Serkan Toto

Serkan Totoの最新記事

  • 日本の京都で行われたInfinity Ventures Summit: そのピッチ大会に出場した12社をご紹介

    日本の京都で行われたInfinity Ventures Summit: そのピッチ大会に出場した12社をご紹介

    日本のVC Infinity Venture Partnersが今週前半京都で、Infinity Ventures Summit Fall 2013(IVS)(インフィニティ・ベンチャーズ・サミット2013年秋)というイベントを開催した。年二回行われるインターネット産業のためのイベントだ。 このイベントでは毎回、2日目(今日(日本時間12/4))に数時間をかけてスタートアップたちのピッチ大会“ローンチパッド”が行われるが、今回は12社がおよそ700名の来場者を前に自社プロダクトの紹介と売り込みを行った。 続きを読む

  • インフィニティ・ベンチャーズ・サミット京都2012秋:日本のスタートアップ12社が競った

    インフィニティ・ベンチャーズ・サミット京都2012秋:日本のスタートアップ12社が競った

    日本のVC会社、インフィニティ・ベンチャーズが、インフィニティ・ベンチャー・サミット京都2012秋を今週開催した。2日間にわたるこのウェブ業界イベントは年2回行われる(もう1回は札幌で春行われる)。そして例年通り、プログラムの数時間を割いて日本のスタートアップ12社のデモが、壇上の審査員と聴衆550人に向けて行われた。 同イベントのローンチパッドに参加した全サービスを紹介する。 インフィニティ・ベンチャーズ・サミット2012秋:最優秀賞および次点4社 続きを読む

  • 日本からDeployGate登場―開発中のAndroidアプリをリアルタイムで簡単にプッシュしてくれるテスト限定無線配信プラットフォーム

    日本からDeployGate登場―開発中のAndroidアプリをリアルタイムで簡単にプッシュしてくれるテスト限定無線配信プラットフォーム

    Androidアプリの開発が面倒なことはよく知られている。しかし日本から登場したDeployGateという新しいソリューションは開発プロセスでいちばん手間のかかる部分を効率化してくれる。簡単に言えば、DeployGateは開発中のAndroidアプリをチームメンバーに無線でプッシュ配信し、そのログやパフォーマンスのモニタもできるというサービスだ。 ユーザーはDeployGateのダッシュボードに開発中のアプリをドラグ&ドロップするだけでアップロードすることができる。アプリはDeployGateのネットワークを通じてプッシュ配信さ… 続きを読む

  • アマチュアでも簡単に対話的eブックを制作出版できるMoglueプラットホーム

    アマチュアでも簡単に対話的eブックを制作出版できるMoglueプラットホーム

    多彩なコンテンツを盛り込んだ対話的なeブックを、プログラミングのスキルや配布〜流通能力のない人でも制作発行できるようにしたい…ニューヨークとソウルにまたがるMoglueが挑戦したのは、この問題へのソリューションだ。この、TechCrunch Disrupt Beijingのファイナリストは、二つのプロダクトを提供する。デスクトップアプリMoglueBuilderと、iOS上のeブックストアMoglueBooksだ。前者を使って対話的eブックの制作発行を行い、後者では一般ユーザがそのコンテンツを閲覧できる。 MoglueBuilder(Win… 続きを読む

  • ビデオ版Instagramのサービスを提供する“日本発”のGnzo。1画面内複数ビデオ再生機能を実装

    ビデオ版Instagramのサービスを提供する“日本発”のGnzo。1画面内複数ビデオ再生機能を実装

    2010年9月のTechCrunch Disruptでデビューした、ビデオ関連サービスを展開していくGnzo(デビュー当時はGunzooという名前だった)が、最初のコンシューマ向けプロダクトを発表した。日本発のGnzoが送り出すプロダクトの名前は、社名と同じくGnzoというものだ。iOS用アプリケーションで「ビデオ版Instagram」というのがぴったりくる。また複数ビデオをいちどきに閲覧する機能も備えている(日本語版/英語版のiPhoneアプリケーションが無料で提供されている)。 Gnzoを利用するにあたって、6秒間のビデオを撮影してG… 続きを読む

