日本

 

  • 「チケット化」と「継続販売」で需要を喚起するクラウドファンディング「ENjiNE」

    「チケット化」と「継続販売」で需要を喚起するクラウドファンディング「ENjiNE」

    日本でクラウドファンディングといえば、新製品のマーケティングかチャリティー的な支援が中心。2014年に資金決済法が改正されて投資型のクラウドファンディングも始まったが、利用はまだこれからというところだろう。 そんな中でスタートしたReLicのクラウドファンディングサービス「ENjiNE(エンジン)」。彼らは「チケット」という概念を持ち込むことで、より手軽にクラウドファンディングを利用できるようにする… 続きを読む

  • 「TechAcademy」運営のキラメックスをユナイテッドが約6億円で買収

    「TechAcademy」運営のキラメックスをユナイテッドが約6億円で買収

    スマートフォンアプリやアドテク領域での事業を展開するユナイテッドは2月3日、エンジニア向けのオンラインスクール「TechAcademy」を運営するキラメックスを買収し、完全子会社化することを明らかにした。買収額は約6億円。 続きを読む

  • 創業期のスタートアップとエンジェル投資家を結ぶ「Tokyo Angel Network」、ANRIが立ち上げ

    創業期のスタートアップとエンジェル投資家を結ぶ「Tokyo Angel Network」、ANRIが立ち上げ

    独立系ベンチャーキャピタルのANRIが、創業前後のスタートアップとエンジェル投資家のマッチング支援に乗り出した。2月3日より「Tokyo Angel Network」を立ち上げる。まずはGoogle Docs上で、スタートアップがエンジェルに対して事業や資本政策のメンタリングを希望するスタートアップを募る。 続きを読む

  • BearTailが中小企業向けにクラウド経費精算サービス、2000人のオペレーターが人力でデータ入力

    BearTailが中小企業向けにクラウド経費精算サービス、2000人のオペレーターが人力でデータ入力

    スマートフォンでレシートの写真を撮影してアップロードすれば、オペレーターが人力で入力を代行し、カテゴリの分類を行った上で家計簿を作成できるサービス家計簿サービス「Dr.Wallet」。このサービスを提供するスタートアップのBearTailが2月1日、クラウド経費精算サービス「Dr.経費精算」ベータ版の提供を開始した。 Dr.経費精算は中小企業をターゲットにした経費精算サービス。Dr.Wallet同様… 続きを読む

  • Instagram上の9枚の写真から“内面”の合う人と繋がるマッチングサービス「nine」

    Instagram上の9枚の写真から“内面”の合う人と繋がるマッチングサービス「nine」

    2015年末から2016年氏にかけて、約7日間で1500万人がサービスを利用。米国のテレビやウェブメディアが紹介、米国大統領夫人のミシェル・オバマ氏や米大統領選挙候補者のドナルド・トランプ氏にはじまる各著名人も参加——一体何のことかを言っているのかと思うかも知れないが、実はこれ、「2015bestnine」という日本人がリリースしたサービスの話だ。 続きを読む

  • スマートロックで「不動産×IT」を開拓するライナフが資金調達、三菱地所と業務提携へ

    スマートロックで「不動産×IT」を開拓するライナフが資金調達、三菱地所と業務提携へ

    スマートロック「NinjaLock」や、そのNinjaLockと連携するアプリケーションなどを開発するライナフは2月1日、三井住友海上キャピタルおよび三菱地所を引受先とする第三者割当増資を実施したことを明らかにした。同社が外部から資本を調達するのはこれが初めて。金額は非公開だが、1億円以上の資金を調達しているとみられる。同社は今回の資金調達をもとに人材採用を積極化。開発およびマーケティング体制の強… 続きを読む

  • 駐車場シェアリングのakippaが6億円の資金調達——拠点数で業界第3位に、今後は時間貸しの試験運用も

    駐車場シェアリングのakippaが6億円の資金調達——拠点数で業界第3位に、今後は時間貸しの試験運用も

    駐車場のシェアリングサービス「akippa」を運営するakippa(2015年にギャラクシーエージェンシーより社名を変更)は1月29日、グロービス・キャピタル・パートナーズ(1月に発表された5号ファンドの1号案件)、トリドール(2015年4月設立の投資子会社「TDインベストメント」からの出資)、朝日放送(2015年12月に発表された投資子会社「ABCドリームベンチャーズ」のファンドの第1号案件)、… 続きを読む

