Nozomi Okuma

Nozomi Okumaのピックアップ記事


Nozomi Okumaの最新記事

  • 動画制作「Viibar」が新たに4億円調達、日経との資本業務提携でメディア事業を本格化

    動画制作「Viibar」が新たに4億円調達、日経との資本業務提携でメディア事業を本格化

    FacebookでもTwitterでも、料理動画やガジェットの紹介動画が流れてくるとついつい見てしまう。どのプラットフォームも動画に対応していて、多くのメディアや企業は動画コンテンツによるマーケティングに関心を持っている。だが、テレビ局や制作会社でない会社が自社で高品質な動画を制作して配信するのは難しい。Viibar(ビーバー)は、その課題を解決するため、プロの動画クリエイターと企業とをつなぐクラ… 続きを読む

  • 印刷物でもA/Bテストの時代ーーAPI型印刷クラウド「コーデンベルク」がリリース

    印刷物でもA/Bテストの時代ーーAPI型印刷クラウド「コーデンベルク」がリリース

    パソコンのボタン1つで、オフィスや自宅にあるプリンターから資料が印刷できる。それと同じくら簡単に、本格的なデジタル印刷機で自社のチラシや販促物の印刷ができたらどうだろうか。本日正式リリースしたAPI型印刷クラウドサービス「codenberg(コーデンベルク)」が目指すのはまさにそのような世界だ。 続きを読む

  • 実家に帰った気分になれる「バーチャン・リアリティ」は、未来の食事のあり方なのかもしれない

    実家に帰った気分になれる「バーチャン・リアリティ」は、未来の食事のあり方なのかもしれない

    自分の作った食事、あるいは買ってきたご飯を狭いワンルームで細々と食べる。一人暮らしで、一番寂しいのは食事の時間かもしれない。 しかし、VRがあれば田舎の大家族とみんなでわいわいしながら美味しい食事を食べることができるようになるかもしれない。少なくとも、そんな気分を味わえるようになる。南あわじ市がふるさと納税のプローモーションの一環としてリリースした「バーチャン・リアリティ」はまさにそんな体験が味わえ… 続きを読む

  • 社員のパフォーマンスを可視化する目標・評価管理サービス「HRBrain」が資金調達、正式版も公開

    社員のパフォーマンスを可視化する目標・評価管理サービス「HRBrain」が資金調達、正式版も公開

    半期、あるいは年に1回は上司と仕事の成果を確認し、人事考課を受ける人も多いのではないかと思う。社員にとっては昇給や昇格に影響する点で重要だが、会社にとっても配置転換などの人事戦略を立てるのに重要な指標となる。モスキートーンが提供する「HRBrain」は、社員の目標と評価をクラウドで一元管理するためのサービスだ。本日、モスキートーンはジェネシアベンチャーズとBEENEXTから数千万円規模の資金… 続きを読む

  • チャットをカスタマーサービスの主流にー、ニューヨーク発のReply.aiがトランスコスモスと資本業務提携

    チャットをカスタマーサービスの主流にー、ニューヨーク発のReply.aiがトランスコスモスと資本業務提携

    カスタマーサポートに電話してもなかなかつながらず、イライラした覚えはないだろうか。近い将来、会社の問い合わせフォームや電話番号は全部ボットに置き換わり、必要な時にカスタマーサポートが受けられるようになるかもしれない。Reply.aiは法人向けにカスタマーとやりとりするためのボットの制作と運用をするツールを提供している。本日Reply.aiは、トランスコスモスとの資本業務提携を発表した。また、トラン… 続きを読む

  • FOVEがついに視線追跡VRヘッドセット「FOVE 0」の出荷を開始

    FOVEがついに視線追跡VRヘッドセット「FOVE 0」の出荷を開始

    FOVEはラスベガスで開催されているCESで、視線追跡VRヘッドマウントディスプレイ「FOVE 0」の発送を開始すると発表した。FOVEが2015年5月に実施したKickstarterのクラウドファンディングにおける当初の出荷時期は2016年3月だったが、その後パーツ調達の問題に直面し、発送を延期していた。それから8ヶ月近く経って、ようやく出荷の準備が整ったようだ。また、FOVEは今回出荷の発表と同… 続きを読む