  • nanox:iPod nano高品質腕時計化キット(日本のAmazonでも販売中)

    nanox:iPod nano高品質腕時計化キット(日本のAmazonでも販売中)

    最新版のiPod nano(第6世代)をお持ちだろうか。そしてそれを腕時計としても使ってみたいとお考えだろうか。もしそうならこれから紹介するキットを候補に入れてみてはどうだろう。名前をnanoxといい、Amazonで39ヵ国での販売が始まった(米国、英国、日本等)。また類似製品の中で最高級をウリにしている(Facebookページ)。 航空機でも用いられている高級アルミニウムを使い、色も7色が用意されている。そう、iPod nanoのカラーバリエーションにあわせているわけだ。セットするのにドライバーなどのツールも無用で、100%シリコンのスト… 続きを読む

  • NECが今期$1.3Bの損失を予想, 全世界で1万名を解雇へ

    NECが今期$1.3Bの損失を予想, 全世界で1万名を解雇へ

    日本の強大なテク企業NECに悪いニュースだ: 同社は昨日(米国時間1/26)、2011年12月までの3か月の損失額が$1.13B(11億3000万ドル)と発表し、前年同期の損失は“わずかに”$350M(3億5000万ドル)だったという比較も述べている。NECによれば、同社は繰延税金資産の評価切り下げを行ったという。 その3か月において、売上は前年同期の$9.3B(93億ドル)から$8.7B(87億ドル)に減少した。NECは、全会計年度(〜2012/3月)における純損失を$1.3B(13億ドル)と予想している。この内… 続きを読む

  • 日本ではまたまた女性専用Android携帯が–今度は3機種一斉に発売

    日本ではまたまた女性専用Android携帯が–今度は3機種一斉に発売

    Androidは日本で急速に普及していて、当地の携帯電話メーカーは、あらゆるタイプの消費者層の好みに合わせようとして、ありとあらゆる工夫を製品に盛り込んでいる。中でも当たれば大きいと思われているターゲットが女性であり、各社はこぞって、女性専用と称するAndroid携帯をデザインしている。 最近の例を、3つご紹介しよう。 まず、Sharpがデザインした”チョコレートバー(板チョコ)”型のハンドセットは、日本最大のモバイルキャリアNTT Docomoがバレンタインデーに売り出す予定だ。 続きを読む

  • 東芝、Androidベースのカラーeブックリーダー、BookPlace DB50を発表

    東芝、Androidベースのカラーeブックリーダー、BookPlace DB50を発表

    富士通に続いて日本の有力家電メーカーがカラーのeブックリーダーを発売することを発表した。東芝によれば、このBookPlace DB50は、7インチの液晶デバイスで、東芝の専用書籍マーケット、BookPlaceストアの4万3000タイトルの書籍、雑誌にアクセスが可能だ。 東芝ではeブックのタイトルを3月までに10万にまで拡大したいとしている。実現すれば日本の電子書籍ストアとしては最大となる。BookPlaceはアメリカでは2010年にオープンしている。 デバイスは大幅に改造されたAndroid 2.3.4をベースにしている(東芝では単にLinu… 続きを読む

  • 日本の情報通信研究機構(NICT)が光ファイバの伝送帯域を今の7〜10倍にできる量子ドットを開発

    日本の情報通信研究機構(NICT)が光ファイバの伝送帯域を今の7〜10倍にできる量子ドットを開発

    日本のNational Institute of Information and Communications Technology(NICT)傘下の、Photonic Network Research Instituteの研究チームがこのたび開発した新しい光源技術は、未来の超すばらしいアプリケーションを可能にしそうだ。 その技術の核となるものは、”高品質な” 量子ドットと呼ばれるナノ粒子で、従来のものよりも高い安定性と光学的周波数を誇る。 NICTによれば、”サンドウィッチ状のサブナノセパレータ構造(sandwiched… 続きを読む

