人工知能

  • Adobeは人間の創造性と知性を強化するために人工知能を使う

    Adobeは人間の創造性と知性を強化するために人工知能を使う

    約1年前、AdobeはSenseiという名前のAIプラットフォームを発表した。他の企業とは異なり、Adobeは一般的な人工知能プラットフォームの構築には興味がないことを明言している。その代わりに、顧客の創造性を高めることに焦点を当てたプラットフォームを構築したいと考えているのだ。今週開催されているMaxカンファレンスで、Adobeはこれが何を意味するのかについてより多くの洞察を提供し、同時にSenseiをその主要ツールに統合するやり方についての、沢山のプロトタイプを示した。 「私たちは業界の他の企業が開発しているような汎用AIプラットフ… 続きを読む

  • GMとCruiseが初の「量産型」自動運転車を発表

    GMとCruiseが初の「量産型」自動運転車を発表

    Cruise Automation(昨年GMが買収)の創業者でCEOのKyle Vogtは、同社とそのオーナーであるGMにとってとても大きな発表を行った。発表の内容は彼らが自動運転車の量産体制が整ったというものだ。完全自動車両に必要な全てが搭載済で、あとはソフトウェアと規制問題がクリアされるだけだという。 「今日私たちは、量産可能な自動運転車のプロダクションデザインを発表します」とVogtは語った。「さらに重要なことに、これらの車両は運転手なしで走行することが可能なのです」。 つまり、すべての必要な部品は揃っていて、あとは「ソフトウェアの準備… 続きを読む

  • B向け人工知能業界をまとめたカオスマップ(2017年下期版)が公開

    B向け人工知能業界をまとめたカオスマップ(2017年下期版)が公開

    AI専門メディアの「AINOW」は9月5日、B向けの人工知能業界をまとめたカオスマップを公開した。
    このカオスマップに掲載されている企業は190社。なかでも「解析系」の領域には最も多くの企業が分類されていて、その数は60社となる。 続きを読む

  • AI
    AIスタートアップのAppierがソフトバンク、LINE、Naverなどから3300万ドル資金調達

    AIスタートアップのAppierがソフトバンク、LINE、Naverなどから3300万ドル資金調達

    AI(人工知能)を活用してマーケティングの意思決定を支援する台湾のスタートアップ企業Appierは、シリーズCにおいて名だたるアジアの投資家勢から3300万ドルを調達したことを本日(米国時間8/30)発表した。投資を行ったのは、ソフトバンクグループ、LINE、Naver、EDBI(シンガポール経済開発庁の法人投資部門)、そして香港に本拠を置く金融サービス企業AMTDグループ。 これにより、今までAppierが調達した資金の総額は8200万ドルになった。前回のラウンドを率いた主な投資家は、Sequoia CapitalやPavilion Ca… 続きを読む

  • BlizzardとDeepMindがStarCraft IIをAI研究室として開放

    BlizzardとDeepMindがStarCraft IIをAI研究室として開放

    StarCraft IIはここのところAlphabetのDeepMind AI研究のターゲットとなっていた。英国のAI企業(DeepMind)は、昨年からBlizzardのこのSF戦略ゲームに参加し、ゲームに基づいたオープンなAI研究環境を構築する計画を発表していた。この環境を用いて、誰もが世界のトップStarCraftプレイヤーに打ち勝つことのできるような、仮想エージェントの構築に参入することができるようにするためだ。そして今回、DeepMindとBlizzardは、その扉を環境に対して開いた。機械学習API、大規模なゲームリプレイデー… 続きを読む

  • Googleがローカルニュース記事を作成するソフトウェア開発に資金を提供した

    Googleがローカルニュース記事を作成するソフトウェア開発に資金を提供した

    GoogleのDigital News Initiativeが、英国に拠点を置く報道機関団体The Press Associationによる、自動ニュース作成プロジェクトのために、62万2000ポンド(80万5000ドル)の資金を提供した。この資金は、月に3万件以上のローカルニュースを生成するようにデザインされるソフトウェア、Rader(Reporters and Data and Robots)の開発を補助するものだ。 The Press Association報道関係者は、ニュースデータを読めるコンテンツへと変換するというソフトウェアの作成を行なうため… 続きを読む

