Nozomi Okuma

Nozomi Okumaのピックアップ記事


Nozomi Okumaの最新記事

  • 小学生から金利や為替を学ぶ、三井住友カードのおこづかい管理アプリ「ハロまね」

    小学生から金利や為替を学ぶ、三井住友カードのおこづかい管理アプリ「ハロまね」

    子どもの頃、親に預けたお年玉はどこに行ったのか、本当に預かってくれているだけなのか疑ったことがあるかもしれない。これからは、おこづかい管理もアプリで透明化が図られることになるようだ。本日、三井住友カードは小学生向けの金融教育アプリ「ハロまね ~親子で学ぶ、こどものお金管理~」をローンチした。このアプリは小学生の金融教育を促進し、お金の計画的な使い方を学ぶことを目的としている。 続きを読む

  • スマホ証券One Tap BUYが新たに15億円を調達、みずほ証券も出資

    スマホ証券One Tap BUYが新たに15億円を調達、みずほ証券も出資

    3タップで株取引ができるアプリを開発するOne Tap BUYは、本日総額15億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先には既存投資家のみずほキャピタル、 モバイル・インターネットキャピタル、ソフトバンク、そして新たにみずほ証券が加わった。 続きを読む

  • HoloLensで英語の発音が学べる「ENGLISH BIRD」に語学学習の未来を感じる

    HoloLensで英語の発音が学べる「ENGLISH BIRD」に語学学習の未来を感じる

    MR(複合現実)の本格的は幕開けはまだもう少し先かもしれないが、Microsoftのホログラフィック・コンピューター「HoloLens」を手に入れた開発者はさっそくMRでの開発を始めているようだ。本日ViRDは「ENGLISH BIRD」という英語の発音を練習する教育ゲームをリリースした。 続きを読む

  • 飲食店向けメニューの一元管理サービス「レシプロ」、原価率まで自動計算

    飲食店向けメニューの一元管理サービス「レシプロ」、原価率まで自動計算

    自宅で料理をする時には、野菜や肉の価格はいくらでこの1品にいくらかかったかを計算している人はほぼいないだろう。しかし、飲食店にとってメニューの原価率を調整することは利益に直結する。レフコアが本日ローンチした「レシプロ」は、レストランがメニューをスタッフ間で共有したり、原価率を把握したりするのを楽にするためのサービスだ。 続きを読む

  • 睡眠薬ではなくアプリを処方する未来——不眠症治療アプリのサスメドが1億円を調達

    睡眠薬ではなくアプリを処方する未来——不眠症治療アプリのサスメドが1億円を調達

    次の日早く起きなければならないのに、布団に入ってもなかなか寝付けないという日もあるだろう。1日であれば問題はないが、不眠が慢性化すると昼間のパフォーマンスが落ち、仕事や日常生活に支障をきたす可能性もある。日本ではおよそ5人に1人が不眠症で悩んでいるという。サスメドが開発する「yawn」は不眠症の治療を目的としたアプリだ。サスメドは、本日Beyond Next Venturesからの約1億円を調達したこ… 続きを読む

  • 小さな目標に向けて1万円から投資できる、ロボアドバイザー「クロエ」がローンチ

    小さな目標に向けて1万円から投資できる、ロボアドバイザー「クロエ」がローンチ

    投資で資産形成と聞くと、なんとなく難しい印象がして、自分には必要ないと思う人もいるだろう。けれど海外旅行のために貯金しているお金を運用すれば、普通に貯めるよりちょっと早く旅行に必要な金額に近づけるかもしれないと考えると、資産運用はぐっと身近に感じることができそうだ。本日、エイト証券がローンチしたロボアドバイザー「クロエ」は、ユーザーの目標達成をサポートする資産運用アプリだ。 続きを読む

  • 亀山会長の3Dフィギュアも、DMM.makeが3Dプリント工場を新設

    亀山会長の3Dフィギュアも、DMM.makeが3Dプリント工場を新設

    3Dプリント技術は飛躍的に向上しているようだ。DMM.makeは最新機器がそろえた3Dプリント工場を開設することで、3Dプリントによるモノづくりを加速させたい考えだ。 2017年1月、DMMは3Dプリント事業を展開するアイジェットの全株式を取得し、子会社化することを発表した。それに伴い、アイジェットのオフィスを「DMM.make 3D PRINT TOKYO Factory」としてリニューアルオープンする。… 続きを読む

