スタートアップ

 

  • Google、英スタートアップ、Reduxを買収と判明――オーデイオとハプティクス分野で大きな武器に

    Google、英スタートアップ、Reduxを買収と判明――オーデイオとハプティクス分野で大きな武器に

    Bloombergによれば、Googleその他の事業の親会社、Alphabetは、イギリスのスタートアップ、Reduxを密かに買収していたという。Reduxは2013年にケンブリッジに設立されたスタートアップで、スマートフォンやタブレットの表面を振動させるテクノロジーを開発している。これらの表面をスピーカーやハプティック・フィードバックのために利用できるようにするのが目的だ。 続きを読む

  • ブロックチェーン活用のブラウザ「Brave」、ユーザーがサイトにチップする機能を提供

    ブロックチェーン活用のブラウザ「Brave」、ユーザーがサイトにチップする機能を提供

    ブロックチェーンを基盤とするブラウザを制作するBraveは、今年の初めイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で3500万ドルを調達した。そのBraveが今回、新しい方法でパブリッシャーに報酬を提供するエコシステムの確立に向け、一歩を踏み出した。 Braveの特徴の1つは、独自の通貨であるBAT(Basic Attention Token)を使い、従来のオンラインパブリッシャーが利益を得る方法を大きく変えようとしている点だ。Braveはブラウザを使用するユーザーに対して報酬を与え、同時に目障りな広告を抑制し、より関連性の高い広告を促進する… 続きを読む

  • 価格が下がったときの差額返金を代行するEarnyが、900万ドルを調達

    価格が下がったときの差額返金を代行するEarnyが、900万ドルを調達

    これまで何かを買ったら、翌日からセールだったという経験はあるだろうか? 運が悪かったように思えるものの、しばしばそれでもディスカウントを得ることができたりする。一部の小売業者やクレジットカード会社は、価格が下がった場合に最大90日以内なら差額の払い戻しを保証している。 しかし、価格の変化を追跡し、規定に従って返金を受けることは、結構な手間であることが多い。こうしたことを、あなたに代わって処理してくれる沢山のサイトが、立ち上がって来ている。それらの1つがEarnyだ。 続きを読む

  • Disruptベルリン2017の勝者はバイオのスタートアップ、Lia Diagnostics

    Disruptベルリン2017の勝者はバイオのスタートアップ、Lia Diagnostics

    ベルリンで開催されたTechCrunch Disruptのスタートアップ・バトルフィールドの参加チームはすべて慎重な事前の審査を経て招待された選り抜きの精鋭ばかりだ。プレゼンはベンチャーキャピタリストやテクノロジー界のリーダーからなる何組かの審査員を前にして行われた。激しい競争を勝ち抜いたチームにはDisrupt杯と4万2000ユーロの賞金が贈られることになっていた。 続きを読む

  • FacebookやWeWorkその他約1000社の企業が使う、新興ノベルティ企業Swag

    FacebookやWeWorkその他約1000社の企業が使う、新興ノベルティ企業Swag

    ノベルティ、特に良いノベルティは大切かもしれない。ここがSwag.comが目を付けた場所だ。15ヶ月前に創業した同社は、自社ブランドのために高品質なノベルティを求める企業たちに、役に立つビジネスを目指している。 Swagの共同創業者Jeremy Parkerは「多くの人はノベルティをゴミ扱いしていますが、そうである必要はありません」とTechCrunchに語った。「もし適切に作られていたとしたら、素晴らしいマーケティングツールになるかもしれないのです」。 Swag.comは、例えばウォーターボトル、傘、シャツ、ジャケット、USBドライブ、バ… 続きを読む

  • 500 Startupsの第22回デモデーで、目立ったスタートアップたち

    500 Startupsの第22回デモデーで、目立ったスタートアップたち

    以前私たちは、デモデーは非常に忙しくなる可能性があると指摘した。1つあたり、わずか数分のプレゼンテーションから本当に素晴らしい会社を選び出すのは、本当に困難なことなのだ。しかしそれでも、そのうちの幾つかはきちんと取り上げる価値がある。それらは背後にあるアイデアや、彼らが解決する問題、そして創業者のチームといった幾つかの要因から判断される。 同じことが、今日(米国時間10月25日)の500 Startupsの、22回目のデモデーにも当てはまった――ということで、以下に示すものが数時間にわたるプレゼンの結果、私たちが選びだしたものだ 続きを読む

  • 「ソーシャル・ネットワーク+Evernote」をイメージするMrOwl

    「ソーシャル・ネットワーク+Evernote」をイメージするMrOwl

    ソーシャル・ネットワークとEvernoteが融合したようなアプリケーションが登場してきた。ArvindおよびBecky Raichurによるもので、データの保管や共有を簡単に行うことができるようになっている。しかもあらゆるデータ形式に対応しているのだ。 続きを読む

  • スタートアップ時代が終わった後に何が来るのか?

