Nozomi Okuma

Nozomi Okumaのピックアップ記事


Nozomi Okumaの最新記事

  • 自分そっくりのアバターでVRを楽しむ「EmbodyMe」が本日ローンチ、9000万円の資金調達も

    自分そっくりのアバターでVRを楽しむ「EmbodyMe」が本日ローンチ、9000万円の資金調達も

    今あるVRコンテンツは1人で楽しむゲームや動画といったコンテンツが多いが、他人とコミュニケーションを楽しむソーシャルVRのコンテンツも少しづつ出てきているようだ。本日Paneoは顔写真から3Dモデルのアバターを作成して、他のユーザーと交流できるアプリ「EmbodyMe」をSteamとOculus Storeで配信を開始した。また、本日インキュベイトファンドから9000万円の第三者割当増資を行ったこと… 続きを読む

  • ものづくりワークショップが見つかるプラットフォーム「Craftie」が正式ローンチ

    ものづくりワークショップが見つかるプラットフォーム「Craftie」が正式ローンチ

    旅行におすすめの宿泊先やアクティビティなどの情報を集約する予約サイトは多くあるが、ものづくりのワークショップや教室情報を集約している予約サイトはあまりない。Craftie(クラフティ)は、そうしたウェブ上に点在しているワークショップや教室情報を集約し、予約までできるウェブサービスだ。これまでベータ版を提供していたが、本日よりサイトをリニューアルして本格展開を始めると発表した。 続きを読む

  • 荷物預かりサービスecbo cloakが数千万円の調達、登録店舗の拡充を目指す

    荷物預かりサービスecbo cloakが数千万円の調達、登録店舗の拡充を目指す

    荷物の預かりサービス「ecbo cloak」を運営するecboは本日、数千万円規模の第三者割当増資を実施した。引受先は、既存投資家のANRI、個人投資家の渡瀬ひろみ氏、千葉功太郎氏だ。 ecbo cloakは荷物を預けたい人と荷物を預る店舗をつなぐシェアリングサービスだ。ユーザーはecbo cloakで荷物を預けておける場所と時間を予約することができ、サービス内で決済まで完結できる。店舗側は使っていない場… 続きを読む

  • 利用状況を可視化する福利厚生プラットフォーム「TUNAG」が2.8億円調達

    利用状況を可視化する福利厚生プラットフォーム「TUNAG」が2.8億円調達

    多くの企業は社員の福利厚生制度の一環として、書籍購入制度や英会話のレッスンやエンターテイメント施設の割引特権などを用意しているだろう。しかし、どのような制度があるか社員がきちんと把握している会社は少なそうだ。私自身も社会人になってから1、2回しかそうしたサービスを利用したことがない。また、これまで会社側としても社員がどの程度福利厚生制度を利用しているか把握する効率的な方法がなかった。愛知に拠点を置… 続きを読む

  • 資産管理アプリMoneytreeがシリーズBで総額10億円を調達、海外進出も視野

    資産管理アプリMoneytreeがシリーズBで総額10億円を調達、海外進出も視野

    銀行APIの公開に向け、金融庁はFintech企業を登録制とする銀行法等の一部改正を進めている。先日3月4日には、閣議決定に至った。銀行APIが実現すれば、例えばアプリから、銀行口座の残高照会や入出金明細から振り込みまでできるようになる。資産管理アプリMoneytreeを提供するマネーツリーもこうした未来の実現を目指すFintech企業の1社だ。本日マネーツリーは、シリーズBの調達ラウンドで総額1… 続きを読む

  • スマートトイのMoffがMRIらから3億円調達、リハビリに挑む

    スマートトイのMoffがMRIらから3億円調達、リハビリに挑む

    ウェアラブルデバイスにはApple WatchやFitbitなどいくつかあるが、スマートトイのMoffは法人向けサービス、特に介護やウェルネルの領域での普及を目指すようだ。本日ウェアラブルIoT端末を開発するMoffは、総額3億円の第三者割当増資を発表した。引受先は、環境エネルギー投資、三菱総合研究所、ツネイシキャピタルパートナーズだ。 続きを読む