  • 岡山発のドローンベンチャー、ドローンデパートメントが数千万円の調達

    岡山発のドローンベンチャー、ドローンデパートメントが数千万円の調達

    岡山発のドローンスタートアップ、ドローンデパートメントは第三者割当増資での調達を本日発表した。引受先は、個人投資家千葉功太郎氏とオプティマ・ベンチャーズだ。調達額は非公開だが、数千万円規模という。 ドローンデパートメントはドローンに関連するサービスをいくつか提供している。ドローンデパートメントの主力事業は、ドローンパイロットとドローン空撮を依頼したい企業や団体をつなげるサービスだ。空撮に特化し… 続きを読む

  • 人工知能でサイト改善提案「AIアナリスト」の開発元が3.5億円の調達、電通との提携も視野に

    人工知能でサイト改善提案「AIアナリスト」の開発元が3.5億円の調達、電通との提携も視野に

    Google Analyticsをサイトに導入すると訪問数やコンバージョン率など様々なデータが取れる。しかし、情報が多すぎて、具体的にサイトの何をどう改善させたらいいか迷ってしまうこともあるだろう。「WACUL(ワカル)」が提供するウェブサイト分析の人工知能「AIアナリスト」は、Google Analyticsのアクセス解析を元に、課題発見から課題ごとの改善方針提案まで自動で行うサービスだ。本日、WA… 続きを読む

  • ユーザーの好みを学習するパートナーロボット「ユニボ」の開発元が総額3.24億円を調達

    ユーザーの好みを学習するパートナーロボット「ユニボ」の開発元が総額3.24億円を調達

    パートナーロボット「unibo(ユニボ)」の開発を手がけるユニロボットは本日、総額3.24億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先は、富士通のコーポレートベンチャーキャピタル、Nikon-SBI Innovation Fund、住友商事、アスカネット、TISのコーポレートベンチャーキャピタルだ。 続きを読む

  • 気軽に試せるファッションECサイト「LOCONDO」がマザーズに上場承認

    気軽に試せるファッションECサイト「LOCONDO」がマザーズに上場承認

    靴とファッションの通販サイトLOCONDO.jpを展開するロコンドは本日、マザース市場への上場が承認された。上場予定日は3月7日だ。 ロコンドは2010年に創業し、2011年2月にLOCONDO.jpをリリースした。ロコンドでは「買って試してみて、気に入ったもの以外を気軽に返品できる」をコンセプトに送料無料・サイズ交換・返品無料のサービスを提供している。サービスはUIとUX、梱包、問い合わせの改善を… 続きを読む

  • Snapchatを追随できるか、B612がリリースから2年5ヶ月ほどで3億ダウンロード突破

    Snapchatを追随できるか、B612がリリースから2年5ヶ月ほどで3億ダウンロード突破

    Facebookの投稿はずっと残ってしまうし、色々な人とつながっていては気軽に自撮り写真を投稿するのも気が引けると思うこともあるだろう。若い世代には、もっと気軽に写真や動画を共有できるSNSが支持されている。アメリカでは短時間で投稿写真が消えるSnapchatが人気だし、Instagramもそれに似た「ストーリー」機能を取り入れた。 続きを読む

  • ソニーから子供でも楽しめるプログラミング学習キットKOOVが登場−−2月18日より発売予定

    ソニーから子供でも楽しめるプログラミング学習キットKOOVが登場−−2月18日より発売予定

    IT人材の育成に向け、日本でもSTEM教育(科学・技術・工学・数学)への注目が集まっている。2016年4月、文部科学省は2020年をめどに小学校でのプログラミング教育の必修化を検討すると発表し、今後子供たちがプログラムやコードに触れる機会が増えそうだ。子供向けのプログラミング学習キットには、レゴのプログラミングロボットの「マインドストーム」や深センのスタートアップMakeblockが提供する「mB… 続きを読む