  • DeNAが自動運転でZMPとの提携を解消、新たに日産との協業が明らかに

    DeNAが自動運転でZMPとの提携を解消、新たに日産との協業が明らかに

    DeNAは本日、ロボットタクシーを共に手がけるZMPとの業務提携解消を発表した。ZMPはコンシューマ向けのロボットの開発・販売を手がける企業で、2015年5月にDeNAと合弁会社「ロボットタクシー」を設立した。ロボットタクシーでは、DeNAのネットサービス運営ノウハウとZMPの自動運転に関する技術を連携させ、自動運転車両による旅客運送事業を確立する計画だった。 続きを読む

  • 就職相談の代わりに学生がOBの依頼に応えるコミュニティーサービス「Matcher」が資金調達

    就職相談の代わりに学生がOBの依頼に応えるコミュニティーサービス「Matcher」が資金調達

    就職活動を終えた先輩やOB・OGに会って話を聞くことは、学生にとって志望業界を絞り込んだり、就職活動のアドバイスを聞いたりする貴重な機会となるだろう。「Matcher」はOB・OGが学生に会う敷居を低くし、学生とOBをつなぐためのマッチングサービスだ。Matcherは、本日コロプラネクストより資金調達を実施したことを発表した。金額は非公開だ。また資金調達と合わせ、本日企業の人事向けに学生のスカウト… 続きを読む

  • 野菜の栽培に最適な土壌を整えるー、農業IoT「ゼロアグリ」が4億円を調達

    野菜の栽培に最適な土壌を整えるー、農業IoT「ゼロアグリ」が4億円を調達

    美味しい野菜を多く収穫しようと思うなら、気温や湿度、土壌環境を知り尽くし、毎日作物に最適な水と肥料が行き渡るように調整しなければならない。水や肥料は多すぎても、少なすぎても品質の良い野菜は実らず、最適なバランスを習得するには何十年もの経験が必要だ。農家の負担を減らすため、ルートレック・ネットワークスはIoTとアルゴリズムで最適な水分と肥料を自動で計算し、圃場に供給するシステム「ゼロアグリ」を開発し… 続きを読む

  • サイクリングのすべてを可視化ーーCerevoの新製品は自転車専用のスマートデバイス「RIDE-1」

    サイクリングのすべてを可視化ーーCerevoの新製品は自転車専用のスマートデバイス「RIDE-1」

    IoTハードウェアスタートアップのCerevoは12月15日、自転車に取り付けてサイクリングのデータをトラックする「RIDE-1(ライド・ワン)」の発売を発表した。Cerevoと言えばスマートヨーヨー「7-Magic」や振って止めるスマートアラーム「Cloudiss」などユニーク で遊び心のあるIoT製品を手がけている。今回発表した「RIDE-1」は、スポーツに関連するIoTプロダクトを展開するXO… 続きを読む

  • VR特化型インキュベーション施設「Future Tech Hub」が茅場町にオープン

    VR特化型インキュベーション施設「Future Tech Hub」が茅場町にオープン

    プレステVR、Oculus Rift、HTC VIVEなどのVRヘッドセットが出揃い、2016年はVR元年と呼ばれている。けれど、VRが本当にメインストリームになるには、コントローラーなどVRに関連したハードウェアの開発やユーザーが楽しめるコンテンツ、あるいは生活を便利にするソフトウェアの存在が不可欠だ。12月14日、ブレイクポイントはそのようなVRプロダクトに取り組むスタートアップを支援するインキュ… 続きを読む

  • タブレットやスマホをPOSレジにーーAirレジの利用アカウント数が25万5000を突破

    タブレットやスマホをPOSレジにーーAirレジの利用アカウント数が25万5000を突破

    最近ショップやカフェに行った時、店員がタブレットでレジ対応をしているのを見かけたことはないだろうか?リクルートライフスタイルは、こうしたタブレットやスマホで利用可能なPOSレジアプリ「Airレジ」を提供している。Airレジは2013年11月からサービスをローンチし、3周年を迎えた。本日リクルートライフスタイルは「Airレジ カンファレンス2016」を開催し、Airレジのこれまでの実績と今後の拡大戦略… 続きを読む

  • WOVN.ioが新たに3億円を調達、凸版印刷との提携でオフラインの多言語化にも展開を図る

    WOVN.ioが新たに3億円を調達、凸版印刷との提携でオフラインの多言語化にも展開を図る

    ウェブサイトの多言語化サービス「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」を手がけるミニマル・テクノロジーズは、本日総額3億円の資金調達を実施したことを発表した。SBIインベストメントがリードインベスターとし、凸版印刷、SMBCベンチャーキャピタル、アドウェイズが出資している。また、資金調達と共に凸版印刷との業務提携を発表した。パッケージや印刷物を手がける凸版印刷との提携でオフラインとオンライン… 続きを読む