  • オンラインストア「STORES.jp」がイベントなどで使えるスマホ決済サービスをローンチ

    オンラインストア「STORES.jp」がイベントなどで使えるスマホ決済サービスをローンチ

    オンライン決済分野のプレイヤーと言えばPayPal、Square、Coineyなどが思い浮かぶが、最近ではEコマースプラットフォームから派生した決済サービスも増えている。例えば、ネットショップが開設できる「BASE」は、決済サービス「PAY.JP」を展開しているし、ファッションを扱うモバイルECプラットフォームOrigamiも2016年5月に決済サービス「Origami Pay(オリガミペイ)」をロ… 続きを読む

  • エネチェンジがみずほキャピタルより5000万円を追加調達、法人向けサービス展開を強化

    エネチェンジがみずほキャピタルより5000万円を追加調達、法人向けサービス展開を強化

    電力価格の比較サービスを展開するエネチェンジは、みずほキャピタルの運営ファンドを引受先とする5000万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。エネジェンジは今年1月にオプトベンチャーズ、IMJ Investment Partners Japan LLPから総額5億円を調達しているが、今回の増資はこのラウンドにおける追加調達という位置付けだ。 続きを読む

  • メルカリがイギリスでサービス開始、アプリダウンロード数は6000万件を突破

    メルカリがイギリスでサービス開始、アプリダウンロード数は6000万件を突破

    フリマアプリ「メルカリ」は着々と世界展開を進めているようだ。メルカリは本日、イギリスでアプリをローンチすると発表した。アメリカに続く海外展開で、今度はヨーロッパ市場を狙う。イギリスの現地時間、2016年3月15日からiOSとAndroidアプリを利用できる。 続きを読む

  • ワンダーリーグがスマホVRコントローラーVroomをローンチ、過去ゲームのリメイク事業も展開

    ワンダーリーグがスマホVRコントローラーVroomをローンチ、過去ゲームのリメイク事業も展開

    大掛かりなPCやVR機器がなくても、スマホ端末とVRビューワーがあれば手軽に本格的なVRを楽しめるGear VRやGoogle Daydreamなどの端末が続々登場している。しかし、いくら手軽になってきているとはいえ、ユーザーが楽しめるコンテンツが増えないことにはVRは普及しないだろう(Google Daydreamに至ってはまだ日本未発売だ)。その課題を解決するため、本日ワンダーリーグでは、アプリ開発… 続きを読む

  • 手持ちのシャツから自動採寸する機能も追加、Original Stitchがブランド向けカスタマイズプラットフォームを発表

    手持ちのシャツから自動採寸する機能も追加、Original Stitchがブランド向けカスタマイズプラットフォームを発表

    既成品のシャツだとちょっと腕が長かったり、身幅が余ったりして、しっくりこないという経験はないだろうか。サンフランシスコに本社を置くOriginalは、そういった悩みを解決するため、シャツのフルオーダーサービス「Original Stitch」を提供している。本日Originalは記者会見を行い、世界中のアパレルブランドや小売店に向け「Original Stitchカスタマイズ・プラットフォーム」… 続きを読む

  • 民泊新法が閣議決定、Airbnbなどの民泊サービスは登録制に

    民泊新法が閣議決定、Airbnbなどの民泊サービスは登録制に

    日本でもAirbnbといった民泊サービスをはじめ、物件オーナーの代わりに民泊運営を代行する管理会社なども増えてきている。徐々に規制緩和が進んでいるが、ついに民泊サービスに大きな転換点が訪れるようだ。本日、民泊サービスの健全な普及を図るため、住宅宿泊事業法案が閣議決定された。早ければ2018年1月にも施行される予定だという。住宅宿泊事業法案では、住宅宿泊事業者の届出制度と住宅宿泊仲介業および住宅宿泊… 続きを読む

  • 乗合いタクシーの最適ルートをAIで自動計算、NTTドコモと未来シェアが共同開発へ

    乗合いタクシーの最適ルートをAIで自動計算、NTTドコモと未来シェアが共同開発へ

    タクシードライバーは、長年の経験と勘を頼りに乗客を探しているだろう。しかしそう遠くない将来には、人工知能が乗客のいる場所を予測し、最適な運行ルートを提案できるようになるようだ。本日NTTドコモは未来シェアと「AI運行バス」の実現にむけた共同開発を行うと発表した。交通事業者が運行する「AI運行バス」では、AIが事前に移動需要、時間、乗車人数を予測し、それに応じて最適な走行ルートや配車数を決定するとい… 続きを読む

