コラム

 

  • 小売店はスタートアップのマインドを取り入れよ

    小売店はスタートアップのマインドを取り入れよ

    編集部記:Mona Bijoorは、衣料品の卸売オンラインマーケットプレイスJOORのファウンダーでチーフ・エグゼクティブだ。 従来の小売店にとって、小売業界や消費者行動の劇的な変化に付いていくのが大きな課題となっている。伝統的な小売店の昔ながらの販売方法では、売り上げを維持するのに苦戦し、現代のカスタマーにとって価値を提供するのが難しくなっている。 成功しているブランドに共通していることが1つある。彼… 続きを読む

  • テクノロジーが「人間の温かみ」を置き換えることはできない

    テクノロジーが「人間の温かみ」を置き換えることはできない

    最近、どこに行ってもオートメーションが人間の職を奪うという議論を耳にする。テクノロジーはもちろん急速に進歩し、クリックを中心とするメディア環境のなかではセンセーショナリズムが生まれる。しかし、テクノロジーが人間の代わりに働けるからといって、私たちがテクノロジーによるサービスを望むとは限らない。テクノロジーがまずまずの働きをするとしても、状況によっては、人間とやりとりしたいと思う場面があるのだ。 機械… 続きを読む

  • 映画「Hidden Figures」は、女の子たちをSTEMヒーローの道へと誘う

    映画「Hidden Figures」は、女の子たちをSTEMヒーローの道へと誘う

    全ての世代の親たちが好んで使う格言に「あなたは食べているものになる(you are what you eat)」というものがある。同様の現象が職業選択の際にも起きることを指摘しておきたい。「あなたは見ているものになる」。 私が言いたいのは、私たちの多くが、多感なテーィンエイジャーの時代に影響を与えてくれた人に根ざす、キャリアや生涯を貫く情熱を持つということだ。おそらくそれは素晴らしい先生だったり、印象的な家… 続きを読む

  • Googleの採用試験ハックに挑戦した男に話を聞いてみた

    Googleの採用試験ハックに挑戦した男に話を聞いてみた

    採用試験”ハック”には本当に効果があるのだろうか?いかれた(もしくは少し変わった)行動をとることで、大企業の注意をひくことはできるのか?実際に変わった方法で企業にアピールしようとしたJohn Washamという男の物語は、結果はどうあれ面白い。 WashamはGoogley As Heckと題された自身のブログに、Googleの採用試験に挑戦するまでの道のりを記している。彼はGoo… 続きを読む

  • 未来のインターネットは、非中央集権型のインターネットだ

    未来のインターネットは、非中央集権型のインターネットだ

    編集部注:本稿を執筆したOlaf Carlson-WeeはPolychain Capitalの創業者である。同社はブロックチェーン・ベースの資産に特化したヘッジファンドを運営している。 ブロックチェーン技術は、ビットコインを超えて急速に拡大しつつある。ブロックチェーンのことを既存の支払い方法や金の競争相手であると考えている人が多い一方で、まだ見ぬ世界の訪れを知らせてくれるのがブロックチェーンなのだと私は… 続きを読む

  • 新しいテクノロジーのデザインには倫理的側面への考慮を

    新しいテクノロジーのデザインには倫理的側面への考慮を

    米国の大統領選挙以降の数週間、FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグは消火に追われている。もちろん文字通りではなく、比喩だが。彼のソーシャルメディア会社が、偽のニュースや「フィルターバブル」を伝播することによって選挙の予想外の結果を招くことに貢献したと、広範な非難が集中しているのだ。Zuckerbergはこうした非難に激しく反論しているが、この案件は厄介な質問提起している:テクノロジーが社… 続きを読む

  • 2016年のプログラミングのトレンドを振り返る

    2016年のプログラミングのトレンドを振り返る

    今年の1月、私はTechCrunchへの寄稿で2016年の主なプログラミング上のトレンドを予測した。 ソフトウェアの開発というのは非常に変化の速い分野だ。ぴかぴかの新しい開発言語、フレームワーク、ツールについての議論は賑やかだが、上位レベルのプログラミングのトレンドを正確に予測するのはたいへん難しい。 まず私の2016年の予測がどの程度当たったおさらいしてみよう。 続きを読む

  • 2016年のSalesforceを振り返る

    2016年のSalesforceを振り返る

    Salesforceは、自分たちはマーケットの刺激剤であると考えることを好む。現状を打破し、既存のプレイヤーに冷や汗をかかせる存在だ。しかし、ビジネスのクラウド化が主流の動きとなり、Salesforce自身も100億ドルの収益目標の達成に動き出した今、創業から17年となるSalesforceの時代がいよいよ到来したのではないかと感じざるを得ない。 今年、Salesforceによる買収案件の数は過去最… 続きを読む

  • リセットボタンを押したGoogle

    リセットボタンを押したGoogle

    Googleはこれまで8年間にわたり、1年を通して最大のイベントであるI/O開発者会議をいつでもサンフランシスコで開催してきた。 しかし、今年はキャンパスのすぐ横にあるマウンテンビューの円形劇場に移動した(しかも屋外だ)。今振り返ってみれは、その動きは象徴的なものに感じられる。多くの点で、2016年は、Googleにとって変化の年だった:驚きをもって迎えられたGoogle/Alphabet再編成以降… 続きを読む

  • AIの学習手法は人間の教育にも応用可能

    AIの学習手法は人間の教育にも応用可能

    気づけば身の回りには人工知能だらけといった状況だ。車にも家にも、もちろんポケットの中にも人工知能がある。IBMはWatson(ワトソン)に「理屈」を教え、さらに自らも「理屈」を学び得るように育てている。情報を知識に変え、たとえば医療分野で情報に基づいたさまざまな判断を下せるようにしているのだ。 続きを読む

  • スマートウォッチの時代は終わったのか?

