masumi ohsaki

masumi ohsakiのピックアップ記事


masumi ohsakiの最新記事

  • 本のフリマアプリ「ブクマ!」運営のLabitメンバーがメルカリに参画、子会社で新サービスも予定

    本のフリマアプリ「ブクマ!」運営のLabitメンバーがメルカリに参画、子会社で新サービスも予定

    2月にオークションアプリ「スマオク」を運営するザワットを買収し、7月にはスタートアップ向け出資プロジェクト「メルカリファンド」をスタートしたメルカリ。自社だけでなく、M&Aや投資でビジネス領域を拡大する同社にまた新たなスタートアップが合流した。そんな中、新たに本に特化したフリマアプリ「ブクマ!」を運営するLabitのメンバーがメルカリに参画したことが明らかになった。 続きを読む

  • 人気シェフ監修のミールキット「Chefy」提供元が数千万円規模の資金調達

    人気シェフ監修のミールキット「Chefy」提供元が数千万円規模の資金調達

    料理に必要な素材や調味料とレシピが一体になったミールキット。近年このミールキットを自宅にデリバリーするサービスが注目を集めている。6月末に上場したBlue Apronを筆頭に、各地でサービスが乱立。直近ではベルリンに拠点を置くHelloFreshが上場間近と話題だ。 日本でも情報番組でミールキットの特集が組まれたり、新規でサービスをリリースする企業もでてきたりと少しずつ盛り上がり始めている。 人気シェフが手がけるミールキットを宅配する「Chefy(シェフィ)」を提供するシェフィも、この市場でサービスを展開する1社。同社は10月16日にKLa… 続きを読む

  • 「競合はフィットネスジム」遊休農地を活用した貸し農園を運営するアグリメディアが2.5億円を調達

    「競合はフィットネスジム」遊休農地を活用した貸し農園を運営するアグリメディアが2.5億円を調達

    サポート付き貸し農園「シェア畑」をはじめ農業関連のサービスを複数手がけているアグリメディア。同社は10月20日、グロービス・キャピタル・パートナーズを引受先とする第三者割当増資により総額2.5億円を調達したことを明らかにした。また今回の増資にともなって、グロービスの今野穣氏が社外取締役に就任する予定だという。 アグリメディアは前回2016年12月にSMBCベンチャーキャピタル、ちばぎんキャピタル、事業会社から1億円を調達。それ以前にも2015年9月から2016年4月にかけて事業会社から資本業務提携を通じて1億3700万円… 続きを読む

  • スタートトゥデイがファッションアプリ「IQON」運営のVASILYを子会社化

    スタートトゥデイがファッションアプリ「IQON」運営のVASILYを子会社化

    ファッションコーディネートアプリ「IQON」などを提供するVASILYは10月19日、スタートトゥデイグループに参画することを明らかにした。スタートトゥデイがVASILYの全株式を取得し、完全子会社化する。金額やスキームは非公開。 続きを読む

  • 次世代パーソナルモビリティ開発のWHILLがMistletoeと資本提携、スマートモビリティ社会の実現に向けて協業

    次世代パーソナルモビリティ開発のWHILLがMistletoeと資本提携、スマートモビリティ社会の実現に向けて協業

    次世代パーソナルモビリティを開発するWHILLは10月19日、孫泰蔵氏が代表を務めるMistletoeと資本提携を行ったことを明かした。WHILLでは調達した資金を研究開発およびマーケティング強化に用いるほか、未来のスマートモビリティ社会の実現に向けてMistletoeと協業していくという。 続きを読む

  • 一品単位でレストランを探せる「SARAH」が8000万円を調達、検索精度の向上目指す

    一品単位でレストランを探せる「SARAH」が8000万円を調達、検索精度の向上目指す

    一品単位でレストランを検索できる「SARAH」を提供するSARAHは10月17日、PE&HR、KLab Venture Partners、名古屋テレビ・ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資による8000万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 「チャットフィクション」国内でもサービス続々——ピクシブが参入、DMMは子会社と連携強化