    スタートアップ時代が終わった後に何が来るのか?

    最近シリコンバレーとサンフランシスコには奇妙な空気が漂っている。他所では、つまりデンバー、 サンチャゴ、 トロント、ベルリンなどではSilicon Glen、 Silicon Alley、 Silicon Roundabout、Station Fなどスタートアップのセンターを育成している。こうした都市は皆、第2のシリコンバレーになることを夢見ているのだ。しかしシリコンバレー自体ではどうだろう? ここでは「スタートアップの黄金時代は去った」という空気が支配的だ。 世界中いたるところで工学や経営学の学位を得た若者たちが第2のFacebook、Uber、Ai… 続きを読む

  • 犬の健康をチェックする、スマート首輪のWaggit

    犬の健康をチェックする、スマート首輪のWaggit

    ペットの犬のQOL(生活の質)向上と、飼い主による適切なケアを実現するための首輪が登場した。名前をWaggitという。このWaggitは、フィットネス系の情報だけでなく、健康状態についての情報を管理することを主目的としている。 続きを読む

  • $49.99でSphero体験ができるSphero Mini登場

    $49.99でSphero体験ができるSphero Mini登場

    Spheroにとっては大忙しの1年だった。R2-D2、スパイダーマン、あるいはライトニング・マックィーンといったプロダクトをたてつづけに送り出していたのだ。なお、そうしたプロダクトに埋もれがちではあるが、Spheroはライセンス製品以外も開発している。今回発表されたものもノンライセンスのプロダクトで、名前をSphero Miniという。Sphero製品の中で、もっとも安価なモデルともなっている。 続きを読む

  • 匿名の面接でエンジニアの多様性欠如を正すInterviewing.io

    匿名の面接でエンジニアの多様性欠如を正すInterviewing.io

    名前や経歴、身分証明書は出すことなく、インターネット上で人材採用マネージャーに自身のスキルを見せる。これがFacebookやLyftなど大手テック企業の匿名の面接を行うInterviewing.ioの方式だ。 共同創設者のAline Lernerは、この理由から女性とマイノリティがInterviewing.ioに集まっていると述べている。 「その匿名性とステレオタイプと関わる必要がないことから、女性やマイノリティのユーザーの流入が見られます」とLernerはTechCrunchに語る。 テック系大企業のほとんどは、開発部門における多様性の欠如… 続きを読む

  • ゲイツ、ザック、ベゾスらがVillage Globalを支援――スタートアップ育成のシード・ファンドがスタート

    ゲイツ、ザック、ベゾスらがVillage Globalを支援――スタートアップ育成のシード・ファンドがスタート

    Y Combinator出身のスタートアップ紹介サイト、Product Huntの社員1号、Erik Torenbergは有望なスタートアップを見つけて世界に紹介するだけでなく、自ら投資しようとしている。今日(米国時間9/26)、静かにスタートしたVillage Globalは、シード資金とプレ・シード資金を最初期段階のスタートアップに投資することを目的とするベンチャーファンドだ。 続きを読む

  • フィンランドの広告スタートアップ、Smartly.io、既存株式売却で資金調達――2000万ドルでアメリカ進出へ

    フィンランドの広告スタートアップ、Smartly.io、既存株式売却で資金調達――2000万ドルでアメリカ進出へ

    フィンランドの首都ヘルシンキを本拠とするSmartly.ioはFacebook広告プラットフォームを通じてマーケティングの自動化を狙うスタートアップだ。同社は今日(米国時間9/19)、発行済株式の売却によって2000万ドルの資金を調達したことを発表した。これは既存株主の株式をヨーロッパのベンチャーキャピタルのHighland Europeに売却するという方法で実施された。 続きを読む

