフィットする。 続きを読む