    「チャットフィクション」国内でもサービス続々——ピクシブが参入、DMMは子会社と連携強化

    チャット型のUIで小説を楽しめるチャットフィクションアプリ。海外でティーンを中心に人気を集めていたが、国内でもいくつか関連サービスが生まれている。 TechCrunchではこれまでFOWDが運営する「Balloon」やDMM傘下のピックアップが運営する「DMM TELLER」を紹介してきた。そしてこの盛り上がり始めている領域へ新たに参入することを発表したのが、ピクシブだ。 ピクシブは10月13日、チャット形式の小説が楽しめる「pixiv chatstory(ピクシブチャットストーリー)」をリリースした。現時点ではiOS版のみで、近日Andro… 続きを読む

  • スマホ1台あれば数分でカード決済を導入―― 16歳起業家が作った「ONE PAY」提供元が1億円を調達

    スマホ1台あれば数分でカード決済を導入―― 16歳起業家が作った「ONE PAY」提供元が1億円を調達

    スマホ1台あれば数分でカード決済を導入できるアプリ「ONE PAY」。同アプリ提供元のONE FINANCIAL(ワンファイナンシャル。9月29日付けで社名をWalt(ウォルト)から変更)は10月17日、インキュベイトファンドとD4Vを引受先とする第三者割当増資により、総額約1億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 「ヒカカク!」運営元のジラフ、検品済みスマホのフリマサイト「スマホのマーケット」を新たにリリース

    「ヒカカク!」運営元のジラフ、検品済みスマホのフリマサイト「スマホのマーケット」を新たにリリース

    買取価格比較サイト「ヒカカク!」や修理価格比較サイト「最安修理ドットコム」を提供すするジラフは10月12日、中古のスマホを売買できるフリマサイト「スマホのマーケット」をリリースした。 スマホのマーケットはサービス名の通り、iPhoneをはじめとした中古のスマホ端末に特化したフリマサイトだ。 フリマサイトは一般的に出品者と購入者というユーザー同士でやりとりを進める、CtoC型のサービスが多い。一方でスマホのマーケットの場合は運営元であるジラフが出品者と購入者の間に入り、安全な取引を支援する点が大きな特徴だ。 続きを読む

  • 電源Wi-Fi完備、30分50円から利用可能 ―― 会議室シェアの「スペイシー」が席単位のスペースシェアを開始

    電源Wi-Fi完備、30分50円から利用可能 ―― 会議室シェアの「スペイシー」が席単位のスペースシェアを開始

    会議室シェアサービス「Spacee」を提供するスペイシーは10月13日より、席単位で利用できるワークスペースのシェアサービスを始める。このサービスはスマホやPCから首都圏を中心としたワークスペースを検索、席単位で予約できるというもの。注目すべき点は全席Wi-Fiと電源を完備していて、最も安い場所だと30分50円から利用できるということだ。 続きを読む

  • アカツキがエンタメ×テック領域に特化した5000万ドル規模のファンド設立、ARを中心に新たな事業創出へ

    アカツキがエンタメ×テック領域に特化した5000万ドル規模のファンド設立、ARを中心に新たな事業創出へ

    モバイルゲームを中心に、エンターエインメント領域で複数の事業を展開するアカツキは10月11日、エンタメ×テクノロジー領域に特化したファンド「Akatsuki Entertainment Technology Fund」を設立したことを明らかにした。 このファンドではARやVR、MRなど新しい技術分野×エンタメという領域でサービスを提供するスタートアップを対象に投資をする方針。規模は最大で5000万ドルを予定しているという。 続きを読む

  • 外見ではなく“価値観診断”で新しい出会いを、ミクシィ子会社クトの新マッチングアプリ「Pancy」

    外見ではなく“価値観診断”で新しい出会いを、ミクシィ子会社クトの新マッチングアプリ「Pancy」

    スタートアップに加え、リクルートやサイバーエージェントといった大手IT企業もこぞって参入するマッチングアプリ市場。今後も継続的に伸びていくと予想される成長市場で、まだまだ新たな切り口のサービスも増えていくのだろう。まさにミクシィグループのクトも、これからこの成長市場に挑む1社。同社は10月10日、価値観診断をもとに相性が良い相手をマッチングする「Pancy」をリリースした。 Pancyの特徴は外見やステータスをもとに相手を判断しがちな既存のサービスとは異なり、内面にフォーカスして相性を診断、マッチングするという点。軸となっているのはお互… 続きを読む