  • 端末データを子どもの見守りに利用、FULLERとKDDIがサービスを共同開発

    端末データを子どもの見守りに利用、FULLERとKDDIがサービスを共同開発

    スマートフォンアプリの解析サービス「App Ape」などを提供するスタートアップのFULLERは1月28日、KDDIと子ども向けのスマホサーポートサービスを共同開発したことを明らかにした。 FULLERではアプリ解析サービスと並行して、おもに10代後半〜20代をターゲットにした端末管理アプリなどを提供している。今回共同開発したサービスのベースとなる「スマホスピタル」は2015年5月のリリース。スマホ依… 続きを読む

  • リノベーション特化のマーケットプレイスを運営するツクルバ、グロービスなどから数億円の資金調達

    リノベーション特化のマーケットプレイスを運営するツクルバ、グロービスなどから数億円の資金調達

    リノベーション住宅特化のオンラインマーケット「cowcamo」等を運営するツクルバは1月27日、グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)を引受先とした第三者割当増資および金融機関からの借入による資金調達を実施したことを明らかにした。金額等は非公開だが、数億円規模になるという。また調達にあわせて、GCPの上村康太氏が社外取締役に就任する。 続きを読む

  • 労務管理クラウド「SmartHR」運営のKUFUが資金調達、あわせて社労士法人を立ち上げ

    労務管理クラウド「SmartHR」運営のKUFUが資金調達、あわせて社労士法人を立ち上げ

    015年11月に開催したイベント「TechCrunch Tokyo 2015」。その目玉企画である、創業3年未満・サービスローンチ1年未満のスタートアップ限定のプレゼンコンテスト「スタートアップバトル」で優勝したKUFU。労務クラウドサービス「SmartHR」を提供する同社は1月27日、East VenturesおよびDGインキュベーション、Beenextの3社を引受先とする第三者割当増資資を実施したこ… 続きを読む

  • グルメQ&Aの「ペコッター」、インキュベイトやiSGなどから資金調達しサービスを加速

    グルメQ&Aの「ペコッター」、インキュベイトやiSGなどから資金調達しサービスを加速

    グルメQ&Aサービス「ペコッター」を運営するブライトテーブルが1月26日、インキュベイトファンド2号投資事業有限責任組合(追加出資)、iSGインベストメントワークス(2月よりiSGSインベストメントワークスに社名変更予定)、East Ventures、松本龍祐氏(ソウゾウ代表取締役社長)を引受先とする第三者割当増資を実施したことを明らかにした。金額は非公開。 続きを読む

  • “非エンジニア向けSlack”を開発するOneteam、ニッセイ・キャピタルから約2億円の資金調達

    “非エンジニア向けSlack”を開発するOneteam、ニッセイ・キャピタルから約2億円の資金調達

    非エンジニア向けのコミュニケーションツールを開発するOneteam。2015年5月にサイバーエージェント・ベンチャーズから資金調達を実施した際、プロダクトの一部の機能のみを提供していた同社が間もなくサービスを一般公開するという。それに先かげて1月26日、同社はニッセイ・キャピタルを引受先とした総額約2億円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。今後は人材の強化や東南アジア地域を中心としたマー… 続きを読む

  • iSGインベストメントワークスに3人目のキャピタリスト、元CAVの佐藤真希子氏が参画

    iSGインベストメントワークスに3人目のキャピタリスト、元CAVの佐藤真希子氏が参画

    2015年10月にスタートしたばかりのベンチャーキャピタルがわずか3カ月で社名を変える、と聞くのは珍しいケースだが、ポジティブなニュースだ。アイスタイル子会社のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)・iSG インベストメントワークスは1月19日、元サイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)のキャピタリスト、佐藤真希子氏が参画。取締役 マネージング・ディレクターに就任することを発表した。またこれと… 続きを読む

  • 「Dear」はLINEとTwitterの“いいとこどり”を実現したコミュニケーションアプリ

    「Dear」はLINEとTwitterの“いいとこどり”を実現したコミュニケーションアプリ

    毎日一緒にいるような友人のことを「いつものメンバー」を略して「いつめん」なんて呼ぶ若者言葉もあるようだが、そんな「いつめん専用」をうたうコミュニケーションアプリがREVENTIVEの「Dear(ディアー)」だ。利用は無料。iOSおよびAndroid向けにアプリをリリースしている。 続きを読む

  • 結果がすべてを癒やす——イグジットした起業家がエンジェル投資をする意義とは

    結果がすべてを癒やす——イグジットした起業家がエンジェル投資をする意義とは

    昨日僕は、イグジットした起業家の投資に関わる記事を書いた。そして記事の公開後、あらためて起業家兼エンジェルを中心に、多くのスタートアップ業界関係者とその内容の是非について話をすることになり、起業家の本業とエンジェル投資のあり方についてもさまざま意見を聞くことができた。元記事で説明しきれなかった話ともあわせて、ここで整理して紹介したい。 続きを読む

