Nozomi Okuma

Nozomi Okumaのピックアップ記事


Nozomi Okumaの最新記事

  • 組織が読むべき記事をAIが選ぶ、StockMarkが新サービス「Anews」をローンチ

    組織が読むべき記事をAIが選ぶ、StockMarkが新サービス「Anews」をローンチ

    一緒に働くチームメンバーの中で、ひときわ情報通の人がいるかもしれない。チームリーダーとしては、メンバー全員が仕事に関連した最新ニュースや情報に触れていてほしいと思うところだろう。ストックマークは、そうしたチーム全体の情報感度の底上げを目指すウェブニュースの情報収集サービス「Anews」を本日正式ローンチした。 続きを読む

  • アプリで救急搬送先を検索―、医師版SNS「Whytlink」の運営元が4億円を調達

    アプリで救急搬送先を検索―、医師版SNS「Whytlink」の運営元が4億円を調達

    LINEやFacebook Messengerなどのコミュニケーションアプリが個人ユーザーには普及したが、今後医療現場でもチャットアプリの普及が加速するかもしれない。医療系ITサービスを提供するリーズンホワイは本日、総額4億円の第三者割当増資を発表した。引受先はアンテリオ、ファストトラックイニシアティブ、DBJキャピタルの3社だ。 続きを読む

  • DeNAのメディア事業再起か―、小学館と事業創出に向けた基本合意を締結

    DeNAのメディア事業再起か―、小学館と事業創出に向けた基本合意を締結

    昨年12月、WELQに端を発したキュレーションメディアの問題が記憶に新しいDeNAだが、デジタルメディア領域での再起の道を検討し始めたようだ。本日、DeNAは小学館と共同でデジタルメディア事業を検討するための基本合意を締結したと発表した。 続きを読む

  • 建設業のデジタル化にHoloLens―、小柳建設と日本マイクロソフトが連携を発表

    建設業のデジタル化にHoloLens―、小柳建設と日本マイクロソフトが連携を発表

    ポケモンGOで一気にARに注目が集まるようになったが、ARをゲームではなく仕事の効率化にも役立てようとしている企業も出てきているようだ。本日、小柳建設は、ホログラフィックコンピューター「Micorosoft HoloLens」の活用したプロジェクトを推進すると発表した。このプロジェクトは日本マイクロソフトと連携して進めていくという。 続きを読む

  • YouTubeでもFacebookでも、気に入った動画は「REClike」で一括管理

    YouTubeでもFacebookでも、気に入った動画は「REClike」で一括管理

    FacebookでもTwitterでも動画コンテンツをよく見かけるようになったが、前見た動画を後から探すのが難しいと思ったことはないだろうか。記事なら、あとで見返す時のためにコンテンツを集めておけるブックマークサービスはいくつもある。今回紹介するREClike(レックライク)はそれに似て、サービスを横断してお気に入りの動画を管理、共有するためのサービスだ。4月17日、REClikeは従来の動画管理… 続きを読む

  • オイシックス、東大生率いる食のスタートアップ「ふらりーと」を子会社化

    オイシックス、東大生率いる食のスタートアップ「ふらりーと」を子会社化

    できれば毎日でも健康的な手料理を食べたいものだが、特に共働き世帯だと料理まで手が回らないこともあるだろう。料理が自宅で手軽に作れる献立きっとなどを提供するオイシックスは、本日、食に関連するシェアリングサービスを展開するふらりーとを子会社化したことを発表した。 続きを読む

  • グッチのバッグが90分で届く―、東京、パリ、NYで即日配送

    グッチのバッグが90分で届く―、東京、パリ、NYで即日配送

    夕方行くパーティーに着ていく素敵な服がない。けれども、店舗に足を運んでいる暇もない。そんな時は、グッチを選ぶといいかもしれない。ECサイト「Farfetch」はラグジュアリーブランドのグッチとパートナーシップを締結し、わずか90分でファッションアイテムを配送するサービス「F90」を提供すると発表し、日本でも利用できる。 続きを読む

