スマートウォッチ

  • Swatchが独自のスマートウォッチOSを開発中

    Swatchが独自のスマートウォッチOSを開発中

    今のところスマートウォッチ・ビジネスに関して強気になれる材料は乏しい。 しかしSwatchは例外を作れるかもしれない。ともあれSwatchは全力を挙げている。このスイス最大の時計メーカーは単にスマートウォッチを開発しているだけではなく、独自のスマートウォッチOSも開発している。これによってAppleやSamsung(Tizenのカスタマイズ版)に対抗する考えだ。 続きを読む

  • 昨年苦しみを味わったウェアラブル市場の課題

    昨年苦しみを味わったウェアラブル市場の課題

    今は手首にはめるデバイスにとって「待ち」の時期だ。数年間ものすごい盛り上がりを見せていたウェアラブル業界だが、今年のCESではあまり目立っていなかった。2つ、3つ新しいスマートウォッチが発表され、パートナーシップやそこそこの出来のフィットネスバンドがアナウンスされたくらいで、業界全体のフォーカスとしては、Alexaを搭載した種々のデバイスやスマートホームへとシフトしたように感じた。 Andoroid… 続きを読む

  • FitbitがPebbleに続き、高級スマートウォッチのVectorを買収

    FitbitがPebbleに続き、高級スマートウォッチのVectorを買収

    なんとも早いエグジットだった。この新しいスマートウォッチブランドは他とは違う製品を提供するため、昨年3月に登場したばかりだ。中央ヨーロッパ、ルーマニアの優秀なエンジニア、ロンドンのビジネスに才がある人材、そしてCitizenの元役員が立ち上げたのがVectorだ。Vectorは「お手ごろなラグジュアリー」という新たなスマートウォッチの分野を切り開いた。 続きを読む

  • スマートウォッチの時代は終わったのか?

    スマートウォッチの時代は終わったのか?

    迫りゆくPebbleの滅亡と、「今のところ、新しいスマートウォッチを市場に送り出すに見合うだけの需要があるとは思わない」というMotorolaによる発表を理由にして、スマートウォッチ市場が収縮しているという意見を正当化することもできるだろう。この意見は正しい。だが、これはウェアラブル端末の終焉ではない。 Appleは今年、110万台のApple Watchを販売した。昨年に比べて73%少ない販売台数だ… 続きを読む

  • スマートウォッチの出荷台数が急落

    スマートウォッチの出荷台数が急落

    スマートウォッチが必要だと感じている人は少ないのだろうか?IDCから今朝発表されたスマートウォッチ業界のレポートによれば、2016年第3四半期のスマートウォッチの出荷台数が「急激に」減少したようだ。昨年の第3四半期と比べると合計の出荷台数が51.6%減少しているのだ。昨年の3Qにおける出荷台数が560万台だった一方で、今年の3Qはたったの270万台だ。IDCはこの出荷台数の激減の理由として、製品発… 続きを読む

  • スマートウォッチのiBeatが150万ドルを調達、「身につけたくなる」心拍計の提供を目指す

    スマートウォッチのiBeatが150万ドルを調達、「身につけたくなる」心拍計の提供を目指す

    サンフランシスコのスタートアップiBeatがスマートウォッチの製造に向けて150万ドルのシード資金を調達した。このスマートウォッチは着用者の心拍数を常時モニタするもので、心拍が検出されなくなると着用者の無事を確認し、必要に応じて近親者と緊急通報用番号に通知してくれる。 ファウンダー兼CEOのRyan Howardは、電子カルテ関連ベンチャーPractice Fusionのファウンダーで前CEOでもある。… 続きを読む

  • Apple WatchがSOSボタンに進化する

    Apple WatchがSOSボタンに進化する

    今回のWWDCで、Apple WatchがSOSボタンに進化した。watchOS 3では、Apple Watchの側面にあるボタンを長押しすることにより、救急サービスを呼ぶことができる。 そのボタンを長押しすると、カウントダウンが始まる。そのまま押し続けることによって、救急サービスを呼び出し、オペレーターと会話することが可能だ。Apple Watchはユーザーが居住する国を把握していて、正しい番号に電話をか… 続きを読む