  • 日立および三菱、それぞれテレビおよび光ディスクの国内生産から撤退へ

    日立および三菱、それぞれテレビおよび光ディスクの国内生産から撤退へ

    日立および三菱が主要製品の国内生産から撤退するというニュースが入ってきた。すなわち日立は、Woooブランドで展開してきたプラズマおよびLCDテレビから、今年9月までに撤退すると発表した。 同社は日本中部地区の岐阜県にプラントを保持し、月間10万台程度のテレビを生産していた(写真は2009年型日立Wooo)。撤退の理由については、テレビビジネスにおける価格競争が激化していることが主要因であるとしている。プラントは今後プロジェクターおよびチップ生産に転用していく予定だとのこと。 続きを読む

  • Capcomがバイオハザード6の11月発売を発表–すでに予告編あり

    Capcomがバイオハザード6の11月発売を発表–すでに予告編あり

    世界最大のビデオゲームフランチャイズの一つであるCapcomが今日(日本時間1/20)、Xbox 360とSony PS3とPC向けの Resident Evil 6(バイオハザード6)を発表した([日本語ページ])。興味深いのは、発表に発売日が明記され、それが、北米とヨーロッパは11月20日、日本はそれから2日後となっていることだ。 この発売日はゲーム機バージョンで、PCバージョンの発売日は記されていない。なお、「5」は2005年に発表され、発売はその4年後だった。 続きを読む

  • 東京のユーシーテクノロジから温度や放射線量を自動測定して無線でTwitterに投稿する「つぶやくセンサー」発売へ

    東京のユーシーテクノロジから温度や放射線量を自動測定して無線でTwitterに投稿する「つぶやくセンサー」発売へ

    東京のユーシーテクノロジ [日本語] は気温、湿度、 照度、熱中症指数、放射線量などを自動的にTwitterに投稿できる無線センサーを開発した。つぶやくセンサー [日本語PDF]は、食品工場、食品倉庫、ワインセラー、ペット居室などの管理などへの利用が狙いだ。 送信されたデータはTwitter上で確認できる(ユーザーはアカウントの公開、非公開を選択dできる)。ユーシーテクノロジによれば、センサーのバッテリー寿命は毎分1回のツイートに設定した場合で1年間という。 続きを読む

  • 日本からインターネットに接続された庭園用照明器具が登場–ライティングをクラウドからコントロール

    日本からインターネットに接続された庭園用照明器具が登場–ライティングをクラウドからコントロール

    日本から世界初の、インターネットに接続されたガーデニング用品が登場した。しかもそれは世界で初めての、クラウドからコントロールするLED照明器具だ。東京の照明技術のスタートアップNet LED Technology Corp.の、その名もNetLEDシステムは、日本で2月20日に発売される(同社の英語のWebサイトはここ)。 この40Wのライトは寿命が4万時間で、WiFiを内蔵している。ユーザはNetLedのアプリをスマートフォンやタブレットやパソコンにインストールし、Web上で一つ一つの電球をコントロールできる(iPhoneアプリはすでにあり… 続きを読む

  • 日産自動車、世界初の自己修復型iPhoneケースを発表

    日産自動車、世界初の自己修復型iPhoneケースを発表

    日産自動車からiPhoneケース? 世界的自動車メーカーが普通のケースを作ったんでは意味ないことはもちろんだ。事実、今回欧州日産が発表したニッサン・スクラッチ・シールドiPhoneケースは驚異的だ。日産によると、このケースは世界初の自己修復型だという。つまり細かいスリ傷などがついても、自然に回復してしまうのだ。 日産によると、このケースは自動車の塗装の上塗り用に軽量ABSプラスティックをベースに開発された自己修復性新素材を利用している。スクラッチ・シールド塗装は2005年からさまざまな日産の自動車に利用されてきた。日産は東京大学と東京のア… 続きを読む