  • Google Cloud Platform の導入・運用支援を行うクラウドエース、WiLなどから4.5億円を調達

    Google Cloud Platform の導入・運用支援を行うクラウドエース、WiLなどから4.5億円を調達

    Google Cloud Platform の導入や運用をサポートするクラウドエースは10月5日、複数の投資家に対する第三者割当増資により総額4.5億円の資金調達を実施したことを明らかにした。引受先はWiL、TOKAIコミュニケーションズ、TBSイノベーション・パートナーズ、みずほキャピタルを含む5社。今回の資金調達で、クラウドエースの累計調達額は5億円を超える。 続きを読む

  • プライム会員なら数百冊の電子書籍が読み放題、Amazonが「Prime Reading」を日本で開始

    プライム会員なら数百冊の電子書籍が読み放題、Amazonが「Prime Reading」を日本で開始

    お急ぎ便やお届け日時指定といった配送サービス、プライム・ビデオ、Prime Music、プライム・フォトなどAmazonプライム会員の特典は時間の経過とともに充実してきた。そして本日、このラインナップにまた1つ新たなサービスが加わることになる。 続きを読む

  • DMM傘下のピックアップ、女性同士に特化したライブ配信アプリ「CHIPS」をリリース

    DMM傘下のピックアップ、女性同士に特化したライブ配信アプリ「CHIPS」をリリース

    DMM傘下のピックアップは10月4日、女性同士のコミュニケーションに特化したライブ配信アプリ「CHIPS」の提供を開始した。まずはiOS版のみのリリースで、今後Android版もリリースする。 ここ数年、日本でも若い世代を中心にライブ配信を通じたコミュニケーションがかなり浸透していきている。ライブ配信アプリではLINE LIVEやツイキャス、SHOWROOMなどすでに一定数の知名度を獲得しているものもあるが、CHIPSの特徴は女性同士のコミュニケーションに特化していることだ。 続きを読む

  • 「ユーザーと近い世代の方がいいものを作れる」東大発・Flattがライブコマースアプリ「PinQul」公開

    「ユーザーと近い世代の方がいいものを作れる」東大発・Flattがライブコマースアプリ「PinQul」公開

    「参入企業は増えてきているものの、ライブコマースに特化してやっているところはまだ多くない。僕たちはライブコマースのプラットフォームを作っていく」——そう話すのは、現役東大生が中心となって起業したFlatt代表取締役CEOの井手康貴氏と、COOの豊田恵二郎氏だ。同社は10月3日、ファッションアイテムを対象としたライブコマースアプリ「PinQul」をリリースした。 続きを読む

  • 導入実績500社、MA“ベンダー”スタートアップのtoBeマーケティングが4億円調達で体制強化

    導入実績500社、MA“ベンダー”スタートアップのtoBeマーケティングが4億円調達で体制強化

    マーケティングオートメーション(MA)サービスの導入支援を行うtoBeマーケティングは10月2日、複数のベンチャーキャピタルを引受先とする第三者割当増資により総額4億円を調達したことを明らかにした。今回のラウンドには既存投資家のDraper NexusとSalesforce Venturesに加え、新たに三菱 UFJ キャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタルが参加している。 2015年6月設立のtoBeマーケティングは同年9月にDraper Nexusから3000万円、2016年6月にDraper NexusとSales… 続きを読む

  • 植物EC「HitoHana」提供元が1億円を調達――飲食予約からピボット、フラワー業界の課題解決へ

    植物EC「HitoHana」提供元が1億円を調達――飲食予約からピボット、フラワー業界の課題解決へ

    植物EC「HitoHana」を運営するBeer and Techは10月4日、グローバルブレインと既存株主のANRIを引受先とする第三者割当増資により総額1億円を調達したことを明らかにした。 今後同社ではHitoHanaで生産やデザイン、販売まで自ら手がけるD2Cモデルを展開していくとともに、法人向けサービス「HitoHana for Business」を本格化させていく。 Beer and Techは2014年にANRI、プライマルキャピタル、East Venturesから資金調達を実施。当時は「スマート予約」という飲食店予約サービスを展開していたが… 続きを読む