    スマートウォッチの時代は終わったのか?

    迫りゆくPebbleの滅亡と、「今のところ、新しいスマートウォッチを市場に送り出すに見合うだけの需要があるとは思わない」というMotorolaによる発表を理由にして、スマートウォッチ市場が収縮しているという意見を正当化することもできるだろう。この意見は正しい。だが、これはウェアラブル端末の終焉ではない。 Appleは今年、110万台のApple Watchを販売した。昨年に比べて73%少ない販売台数だ… 続きを読む

  • SnapchatによってL.A.がテクノロジーの中心地へと進化する

    SnapchatによってL.A.がテクノロジーの中心地へと進化する

    編集部注: 本稿を執筆したJustin ChoiはNativoのCEOである。 もしあなたがシリコンバレーの歴史を書き表すとすれば、まずはそこにあるコミュニティの数々を観察することから始めることだろう。Google、Yahoo、Oracle、PayPalなどの企業は、何年ものあいだ優秀な人材をこの場所に惹きつけてきた。そういった企業が成熟期に達したり、買収やIPOなどを行う時期に達すると、彼らが抱える優… 続きを読む

  • ブロックチェーンがサプライチェーンにもたらす変革

    ブロックチェーンがサプライチェーンにもたらす変革

    2世紀ほど前、サプライチェーンという画期的な概念が発明された。サプライチェーンはA地点からB地点までの商品やプロダクトの移動を可視化し、把握するための概念だ。しかし、現在の製造経路及びサプライサイクルには適さなくなってしまった。それらはあまりに細分化し、複雑になって、地理的に分散してしまっているからだ。 続きを読む

  • ついにインドア・ロケーションの時代がきた

    ついにインドア・ロケーションの時代がきた

    編集部注:本稿を執筆したArif Janmohamedは、Lightspeed Venture Partnersでパートナーを務めている。   正確な情報を必要なときに必要なところで入手する。個別化されたエンゲージメントやエクスペリエンス。簡単に利用できるステップバイステップのナビゲーション。これらは屋内位置情報を利用したサービスのほんの一例だ。 GPSやGoogle Mapのおかげで、屋外ではこれと… 続きを読む

  • Android Instant Appはアプリ開発者の「フレネミー」

    Android Instant Appはアプリ開発者の「フレネミー」

    iPhoneの誕生以来、AppleはApp Storeというマーケットプレイスを通して、人々とモバイルデバイスの関わり方をデザインし、革新し、そしてある程度はコントロールしてきたとも言えるだろう。App Storeがスタートした直後に掲載されていたアプリの数は552個だ。それが今となっては、iOSアプリは世界中で200万、AndroidのGoogle Playストアには220万ものアプリが掲載されている… 続きを読む

  • パーソナライズしたFacebookフィードの弊害

    パーソナライズしたFacebookフィードの弊害

    Facebookバブルは弾けた。未だにアメリカ合衆国の半分はショックから立ち直れていない。アメリカ大統領選に至る月日の間、人々は住んでいる世界とは合致しない情報を見ていたということが分かった。現実だと思っていたものは崩れ去った。 続きを読む

  • バイアスなきAIを創るのは、なぜ難しいのか

    バイアスなきAIを創るのは、なぜ難しいのか

    人工知能と機械学習のテクノロジーが成熟し、それを利用して複雑な問題を解決できることが実証されつつある。それにつれて、私たちはこれまで人間には不可能だったことも、ロボットなら成し遂げることが可能なのではないかと考えるようになった。それはすなわち、個人的なバイアスを排除して物事を判断するということだ。だが、最近の事例によって機械学習が抱える予想外の問題が浮き彫りになっている。その他の革新的な技術と同じ… 続きを読む

  • スタートアップの取締役会:入門

    スタートアップの取締役会:入門

    どの企業にも取締役がいる。だが、取締役会の構成についてじっくりと考えている起業家は少ないだろう。 この記事を執筆したSamerは、これまでに5社のスタートアップの取締役に就任し、彼自身が立ち上げた会社の取締役にも2度就任している。もう一人の著者であるAdamは、Wilson Sonsini Goodrich & Rosatiで企業パートナーを務めている。同社はテック系の企業でもあり、スタートアップに… 続きを読む

  • 新しい自動車メーカーの誕生

    新しい自動車メーカーの誕生

    フランスのMulhouseという街にあるCité de l’Automobileは素晴らしい場所だ。スイス人のHansとFritz Schlumpf兄弟の自動車に対する強い愛情のおかげで、この場所には多くの自動車が展示されている。展示されている自動車を集めるための費用は彼らが立ち上げたビジネスから得た収益で賄われた。彼らはウール製品向けの紡績工場を経営していたのだ。面白いことに、「Schlu… 続きを読む

  • IoT専用のネットワークが必要とされる3つの理由

    IoT専用のネットワークが必要とされる3つの理由

    世界中の通信キャリアがまったく新しいIoT向けのセルラーネットワークを構築しつつある。携帯電話でこのネットワークを利用することはできない。このネットワークはまだこの世の中に存在しないIoTデバイスのために構築されたものなのだ。しかも、これに取り組んでいるのは小規模のキャリアたちではない。Comcast、Softbank、Orange、SKT、KPN、Swisscomなどのキャリアが全国規模の新しい… 続きを読む