  • 日本でもっとも派手なAndroidスマホKDDI auのINFOBAR C01

    日本でもっとも派手なAndroidスマホKDDI auのINFOBAR C01

    日本のモバイル世界は今、Android革命のまっただ中、今日(米国時間1/15)はKDDI au(大きさで日本第二位のキャリア)が、5機種のAndroidスマートフォンを新たに発表した。その中でいちばんおもしろい機種が、INFOBAR C01、キャンディーバーに独自のUIを山盛りにしたような製品だ(Android 2.3)。 KDDIは昨年の5月にも同様の製品INFOBAR A01を発売している。どちらもKDDIのデザイナーブランドiidaの製品だ。 続きを読む

  • 日本の富士通が“女の子専用”の携帯電話を二機種発売

    日本の富士通が“女の子専用”の携帯電話を二機種発売

    女性は、女性専用の携帯電話が必要と思っているだろうか? Deutsche TelekomやSamsungは、そう考えているらしい。そして今度は日本の富士通が、”女の子用”に特別にデザインされた携帯を、一つではなく二機種発表した。フィーチャーフォンと、Android機だ。 AndroidのほうはF-03D Girls’と呼ばれ、ティーン向けの人気雑誌ポップティーン(Popteen)が開発に協力した: 続きを読む

  • 日本のタジマモーターからミニ電気スポーツカー登場(ビデオ)

    日本のタジマモーターからミニ電気スポーツカー登場(ビデオ)

    Teslaのような大規模な事業ではないが、日本のタジマモーターがCO排出量ゼロでとてもかっこいいミニスポーツカーを開発した。EVミニスポーツ [日本語]というこの電気自動車は2010年にプロトタイプが発表されていたが、同社のウェブサイトによればいよいよ近く発売が開始されることになった。 車重はわずか280kg、全長2.49m、全幅1.29m、全高1.09m highの小さなボディーに40Ahのリチウムイオン電池を搭載し、一回の充電で30km走行できる(タジマモーターでは80Ahと120Ahのバッテリーもオプションで用意するとしている)。… 続きを読む

  • クラウドから管理する家庭用野菜栽培器をPanasonicが発売

    クラウドから管理する家庭用野菜栽培器をPanasonicが発売

    Panasonicが作っているものは、テレビや携帯電話やカメラだけではない。同社は、いろいろな家庭用品も作っている。最近日本の経済紙The Nikkei[日本経済新聞]に紹介されたのもその一つで、家庭で果物や野菜を栽培する器具だが、それをクラウドから管理するものは、おそらく世界初だろう。 この”Smart Vegetable Garden”と呼ばれる製品(サイズは100x50x30cm)で、同時に4種類の葉菜を栽培でき、Panasonicによると約40日で収穫できるが、これは従来の作り方に比べて30%短い。時間の節約だ… 続きを読む

  • Sonyが世界初のXQDメモリカードを発表

    Sonyが世界初のXQDメモリカードを発表

    また新しいメモリカードのフォーマットが登場するけど、心のご準備はよろしいかな? XQDと呼ばれるこのメディアの規格は、2010年の11月にSandiskとSonyとNikonが発表したものだ。CompactFlash Associationが最終仕様をまとめたのは先月で、今日(米国時間1/6)はSonyが、XQDカードの最初の一般商用製品を発表した。 今回発表されたのは、カードが2タイプと、専用カードリーダーT(USB 3.0)、そしてアダプタExpressCard Adapterだ。Sony Americaからの詳細データは: 続きを読む

