John Biggs

John Biggsの最新記事

  • 一部のHPラップトップにキイロガー(ただしデフォルトでは動作していない)が潜んでいることが発覚

    一部のHPラップトップにキイロガー(ただしデフォルトでは動作していない)が潜んでいることが発覚

    研究者のMichael Myngが、一部の460HPラップトップモデルのソフトウェアの中に、眠っているキイロガーがあることを発見した。影響を受けるラップトップの全リストはここにある。キーロガーはデフォルトでは無効になっていいるものの、攻撃者がコンピュータに物理的にアクセスした場合には、プライバシーに関する懸念が表面化する可能性がある。 「少し前のことですが、HPのラップトップのキーボードのバックライトを制御する方法がわかるかどうかの質問を受けたのです」とMyngは書いている。「キーボードドライバSynTP.sysを解析ツールのIDAで開き… 続きを読む

  • 人間に教わらなくても自力で未来を予見でき、正しく行動できるロボットをカ大が研究中

    人間に教わらなくても自力で未来を予見でき、正しく行動できるロボットをカ大が研究中

    ロボットは通常、リアルタイムで反応する。何かが起きると、それに応える。カリフォルニア大学バークリー校の研究者たちは、ロボットたちに“自分のアクションの未来を想像させる”システムを研究している。つまり、目の前にまだない「もの」や「こと」に対応できるロボットだ。 その技術は予見視覚(visual foresight)と呼ばれ、ロボットが“自分が一連のある特定の動きをしたらそのあと視界(ロボットのカメラ)に何があるか”を予測できるようにする。 続きを読む

  • 体の動きを記録できるNotchはスポーツや作業の上達に必須のアイテムになるだろう

    体の動きを記録できるNotchはスポーツや作業の上達に必須のアイテムになるだろう

    Notchを作ったEszter OzsvaldとStepan Boltalinは、このプロジェクトに2013年から取り組み、今年やっとDisrupt Berlinのステージでその完成した姿を披露できることになった。すでにSOSVenturesやHax Acceleratorが投資しているNotchは、ユーザーが自分の体の動きを走査し、動きを軌跡として記録できる。ゴルフのスイングや体操、作業など、どんな動きでも分析できる。 続きを読む

  • PiTunnelはお手元のRaspberry Piを世界に結びつけるネットワークサーバーにする

    PiTunnelはお手元のRaspberry Piを世界に結びつけるネットワークサーバーにする

    Raspberry Piは、いつも孤独だ。この小さなシングルボードコンピュータは、デスクの下や3Dプリントで作ったケースの中に静かに座って、せつなく何かを待っている。しかし今回は、Dimitri Raftopoulosというプログラマーのサイドプロジェクト、PiTunnelアプリのおかげで、孤独からおさらばできた。 続きを読む

  • WICASTRはエッジコンピューティングのためのプラットフォーム

    WICASTRはエッジコンピューティングのためのプラットフォーム

    コンテンツの配信は困難だ。顧客が待たなくても良いように、そして新しいデータの遅延が起きないように、なるべく顧客の近くにコンテンツを置いておきたいはずだ。それこそが、WICASTRがSMART Edge Platformを開発した理由だ。これは互換性のあるローカルルーターやアクセスポイントといった、ネットワークの終端近くまで、コンテンツを送り込むシステムだ。 「WICASTRは、エッジコンピューティングのための『オールインワンソリューション』です」と創業者のArmine Saidiは語る。「私たちは、Androidのエコシステムとも似ていますが… 続きを読む

  • 年末年始休暇にはAlexaとFurbyを合体させる神をも恐れぬDIYプロジェクトに挑戦しよう

    年末年始休暇にはAlexaとFurbyを合体させる神をも恐れぬDIYプロジェクトに挑戦しよう

    時間の終わり(End Times, 世界の終末)が近づけば、きっとその大きな兆候があるだろう。これまでの死者が全員起き上がって世界中を歩きまわる、と言われている。空から大きな火が降(ふ)ってきて悪人も善人も差別なく焼きつくす。そして、FurbyがAlexaの声で話す。Turtle of the Universeが口から自分の子を吐き出して、人類の普遍的優越意識に裁きの鉄槌を下す。 少なくとも、これらのうちの一つが現実になった。 続きを読む

  • 研究者たちが量子暗号に用いられる量子鍵配送の効率を改善

    研究者たちが量子暗号に用いられる量子鍵配送の効率を改善

    デューク大学、オハイオ州立大学、オークリッジ国立研究所の研究者たちが、新しい形態である量子暗号における最大の問題点の1つを解決した。量子鍵配送(QKD:quantum key distribution)の高速化である。QKDとは、送信中に鍵を配送するプロセスである。誰かが盗聴している場合には、対話する両端に対してその事実を伝えることができる。レーザーを使用して複数のビットを同時に送信するこの新しいシステムは、将来量子コンピューターを安全に接続するために利用することができる。 オハイオ州立大学の物理学教授であるDaniel Gauthierは「… 続きを読む

