コマース

 

  • Amazonのクリスマス商戦のトップセラーはEcho Dot

    Amazonのクリスマス商戦のトップセラーはEcho Dot

    クリスマス商戦が終わったところでAmazonは売上データの一部を公開した。今年のクリスマス・シーズンにAmazon.comで一番売れた製品はEcho Dotだった。これはAmazon製デバイスだけでなく、すべてメーカーのすべてのカテゴリーを通してもっとも売れたデバイスとなった。数百万台が販売されたという。 続きを読む

  • コンテンツ・クリエイターたちのネット上の事業化を助けるPodiaがシード資金を調達

    コンテンツ・クリエイターたちのネット上の事業化を助けるPodiaがシード資金を調達

    一年半あまり前に本誌で取り上げたCoachは、個人教師(tutor, チューター)やそのほかのフリーランサーに、ネット上で自分のビジネスを成り立たせるためのツールを提供していた。しかしその後同社は方向を大きく変えるとともに、最近300万ドルのシード資金を獲得したことを発表した。 そして、名前をPodiaに変えた。 続きを読む

  • Walmartがパーソナライズドショッピングサービスと、レジの無い店舗を開発中

    Walmartがパーソナライズドショッピングサービスと、レジの無い店舗を開発中

    Recodeの報道によれば、Rent the Runwayの共同創業者Jennifer Fleissによって率いられるWalmartのCode Eightが、ニューヨークの忙しいお母さんたちのためにパーソナルショッピングサービスの試験を開始した。Code Eightは、WalmartのスタートアップインキュベーターであるStore No. 8の一部である。Recodeによると、Code Eightのサービスコンセプトは「忙しいNYCのお母さんたち」が商品のおすすめを知り、それをテキストメッセージ(SMS)で購入できるというものだ。このショッピングサー… 続きを読む

  • Alibabaは間もなく巨大な自動販売機で車を売り始める

    Alibabaは間もなく巨大な自動販売機で車を売り始める

    先週Alibabaは、中国国内でのFordの電気自動車販売を手伝う契約を結んだことを発表したが、大手メーカーの名前が挙げられたことの他に、その発表で最も興味深かったのは提案された販売用の自動販売機だった。そしてそれがどのようなものになるのかが、いま明らかになった。 その「自動車自動販売機」は、いわば「トイザらス」の店内でみかけるようなものが巨大になった、未来的建物である。 Alibabaはオンラインセールスプラットフォームを、オフラインの小売と統合する動きを推し進めてきている。その中には、例えば最近行われたスーパーマーケット運営会社Sun… 続きを読む

  • 東南アジアは世界で三番目に大きいインターネット市場だ…Googleらの調査報告より

    東南アジアは世界で三番目に大きいインターネット市場だ…Googleらの調査報告より

    東南アジアは今や、世界で三番目にインターネットユーザーが多い地域だ。そのオンライン人口はアメリカの全人口よりも多く、インターネットが地域に与える影響も、思った以上に大きい…Googleらが共著した最新の報告書が、そう言っている。 アジアの新興経済が話題になるときは、中国とインドがもっぱら取り上げられる傾向があるが、インターネットが人びとの生活を変えて新しい機会を作り出しつつある市場としては東南アジアが急速に脚光を浴びつつある。 続きを読む

  • Amazonのお宝トラックがイギリスにも登場へ――Treasure Truckは走る物理店舗

    Amazonのお宝トラックがイギリスにも登場へ――Treasure Truckは走る物理店舗

    AmazonのTreasure Truckは最初に発表されてからアメリカで広く運用されるまで2年も待つ時間があった。Amazonでは最近このサービスの国際的拡張を開始したようだ。 「走る物理店舗」のサービスの展開では、アメリカ同様、イギリス進出でも入念な準備を行っており、当面、Treasure Truckはロンドンとマンチェスターの2都市を走ることになる。 続きを読む

