Ken Nishimura

Ken Nishimuraのピックアップ記事


Ken Nishimuraの最新記事

  • ChefやAnsible以外のクラウド管理ツールが必要なワケ―、Mobingiが2.5億円のシリーズA調達

    ChefやAnsible以外のクラウド管理ツールが必要なワケ―、Mobingiが2.5億円のシリーズA調達

    日本を拠点に創業したスタートアップ企業Mobingi(モビンギ)のクラウド管理SaaSは、ジャンルとしてはChefに似ているものの、全く違うビジネスモデルとターゲットユーザー層の組み合わせを想定していて、企業が持つアプリのライフサイクル全体を管理するプラットフォーム作りを始めている。Mobingiは今日、既存投資家であるアーキタイプベンチャーズ、Draper Nexus Venturesから追加でシリ… 続きを読む

  • TechCrunch Tokyoハッカソンから「プチエグジット」―、オフィス受付アプリ「Kitayon」がトレタ通じて譲渡

    TechCrunch Tokyoハッカソンから「プチエグジット」―、オフィス受付アプリ「Kitayon」がトレタ通じて譲渡

    スモールビジネス向けに予約顧客台帳サービスを開発するトレタは今日、オフィス受付アプリ「→Kitayon(キタヨン)」を、ディライテッドに譲渡したと発表した。キタヨンはTechCrunch Tokyo 2015のハッカソンで、トレタCTOの増井雄一郎氏が有志メンバーとともに夜を徹して開発したオフィス受付のためのiPadアプリだ。 続きを読む

  • AIゲームのHEROZがバンダイナムコと提携、ポケモンGo並のヒットは出るか

    AIゲームのHEROZがバンダイナムコと提携、ポケモンGo並のヒットは出るか

    AI将棋「将棋ウォーズ」やAIチェスの「CHESS HEROZ」といったボードゲーム向けの人工知能ゲームの開発・運用で知られるHEROZは今日、バンダイナムコエンターテインメントとの資本業務提携を発表。HEROZはバンダイナムコを割当先とする第三者増資による資金調達を実施した、という。 続きを読む

  • 係争中のクラウド会計「freee」が33.5億円を追加調達、佐々木CEOが競合提訴の背景も語る

    係争中のクラウド会計「freee」が33.5億円を追加調達、佐々木CEOが競合提訴の背景も語る

    クラウド会計サービスを提供する「freee」がシリーズDラウンドとして33.5億円の追加増資を今日発表した。freeeの累計資金調達額は96億円となる。前回のfreeeの資金調達は2015年8月の35億円で、このときのバリュエーションは約300億円。今ラウンドのバリュエーションは約400億円。freee創業者で代表の佐々木大輔CEOはTechCrunch Japanの取材に対して3つの点でサービス拡… 続きを読む

  • 介護に新風、「パワード衣服」のSuperflexにグローバル・ブレインらが約10億円投資

    介護に新風、「パワード衣服」のSuperflexにグローバル・ブレインらが約10億円投資

    SRI Internationalからスピンオフした米スタートアップ企業のSuperflexが開発しているのは「パワードクロージング」。SuperflexのCEOで、元SRIのロボティクス部門長であるRich Mahoney氏がTechCrunch Japanの取材に語ったところによれば、これは伸縮する人工筋繊維のような布(clothing)を使って、人間の動き(筋力)を拡張することができるもの。着衣が… 続きを読む

  • 運転者失神による死亡事故を未然に防ぐウェアラブル―、日本IBMがスタートアップと大企業連携のデモデイ開催

    運転者失神による死亡事故を未然に防ぐウェアラブル―、日本IBMがスタートアップと大企業連携のデモデイ開催

    日本IBMは約3年前から続けているインキュベーションプログラム「IBM BlueHub」の取り組みを拡大して、自動車業界、ヘルスケア業界の大手企業を巻き込んだオープンイノベーションを目指したプログラムを実施。スタートアップ企業との協業を目指した取り組みの成果を披露した。 続きを読む