  • チャットボットサービス「chatbook.ai」の運営元がFacebookのアクセラレートプログラムに採択

    チャットボットサービス「chatbook.ai」の運営元がFacebookのアクセラレートプログラムに採択

    ここ最近、企業が提供するチャットボットを見かけることが増えている。気軽にやりとりできるチャットはユーザーにとって便利だが、企業がゼロからチャットボットを開発するのは難しいだろう。ヘクトは、法人向けにプログラミングなしでチャットボットを作成できるサービス「chatbook.ai」を提供している。本日、ヘクトはFacebookの提供する開発者向けプログラム「FbStart」に採択されたことを発表した。… 続きを読む

  • VR動画は360度でなくてもいい―、VR動画の配信サービス「360Channel」が対応端末を追加

    VR動画は360度でなくてもいい―、VR動画の配信サービス「360Channel」が対応端末を追加

    2016年末までにVRヘッドセットが出揃い、360度動画をみかけることも増えてきたが、VR動画を楽しむのに360度全部を撮影してある必要はないのかもしれない。360度動画の配信サービス「360 Channel」で経営企画とプロデューサーを担う中島健登氏は、コンテンツによっては180度分を写すだけでも十分な場合もあると話す。 続きを読む

  • プラットフォーム事業者の責任はどこまで―、クックパッドがはちみつレシピへの対応を発表

    プラットフォーム事業者の責任はどこまで―、クックパッドがはちみつレシピへの対応を発表

    NHKは4月7日、生後6か月の男児が「乳児ボツリヌス症」で亡くなるというニュースを報じた。NHKによると、乳児ボツリヌス症の死亡例は昭和61年以降、全国初だという。乳児ボツリヌス症は、消化気管が十分に発達していなく、腸内環境の整っていない生後間もない乳児がボツリヌス菌を摂取すると、腸内で繁殖し、毒素を出すことで発症する。ボツリヌス菌は、自然界に広く生息していて、植物の花粉を汚染している場合、ハチミ… 続きを読む

  • バグ発見の賞金に最大1万ドル、LINEが「バグ・バウンティ」の対象サービスを拡大

    バグ発見の賞金に最大1万ドル、LINEが「バグ・バウンティ」の対象サービスを拡大

    ネットサービスやアプリは便利だが、セキュリティ対策がどうなっているか気になる人も多いと思う。特に毎日使うメッセージングアプリなどはセキュリティがしっかりしていて、安心して使えることが大事だろう。LINEは同社が提供する各サービスのセキュリティを高めるため、サービスの脆弱性を見つけて報告した者に対し、報奨金を支払う「LINE Security Bug Bounty Program」の認定対象を拡大したことを… 続きを読む

  • Apple純正ビデオクリップアプリ「Clips」、想像以上に動画編集が楽だった

    Apple純正ビデオクリップアプリ「Clips」、想像以上に動画編集が楽だった

    SnapchatやInstagramストーリーなど、毎日のちょっとした1コマを録画してシェアするアプリが人気を博しているが、Appleも動画領域で存在感を高めていきたいようだ。3月21日、Appleは真っ赤なiPhoneなどを発表した同じ日に、誰でも簡単に楽しい動画が作れるアプリ「Clips(クリップス)」をローンチすると予告した。そして、4月6日、ついにこのアプリがローンチしたので、TechCr… 続きを読む

  • JR東日本もアクセラレータープログラムを開始、Apple Payに次ぐイノベーションを募る

    JR東日本もアクセラレータープログラムを開始、Apple Payに次ぐイノベーションを募る

    JR東日本のイノベーションというと、Apple PayでSuicaが使えるようになったのが記憶に新しい。しかし、それにとどまらずJR東日本は新しいイノベーションを生み出すスタートアップとの接点を増やしていきたいようだ。本日、東日本旅客鉄道は「JR東日本スタートアッププログラム」を開催し、スタートアップとのオープンイノーベションを推進すると発表した。 続きを読む

  • iPhoneのオンデマンド修理からカラーリングまで提供、Life Support Labが5500万円を調達

    iPhoneのオンデマンド修理からカラーリングまで提供、Life Support Labが5500万円を調達

    時折、iPhoneの画面が割れたまま使っている人をみかけるが、修理に出すのが面倒という気持ちもよく分かる。アップルストアで修理する場合は、来店予約をする必要があるし、修理にも時間がかかる。Life Support Labはカスタマーの都合の良い時間と場所にオンデマンドで修理スタッフを派遣する「iRepairs Lab(あいりぺ)」を提供している。Life Support Labは本日、第三者割当増資と転換社… 続きを読む