  • 元「246(ニーヨンロック)」担当者が立ち上げたINU MAGAZINEはペットのライフスタイル提案メディア

    元「246(ニーヨンロック)」担当者が立ち上げたINU MAGAZINEはペットのライフスタイル提案メディア

    「ペットをテーマにしたメディアは数多くあるが、その多くは飼い方、しつけ、医療といったハウツーか、『かわいい動物動画』のようなもの。それらはいずれも必要なのもだと思うが、我々は嗜好品、ファッションやペットグッズ、ライフスタイルなどの情報をファッション誌感覚で見てもらいたい」——1月12日にペットメディア「INU MAGAZINE」を正式ローンチしたアルファペットコーポレーション… 続きを読む

  • 食材流通のプラネットテーブルが1億円の資金調達、サービス提供エリア拡大へ

    食材流通のプラネットテーブルが1億円の資金調達、サービス提供エリア拡大へ

    食材・情報取引プラットフォーム「SEND(センド)」を展開するプラネット・テーブルがサイバーエージェント・ベンチャーズ、セゾン・ベンチャーズなどから総額約1億円の資金調達を実施した。払い込みは2015年12月、バリュエーションや出資比率は非公開。なお同社は2015年3月にGenuine Startupsと個人投資家から3500万円のシードマネーを調達している。 続きを読む

  • グロービスが総額160億円の5号ファンドを組成、年金基金の出資は「VCの悲願」

    グロービスが総額160億円の5号ファンドを組成、年金基金の出資は「VCの悲願」

    ベンチャーキャピタルのグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)は1月4日付けで第5号となる新ファンド「Globis Fund V, L.P.、グロービス5号ファンド投資事業有限責任組合」を組成した。一次募集(ファーストクローズ)は約140億円。出資するのは三井住友信託銀行、日本政策投資銀行、大同生命保険、マスミューチュアル生命保険株のほか、国内大手企業年金基金を含む国内外の大手機関投資家。ファンド… 続きを読む

  • BASEとメルカリがタッグ、最大4.5億円の出資を含む資本業務提携

    BASEとメルカリがタッグ、最大4.5億円の出資を含む資本業務提携

    今日から仕事が始まる人も多いだろうが、早速大きなニュースが飛び込んできた。ネットショップ開設サービス「BASE」を提供するBASEは1月4日、フリマアプリ「mercari」を提供するメルカリとの資本業務提携を実施したことをあきらかにした。 続きを読む

  • 将棋で磨いたAI技術をFintechへ応用、HEROZが1億円を追加調達

    将棋で磨いたAI技術をFintechへ応用、HEROZが1億円を追加調達

    将棋AIをビジネス化して実績を伸ばしているHEROZが今日、創業6年目にして追加で1億円の資金調達を行ったと発表した。これまで取り組んきたでボードゲームのAIによるビジネスに国際展開に加えて、金融やヘルスケア領域にもAIを適用していくという。第三者割当の引受先は一二三(ひふみ)インキュベートファンド。 続きを読む

  • クラウド会計のfreeeがFinTechファンドなどから10億円を調達、年間の調達額は45億円に

    クラウド会計のfreeeがFinTechファンドなどから10億円を調達、年間の調達額は45億円に

    クラウド会計ソフト「freee」をはじめ、クラウド給与計算ソフト、会社設立支援ツールなどを提供するfreeeは12月28日、SBIホールディングス傘下のSBIインベストメントが運用する「FinTechファンド」などを引受先とした合計10億円の第三者割り当てを実施したことをあきらかにした。同社の2015年の資金調達額は8月の調達とあわせて45億円。同社の発表によると、未上場企業においては年内で最大の… 続きを読む

  • クラウド家計簿提供のBearTail、今度は経費精算サービスの提供を開始

    クラウド家計簿提供のBearTail、今度は経費精算サービスの提供を開始

    スマホでレシートを撮影するだけで全自動で家計簿を作成できるクラウド家計簿サービス「Dr.Wallet」。このサービスを提供するBearTailが、今度はビジネスマンをターゲットにした新サービスを公開した。同社は12月24日、クラウド経費精算サービス「Dr.経費精算」ベータ版の提供を開始した。サービスは月額980円(30日間無料)。2016年1月には法人向けプランの提供も予定する。 続きを読む