  • デザインや動画のレビューツール「Brushup」−−フェンリルから分社化で本格展開を開始

    デザインや動画のレビューツール「Brushup」−−フェンリルから分社化で本格展開を開始

    イラストレーターなどにイラストやパンフレット、プレゼン資料を依頼する場合、途中で何回かフィードバックやレビューを繰り返して、作品をイメージ通りに仕上げていくだろう。アプリ開発を手がけるフェンリルのサービスの提供するレビューツール「Brushup」では、このフィードバックのプロセスを一元管理することができる。同社は2月1日、Brushupを株式会社Brushupとして分社化し、事業の本格展開を始める… 続きを読む

  • テーマを選んで投資する「FOLIO」が新たに18億円調達、今春ベータ版を公開予定

    テーマを選んで投資する「FOLIO」が新たに18億円調達、今春ベータ版を公開予定

    テーマ投資型のプラットフォームを開発する「FOLIO」は本日、シリーズAラウンドで18億円を調達したことを発表した。ジャフコ、マネックスベンチャーズ、三井住友海上キャピタル、Rakuten FinTech Fundに加え、既存投資家のDCM Ventures、Draper Nexusが出資に参加した。FOLIOは2015年12月に創業しているが、今回の調達で累計調達額は21億円となった。FOLIOは、今春… 続きを読む

  • 顧客獲得が焦点に—、500 Startupsのアクセラレータープログラムがリニューアル

    顧客獲得が焦点に—、500 Startupsのアクセラレータープログラムがリニューアル

    日本にも拠点を置く500 Startupsは、スタートアップ向けアクセラレータープログラムのBatch 21(21期)の募集を開始している。2010年に創業以来、500 Startupsはアクセラレータープログラムを開催しているが、今回募集する21期よりこのアクセラレータープログラムを「SEED Program」としてリブランディングする。TechCrunch Japanはプログラム内容の変更について500… 続きを読む

  • 女子のトレンド発信源にーーC Channelがリアルイベント「SUPER C CHANNEL」を今春開催

    女子のトレンド発信源にーーC Channelがリアルイベント「SUPER C CHANNEL」を今春開催

    スマホで情報がすぐ手に入るようになったが、実際に手に触れたり、体験したりすることで楽しめるものも多いだろう。10代や20代女子向けにファッションやメイク情報などを発信するC Channelも、オフラインで「体験」を提供する場を用意するようだ。C Channelは4月1日、2日に東京国際フォーラムで「SUPER C CHANNEL」を開催する。 続きを読む

  • 卒業後は起業もありーーフランス発のブートキャンプLe Wagonが日本進出

    卒業後は起業もありーーフランス発のブートキャンプLe Wagonが日本進出

    プログラミングを独学で学ぶのはなかなか続かないし、身に付かない。日本でもプログラミングを学べる場所が増えてきたが、今回新たにフランス発のプログラミングブートキャンプLe Wagonが日本に上陸した。Le Wagonは目黒のコワーキングスペースImpact HUB Tokyoと連携し、2月27日からブートキャンプを開催する。Le Wagonでは9週間、朝から晩まで集中的にプログラミングを学ぶプログラムを提供す… 続きを読む

  • スキルのC2Cサービス「ココナラ」が物販にも進出ーー今春からハンドメイド作品の取り扱いを開始

    スキルのC2Cサービス「ココナラ」が物販にも進出ーー今春からハンドメイド作品の取り扱いを開始

    個人のスキルのマーケットプレイス「ココナラ」は、本日ハンドメイドのEC領域に進出することを発表した。「ココナラ ハンドメイド」は2017年3月8日に正式ローンチする予定で、出品者の登録は本日より受け付ける。 2012年にサービスを開始したココナラは、ユーザーが自身の知識・スキル・経験を売買できるC2C型のマーケットプレイスだ。もともと出品サービスは一律500円だったが、現在は購入者がおひねりを追加し… 続きを読む

  • タクシー配車からツアー予約まで、インバウンド旅行者向け専用アプリ「WAmazing」がローンチ

    タクシー配車からツアー予約まで、インバウンド旅行者向け専用アプリ「WAmazing」がローンチ

    2016年の訪日外国人旅行者は2000万人を超え、さらに政府は2020年までに訪日旅行者を4000万人に押し上げることを目標としている。訪日旅行者関連の市場規模は8兆円になることが推定されている。本日サービス開始したWAmazingは、3つの利便性を旅行者に提供するアプリだ。500MBまでの無料モバイル通信、タクシー配車機能、そして日本でのツアーやアクティビティをアプリから予約手配と決済ができる機… 続きを読む