  • SoftBank、評価額51億ドルでSlackに巨額投資 

    SoftBank、評価額51億ドルでSlackに巨額投資 

    Slackが新たなラウンドで大型の資金調達を実施した。評価額が50億ドル以上と伝えられる今回のラウンドをリードしたのは日本のSoftbankで、同社はこのところありとあらゆるテクノロジー企業に投資している。今回の投資も総額1000億ドルと伝えられるSoftBankの巨大なビジョン・ファンドからのようだ。 続きを読む

  • 第10回HAXデモディで見かけた傑作ハードウェアたち

    第10回HAXデモディで見かけた傑作ハードウェアたち

    サンフランシスコミント(旧サンフランシスコ造幣局)で行われたハードウェアアクセラレーターHAXを取材した。今回10回目を数えるこのイベントで、新しいハードウェアスタートアップたちをチェックするためだ。多くのスタートアップたちが、ハードウェアとソフトウェアのクリエイティブな組み合わせを展示していた。特に旧来のサービスや時代遅れのビジネスモデルを改善するために、機械学習を取り込んだものが目立った。 HAXは、中国でのプロトタイピングと製造を行なう専門性で知られている。HAXの支援を受ける企業は、ハードウェアのスタートアップの創業者が直面する… 続きを読む

  • シリコンバレーの外で成長中、大衆市場を狙うスタートアップたち

    シリコンバレーの外で成長中、大衆市場を狙うスタートアップたち

    シリコンバレーは長きにわたって、現状を打ち破ろうとするテック企業のホームグラウンドとして知られてきた。しかしエンジニアやプロダクトマネージャーといった人材の拡散、ミレニアル世代の影響力の増大、さらにはソーシャルメディアを介したeブランドの台頭といった要素が相互に作用し合い、シリコンバレーの外でも新たな動きが生まれ始めている。 昨年ニューヨークではB2Cビジネスが転換期を迎え、ロサンゼルスもSnapやDollar Shave Clubをはじめとするスタートアップの活躍で注目を集めた。 続きを読む

  • 2017年に閉鎖された、かつて多くの資金調達を行ったスタートアップたち10社

    2017年に閉鎖された、かつて多くの資金調達を行ったスタートアップたち10社

    立ち上がるスタートアップもあれば、失速するスタートアップもある。2017年にはいくつもの著名なスタートアップが失敗に終わった。JawboneからBeepi、Yik Yakに至るこれらの企業は、最終的にその扉を閉ざす前に大金を調達していた。 以下に挙げるのは、2017年の最初の9ヶ月に閉鎖される、もっとも多くの資金調達を行った10社だ。これらの企業は合計で、ベンチャーキャピタリストと銀行から合計17億ドルを調達している。 続きを読む

  • 多額のVCマネーを集めた、400ドルのジュースマシンが販売停止

    多額のVCマネーを集めた、400ドルのジュースマシンが販売停止

    一部で人気だった、400ドルのジュース・マシンが姿を消すこととなった。 続きを読む

  • 23歳のバイオVCに投資戦略を聞く――老化防止ファンドのローラ・デミングは14歳でMITに入学した天才

    23歳のバイオVCに投資戦略を聞く――老化防止ファンドのローラ・デミングは14歳でMITに入学した天才

    ローラ・デミングはありきたりのベンチャーキャピタリストではない。いや、デミング自身がいろいろな意味でありきたりの人間ではない。 現在23歳のローラ・デミングはニュージーランド生まれて家庭で教育を受けた後、数学と科学、とくに老化を防止するテクノロジーに強い興味を抱くようになった。デミングな11歳のときに老化防止の研究で著名な分子生物学者、Cynthia Kenyonにメールし、「家族とアメリカ旅行する機会にサンフランシスコの研究室を見学できないだろうか?」と尋ねた。Kenyonは見学を承諾しただけでなく、デミングの訪問の後、この研究室で働き… 続きを読む

  • YCの2017年夏学期デモデー2日目全チーム紹介――TCのオススメ7社も

    YCの2017年夏学期デモデー2日目全チーム紹介――TCのオススメ7社も

    Y Combinatorはスタートアップ・アクセラレーターのパイオニアであるだけでなく、最大の組織でもある。そこでここ数年、デモを1日で終わらせることは不可能になっていた。 そこでTechCrunchでは高速道路101号の混雑をものともせず、Y Combinatorデモデー2日目を取材するためマウンテンビューのコンピューター歴史博物館に向かった。なお2017年夏学期のクラスのデモの1日目についてはこちらの記事〔日本版ではTCがピックアップしたトップ7チームについて解説全文を訳出〕を参照のこと。 続きを読む