  • 日本のビデオゲーム(ハードとソフト)2011年の売上の概要

    日本のビデオゲーム(ハードとソフト)2011年の売上の概要

    日本のビデオゲーム産業の規模は合衆国に次いで世界第二位だが、5年連続で成長は下向きだ。2011年の売上は前年比で8%も落ち込んだ、と日本最大のゲーム誌Famitsuが報じている。 2010年12月27日から2011年12月25日までで、日本のゲーム企業の総売上は59億ドルとなった。Famitsuによると、ハードウェアメーカーの売上は(3DSやPlayStation Vitaが貢献して)2.4%伸び、23億ドルに達した。そして昨年の日本におけるソフトウェアの売上は13.7%下落して36億ドルだった。 続きを読む

  • オムロン、外国語のメニューや掲示、標識をリアルタイム翻訳する携帯アプリを発表

    オムロン、外国語のメニューや掲示、標識をリアルタイム翻訳する携帯アプリを発表

    外国に行ったときに街頭の標識や掲示板、レストランのメニューなどの意味がすぐに分かったらいいと考えたことがあるだろう。スマートフォンさえ持っていればそれが可能になるらしい。 日本のエレクトロニクス企業、オムロンはリアルタイムでそうした短いテキストを相互に翻訳するスマートフォン向けアプリの開発に成功したと発表した。アプリを起動してスマホのカメラを対象にかざすだけで即座に翻訳が行われる。 オムロンによれば、このアプリ(まだリリースされていない)は現在英語、日本語、韓国語、中国語に対応している。翻訳はモニタに表示された原文の上にスーパーインポーズ… 続きを読む

  • サンワサプライのiPhone 4/4S用プロジェクターに注目―予備電池兼用のすぐれもの

    サンワサプライのiPhone 4/4S用プロジェクターに注目―予備電池兼用のすぐれもの

    日本のアクセサリー、サプライのメーカー、サンワサプライがiPhone 4/4Sに取り付けて使用できるマイクロ・プロジェクター、400-PRJ011 [日本語]を同社のオンラインストアで発売開始した。このデバイスは2100mAhのバッテリーを内蔵しており、完全充電すると約2.5時間プロジェクターを作動させることができる。 プロジェクターのスイッチをオフにすればこのデバイスからiPhoneのバッテリーに充電できる(iPhoneのバッテリー駆動時間を2倍にできるという)。 続きを読む

  • Casio、間もなくスマートフォンと繋がるG-SHOCKを発売。着信やメール、SMSの受信を通知

    Casio、間もなくスマートフォンと繋がるG-SHOCKを発売。着信やメール、SMSの受信を通知

    日本のカシオが、3月16日にG-SHOCK GB-6900の発売を予定している。対応している腕時計とBluetooth LE(LEとはLow Energyのことで、Bluetooth 4.0にて実装されている規格)で接続する。対応スマートフォン等についてはカシオのサイトを参照して欲しい。 カシオによれば、このG-SHOCKはスマートフォンとの間で時刻を同期することができ、また電話着信、メール受信、SMS受信をディスプレイに表示することができる。また時計のボタンを押すことでスマートフォンをマナーモードにしたり、あるいはアラームのセットを行うことも… 続きを読む

  • Insync("GoogleユーザのためのDropbox")がメジャーVupし無料化

    Insync("GoogleユーザのためのDropbox")がメジャーVupし無料化

    ファイルの同期化と共有を提供するサービスInsyncは、誕生から1年あまりとなる今日(米国時間12/30)、大幅な改造を伴うバージョンアップを行った。そのInsync 2.0は、Google Docsにより焦点を絞り、”GoogleユーザのためのDropbox”という性格を一層強化した。また、登録手続きと同期化の量制限を廃止し、UXをよりすっきりさせ、そして無料制にした。 この製品の対象層は、Dropbox的にファイルを取り扱いたい*と願っているGDocsのユーザで、Googleのアカウント保有者の多い職場やグループ… 続きを読む

