Matt Burns

Matt Burnsの最新記事

  • BlackBerry、最新機種でキーボードを見捨てる

    BlackBerry、最新機種でキーボードを見捨てる

    昨日(米国時間10/8)ドバイのGITEX Technology Weekで、BlackBerryは巨大バッテリー搭載の全画面スマートフォン、Motionを発表した。TCLがBlackBerry Mobileブランドで製造するMotionは、5.5インチのスクリーンを備えSnapdragon 625 SoCプラットフォームを採用している。 続きを読む

  • ポルシェのMission E、テスラ車と並んでテスト中

    ポルシェのMission E、テスラ車と並んでテスト中

    後部に見える排気管は無視していい。あれは一般の見物人をだますカムフラージュにすぎない。Autoblogによると、この車はPorscheがTesla対抗として発表を目論む電気自動車である可能性が高い。Porscheは数年前から、Mission Eと呼ばれるコンセプトでこの車について話してきたが、生産モデルの写真はこれが初めてだ。 続きを読む

  • アメリカの超有名なモニュメント(記念的建造物)やダムもドローン飛行禁止区域に

    アメリカの超有名なモニュメント(記念的建造物)やダムもドローン飛行禁止区域に

    連邦航空局(Federal Aviation Administration, FAA)が、記念的建造物やダムなど、アメリカの重要なランドマーク周辺におけるドローンの利用を規制するルールを発表した。この新たな制限では、ドローンはそのランドマークから400フィート(122メートル)以内を飛行してはならない。FAAによるとこれらのルールは、連邦政府の安全保障ならびに法執行関連の省庁(FBIなど)からの要望に基づいて制定された。 続きを読む

  • Amazonから新しい低価格ガジェット6種類――すべて150ドル以下

    Amazonから新しい低価格ガジェット6種類――すべて150ドル以下

    Amazonが1000ドルのiPhoneを発表した後にAmazonは6種類の一見雑多なガジェットを発表したが、どれも150ドルを超えないお手頃価格だった。 あきらかにAmazonの方針は「マージンなどくそくらえ」だ。Amazonは製品を可能なかぎり安く売る。この「低価格レース」はAmazonの標準的戦略で、Kindleの電子書籍リーダーからKindle Fireタブレットまで一貫している。Amazonはこのコンセプトを試すための製品を発表し市場の反応を試す。反応が良ければ、いってみればクラーケンのような怪物的製品が後に続く。 続きを読む

  • 渦中のEquifax、セキュリティー担当および情報担当幹部が辞任

    渦中のEquifax、セキュリティー担当および情報担当幹部が辞任

    Equifaxの上級幹部2名が辞任したとWSJが報じた。Susan Mauldinは同社の最高セキュリティー責任者(CSO)、David Webbは最高情報責任者(CIO)だった。記事は両幹部が辞任すると伝えているが、 最近の大規模セキュリティー侵害を踏まえると「辞任」は「解雇」の婉曲表現ともとれる。 続きを読む

  • テレビに映ってるアニメのキャラがAmazon Echoに命令して大量のランダムな買い物を

    テレビに映ってるアニメのキャラがAmazon Echoに命令して大量のランダムな買い物を

    Amazon Echoを持ってると、こんなやばいこともある、という例。起動する言葉さえ分かってればだれでもEchoに命令できるから、テレビに映ってるアニメのキャラクターでも、あなたの家のEchoを操作できる。20年の長寿を誇るアニメ番組South Parkで、まさにそれが起きた。 続きを読む

  • TeslaがEV用バッテリーの移動式交換装置で特許を出願、当面Model S, X用

    TeslaがEV用バッテリーの移動式交換装置で特許を出願、当面Model S, X用

    Teslaは今でも、車のバッテリー交換をもっと簡単迅速にできる方法を探求している。5月に同社が出願したこの特許は、専門技師がバッテリーパックを15分未満で交換できる方法を示している。 続きを読む

  • ハイエンドiPhoneの出荷は、標準モデルより遅れる見込み

    ハイエンドiPhoneの出荷は、標準モデルより遅れる見込み

    Appleは最新のiPhoneを来週のイベントで発表しようとしている。2機種は準備万端だが、TechCrunchが信頼できる筋から入手した情報によると、豪華モデルの発売は後になるらしい。 続きを読む