  • 成功する消費者プロダクトのスタートアップを見分ける方法

    成功する消費者プロダクトのスタートアップを見分ける方法

    ほぼ3年前、Saar Gurと私は、ベンチャーキャピタリストたちによって見過ごされてしまうことの多い、初期段階の消費者向けプロダクト企業たちが、如何に大成功を収める可能性を秘めているかについて、記事を書いた。 その当時、VCたちは、消費者向け直販ビジネスに大きな成果がみられないことや、どのブランドが成功するかが難しいことを理由に、このカテゴリーにほとんど関心を抱いていなかった。 その記事が出た後、ユニリーバはDollar Shave Clubを10億ドルで買収し、WalmartはBonobosを3億1000万ドルで買い、KelloggがRXBa… 続きを読む

  • Amazon時代のeコマース投資を考える

    Amazon時代のeコマース投資を考える

    Amazonが800ポンド(362キロ)のゴリラとして立ち塞がっているために、私の投資家仲間たちの多くはeコマース市場を無視することにしている。実際この業界は、取引や投資の面で最近低迷している。しかし、WalmartによるBonoboの3億1000万ドルの買収や、Stich FixのIPOが示すように、この業界にも投資家たちにとってのエキサイティングな機会がまだ沢山あるのだ。 投資機会を探る中で、私はさほど多額の資本を調達することなく多くの売り上げを果たしたあるブランドにも遭遇した。ただし、この売り上げは旧来の小売チャネルを通して達成され… 続きを読む

  • 独自技術のベッド用マットレスで勝負するPurpleが小売大手Mattress Firmに卸す契約へ

    独自技術のベッド用マットレスで勝負するPurpleが小売大手Mattress Firmに卸す契約へ

    マットレスやベッドまわりなど、ベッド関連のスタートアップは昨年、その売り方が多様化してきた。たとえばCasperやTuft、Needleなどは、自己ブランドの実店舗を立ち上げた。 しかし、最近ニューヨークのシェル・カンパニーと合併したユタ出身のマットレスのスタートアップPurpleは別の道を選び、マットレスの小売大手Mattress Firmと流通に関して契約を結んだ。 続きを読む

  • ネット上のブラックフライデーの売上は前年比20%近い増、トラフィックの60%はモバイル

    ネット上のブラックフライデーの売上は前年比20%近い増、トラフィックの60%はモバイル

    アメリカでは、感謝祭のオンラインの売上が28億7000万ドルの新記録に達したが、ブラックフライデーはさらに大きな額になりそうだ。Adobeが提供している数字は、上位100のWeb上のリテイラーのオンラインの売上だが、太平洋時間の午前7時の時点で総額6億4000万ドルで、前年比18.4%の上昇だ。〔太平洋時間午後5時では35億4000万ドル、15.6%の上昇。〕 続きを読む

  • 感謝祭のネット通販は28.7億ドル、前年比18.3%アップ――年末商戦はオンラインが主戦場に

    感謝祭のネット通販は28.7億ドル、前年比18.3%アップ――年末商戦はオンラインが主戦場に

    以前は家族が静かにサンクスギビングデー(感謝祭)を祝った翌日のブラックフライデーが年末セールの開始を告げる日と考えられてきた。しかしここ数年のネット通販の普及で状況は大きく変化した。統計から見ると、年末セールはサンクスギビングデーその日から始まることになったようだ。Adobe Digital Insightsによると、アメリカでのサンクスギビングのオンライン販売の売上は新記録の28.7億ドル、対前年比で18.3%のアップになったと推計している 続きを読む

  • Shopify、世界のブラックフライデー通販の状況を美しいビデオでライブ中継

    Shopify、世界のブラックフライデー通販の状況を美しいビデオでライブ中継

    ブラックフライデーの消費者行動をリアルタイムで見ることは可能だろうか? 上にエンベッドしたライブストリーミングされているビデオでようすを見ることができる。 これはShopifyに参加している世界の小売業者の販売状況の視覚化だ。画面上で点が光るのは販売が行われた場所を示す。そこから伸びる線は業者への消費者の注文がどこから来たかを表している。 続きを読む