  • iPhoneのjailbreakサイトが次々と閉鎖。ユーザーの関心薄れる

    iPhoneのjailbreakサイトが次々と閉鎖。ユーザーの関心薄れる

    今から数年前、iPhoneのjailbreak[脱獄]が大流行した。ハッカー対Appleのいたちごっこは大いなる楽しみで、脱獄者たちのためのオープンソースサービス —— 中でも代替App StoreのCydia —— は驚くべき機能とカスタマイズ能力をiPhoneにもたらせた。なかにはjailbreakされたiPhoneだけにアプリを提供して、Appleの塀に囲まれた庭園をあざ笑うデベロッパーもいた。 続きを読む

  • 家にミューオン天文台を作ろう――MITから100ドルの観測デバイス発売

    家にミューオン天文台を作ろう――MITから100ドルの観測デバイス発売

    MITの物理学者チームはミューオン探知機を開発し100ドルで販売し始めた。テレビのリモコンみたいに見える装置を使って誰でも宇宙から飛来するミューオンでさまざまな観測をすることができる。高エネルギー粒子が宇宙線となって大気に衝突すると、さらに二次宇宙線が放射される。そのひとつがミューオンだ。CosmicWatchというデバイスでこの宇宙線を観測できる。 続きを読む

  • ICOで34万7000ドル集めた会社、直後に雲隠れ

    ICOで34万7000ドル集めた会社、直後に雲隠れ

    Confidoなる会社がカスタマイズされたCFD〔差金決済取引商品〕を売って小規模なICOを行った。これは「安全かつtrustlessな(中央集権的発行権限を必要としない)暗号通貨」による払い込みという宣伝だった。ICODropsによればこの会社は目標の40万ドルに近い金を集めとたんにキャッシュを握ったまま消えた。会社のドメインは放棄されたらしく、サーバーには何も残っていない。 続きを読む

  • ハードウェアの設計にセキュリティの欠陥を見つけるTortuga Logicが$2Mを調達

    ハードウェアの設計にセキュリティの欠陥を見つけるTortuga Logicが$2Mを調達

    システムのセキュリティをチップのレベルで担保することを目指すTortuga Logicが、Eclipse Venturesから200万ドルのシード資金を獲得した。パロアルトに本社を置く同社は、その資金で、コンピューターのハードウェアに人知れず潜む脆弱性を見つける製品を作りたい、と志向している。 続きを読む

  • 書字障害の子でも宿題でみんなに後れないSnapType、すでに150万回ダウンロード

    書字障害の子でも宿題でみんなに後れないSnapType、すでに150万回ダウンロード

    とてもシンプルなアイデアが、大きな違いを作り出すことがある。SnapTypeも、その例だ。BenとAmberlynnのSlavin夫妻が作ったこのアプリは、宿題を画面に映して、書字障害などの子どもが答を手書きでなくタイプして答える。 小児科のセラピスト(作業療法士)であるAmberlynnは毎日、ADHDや自閉症、ダウン症、失読症などの子どもたちの相手をしている。その子たちの多くは、いろんな理由で、学校のワークシート(問題用紙)に答を書くことができない。そんな子たちの宿題を助けるために、彼女と夫は、シートを画像として映し出し、答を指タッ… 続きを読む

  • ダ大の研究者たちがアルミフォイルがWi-Fiルーターの出力を強化/制御できることを発見

    ダ大の研究者たちがアルミフォイルがWi-Fiルーターの出力を強化/制御できることを発見

    ダートマス大学の研究者たちが、3Dプリントで作った形状をアルミフォイルで包んだものが、ワイヤレスの圏域を拡大しWi-Fiのセキュリティを増強することを見つけた。Eurekalertに載ったこのプロジェクトは、Wi-Fiのルーターのアンテナの上やまわりに反射板を置き、ビームを作ってレンジを増し、またその電波が通ってもよい空間を指定できる。 続きを読む

  • Parrot Bebop 2 Powerは最高にクールなドローン――一人称視点も可能

    Parrot Bebop 2 Powerは最高にクールなドローン――一人称視点も可能

    個人ユーザー向けドローンのパイオニア、Parrotから最近発表されたBebop 2 Powerは既存のBebop 2のアップグレード・モデルだ。カメラ、コントロール、バッテリー駆動時間、すべてが改善されている。この本格的ドローンは2個のバッテリーで60分飛ぶことができ、ParrotのVRヘッドセットとスマートフォンを利用すればカメラが写す内容を一人称視点で体験できる。 続きを読む