  • Moleskineの次世代手帳はGoogleカレンダーに同期する

    Moleskineの次世代手帳はGoogleカレンダーに同期する

    私は日程を管理するために主にほぼ日手帳Weeksを使っている。同僚のJohn Biggsが紙版の手帳をレビューした記事にもあるとおり、「ほぼ日手帳Weeks」は私の取材アポイントメント、to-doリストなどを記入するのにぴったりのスペースがあり、携帯にも理想的なサイズだ。ただしGoogleカレンダーに自動的に同期してはくれない―普通の紙の手帳だ。Moleskineの次世代手帳はLivescribeというスマートペンと特別な紙を使っており、Googleカレンダー同期するという。 続きを読む

  • 2017年に閉鎖された、かつて多くの資金調達を行ったスタートアップたち10社

    2017年に閉鎖された、かつて多くの資金調達を行ったスタートアップたち10社

    立ち上がるスタートアップもあれば、失速するスタートアップもある。2017年にはいくつもの著名なスタートアップが失敗に終わった。JawboneからBeepi、Yik Yakに至るこれらの企業は、最終的にその扉を閉ざす前に大金を調達していた。 以下に挙げるのは、2017年の最初の9ヶ月に閉鎖される、もっとも多くの資金調達を行った10社だ。これらの企業は合計で、ベンチャーキャピタリストと銀行から合計17億ドルを調達している。 続きを読む

  • バング&オルフセンおよびソニー、AirPodが開拓したワイヤレスイヤホン市場に参入

    バング&オルフセンおよびソニー、AirPodが開拓したワイヤレスイヤホン市場に参入

    AppleのAirPodが登場して以来、ワイヤレスイヤホンの人気が高まりつつある。そんな中、新たに市場参入を発表した企業がある。IFA 2017にて、バング&オルフセン(Bang & Olufsen)およびソニーが参入を表明したのだ。商品性能はおいておくとして、まずは見かけの点でAirPodとの差別化を行なっている。 続きを読む

  • Apple、次期iPhoneの最上位機種でホームボタンを廃止へ(Bloomberg報道)

    Apple、次期iPhoneの最上位機種でホームボタンを廃止へ(Bloomberg報道)

    ホームボタンがゴミ箱に向かっている ―― Bloombergの記事を信じるなら。同誌によると、Appleは次期iPhoneのうちの1機種で、ホームボタンをやめ大画面のための場所を空けるという。ホームボタンの代わりに、ユーザーは画面上のジェスチャーで操作する。アイコンのドックのようなものも登場する。 続きを読む

  • ボニー・タイラーのリバイバルヒットは自然科学的必然

    ボニー・タイラーのリバイバルヒットは自然科学的必然

    ルイス・フォンシもダディー・ヤンキーも、ボニー・タイラーにはかなわないということか。1983年にリリースされた、ボニー・タイラーの曲がiTunesチャートでトップになったのだ。曲のタイトルは「Total Eclipse of the Heart」だ。これまでトップだったルイス・フォンシの「Despacito」をやぶっての戴冠だ。 続きを読む

  • Android OreoとiOS 11を比較する

    Android OreoとiOS 11を比較する

    Googleは先ほど次世代Androidを正式に発表した。愛称はAndroid Oreoで、新しい機能をいくつも備えている。一部は処理速度の向上やバッテリー駆動時間の延長などシステムレベルのアップデートだが、ユーザーの使い勝手を直接改善するものも多い。 OreoのUIの新機能の中にはiPhone、iPadのユーザーにはすでにお馴染みのものがある。AppleはこれまでAndroidを巧みにコピーしたと批判されることが多かったが、Oreoに関してはGoogleはiOSから便利な機能をいただくことにしたようだ。もちろんAndroidがiOSに先… 続きを読む

  • ボーイング787、アメリカ上空に巨大な飛行機のイラストを描く

    ボーイング787、アメリカ上空に巨大な飛行機のイラストを描く

    エンジンのテストのために連続18時間も飛行機を飛ばさねばならないなら、何か面白いことをしたくなるだろう。ボーイングはどうやら面白いことが好きだったようだ。787ドリームライナーで実施したエンジンのテストの最後の14時間でボーイングはアメリカ上空に巨大な飛行機のイラストを描いた。 続きを読む