  • 審査制ビジネスマッチングアプリ「yenta」に有料プランが登場、的の絞ったマッチングが可能に

    審査制ビジネスマッチングアプリ「yenta」に有料プランが登場、的の絞ったマッチングが可能に

    オープンイノベーションという言葉を良く聞くようになったが、実際他社や異業種の人に会って、仕事上のつながりができる機会は少ないかもしれない。イベントなどで知り合っても、仕事についてじっくり話す間もなく、立ち話だけで終わってしまうこともあると思う。アトラエが提供するビジネスマッチングアプリ「yenta」は、社会人に会社や業種を超えた横のつながりを提供している。yentaは2016年1月27日にローンチ… 続きを読む

  • 京都のハードウェア・アクセラレーター「Makers Boot Camp」の運営元、20億円規模のIoTファンドを組成へ

    京都のハードウェア・アクセラレーター「Makers Boot Camp」の運営元、20億円規模のIoTファンドを組成へ

    ハードウェア・スタートアップはプロダクトを作るだけでなく試作や量産、物流まで考える必要があるため、ウェブだけで完結するサービスより立ち上げが難しい。そうしたハードウェア・スタートアップを支援する施設やプログラムはいくつかあるが、京都に拠点を置くDarma Tech Labsもハードウェアに特化したアクセラレータープログラム「Makers Boot Camp」を提供している。3月7日、Darma Tech La… 続きを読む

  • VRで「どこでもドア」のProject i Can、最新VR施設を歌舞伎町に開設予定

    VRで「どこでもドア」のProject i Can、最新VR施設を歌舞伎町に開設予定

    2016年、家庭で使用できるOculusやPlaystation VRなどのVRハードウェアが出揃ったが、自宅でVRを体験したいと思う人はまだ少数かもしれない。一方、アトラクションとしてエンターテインメント施設で体験できるVRコンテンツは着実に増えているようだ。本日、バンダイナムコエンターテインメントは、2017年夏に期間限定で新宿・歌舞伎町にエンターテインメント施設「VR ZONE Shinjuku」… 続きを読む

  • 中長距離ライドシェアサービス「notteco」が北海道天塩町と協力、住民の新たな移動手段に

    中長距離ライドシェアサービス「notteco」が北海道天塩町と協力、住民の新たな移動手段に

    地方では利用できる交通機関が少なく、買い物や病院に行くために都市に出るだけで数時間かかってしまうことも珍しくないだろう。北海道稚内から70kmから離れた天塩町もそんな課題を抱えている地域だ。本日、長距離ライドシェアサービスnotteco(ノッテコ)は北海道天塩町と相乗りサービスの実証実験を行うと発表した。3月12日から実証実験を開始し、今年の夏頃を目処に本格始動するという。 続きを読む

  • コインロッカー代替サービスが続々、monooQは個人でもクロークになれるC2Cプラットフォーム

    コインロッカー代替サービスが続々、monooQは個人でもクロークになれるC2Cプラットフォーム

    旅行先でチェックアウトしてから帰りの電車までの時間、あるいは観光している最中、短時間でも手荷物を預けられる場所があると便利だろう。そのニーズに応えるシェアリングサービスがまた1つ誕生したようだ。Libtownは本日、荷物を預かるC2CのシェアリングサービスmonooQ(モノオク)をローンチした。 続きを読む

  • 手書きの内容も人工知能でデータ化する「Tegaki」の開発元が13億円を調達

    手書きの内容も人工知能でデータ化する「Tegaki」の開発元が13億円を調達

    申込用紙やアンケート用紙など手書きのものが多いが、それを有効活用するには、まずは手書きの情報をデータ化しなければならない。Cogent Labsは、人工知能による手書きの認識サービス「Tegaki」を開発している。Cogent Labsは本日、シリーズAで総額13億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はSBIインベストメント、トッパン・ フォームズだ。 続きを読む

  • ウェルスナビがSBI系金融機関と提携―、1カ月で6000口座増、残高25億円を突破

    ウェルスナビがSBI系金融機関と提携―、1カ月で6000口座増、残高25億円を突破

    アルゴリズムで自動で資産運用するロボアドバイザーサービスはお金のデザインのTHEOやエイト証券のクロエなどいくつかある。ウェルスナビは100万円から運用するロボアドバイザーサービスを提供しているが、ウェルスナビは提携金融機関を増やすことで利用者の獲得を目指すようだ。2017年1月にはSBI証券と協力して「WealthNavi for SBI証券」をローンチしたが、本日新たに住信SBIネット銀行の利用者… 続きを読む