ライブ動画

  • Twitter、ウィンブルドンやコミコンのライブ配信に関し新たなパートナーシップを締結

    Twitter、ウィンブルドンやコミコンのライブ配信に関し新たなパートナーシップを締結

    Twitterは引き続きストリーミングビジネスに精力的に取り組んでおり、ここ数週間に複数の企業と新たなパートナーシップを締結した。これにより、ユーザーは7月にサンディエゴで行われるコミコンの様子や、ウィンブルドンのニュース、舞台裏の様子などもTwitter上で視聴できるようになる。 皆さんの中には、Twitter初のスポーツ中継として昨年ウィンブルドンの様子が放映され、それ以前には、同社がNFLから1000万ドルで『Thursday Night Football』の放映権を獲得したのを覚えている人がいるかもしれない。なお、ウィンブルドンの中… 続きを読む

  • YouTube Liveの配信者が急増中―、チップ収益の96%は未だにTwitch上で発生

    YouTube Liveの配信者が急増中―、チップ収益の96%は未だにTwitch上で発生

    YouTube Liveは、先行サービスのTwitchに驚くべき勢いで迫っているが、両者が肩を並べるまでにはまだ時間がかかりそうだ。その一方で、YouTube Liveの未来が暗いというわけでもない。Streamlabsが最近発表したレポートも、ライブ動画配信自体は持続可能なビジネスであることを示唆している。 Streamlabsが自社のストリーミング・アシスタント・アプリを通じて入手したデータをもとに、過去半年間の成長率を見てみると、YouTube LiveがTwitchを上回っていることがわかる。YouTube LiveがYouTubeとい… 続きを読む

  • Facebook上の動画の5分の1がライブ動画に―、問題を抱えつつも前進を続けるFacebook Live

    Facebook上の動画の5分の1がライブ動画に―、問題を抱えつつも前進を続けるFacebook Live

    多くの人は、まだ何をライブ配信すれば良いのかわかっておらず、中にはいかがわしい内容や犯罪関連の動画を公開している人もいるが、Facebookはこの度、同プラットフォーム上で公開されている動画のうち、ライブ動画の割合が5分の1に達したと発表した。さらに、ライブ動画の視聴時間も前年比で4倍に伸びたと、動画部門のトップであるFidji Simoは記している。 このニュースから、”Live”という単語を自社のものにしようとしているFacebookの努力が報われ始めていることが分かる。 続きを読む