  • KDDIが総額800億円でビッグローブを買収ーー通信事業の土管化を防げるか

    KDDIが総額800億円でビッグローブを買収ーー通信事業の土管化を防げるか

    KDDIは本日、インターネット接続サービスを提供するビッグローブを買収したことを発表した。KDDIはビッグローブの全株式を総額約800億円で買収し、2017年1月を目処に完全子会社化する予定だ。 1986年に創業したビッグローブは、インターネットやモバイルの接続サービスを展開している。2016年9月末時点で、インターネット接続サービスには200万人以上、モバイル事業では40万人のユーザーを保有してい… 続きを読む

  • ボタン1つで洗剤やキッチンペーパーを注文、Amazon Dash Buttonが日本上陸

    ボタン1つで洗剤やキッチンペーパーを注文、Amazon Dash Buttonが日本上陸

    かさばるトイレットペーパーなどの消耗品、あるいは重たい水や洗剤が切れる度にスーパーや薬局まで行って買い足すのは家事の負担だ。だが、これからはボタン1つで、いつでも日用品を注文できるようになる。品物を買い忘れる心配もない。Amazonは、ボタンで商品を注文できるIoT端末「Amazon Dash Button」を今日から日本でも販売 続きを読む

  • SNS連動型フォトプリントサービスを手がけるSnSnapがニューホライズンキャピタルに株式譲渡

    SNS連動型フォトプリントサービスを手がけるSnSnapがニューホライズンキャピタルに株式譲渡

    SNSフォトプリントサービス「#SnSnap」を手がけるSnSnapは本日、ニューホライズンキャピタルへ株式譲渡を実施したことを発表した。譲渡金額は非公開。 「#SnSnap」は、主にイベント会場などでプロモーションに活用できるフォトプリントサービスだ。イベント来場者は指定のハッシュタグを付けて写真をSNSに投稿すると、イベント会場ににある専用プリンターからその写真をオリジナルデザインのカードや… 続きを読む

  • 翻訳サービスから東大門市場のファッションアプリまでーー韓国の有望なスタートアップ8社を紹介

    翻訳サービスから東大門市場のファッションアプリまでーー韓国の有望なスタートアップ8社を紹介

    日本から韓国まで飛行機で3時間もかからないが、すぐ隣の国のスタートアップについて知る機会は案外少ない。11月28日、韓国のスタートアップ支援を行う官民ネットワークStartup Alliance Koreaと日本のベンチャーキャピタル、グローバルブレインは韓国スタートアップのピッチイベントを共催し、勢いのある韓国スタートアップ8社が登壇した。 ブロックチェーンやVRといった全世界的に注目が集まっている分… 続きを読む

  • TechCrunch Tokyo、展示ブースとミニセッションステージ「TC Lounge」のご紹介

    TechCrunch Tokyo、展示ブースとミニセッションステージ「TC Lounge」のご紹介

    年に1回開催しているスタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2016」がいよいよ来週に迫っている。ここ数週間でプログラムの案内をしてきたが、この記事ではメインセッションが行われるホールAの隣、ホールBの「TC Lounge」についてご紹介したい。 続きを読む

  • 開催まであと2週間、これがTechCrunch Tokyo 2016のプログラムだ

    開催まであと2週間、これがTechCrunch Tokyo 2016のプログラムだ

    日本最大級のスタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2016」を11月17日から18日にかけて渋谷ヒカリエで開催する。先日から登壇者を発表してきたが、2日におよぶイベントのセッションがほぼ決まったのでお伝えしたい。 続きを読む

  • 【残り5日】TechCrunch Tokyo 2016「前売りチケット」の販売は10月末まで

    【残り5日】TechCrunch Tokyo 2016「前売りチケット」の販売は10月末まで

    日本最大級のスタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2016」を11月17日(木)、18日(金)に渋谷ヒカリエで開催する。いよいよ当日まで3週間となった。 イベント初日には2016年、最もアプリ市場を沸かせた2つのアプリ「ポケモンGO」と「Prisma」からそれぞれの製作者をステージに迎える。NianticでポケモンGoのゲームデイレクターを務める野村達雄氏はキーノート・セッションに、写… 続きを読む