  • 日本の独立系VC「グローバル・ブレイン」が200億円規模の6号ファンドで投資開始へ

    日本の独立系VC「グローバル・ブレイン」が200億円規模の6号ファンドで投資開始へ

    日本の独立系VCのグローバル・ブレインが200億円規模となる「グローバルブレイン6号投資事業有限責任組合」を設立し、12月末でファンド組成のファーストクローズをして運用額150億円で投資を開始すると発表した。ファンド組成のセカンドクローズを2017年6月末としており、最終的には上限に設定した200億円規模で、2026年までの10年間で運用することになる。この12月にも投資を開始し、年間50億円程度… 続きを読む

  • freeeがマネーフォワードを提訴、勘定科目の自動仕訳特許侵害で

    freeeがマネーフォワードを提訴、勘定科目の自動仕訳特許侵害で

    クラウド会計を提供するfreeeは今日、同じく家計簿やクラウド会計を展開するマネーフォワードに対して特許権侵害を理由とした「MFクラウド会計」の差止請求訴訟を東京地方裁判所に提起したと発表した。freeeはマネーフォワードと協議を行ったものの進展が見られなかったことから「止むを得ず今回の提訴に至りました」(発表文より)としている。 続きを読む

  • ゲームインフラを”サーバレス”に―、名古屋のワンダープラネットがGS2に出資

    ゲームインフラを”サーバレス”に―、名古屋のワンダープラネットがGS2に出資

    2016年9月に名古屋で設立されたばかりのスタートアップ企業「Game Server Services」(GS2)は「サーバレス・アーキテクチャー」とか「FaaS」(Function as a Service)と呼ばれる設計思想に基づいたゲーム開発者向けインフラサービスを近日β版として提供予定という。そのGS2が今日、同じく名古屋でスマホ向けネイティブアプリ・ゲームを開発・運営するワンダープラネットから数百… 続きを読む

  • クラウド会計のA-SaaSがシリーズCで3億円を調達、システム刷新へ

    クラウド会計のA-SaaSがシリーズCで3億円を調達、システム刷新へ

    企業会計業務のクラウド化は着々として進行しているが、そこには大きく3つの動きがある。1つは旧来のパッケージ製品のクラウド化。もう1つはFreeeやマネーフォワードのMFクラウド会計のように、SMB市場をターゲットした新興勢力のスタートアップ企業。最後の1つが、最初から全国の税理士を巻き込んでプロダクトを作ったアカウンティング・サース・ジャパン(A-SaaS:エーサース)だ。そのA-SaaSが新たに… 続きを読む

  • 産みの苦しみと楽しさを語る―、CTO Nightは木曜夜、集え日本のCTOたち!

    産みの苦しみと楽しさを語る―、CTO Nightは木曜夜、集え日本のCTOたち!

    すでにお伝えしているように、いよいよ17日木曜日の夜にTechCrunch Tokyo 2016のイベント内で「CTO Night」を開催する。登壇者も参加者も基本CTOばかりという無料イベントで、比較的新しいスタートアップ企業10社から10人のCTOたちが登壇する。まだ参加を受け付けているので是非遊びにきてほしい。 続きを読む

  • TC Tokyoセッション変更のお知らせ:Prismaに代わってPlacemeter CEOが登壇

    TC Tokyoセッション変更のお知らせ:Prismaに代わってPlacemeter CEOが登壇

    楽しみにしていた来場者の皆さまにお詫びしなければならない。9月に告知していたTechCrunch Tokyo 2016のゲストスピーカー、Prismaの共同ファウンダー兼CEOのAlexey Moiseenkov氏の来日の都合がつかなくなり、17日午前に予定していたセッションをキャンセルしなければならなくなった。代わりに、画像処理技術を使って「実世界コンバージョン率を導き出す」とうたうPlacemete… 続きを読む

  • TC Tokyoバトル卒業の起業家たちが、再び17、18日に渋谷ヒカリエにやってくる

    TC Tokyoバトル卒業の起業家たちが、再び17、18日に渋谷ヒカリエにやってくる

    17日、18日に迫ったスタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2016」だが、この年次イベントは今年で6回目となる。毎年プロダクトをローンチしたばかりか、TechCrunch Tokyoの場でプロダクトをローンチするスタートアップ企業が多数登壇するので、すでに「TCバトル卒業生」は82社。TechCrunch Japanで把握しているだけで5社のエグジットと310億円を超える累計資金調達額… 続きを読む

  • TC TokyoでJubliaを使ってコミュニティーに参加してみよう!

