AI

 

  • AI
    企業のカスタマーサービスをAI化したボットで助けるAgent IQが$6.3Mを調達

    企業のカスタマーサービスをAI化したボットで助けるAgent IQが$6.3Mを調達

    人間のカスタマーサービスが電話に出る前に、顧客がボットの相手をしなければならない企業がよくあるが、けっこう、いらつくものが多い。基本的な仕分けをボットがやって、専門的な話を人間がするのは良いが、いつまでもいつまでも人間が出てこないのはアタマにくる。そこで、カスタマーサービス用のボットを作っているAgent IQは今日(米国時間2/22)、シリーズAの630万ドルの資金調達を発表して、同社のボットの質をさらに高めようとしている。 続きを読む

  • 中小企業や商店にAI利用のターゲットマーケティングをお安く提供するClearBrain

    中小企業や商店にAI利用のターゲットマーケティングをお安く提供するClearBrain

    ClearBrainの目標は大きい: “われわれのミッションはAIをマーケターのために民主化することだ”。 とCEOのBilal Mahmoodは言うのだが、しかしOptimizelyのプロダクトマネージャーだったMahmoodと彼の協同ファウンダー、Googleの広告部門の技術者だったEric Pollmannは、すべての民主化が一度で実現するとは考えていない。具体的な課題を一つ一つ解決していくことが必要だ…まず第一にそれは、広告をもっと有望性の高いユーザーにターゲットすること。言い換えると、ターゲティングの打率を上… 続きを読む

  • NvidiaとGE傘下のBaker Hughesが石油と天然ガス産業を総合的にAI化へ

    NvidiaとGE傘下のBaker Hughesが石油と天然ガス産業を総合的にAI化へ

    NvidiaとGEの子会社Baker Hughesが、石油と天然ガスの業界にAIを持ち込もうとしている。しかもその対象はこの産業のあらゆる局面にわたり、石油資源の探査から採掘、精製、そして最終消費者へのデリバリにまでAIを導入する気だ。 Baker Hughesはもちろん、Nvidiaの、AIに強いGPU技術を利用するつもりだ。 続きを読む

  • AI
    顔認識技術のTrueface.aiがIFTTTを統合して多様な実用的利用が可能に

    顔認識技術のTrueface.aiがIFTTTを統合して多様な実用的利用が可能に

    500 Startupsと多くのエンジェル投資家が支援している、まだステルス状態の顔認識スタートアップTrueface.aiが、IFTTTとの統合により、デベロッパーたちが同社の技術をいろいろ試せるようにしている。 CEOのShaun Mooreによると、IFTTTとの統合により初めて、同社の顔認識技術が、複雑なコードを理解する必要なく、多くの人が利用できるようになる、という。 続きを読む

  • AI
    ネット広告のレポート作成を自動化、AIが運用を支援する「Roboma」ベータ版リリース——運営会社が4000万円を資金調達

    ネット広告のレポート作成を自動化、AIが運用を支援する「Roboma」ベータ版リリース——運営会社が4000万円を資金調達

    GoogleやFacebook、Twitterといったインターネット広告の出現で、小さな企業や事業部門、スタートアップなどでも比較的低価格で“それなりに”効果的な広告出稿が可能になった今。一方で、マーケティング担当者は広告レポートの作成や、GoogleやFacebook広告の運用の最適化などに追われ、特に小規模な組織では兼務でこうした作業に時間を費やさなければならないことから、本来やるべき分析やマーケティング戦略立案に手が回らない、といったケースも増えている。 こうしたネットマーケティング業務の負荷を、AIの活用… 続きを読む

  • AI
    アイルランドのスタートアップSoapBox Labsは、子供のための音声認識技術を開発している

    アイルランドのスタートアップSoapBox Labsは、子供のための音声認識技術を開発している

    アイルランドのスタートアップであるSoapBox Labsは、自らが「世界で最も正確で使いやすい子供のための音声技術」と呼ぶ技術の開発に邁進している。その技術はサードパーティーのハードウェアならびにアプリ開発者たちに提供される予定だ。その応用範囲は、読みと言語発達を支援する教育アプリ、家庭内で子供の声で制御するIoT機器、スマートトイ、そしてAR/VR体験などに広がっている。 2013年にPatricia Scanlon博士(元ベル研究所の研究員で音声認識技術で約20年の経験を持つ)によって創業された、この若い会社は、現在 Amazon Ech… 続きを読む