  • 福岡発AI・IoTスタートアップのスカイディスクが7.4億円を調達、提供分野の拡大と海外展開目指す

    福岡発AI・IoTスタートアップのスカイディスクが7.4億円を調達、提供分野の拡大と海外展開目指す

    AI・IoT を活用したソリューションを提供するスカイディスクは10月3日、ニッセイ・キャピタル、 DG Daiwa Ventures、環境エネルギー投資、山口キャピタル、加賀電子、ドーガンベータ、アーキタイプベンチャーズを引受先とする第三者割当増資により、総額7.4億円を調達したことを明らかにした。 スカイディスクは2013年に福岡で設立。2016年の1月にもニッセイ・キャピタル、アーキタイプベンチャーズ、ドーガンが運営するファンドから1億円を調達していて、今回はそれに続く資金調達となる。 続きを読む

  • 若手VC3人がインキュベーションコミュニティ「Sprint」を始動、11月には合宿型イベントも開催

    若手VC3人がインキュベーションコミュニティ「Sprint」を始動、11月には合宿型イベントも開催

    近年VCや事業会社が主催するインキュベーションプログラムやピッチコンテストが日本でも盛んになってきている。プログラムごとに期間や内容は異なるが、上手く活用すれば起業家にとっては投資家との出会いの場、事業をブラッシュアップする場にもなるだろう。今回新たに始動した「Sprint」も3人のベンチャーキャピタリストが立ち上げた、起業家向けのインキュベーションコミュニティだ。 続きを読む

  • 建材比較サービス「truss」が1億円を調達、“紙のカタログ”問題をITで解決

    建材比較サービス「truss」が1億円を調達、“紙のカタログ”問題をITで解決

    IT化が遅れている業界の課題を、テクノロジーで解決する――このような挑戦をするスタートアップを知るとワクワクする。建材比較サービス「truss(トラス)」を通じて建築設計施工者、建材メーカーの課題を解決しようとしているトラスもまさにその1社だ。 建材の種類はどんどん多様化する中で、紙のカタログをくまなくチェックして製品ごとの特徴を把握するのは困難。そのような「紙のカタログ問題」をITで解決するのが、trussだ。 続きを読む

  • IoTインフラ創出を目指しエストニアに開発拠点を構えるPlanetway、Mistletoeなどから240万ドルを調達

    IoTインフラ創出を目指しエストニアに開発拠点を構えるPlanetway、Mistletoeなどから240万ドルを調達

    データ連携技術「avenue-cross」やグローバル通信サービスを提供するPlanetwayは9月29日、Mistletoe、ABBALab、トクスイコーポレーションを引受先として240万ドル(2.6億円相当)の資金調達を実施したことを明らかにした。孫氏が率いるMistletoeからは5月にも資金調達を行っている。 今回の資金調達はSAFE(Simple Agreement for Future Equity)という枠組みを用いて実施。 続きを読む

  • クラウド監視カメラ「Safie」がオリックスなどから9.7億円を調達、画像解析プラットフォームを目指す

    クラウド監視カメラ「Safie」がオリックスなどから9.7億円を調達、画像解析プラットフォームを目指す

    クラウド録画プラットフォーム「Safie(セーフィー)」を運営するセーフィーは9月28日、オリックス、関西電力、キヤノンマーケティングジャパン、NECキャピタルソリューション、ティーガイアに対する第三者割当増資により、総額9.7億円の資金調達を実施したことを明らかにした。各社とは業務提携も結んでいる。 セーフィーはこれまでソニーネットワークコミュニケーションズから資金調達を行っており、累計の調達額は約13.5億円となる。 続きを読む

  • 福岡のヌーラボが1億円を調達しオランダに新拠点、コラボレーションツールの「Backlog」や「Cacoo」などクロスセルを狙う

    福岡のヌーラボが1億円を調達しオランダに新拠点、コラボレーションツールの「Backlog」や「Cacoo」などクロスセルを狙う

    「Backlog」「Cacoo」「Typetalk」という3つのツールを通じて、チームのコラボレーションを支援するヌーラボ。同社は9月28日、East Venturesを引受先とする第三者割当増資により1億円を調達したことを明らかにした。 今回の資金調達により、オランダのアムステルダムに新たな拠点を開設。開発体制やマーケティング面を強化していくことに加え、各プロダクトの機能改善やプロダクト間の連携を強めながら、さらなる成長を目指していく。 続きを読む