  • 動画学習のスクーはユーザー20万人に、1980円のプレミアム課金サービスも開始

    動画学習のスクーはユーザー20万人に、1980円のプレミアム課金サービスも開始

    オンライン動画学習サービス「schoo WEB-campus」を提供するスクー。2011年10月に立ち上がったこのサービスは、2015年12月時点でユーザー数20万人を数えるまでに成長した(2014年12月時点でのユーザー数は11万人)。現在は個人および法人(現在100社が導入)向けの有料課金サービスでマネタイズしているschooだが、今回、個人向け有料課金プランにおいて、上位プランとなる「プレミア… 続きを読む

  • 日経グループのQUICKからまさかの美少女キャラゲームーー背景には3年がかりの大プロジェクト

    日経グループのQUICKからまさかの美少女キャラゲームーー背景には3年がかりの大プロジェクト

    QUICKと言えば、日本経済新聞グループで金融・経済向けツールやレポートを提供する、1971年設立の言ってみれば“おカタい”会社だ。だがそんな同社が、美少女ゲームアプリを出したというのだから驚きだ。同社は12月21日より、iOS向けにゲームアプリ「IRroid(アイアールロイド) 恋の有効フロンティア」の提供を開始した。App Storeから無料でダウンロードできる(アイテム課… 続きを読む

  • フィリピン留学の口コミサイト「School With」が刷新、欧米含む7カ国に対応

    フィリピン留学の口コミサイト「School With」が刷新、欧米含む7カ国に対応

    安価かつ日本からの距離も近いということで、英語レッスンのためにフィリピン・セブへ留学するという話はよく聞くようになった。フィリピンにおける日本人留学生の数は2010年時点で4000人だったが、この5年で8倍に増加しているという。だが一方で課題になるのはトラブル。ウェブサイトでうたう制度や設備も、いざ現場に行ってみると十分に整っていなかったりすることもあるそうだ。 続きを読む

  • 飲み友マッチングの「JOIN US」にAndroid版、来春までにはマネタイズも開始

    飲み友マッチングの「JOIN US」にAndroid版、来春までにはマネタイズも開始

    6月にiOSアプリに限定してサービスを開始したマッチングサービス「JOIN US」だが、12月18日にはAndroid版アプリを公開した。Google Playから無料でダウンロードできる。 JOIN USは以前にもご紹介したとおりで「今夜の飲み仲間を探す」というコンセプトを持ったマッチングサービス。正午から翌日5時までに限定してサービスを提供。時間を過ぎると、チャット履歴なども毎日リセットされる。サービ… 続きを読む

  • 動画プロダクション・メディア運営の3Minuteが3億円の調達、セプテーニとは協業も

    動画プロダクション・メディア運営の3Minuteが3億円の調達、セプテーニとは協業も

    女性特化のYouTuberプロダクションや動画メディア「MINE」を運営する3ミニッツ(3Minute)は12月16日、セプテーニと動画広告領域での資本・業務提携を締結したことを明らかにした。セプテーニのほか、複数社(社名非公開)を引受先とする第三者割当増資も実施。合計約3億円を調達している。 続きを読む

  • コロプラがVR領域に最大5000万ドルの出資、専門ファンド「Colopl VR Fund」を設立

    コロプラがVR領域に最大5000万ドルの出資、専門ファンド「Colopl VR Fund」を設立

    米国ではVC・Rothenberg VenturesのVR特化型インキュベーションプログラム「River」なんかも活発に活動しているようだが、日本でもVR領域のスタートアップを支援する動きが活発化している。 11月にはgumiが子会社「Tokyo VR Startups」を設立すると発表。VR領域のスタートアップに対して、資金を提供するほか、ワーキングスペースの貸与やバックオフィスサポートといった支援を行… 続きを読む

  • クラウドソーシングでマンガ制作——フーモアがデジガレなどから2億円の資金調達

    クラウドソーシングでマンガ制作——フーモアがデジガレなどから2億円の資金調達

    クラウドソーシングでマンガ制作を行うスタートアップのフーモアは12月16日、デジタルガレージ傘下のDGインキュベーションおよびDK Gate(講談社との合弁で立ち上げた会社だ)、アドウェイズを引受先とした合計約2億円資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • オンデマンドでメイクやネイル、マッサージの施術を受けられる「careL」、MOSO mafiaがサービス公開

    オンデマンドでメイクやネイル、マッサージの施術を受けられる「careL」、MOSO mafiaがサービス公開

    昨日もシェアリングエコノミー協会設立のニュースがあったが、人やモノ、スペースなどさまざまな遊休資産の貸し借りを行うプラットフォームは多数登場している。その市場規模は10年後には3350億ドルにも上るなんていう話も出ている。 東京・恵比寿に拠点を置くスタートアップのMOSO mafiaもシェアリングエコノミーの文脈に沿ったサービスを手がける1社だ。同社は12月15日、ネイルやヘアメイク、エステなど美容・… 続きを読む