  • Shopifyのお店が配達に宅配だけでなくUPSの特別料金制を選べるようになった

    Shopifyのお店が配達に宅配だけでなくUPSの特別料金制を選べるようになった

    誰でもネットショップを開けるサービスの大手で老舗Shopifyが、UPSと提携して、これまで大企業だけの郵便サービスだった特別料金制を、同社のお店(‘マーチャント’と呼ぶ)に提供することになった。お客がそれらのお店で買い物をすると、郵便による配達配送、課金、追跡などが自動的に処理される。 続きを読む

  • Amazonが一部地域でのAmazon Freshサービスの停止は合衆国郵便公社のせい、と非難

    Amazonが一部地域でのAmazon Freshサービスの停止は合衆国郵便公社のせい、と非難

    Recodeの記事によるとAmazonは、一部の地域でAmazon Freshを停止した件で合衆国郵便公社(U.S. Postal Service, USPS, 郵政民営化前の郵政省に相当)を非難している。内部情報筋がRecodeに語ったところによると、問題の地域では多くの場合、USPSが配達を担当していた。 続きを読む

  • Amazonはそのインフルエンサープログラムを、YouTubeに加えてTwitterとInstagramにも拡大する

    Amazonはそのインフルエンサープログラムを、YouTubeに加えてTwitterとInstagramにも拡大する

    Amazonは先週の木曜日に、そのインフルエンサープログラムを、YouTube以外にTwitterやInstagramも含めるように拡大すると発表した。今春の初めにベータ版が開始されたこのプログラムは、当初人気YouTuberを対象にしていた。これはAmazonアフィリエイトのような関係を通じて、自分たちのビデオで宣伝した商品からお金を稼ぐ方法を提供するプログラムだ。 現在一般に見られるインフルエンサーたちの多くは、通常自分たちの投稿――それがYouTubeでも、Instagramでも、Facebookその他でも――の中で定期的に商品の… 続きを読む

  • Alibabaが「独身の日」に250億ドル以上の物品販売を行い新記録を達成

    Alibabaが「独身の日」に250億ドル以上の物品販売を行い新記録を達成

    Alibabaは、中国最大のオンラインショッピングの日である「独身の日」(11月11日)に250億ドル以上の物品販売を行い、再び売上最高記録を達成した。 プラットフォーム上の「全ての商取引量」を示すGMVの総計は1682億人民元であり、これはおよそ253億ドルに相当する。Alibabaの場合、海外向けセールスや海外への出荷も行っているものの、その圧倒的強さは淘宝網(Taobao)市場と天猫(Tmall)ブランドストアから来るものだ。Alibabaは、24時間の間に14.8億件の取引を処理したと言われている。 続きを読む

  • 量販ディスカウント店BoxedがFC内の商品の流れを完全自動化、しかも誰もクビにならず

    Boxedは、Costcoみたいな大量ショッピングのネット版だが、同社が力を入れているのは、大幅なディスカウントだけではない。 Boxedは今年の早い時期に、ニュージャージー州ユニオンのフルフィルメントセンターに自動化を導入し、顧客に送るべき品物が自動的にパッカーのところまで来るシステムをインストールした。 続きを読む

  • Amazon Freshが一部の州の一部地域でサービス中断、大都市は無事のよう

    Amazon Freshが一部の州の一部地域でサービス中断、大都市は無事のよう

    Amazonの食料品配達サービスAmazon Freshが、アメリカの9つの州の一部で中断された、とRecodeが報じている。コネチカット、マサチューセッツ、バージニア、ニューヨーク、ニュージャージー、ペンシルベニア、デラウェア、メリーランド、そしてカリフォルニアの、それぞれ一部地域では、だめのようだ。 続きを読む