  • 会費後払いレンタル・パーティーができるアプリTuurnt、資金集めにも利用

    会費後払いレンタル・パーティーができるアプリTuurnt、資金集めにも利用

    パーティーが大好きで、お金がなくてもパーティーをしたい人、そんな人のためのアプリがある。 そのTuurntというアプリは、いわゆる‘レンタル・パーティー’をサポートする。参加者はそのパーティーをいわばレンタルして、レンタル料を月末にホストに払う。やり方は簡単だ: パーティーを企画する、費用を発表して、それをお友だちに払ってもらう。するとあなたは、tuurntしちゃうのだ〔参考1、参考2〕。 続きを読む

  • 温度を自己管理するナノ粒子ががん細胞だけを焼き殺して人間には無害

    温度を自己管理するナノ粒子ががん細胞だけを焼き殺して人間には無害

    イギリスのサリー大学と中国の大連工科大学の研究者たちが、加熱されてがん細胞を殺し、自己規制により健康な細胞は焼かない、というナノ粒子を作った。その粒子の温度は摂氏42-45度に上げることができ、がん細胞を殺すには十分である。一定の温度に達したら自分の温度を上げず、健康な細胞に害を与えない。 続きを読む

  • RoboBeeが水面から飛び立つ技を手に入れた

    RoboBeeが水面から飛び立つ技を手に入れた

    HarvardのWyss研究所が開発する、1ミリメートル幅の飛行ロボットプラットフォームであるRoboBeeは、何年もの間改良されて来た。この小さなロボットの最新機能は、水に飛び込んだあと、奇妙で巧妙な仕掛けを使って自力で浮上し空中に飛び上がり、近くに安全に着陸するというものだ。 空を飛ぶロボットや、(これまでのRoboBeeのように)水中を泳ぐロボットを作ることは可能でも、空中と水中を行き来することは困難な課題だった。このサイズでは、下部に対する水の抵抗は無視できず、離陸が妨げられる可能性がある(なおロボットは、翼が壊れる可能性がある… 続きを読む

  • 「ソーシャル・ネットワーク+Evernote」をイメージするMrOwl

    「ソーシャル・ネットワーク+Evernote」をイメージするMrOwl

    ソーシャル・ネットワークとEvernoteが融合したようなアプリケーションが登場してきた。ArvindおよびBecky Raichurによるもので、データの保管や共有を簡単に行うことができるようになっている。しかもあらゆるデータ形式に対応しているのだ。 続きを読む

  • 顔を怪我したカメが3Dプリントのフェイスマスクをつけてもらった

    顔を怪我したカメが3Dプリントのフェイスマスクをつけてもらった

    今日は、テネシー州のノックスビル動物園に住む「パッチ」という名前のスペングラーヤマガメのお話。この30歳のカメは長い間ぜいたくな暮らしを続けてきたが、最近になって鼻孔の近くに穴があいてしまった。おそらく交尾の際にできたらしい(「オスのカメはメスに求愛するとき非常に乱暴になる」と同園の爬虫両生類飼育員のMichael Ogleは言う。) 続きを読む

  • このハックは音声を利用する仮想モデムでインターネットに接続する

    このハックは音声を利用する仮想モデムでインターネットに接続する

    伝説のプログラマーMartin Kirkholt Melhusは、インターネットのない会社で仕事をしていたことがある。でも、そこでの仕事はStackOverflowからコピペすればできるようなものばっかりなので、彼はネットを使いたいと思った。そこで彼は、彼のスピーカーとマイクロフォンを(理論上は使えるはずの)モデムに改造した。 続きを読む

  • ポルノサイトが人工知能でビデオをタグづけ――PornHubのシステムは出演者、場面を認識する

    ポルノサイトが人工知能でビデオをタグづけ――PornHubのシステムは出演者、場面を認識する

    新しいテクノロジーを採用するのが速いのはポルノビジネスだという説がある。PornHub〔閲覧注意〕はこれが必ずしも伝説ではないことを示そうとしている。このサイトではこれまでは人力でビデオの分類、タグづけを行っていた。しかし毎日8000万の訪問者がある巨大サイトにアップされるビデオを手作業でタグづけするのは大変な作業だ。 続きを読む

  • ReactantはiOSアプリのための新しいネイティブフレームワーク

    ReactantはiOSアプリのための新しいネイティブフレームワーク

    Xcodeに戻ってもいいかなと考えている開発者たちのために、Brightifyという名のチェコの小さなチームが、iOSアプリの開発を容易にするReactantという名のフレームワークを開発した。これは、コードのライブリロードを提供するSwiftベースのフレームワークで、プログラムしながらエレメントを素早く追加することができる。 「Reactantアーキテクチャは、iOSプロジェクトをどのように構築するかを隅々まで決定します。テスト可能で再利用可能なコードを書くことを可能にしますし、きわめてスケーラブルなものです。このことは、小さなアプリ… 続きを読む