  • メルセデス・ベンツの新しい車内アシスタントMBUXとスマートUIが素晴らしい

    メルセデス・ベンツの新しい車内アシスタントMBUXとスマートUIが素晴らしい

    私がCESで自動車メーカーのインフォテインメントシステムやマルチメディアシステムのアップデートに注目することは稀だ。通常は自動運転、電動化、モビリティサービスなどに興味を持っていかれているからだ。しかし今年、メルセデス・ベンツは、このショーで最も興味深い発表を行った。新しいMBUXスマートマルチメディアシステムと車内音声対応アシスタントだ。 MBUXは、ここ10年ほど自動車メーカーたちが消費者に売り込んできた、非力で存在感の薄い音声入力システムではない。そうではなく、Nvidiaの強力なGPUテクノロジに基づいて構築された、学習型のスマ… 続きを読む

  • AI
    CES2018:LGがテレビの映像改善にAIを興味深いやりかたで適用

    CES2018:LGがテレビの映像改善にAIを興味深いやりかたで適用

    一般的に、CESでもどこでも、ある会社が製品に「AI搭載」と謳(うた)うときは、一種の大言壮語だと思ったほうが良い。そして、今朝行われた、あまりぱっとしなかったLGのプレスカンファレンスでも、確かに大言壮語は行われていた。LGは、AIをこれまでになくスマートなやり方で適用することを発表したのだ。すなわちコンピュータービジョンを用いたインテリジェントな映像の改善である。 誇大広告に騙されやがってと非難される前に言わせて貰うなら、この機能は全く不要な代物で、多くの場合、よろしくないアイデアだ。高品質で正確に較正されたディスプレイパネルは、そ… 続きを読む

  • AI
    役に立つAIシステムを作ることは、まだまだ難しい

    役に立つAIシステムを作ることは、まだまだ難しい

    TensorFlowやOpenAIのようなAIフレームワークのサポートがあったとしてもなお、人工知能は依然として、大勢のWeb開発者たちが必要とするものよりも、深い知識と理解を必要とする。もし動作するプロトタイプを作ったことがあるのなら、あなたはおそらく周囲では最もスマートな人物だ。おめでとう、あなたは非常に独占的なクラブのメンバーということだ。 Kaggleに参加すれば、実世界のプロジェクトを解決することで、それに相応しい報酬を得ることさえできる。全体的にみれば価値のある立場ではあるが、ビジネスを立ち上げるのには十分だろうか?ビジネス… 続きを読む

  • AI
    画像認識システムを騙して空港の警備をすり抜ける方法…Googleの研究者たちがステッカーで実験

    画像認識システムを騙して空港の警備をすり抜ける方法…Googleの研究者たちがステッカーで実験

    機械学習のシステムは、有能ではあるが必ずしもスマートではない。彼らには、常識がない。そのことにつけこんだ研究者たちが、画像認識システムに対するおもしろい攻撃テクニックを作った。彼らが作った特殊なステッカーは、AIにとって、あまりにもおもしろくて興味深いので、結局そこに何も見いだすことができないのだ。そのステッカーが、アクセサリーとして流行りそうだ、とぼくが感じたのは、どうしてだろう? 続きを読む

  • AI
    Googleのストリートビューの大量の画像で近隣社会の投票パターンを正確に予想できる

    Googleのストリートビューの大量の画像で近隣社会の投票パターンを正確に予想できる

    コンピューターによる画像分析がテキストの分析と同じぐらい上手になることの兆候か、スタンフォードの研究者グループが、Googleのストリートビューから集めた数百万の画像に基づいて、近隣社会の投票パターンを正確に予想することができた、とThe New York Timesが報じている。人工知能を利用してGoogleのストリートビューを社会経済学的な目的のために分析する研究プロジェクトは、Streetchangeなど過去にもあったが、今回のプロジェクトは大量の画像をAIのソフトウェアが処理する点が新しい。 続きを読む

  • AI
    AIチップスタートアップの競争は既に始まっている

    AIチップスタートアップの競争は既に始まっている

    今年は、すべての目がNvidiaに注がれたかのようだった。ゲーム、データセンターへの関心の高まり、AIアプリケーションへの適用の可能性などの、すべての面で膨大な需要を抱えて、株価が爆発的に上昇したためだ。 しかし、Nvidiaの株価とそのチャートは、AIが技術の世界に広がり続けた2017年の特に目を引くトピックだったかもしれないが、AIの世界では、より深い影響があるかもしれない更に微妙なことが起きている。 今年は、AIの上に構築される将来のデバイスに、パワーを与える独自のハードウェアに取り組む多くのスタートアップたちが、膨大な資金を調達し… 続きを読む

  • カーネギーメロン大学のAIは不完全情報ゲームに挑戦、ポーカーの最強のプロたちに勝つ

    カーネギーメロン大学のAIは不完全情報ゲームに挑戦、ポーカーの最強のプロたちに勝つ

    今日(米国時間12/18)発行されたScience誌上の研究論文によると、カーネギーメロン大学コンピューターサイエンス部の研究者たちが開発したAI Libratusが、もっとも難しいポーカーとされる無制限テキサスホールデム(No-limit Texas Hold’em)で、最強のプロたちに勝った。この形のポーカーはとくに2000年代の初期から中期にかけてのバブル期に、全国的に流行った。 続きを読む