  • これは便利! 日本のアサヒ飲料から周辺50mで使えるWi-Fi無線スポット付き自動販売機

    これは便利! 日本のアサヒ飲料から周辺50mで使えるWi-Fi無線スポット付き自動販売機

    何度も言うように、日本が世界最大の自動販売機大国だ(たとえばこんなスーパー・マシン)。 しかし、今回東京のアサヒ飲料が発表した自動販売機[日本語]は飲み物を販売するだけが能ではない―半径50mにWi-Fi電波を飛ばしてくれるのだ。 続きを読む

  • 日本の三大携帯電話キャリア、NFCの世界標準対応で合意

    日本の三大携帯電話キャリア、NFCの世界標準対応で合意

    世界で最も進んだモバイル国の一つである日本は、これ以上「携帯電話のガラパゴス」でいたくないと思っている。少なくともNFCを使った支払いに関しては。日本では携帯電話による支払いがすでに当たり前になっているが、このたび日本の三大携帯電話キャリア(NTT Docomo、KDDI auおよびSoftBank Mobile)は、日本専用のOsaifu Keitaiシステムから、世界中で使われているタイプAおよびタイプB標準へと切り替えようとしている。 キャリアにとっての問題は、お財布ケイタイがSonyのFeliCaの技術を使っており、タイプA、タイプBの… 続きを読む

  • 夢は実物大ガンダム―大阪のはじめ研究所、操縦コックピット内蔵式身長4mの二足歩行ロボットに挑戦中

    夢は実物大ガンダム―大阪のはじめ研究所、操縦コックピット内蔵式身長4mの二足歩行ロボットに挑戦中

    ロボットの世界征服が一段と近くなってきた。大阪に本拠を置くはじめ研究所では、 身長4mのヒューマノイドロボットの開発に取り組んでいる。4mといえば、もちろんこの種のロボット中で最大に属する(たとえば最新のホンダ・アシモは130cmしかない)。特筆すべきなのは、このロボットにはコックピットが内蔵されることだ。 はじめ研究所社長の坂本元博士には夢がある。2009年に身長2.1mのロボット(上の写真)の製作に成功した後、現在は4mのロボットを開発中だが、その後は8m、さらには18m(ガンダムと同寸)のヒューマノイドロボットの開発を計画している。… 続きを読む

  • 日本から自販機2.0登場? 顔認識、HDディススプレイ装備の自販機プロトタイプ公開

    日本から自販機2.0登場? 顔認識、HDディススプレイ装備の自販機プロトタイプ公開

    日本が世界一の自販機 大国だという点に疑いはない。ここでご紹介するマシンはおそらく世界でもっとも進歩した自販機だろう。日本のサンデンと岡谷エレクトロニクス(それに Intel)が開発したこの「自販機2.0」の最大のセールスポイントは65インチの透明フルHD液晶ディスプレイだ。 付近にお客の候補者がいないときは、このディスプレイにはデジタル時計やアニメなど人々の注意をひきつけるような映像が表示されている。人が自販機の前に立つと、顔認識機能が作動して性別やおおよその年齢を推定し、それに基づいて選ばれた広告を表示する。 続きを読む

  • 東京発のソーシャル・ミュージック・サービス、Beatroboはすごく簡単に友だちと音楽を共有できる

    東京発のソーシャル・ミュージック・サービス、Beatroboはすごく簡単に友だちと音楽を共有できる

    多くのオンライン音楽サービスには共通の問題がある―他のユーザーと音楽を共有しようとすると設定や準備にえらく手間がかかってしまうのだ。ユーザー登録をしたらまずプレイリストを作り、そのサービスに登録している友だちを探すか、友だちを新しく招待し、その友だちが自分の好きな音楽を共有してくれることを願う、といった具合だ。そうやってなんとか環境を整えた後でも、自分がオンラインになった時間帯に十分な数の友だちがログインしていてくれていなくてはならない。 そこでBeatroboの登場だ。この新しいソーシャル音楽コミュニティーではオンラインでの共同リスニ… 続きを読む