  • Shopify上のネットショップがInstagramのショッピング機能の利用をもっと簡単にセットアップできるようになる

    Shopify上のネットショップがInstagramのショッピング機能の利用をもっと簡単にセットアップできるようになる

    誰でも容易にネットショップを開けるeコマースプラットホームの老舗で大手Shopifyが、Instagramブームに乗り遅れまいとしている。これまでも多様なショップ機能を提供してきた同社は今度、今年のホリデイシーズンに間に合うべく、ユーザーであるお店たちにInstagramの統合を提供する。Shopifyはこれまでも、Facebook MessengerやBuzzfeed
    などを統合してユーザー店の販売チャネルを増やしてきたが、今回のInstagram統合もその一環だ。 続きを読む

  • Amazonは独自の配送サービスをアメリカでテスト中――2018年にはサービスを拡大へ

    Amazonは独自の配送サービスをアメリカでテスト中――2018年にはサービスを拡大へ

    Amazonはサードパーティー向け配送サービスを実験している。Bloombergによれば、販売者はAmazonのSeller Flexと呼ばれるプラットフォームを使って商品の配送ができるようになる。このプロジェクトは2年前にインドで開始されたが、Amazonは今年に入って西海岸を皮切りにアメリカでも密かにテストを開始していたという。Bloombergの記事は「2018年にはアメリカのサービスを拡張する計画がある」としている。 続きを読む

  • PlayStation VRのヘッドセットとプロセッサーユニットがマイナーなアップデート

    PlayStation VRのヘッドセットとプロセッサーユニットがマイナーなアップデート

    Sonyの発表によると、PlayStation VR用ヘッドセットのアップデートバージョンが近く発売される。でも、わりとマイナーなアップデートだから、あまり興奮しないように。それでも、最初のハードウェアのオーナーを悩ませていた問題の一部が、解決されている。 日本では今月の終わりごろ発売され、アメリカはそのあとだが、その日程はまだ発表されていない。 続きを読む

  • MLBのチームがiOS 11のNFC機能で非接触チケットによる入場をテスト、来年は全チームが本番採用

    MLBのチームがiOS 11のNFC機能で非接触チケットによる入場をテスト、来年は全チームが本番採用

    この春AppleがiOS 11を発表したとき、とても目立ったのは、iPhoneのNFCチップにデベロッパーがアクセスできるようになったことだ。Apple自身はNFCの非接触技術を使って、数年前から、iPhoneやApple WatchでApple Payを提供している。でもデベロッパーがそれを自分のアプリから利用することは、それまでできなかった。 今日MLBは、彼らが作ったNFC利用のチケットアプリをOakland Athleticsで試験的に使用している、と発表した。 続きを読む

  • Shake Shack、キャッシュレス支払のみの店を実験へ――マンハッタンのアスタープレイス

    Shake Shack、キャッシュレス支払のみの店を実験へ――マンハッタンのアスタープレイス

    ハンバーガーチェーンのShake Shackは支払がキャッシュレスのみのスタンドをニューヨークで実験しようとしている。マンハッタンの中心部、アスタープレイスに今月上旬に開設される店ではタッチパネルを備えたセルフレジが用意される。顧客はこのレジで注文から支払まで済ませることができる。注文の品が持ち帰りできるようになるとスクリーンにそのメッセージが出るという。 続きを読む

  • Amazonから新しい低価格ガジェット6種類――すべて150ドル以下

    Amazonから新しい低価格ガジェット6種類――すべて150ドル以下

    Amazonが1000ドルのiPhoneを発表した後にAmazonは6種類の一見雑多なガジェットを発表したが、どれも150ドルを超えないお手頃価格だった。 あきらかにAmazonの方針は「マージンなどくそくらえ」だ。Amazonは製品を可能なかぎり安く売る。この「低価格レース」はAmazonの標準的戦略で、Kindleの電子書籍リーダーからKindle Fireタブレットまで一貫している。Amazonはこのコンセプトを試すための製品を発表し市場の反応を試す。反応が良ければ、いってみればクラーケンのような怪物的製品が後に続く。 続きを読む