  • リノべるが三井物産から13億円調達、中古物件からスマートハウスの普及を目指す

    リノべるが三井物産から13億円調達、中古物件からスマートハウスの普及を目指す

    住まいの購入が人生で最も高い買い物だろう。新築物件も魅力的だが、中古物件をリノべして自分の思い通りに作るのも良いかもしれない。不動産スタートアップのリノべるはオンラインと店舗でカスタマーに物件の選定から、リノベーションプランを提案している企業だ。本日リノべるは、三井物産から総額13億円の資金調達を実施したことを発表した。三井物産からの資金調達は、一部既存株主からの取得を含む。 続きを読む

  • 書き起こしもやってくれるボイスメモアプリRecocoなら録音の大事なところだけ聞き返せる

    書き起こしもやってくれるボイスメモアプリRecocoなら録音の大事なところだけ聞き返せる

    記事を書くという仕事柄、インタビューを録音しておくことが多いのだけれど、録音データの問題は後から大事な部分が見つけづらいことだ。1時間分も録音データがあると、インタビューアーの数秒の発言がどのタイミングにあったか探すのに苦労する。今回、録音データの聞き返しを楽にするボイスメモアプリRecocoを試してみたので紹介したい。 続きを読む

  • 「お坊さん便」運営のみんれびが10億円調達、仏事にまつわる情報の透明化を目指す

    「お坊さん便」運営のみんれびが10億円調達、仏事にまつわる情報の透明化を目指す

    会社でも個人でも何か商品やサービスを購入する時、見積もりや価格を比較検討するだろう。ただ、葬儀の場合は見積もりを細かく比較するという概念はないかもしれない。大切な人が亡くなったという時に、見積もりを比較するという作業が冷静にできるとも思えない。みんれびは、定額の葬儀を提供することで葬儀にまつわる情報の不透明さを解消しようとするスタートアップだ。みんれびは本日、シリーズCとして総額10億円の第三者割… 続きを読む

  • AI開発の「カラフル・ボード」が新たに8億円調達、アパレル企業のDM個人化で来店6割増も

    AI開発の「カラフル・ボード」が新たに8億円調達、アパレル企業のDM個人化で来店6割増も

    人工知能でスタイリングを提案するSENSYを手がけるカラフル・ボードは本日総額8億円の第三者割当増資を発表した。引受先は、はるやまホールディングス、TSIホールディングス、VINXで、調達額8億円のうち1億円は日本政策金融公庫からのデットファイナンスだ。また、この3社とは戦略パートナーとして、業務提携も締結している。 続きを読む

  • 地方企業の人材不足解消を目指し、groovesが地銀系VCらから2億円を調達

    地方企業の人材不足解消を目指し、groovesが地銀系VCらから2億円を調達

    IT系人材サービスを展開するgroovesは地方企業と全国の人材を結びつけることで地方創生を加速させたい考えだ。groovesは本日、広島ベンチャーキャピタル、大分ベンチャーキャピタルと連携し、各地域の企業における人材採用支援を行うと発表した。同時に広島ベンチャーキャピタル、大分ベンチャーキャピタル、ヒトメディアと日本たばこ産業株式会社(JT)の合弁会社であるヒトトキインキュベーター、インスパイア… 続きを読む

  • スタートトゥディが子会社を立ち上げ、東南アジアでの投資を強化

    スタートトゥディが子会社を立ち上げ、東南アジアでの投資を強化

    日本でファッションEC大手に上り詰めたスタートトゥディが次に狙うのは東南アジア市場のようだ。ファッションECサイトZOZOTOWNやコーディネートアプリWEARを運営するスタートトゥデイは本日、ケイマン諸島に拠点を置くSTV FUND, LPに出資し、特定子会社としたことを発表した。STV FUND, LPは海外のファッション関連企業に投資するファンドで、スタートトゥデイは1000万米ドルを上限に出資する… 続きを読む