    TC TokyoでJubliaを使ってコミュニティーに参加してみよう!

    毎年恒例のスタートアップ関連イベント「TechCrunch Tokyo 2016」が11月17日、18日に迫った。プログラムはすでに大部分を公開しているが、こうしたイベントに参加する価値というのはプログラムから見える「コンテンツ」だけにあるのではない。コンテンツのほかにも「コミュニティー」という面がある。コミュニティーは「交流」と言い換えてもいい。 続きを読む

  • 2度エグジットで3社目がユニコーンに、YC卒業生でGusto共同創業者がTC Tokyoに登壇

    2度エグジットで3社目がユニコーンに、YC卒業生でGusto共同創業者がTC Tokyoに登壇

    11月17日、18日に迫ったTechCrunch Tokyo 2016の登壇者をまた1人お知らせしたい。給与支払い業務を始めとするクラウドベースの人事サービス「Gusto」の共同創業者でCTOのEdward Kim(エドワード・キム)氏だ。Gustoは2011年創業で2015年12月には10億ドル(約1044億円)のバリュエーションで5000万ドル(52億円)を調達しているユニコーン企業だ。 続きを読む

  • 「機械学習+クラウドソーシング」(人間)のDefinedCrowd創業者がTechCrunch Tokyoに登壇

    「機械学習+クラウドソーシング」(人間)のDefinedCrowd創業者がTechCrunch Tokyoに登壇

    11月17日、18日に渋谷・ヒカリエで開催するTechCrunch Tokyo 2016への登壇者を、また1人ご紹介したい。「機械学習+クラウドソーシング」というシアトル拠点のスタートアップ企業DefinedCrowdの共同創業者でCEOのDaniela Braga(ダニエラ・ブラガ)博士だ。 続きを読む

  • 1000億円の巨額エグジット、TechCrunch TokyoでTwitchにライブ動画の未来を聞く

    1000億円の巨額エグジット、TechCrunch TokyoでTwitchにライブ動画の未来を聞く

    2014年8月にAmazonに9億6000万円(約1000億円)という巨額で買収されたTwitch.tvから、APACディレクターのRaiford Cockfield III(レイフォールド・コックフィールド)氏がTechCrunch Tokyo 2016に登壇することが決定したのでお知らせしたい。Twitchは、いまや月間1億人の視聴者が毎日106分もの時間を過ごすオンラインのゲーミング動画コミュニティ… 続きを読む

  • Y CombinatorパートナーがTechCrunch Tokyoに登壇、シリコンバレーの今を語る

    Y CombinatorパートナーがTechCrunch Tokyoに登壇、シリコンバレーの今を語る

    シリコンバレーの著名シードアクセレレーター「Y Combinator」(以後YC)から、パートナーのQasar Younis(キャサー・ユニス)氏がTechCrunch Tokyo 2016の2日目(11月18日)の朝、キーノートセッションに登壇することが決定したのでお知らせしたい。ユニス氏はCOOなので、YC共同創業者でカリスマのPaul Graham(ポール・グレアム)氏を引き継いで、現在YCを率いるS… 続きを読む

  • VR/AR界のオピニオンリーダー、VR FundのTipatatもTechCrunch Tokyoに来て話すぞ

    VR/AR界のオピニオンリーダー、VR FundのTipatatもTechCrunch Tokyoに来て話すぞ

    VR界のオピニオンリーダーであるVR Fundジェネラル・パートナーで投資家のTipatat Chennavasin(ティパタット・チェーンナワーシン)氏がTechCrunch Tokyo 2016に登壇してくれることになったのでお知らせしたい。VR業界の現段階での見取り図と未来図を示してくれる人物として、ティパタット以上に適した人物はいないだろう。 続きを読む

  • あのポケモンGOの開発リーダー野村氏が来日してTechCrunch Tokyoに登壇!

    あのポケモンGOの開発リーダー野村氏が来日してTechCrunch Tokyoに登壇!

    TechCrunch Tokyo 2016の登壇者がまた1人決定したのでお知らせしたい。今年テック業界で最も話題となったものの1つ、ポケモンGOの開発リーダーを務める米Nianticの野村達雄氏だ。日米合作という面も持つ大ヒットを生み出したのは、実は野村氏がエイプリルフールで作ったジョークが元となっているのだった。 続きを読む