  • Pointyは地域の店をAmazonに対抗させる――PoSレジ連動で商品情報をオンライン化するプラットフォーム

    Pointyは地域の店をAmazonに対抗させる――PoSレジ連動で商品情報をオンライン化するプラットフォーム

    アイルランドのスタートアップ、Pointy​は地域の店舗が在庫商品を簡単にオンラインで公開し、消費者が簡単に検索できるようにするシステムを開発した。このほど同社はシリーズAのラウンドで600万ドルの資金を調達した。このラウンドはFrontline Venturesがリードし、ポール・アレンのVulcan Capital、Draper Associates、さらに何人かの著名なエンゼル投資家が加わっている。 続きを読む

  • テレビに映ってるアニメのキャラがAmazon Echoに命令して大量のランダムな買い物を

    テレビに映ってるアニメのキャラがAmazon Echoに命令して大量のランダムな買い物を

    Amazon Echoを持ってると、こんなやばいこともある、という例。起動する言葉さえ分かってればだれでもEchoに命令できるから、テレビに映ってるアニメのキャラクターでも、あなたの家のEchoを操作できる。20年の長寿を誇るアニメ番組South Parkで、まさにそれが起きた。 続きを読む

  • 「見えない小売店」を目指すDarkstore

    「見えない小売店」を目指すDarkstore

    オンデマンドフルフィルメント(商品の受注決済在庫管理配送を全て手がけるサービス)スタートアップのDarkstoreが、T-Force Final Mileと提携し、さらに33の全国のマーケットを追加した。これによってDarkstoreが対象とするマーケットの総数は40となった、その中にはサンフランシスコ、ロサンゼルス、ポートランド、マイアミ、アトランタ、ボストン、リノ、そしてオースティンなどが含まれている。 T-Force Final Mileは、IKEA、Office Depot、そしてAmazonのための配送を行っているラストマイル配送会社だ… 続きを読む

  • Amazon、5万人規模の第2本社建設計画を発表――自治体の立候補受付け開始

    Amazon、5万人規模の第2本社建設計画を発表――自治体の立候補受付け開始

    Amazonはすでにeコマース、ロジスティクス、クラウドサービスの各分野で世界的な巨人だ。そのAmazonが企業としての存在をさらに一段拡大する動きを見せている。今日(米国時間9/7)、同社は北米地区に第2の本社を建設するために適切な都市を選ぶための調査を開始したことを発表した。Amazonによればこの第2本社はワシントン州シアトルの既存の本社(上の画像)と「あらゆる点で同等の施設となる」といいう。 続きを読む

  • Alibabaが顔認識による決済システム‘smile to pay’をKFCの杭州店でテスト開始

    Alibabaが顔認識による決済システム‘smile to pay’をKFCの杭州店でテスト開始

    中国はデジタル決済ではかなり先を行っている。その最新の跳躍は顔認識技術、お客は笑顔を見せるだけで支払いができるのだ。 Alibaba傘下のAnt Financialが、その‘smile to pay’(笑顔でお支払い)サービスを、本社のある杭州で開始した。テストするお店はKFC(ケンタッキーフライドチキン)だ。 続きを読む

  • Thirstieがドン・ペリニョンのオンデマンド配達を提供

    Thirstieがドン・ペリニョンのオンデマンド配達を提供

    酒配達スタートアップThirstieが、そのモデルに新たな工夫を加えている、アルコールブランドと直接連携して、オンデマンド配達を提供するというものだ。手始めにドン・ペリニョンが選ばれた。 2015年にThirstieについて書いたときには、スタートアップは消費者が既に配達をを提供している近くの店舗からアルコールを買うことができるようにした。共同創業でCEOのDevaraj Southworthは、Thirstieは(Minibarのような他のスタートアップと競合している)現在の消費者サービスは引き続き提供すると語った。しかし、彼の焦点は他… 続きを読む