  • ミシガン州デトロイトのスタートアップシーンも熱い

    ミシガン州デトロイトのスタートアップシーンも熱い

    額面通りに受け取って欲しい。デトロイトは3年前よりもベンチャー支援によるスタートアップを50%も増やしている。ミシガン州ベンチャーキャピタル協会(MVCA)の調査によれば、デトロイトには35のアクティブなベンチャー支援スタートアップがある。もちろん、これは他の地域に比べれば大きな数字ではないが、その成長は注目に値する。 偉大なミシガン州に住む私は、その成長を証明することができる。これまで、巨大で魂を打ち砕くような企業に支配されて来たこの土地のカルチャーの一部に、スタートアップが急速に入り込みつつあるのだ。ここ数年、スタートアップはデトロ… 続きを読む

  • Harman KardonのCortana搭載スピーカーが発表前にリーク、Skypeできることが売りか

    Harman KardonのCortana搭載スピーカーが発表前にリーク、Skypeできることが売りか

    Microsoftは、Google HomeとAmazon Echoがやってるパーティーに自分も参加したい。このEchoそっくりさんは、スピーカーの名門Harman Kardonが作り、Microsoftの音声プラットホームCortanaが載っている。発売は今秋、発表は今週のようだ。 アップデート: MicrosoftとHarman Kardonはこのことを確認した。発売は2017年の秋である。 続きを読む

  • Fitbit、予測を超えたQ1決算で株価は10%高、販売数は300万台

    Fitbit、予測を超えたQ1決算で株価は10%高、販売数は300万台

    Fitbitは、Q1決算でウォール街の予測を超え(PDF)株価が10%上昇した。今日(米国時間5/3)Fitbitは1株あたり15セントの損失を報告した。アナリストの予測は18セントだった。売上も2.99億ドルでアナリスト予測の2.808億ドルを上回った。 続きを読む

  • Call of Duty新作は10年ぶりに第二次世界大戦が舞台

    Call of Duty新作は10年ぶりに第二次世界大戦が舞台

    第二次世界大戦を舞台にしたCall of Dutyが帰ってきた。今年末にリリース予定の「Call od Duty: WWⅡ」のトレイラー映像が発表され、ゲーム中にプレイヤーが訪れるさまざまな戦場をハイライトで鑑賞することができる。ノルマンディーへの上陸シーンや生け垣を走り抜ける戦闘シーンを見れば、Call of Dutyがそのルーツに回帰したことは明らかだ。 続きを読む

  • Pebbleがスマートウォッチサービス終了の準備に入った

    Pebbleがスマートウォッチサービス終了の準備に入った

    Pebbleの終わりが近づいてきた。最新のアップデートはクラウドサーバーへの依存をなくすことで、Pebbleウォッチの寿命を少しのばすだろう。これまでさまざまな操作に必要だったPebbleサーバーに接続をしなくても端末がを使えるようになった。 続きを読む

  • Teslaの時価総額がFordを抜いた―投資家の電気自動車への期待は高い

    Teslaの時価総額がFordを抜いた―投資家の電気自動車への期待は高い

    Teslaの時価総額がフォードを追い越した。 Google Financeによれば、今日(米国時間4/3)のTeslaの株式時価総額は474.6億ドル〔日本時間4/4 AM5:00現在487.7億ドル〕となった。Teslaより創業がちょうど100年早いアメリカを代表する自動車メーカー、フォードの株価は下落し、時価総額は448.9億ドル〔同453.1億ドル〕をつけた。GMの時価総額は510億ドルで、もはや射程圏内だ。 続きを読む

  • これがジェフ・ベゾスの次世代ロケットだ―Blue Origin、New GlennのCGビデオ公開

    これがジェフ・ベゾスの次世代ロケットだ―Blue Origin、New GlennのCGビデオ公開

    ジェフ・ベゾスの宇宙企業、Blue Originは次世代大型ロケット、New Glennを開発中だ。Blue Originはさきほどビデオを公開し、このスーパーロケットがどのように打ち上げられるかを紹介するCGビデオを公開した。ネタバレになってしまうが、これはSpaceXのFalcon 9に非常によく似ている。 続きを読む