  • Nvidiaと建設重機大手Komatsuがパートナーして現場の安全性をAIで強化

    Nvidiaと建設重機大手Komatsuがパートナーして現場の安全性をAIで強化

    Nvidiaが、建設や鉱業用重機の世界最大のメーカーのひとつであるKomatsu(小松製作所)と組んで、現場の安全と効率の向上のために、AIを導入していくことになった。 続きを読む

  • AI
    Googleが中国にAI研究所をオープン、人材獲得で数多くの中国企業と競うことに

    Googleが中国にAI研究所をオープン、人材獲得で数多くの中国企業と競うことに

    Googleが中国の北京にAIセンターを開くことを、公式に発表した。これまでの数か月、Googleは中国でAI方面の人材を多数雇用していたので、そんな憶測に火がついていた。 続きを読む

  • AI
    IBMの新しいPower9チップはAIと機械学習のために開発された

    IBMの新しいPower9チップはAIと機械学習のために開発された

    人工知能や機械学習などのリソースを大量に消費する作業を、滞りなく処理するためにコンピューティングパワーを増加させるための競争に、IBMは最新世代のPowerチップであるPower9で参戦した。 同社はこのチップを、サードパーティーのメーカーや、Googleなどのクラウドベンダーへ販売する予定だ。一方、Power9チップを搭載した新しいコンピューターAC922もリリースする。また、IBMクラウドに対してもこのチップを投入する予定だ。「私たちは通常、私たちのテクノロジーを完璧なソリューションとして市場に提供しています」と説明するのは、IBM… 続きを読む

  • AIが操縦するドローンにレースで柔軟機敏に反応できる人間パイロットが勝った

    AIが操縦するドローンにレースで柔軟機敏に反応できる人間パイロットが勝った

    人間にできることなら何でも、AIの方が上手にできる。最後には。 10月12日に行われたNASAのデモで、AIが操縦するレース用ドローンが有名なドローンパイロットKen Looと対戦した。 NASAのJet Propulsion Laboratory(ジエット推力研究所)の研究者たちは、Googleが研究資金を提供したドローンの自律飛行をこの2年間研究し、障害物を避けながら高速で飛ぶ三機のドローンを完成させた。いずれも、自分の視力としてカメラを搭載している。 続きを読む

  • AWSがAIを利用する企業顧客へのコンサルティング事業と高度な画像認識機能を発表

    AWSがAIを利用する企業顧客へのコンサルティング事業と高度な画像認識機能を発表

    例年の大型カンファレンスre:Inventを来週に控えたAmazonのAWSが、人工知能関連の新たな展開を二つ発表した。まず、AWSは、機械学習のラボML Solutions Labを開き、機械学習のエキスパートと、AIによるソリューションを作ろうとしている顧客を結びつける。さらにAWSは、ディープラーニングによる画像認識APIベースAmazon Rekognitionの機能を拡充し、リアルタイムの顔認識と画像中のテキストを認識する機能を新たに加える。 続きを読む

  • AI
    機械学習の良質なモデルは各ドメインエキスパートが作るべき、Piensoは非技術者がモデルと対話できるツールを提供

    機械学習の良質なモデルは各ドメインエキスパートが作るべき、Piensoは非技術者がモデルと対話できるツールを提供

    機械学習のエキスパートはもちろん機械学習技術に貢献する、しかしプログラミングとは無縁な、世の中のそのほかの分野のエキスパートたちも、逆に、機械学習のモデル構築には役に立つはずだ。 そこでMITから生まれたスタートアップPiensoは、機械学習のモデルの訓練を技術者以外の人にもできるようにして、人材のいない企業などが、さまざまな分野のエキスパートたちが持つ良い知識や情報を利用できるようにしたい、と考えた。 “機械学習のエキスパートでないドメインエキスパート(各分野の専門家)をモデルに埋め込んで彼らの専門知識を利用するにはどうした… 続きを読む

  • AI
    AIが「考えた」どこか見覚えのあるセレブの顔

    AIが「考えた」どこか見覚えのあるセレブの顔

    この地球上に足りないものがあるとすれば、それはセレブだろう。もしも十分な数のセレブが既にいるとすれば、こんなに続々と新しい人が登場するはずもない。今こそコンピューターの力を借りるときだ!と思いきや、実は既にそのような研究が進められており、セレブの顔を認識できる(なんと羨ましいことだろう!)AIが、ある研究で何十人ものセレブを「考え出す」ことになった。その結果は……見てからのお楽しみだ。 続きを読む