  • 元気活発な小型犬の名前をつけたPocketBeagleは今の市場で最小のシングルボードコンピューターだ

    元気活発な小型犬の名前をつけたPocketBeagleは今の市場で最小のシングルボードコンピューターだ

    25セント硬貨〔ø23mm〕を数枚並べたぐらいのLinuxマシンが必要な人いる? ここにあるよ。それはBeagleBoard PocketBeagleと呼ばれ、25ドルで買える最小のLinuxコンピューターだ。〔*: beagle, ビーグル犬。〕 ぼくがシングルボードコンピュータの大ファンである理由は簡単だ: 子どものころは、そんなものを可能にする技術がまったく存在しなかった。しかも、こんな小さなキットがRAM 512MB、Octavo SystemsのOSD3358システム-イン-パッケージ、1GHzのARM Cortex-A8プロセッサー、電源… 続きを読む

  • 暗号化通貨のイーサリアム、「数年」以内にVisaの規模になるとファウンダーが発言

    暗号化通貨のイーサリアム、「数年」以内にVisaの規模になるとファウンダーが発言

    Ethereumの共同ファウンダー、Vitalik Buterinの頭の中は、暗号化でいっぱいだ。つまるところ彼は、インタビュアーのNavl Ravikantが「脳ウィルス」と呼ぶものが、セキュリティーと経済の真の未来出ある信じている。そして適切なインセンティブがあれば、Ethereumはクレジットカード・ネットワークや、ゲームサーバーまでも置き換えることができるという。 続きを読む

  • Appleよ、ロレックスに勝つのは難しくない

    Appleよ、ロレックスに勝つのは難しくない

    昨日(米国時間9/12)、Apple Watchがほとんどの主要時計メーカーを売り上げで上回ったとき、インターネットがざわついた。Apple WatchがRolexやOmegaなどの高級時計メーカーより多く売れたからといって驚くにあたらない。驚くべきは、RolexとOmegaがこの負け戦をいまだに戦い続けていることだ。 続きを読む

  • このバッテリー不要の携帯電話は太陽光と高周波で動く

    このバッテリー不要の携帯電話は太陽光と高周波で動く

    OLEDも切り欠きも関係ない。周囲からパワーを吸収して充電せずに携帯電話が使えるなら。 続きを読む

  • 新たに発見されたBluetoothの脆弱性はスマートフォンを10秒で乗っ取られる

    新たに発見されたBluetoothの脆弱性はスマートフォンを10秒で乗っ取られる

    セキュリティ企業のArmisが8つのエクスプロイトを見つけ、まとめてBlueBorneと名付けた。それらを利用すると、スマートフォンの本体に触ることなくアクセスして攻撃できる。スマートフォンだけでなく、Bluetoothを使っているコンピューターやIoTなどにも、同じ弱点がある。 続きを読む

  • 人の感情に反応して動く3Dプリントで作ったソフトロボットのマスク、でも一体何のため?

    人の感情に反応して動く3Dプリントで作ったソフトロボットのマスク、でも一体何のため?

    この奇妙奇天烈なマスクは、キティーちゃんと人の顔に貼り付いて血を吸うエイリアン(face-hugger)のあいの子みたいだが、ソフトな電子回路と着色した液体でできている。これはSirou Peng, Adi Meyer, そしてSilvia Ruedaらの修士論文のプロジェクトがベースで、ハーバード大学のSoft Robotics Toolkitを使用している。 続きを読む

  • AI
    Ahoy.aiは1通のメールやSlackメッセージでミーティング予定を調整するサービス

    Ahoy.aiは1通のメールやSlackメッセージでミーティング予定を調整するサービス

    Ahoy, mateys!(よう、お仲間!) オハイオ州コロンバスに拠点を置くAhoy.aiが、たった一通の電子メールまたはSlackでアンタの仕事のスケジューリングを片付けようとしているぜ(Ahoy!という呼びかけは船乗りの使う呼びかけの言葉)。 AhoyはJesse RoweとAlex Ogorekによって開発された。Roweはオハイオ州立大学の4年生で、これが最初の最初の会社だ。オハイオ州の小さなファンドから1万4000ドルを調達して、彼のアイデアを広めようとしている。 続きを読む

  • 3000ドルで売れるフルカラーの3DプリンターをXYZPrintingが発表、コロンブスの卵のようなアイデア

    3000ドルで売れるフルカラーの3DプリンターをXYZPrintingが発表、コロンブスの卵のようなアイデア

    家庭用のフルカラーの3Dプリントは長年、消費者とホビイストの究極の夢だった。これまで、小さな装身具などをプリントするのは楽しかったけど、多色のアクションフィギュアのようなものを作れたら、それこそ消費者用3Dプリントの革命だ。そして実は、インクジェットという技術によって、その革命の入り口あたりにすでに近づいているのかもしれない。 続きを読む