  • AppleとSamsung、次機種を巡ってファンボーイ戦争再燃か

    AppleとSamsung、次機種を巡ってファンボーイ戦争再燃か

    最新の噂が本当ならAppleとSamsungは直接対決に突入する。両者の計画通り行けば次のiPhoneとGalaxyは曲面ディスプレイと細いベゼルのそっくりな外見になる。しかし、価格の問題がある。一つの選択肢は高級市場を目指すことだが、もうひとつはおそらくメインストリームを維持することだろう。 続きを読む

  • これがSamsung Galaxy S8の最終デザインだ

    これがSamsung Galaxy S8の最終デザインだ

    さあ、ご覧ください。これぞ、予定より1か月も早く見ることのできる、 Samsung Galaxy S8であります。この画像の提供者はプロの情報漏らし屋Evan Blassであるが、彼はとくにモバイルのリークに関して多くの実績がある。 この画像に写っているのは、新しくデザインされたGalaxyだ。前のデザインにあった物理ボタンはなく、Galaxy S7のエッジと同じくスクリーンはラップアラウンドだ。ベゼルは前の機種よりも小さくて、上と下にわずかにある程度だ。 続きを読む

  • iPhoneプレミアムモデルは曲面OLEDを採用(全モデルでポートはUSB-Cに)

    iPhoneプレミアムモデルは曲面OLEDを採用(全モデルでポートはUSB-Cに)

    iPhoneが登場して10周年を迎えた今年、iPhoneには特別モデルが用意されるだろうという話が広がっている。それにともないさまざまな噂が流れている。そうした中、WSJに詳細な記事が掲載されている。記事のもととなった匿名の情報源によれば、プレミアムモデルは他のモデルとハードウェア的にずいぶん違ったものになるとのこと。 続きを読む

  • ガジェット界の前例を覆す試み―、Motorolaが販売予定のないコンセプトモデルをお披露目

    ガジェット界の前例を覆す試み―、Motorolaが販売予定のないコンセプトモデルをお披露目

    ガジェット業界はここ最近新鮮味に欠け、つまらなくなってしまった。どれも同じような見た目の携帯電話や、GoProのコピーで溢れるアクションカメラ、さらにヘッドフォンはBeatsを真似たものばかりだ。どのメーカーも冒険するのを怖がり過ぎているし、発表後になかなか販売されない商品は勢いを殺してしまう。 しかしそんな状況を変えるべく、Motorolaが本日スペインで吠えた。Mobile Word Congressのプレス向けイベントで、同社は要するに発売するかもしれないし、しないかもしれない製品について発表したのだ。競合企業もこの考えを受け入れて、… 続きを読む

  • Galaxy S7 edgeについてのSamsungの発表は誤解を招く

    Galaxy S7 edgeについてのSamsungの発表は誤解を招く

    Samsungは先ほど、プレスリリースを発表し、「Samsung Galaxy S7 edgeはMWC 2017でベスト・スマートフォンに選ばれた(Samsung Galaxy S7 edge Named Best Smartphone at MWC 2017)」と述べた。しかし事実は以下に説明する通りだ。Samsungのプレスリリースは誤解を招く表現なので撤回すべきだ。 続きを読む

  • Galaxy S8の(おそらく本物の)リークビデオ

    Galaxy S8の(おそらく本物の)リークビデオ

    サムスンはGalaxy S8を3月末に発表する予定であるらしい。しかしそれに先立って、2本のビデオがリークされた。問題のビデオは記事末に掲載している。 続きを読む

  • BlackBerryの再挑戦

    BlackBerryの再挑戦

    Research in MotionのBlackBerryスマートフォンが、高い水準を指し示していた頃のことを覚えているだろうか? 私の最初のスマートフォンは、BlackBerry 7130eだった。私はその電話を気に入っていたが、その後、私の息子がそれをジンジャエールで駄目にした。7130eには不足がなかった。スクロールホイール、Javaアプリケーション、キーボード、そして数日間使える交換可能なバッテリー。その電話は2005年に出荷され、私は2009年までそれを持っていた。 続きを読む

  • AirPodsのカラーバリエーションを提供するColorWare(日本にも出荷可)

    AirPodsのカラーバリエーションを提供するColorWare(日本にも出荷可)

    白のAirPodsが悪いというわけではない。ただ、少々たいくつな感じがするのは否めないと思う。そんな人むけのサービスがColorWareで、AirPodsのカラーバリエーションを提供してくれる。色の種類も豊富に用意されている。さらに追加料金を支払えばケースにも色を塗ってくれる。 続きを読む