  • 副業やリモートワークなど“新しい働き方”特化の求人サイト「REWORK」、オンライン秘書のキャスターが公開

    副業やリモートワークなど“新しい働き方”特化の求人サイト「REWORK」、オンライン秘書のキャスターが公開

    オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」などを展開するキャスターは9月25日、新しい働き方に特化した求人サイト「REWORK」のベータ版をリリースした。 REWORKでは新しい働き方として「リモートワーク」「時短勤務」「副業」「フリーランス」の4つに着目。いずれからの条件に当てはまる求人のみを掲載するのが特徴だ。 掲載費用は月額5万円(税別)で、掲載できる求人数は無制限。ベータ版期間は1つの求人に限り、1ヶ月間無料で掲載できる。キャスターではCasterBizなどを提供してきたノウハウを活かし、初めてリモート… 続きを読む

  • 案件ごとに情報を集約し業務を効率化、ビジネスコラボレーションツールのOneteamが3.8億円を調達

    案件ごとに情報を集約し業務を効率化、ビジネスコラボレーションツールのOneteamが3.8億円を調達

    ビジネス向けのコミュニケーションツール「Oneteam」を提供するOneteamは9月25日、大和企業投資、ニッセイ・キャピタル、FFGベンチャービジネスパートナーズ、いわぎん事業創造キャピタル、Fringe81を引受先とした総額3.8億円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。 なおFringe81とは業務提携も結んでおり、セールスやマーケティング面、および商品開発での協業に加えて同社が持つ事業展開ノウハウの提供も受けるという。また提携の一環としてFringe81取締役COOの松島氏がOneteamの社外取締役に就任する。 One… 続きを読む

  • “音”を元にスマホで3分で設備機器の異常を診断、スカイディスクの「スマート聴診棒」ベータ版

    “音”を元にスマホで3分で設備機器の異常を診断、スカイディスクの「スマート聴診棒」ベータ版

    センサデバイスの開発からAIを活用したデータ分析クラウドまで、IoTサービスをワンストップで提供するスカイディスク。同社は9月21日、スマホのマイク機能を使って収録した「音」により、機械の故障予知ができる「スマート聴診棒」のベータ版をリリースした。 続きを読む

  • C2Cの荷物預かりサービス「monooQ」、長期保管に対応した個人間トランクルームをリリース

    C2Cの荷物預かりサービス「monooQ」、長期保管に対応した個人間トランクルームをリリース

    荷物を預けたい人と預かってくれる人をつなぐC2Cシェアリングサービス「monooQ(モノオク)」を運営するLibtownは9月15日、長期間荷物を保管できる個人間のトランクルームサービスをローンチした。 今まではコインロッカーを代替するような形で、短期間の荷物預かりサービスとして打ち出していたmonooQ。今回の新サービスにより、monooQ上で荷物を預ける場所を検索する際「長期/ 1ヶ月〜」「短期/1日〜」と期間に応じて探せるようになった。 Libtown代表取締役の阿部祐一氏は「1日から荷物を預けることのできる、個人間トランクルーム」だ… 続きを読む

  • 写真からカロリーや栄養素を自動測定——健康管理アプリ「カロミル」は食事画像認識AIを搭載

    写真からカロリーや栄養素を自動測定——健康管理アプリ「カロミル」は食事画像認識AIを搭載

    ダイエットアプリ「カロミル」を運営するライフログテクノロジーは9月14日、同アプリに自社開発の食事画像認識AIを搭載した。カロミルではユーザーが食事や運動の記録を蓄積していくのだが、この機能により毎回アプリを開いて食事の記録をしなくても、スマホで写真を撮影しておけばアプリ内に自動で栄養素やカロリーが蓄積されるようになる。 続きを読む

  • 社外の専属経理チームに業務を丸投げできる「バーチャル経理アシスタント」、メリービズがリリース

    社外の専属経理チームに業務を丸投げできる「バーチャル経理アシスタント」、メリービズがリリース

    「担当者がなかなか定着しない」「担当者によってスキルのバラつきが大きい」「繁忙期と閑散期の差が大きく、適正な体制を整えることが難しい」――このような”経理業務の課題”は多くの企業に共通する。 この課題をオンライン上で経理・会計に特化したチームを持つことで解決できないか、そのような挑戦をしているのが経理代行サービスを提供するメリービズだ。同社は9月14日、企業が経理・会計業務をリモートの経理アシスタントチームに依頼できる「バーチャル経理アシスタント」をリリースした。 続きを読む