  • 機械学習のDeepMind、国際展開を開始――最初の海外オフィスはカナダのアルバータ州エドモントンに

    機械学習のDeepMind、国際展開を開始――最初の海外オフィスはカナダのアルバータ州エドモントンに

    Alphabetの人工知能企業、DeepMindは本拠であるイギリスから海外への展開を開始した。最初の海外オフィスはカナダのアルバータ州エドモントンに置かれる。アルバータ支社はアルバータ大学と緊密に連携して調査・研究に当たる。 続きを読む

  • AI分野以外では、企業は研究よりも開発に重点を置いている

    AI分野以外では、企業は研究よりも開発に重点を置いている

    もしAIの世界のニュースを追い続けてきていたならば、企業は純粋な研究から撤退するどころか、倍賭けしようとしているという誤った印象を受けているるかも知れない。しかし現場の事情はもっと複雑だ、ハイテク企業はR&Dのうち、D(開発)の部分により多くの資金を使い、変化をもたらす研究に関しては、資金に乏しい大学に依存している。 デューク大学Fuquaビジネススクールの、新しいデータ視覚化プロジェクトであるGolden Goose Project(金のガチョウプロジェクト)は、企業内そして広範な生態系の両方で、どのように研究が適用されているかを… 続きを読む

  • ロボットたちに、触れることを通して世界を学ぶことを教える

    ロボットたちに、触れることを通して世界を学ぶことを教える

    ゆっくりと、しかし、確実に、ロボットのBaxterは学んでいる。それは一連のランダムな「掴み」から始まる。大きくて赤いロボットが、あまり器用とはいえない手つきで、目の前のテーブル上の物体を押したり突いたりしている。この、1日8時間かけて1ヶ月に5万回もの掴みを繰り返すプロセスは、私たち人間にとっては極めてうんざりするような代物だ。ロボットは触覚フィードバックと試行錯誤を経て学習している。あるいはプロジェクトの背後にいるカーネギーメロン大学のコンピュータサイエンスチームが言うように、それは世界に関して赤ん坊のように学習しているのだ。 続きを読む

  • MITのドローンは飛行と走行を切り替え、互いに協調して都市交通を最適化する

    MITのドローンは飛行と走行を切り替え、互いに協調して都市交通を最適化する

    MITの”Computer Science and Artificial Intelligence Lab”(CSAIL:コンピュータサイエンスと人工知能研究所)は、飛行と地上走行の両者が可能なドローンの新しいプロトタイプを開発した。バッテリー寿命、速度、効率性の観点から最適な手段を探るために用いられる。それは未来の自律型都市交通がどのように運営されるかをプレビューするもので、飛行する車両たちが、お互いに協調しながら密集した都市環境を、シームレスに道路と空路を切り替えながら移動する。 MITで開発されたシステムは、旧来の道… 続きを読む

  • これが自動運転車が見ている道路だ(ビデオ)

    これが自動運転車が見ている道路だ(ビデオ)

    自動運転車はLiDAR、ビデオカメラ、レーダーなど多様なセンサーを利用して自車周辺の情報を収集する。では 詳細な3Dデジタルマップと車載センサーからの情報を総合するとどうなるだろう?   続きを読む

  • MicrosoftのPresentation Translatorはプレゼンの翻訳をリアルタイムに行なう

    MicrosoftのPresentation Translatorはプレゼンの翻訳をリアルタイムに行なう

    Microsoftが今週のBuild Conferenceで発表しているものの多くは、明らかに開発者向けのものである。しかし、Azure、Visual Studio、.NETに関する膨大な数のニュースの合間に、同社は一般ユーザーを対象としたPowerPointの新しいアドインのプレビューも披露した。Presentation Translatorは、リアルタイムで自動的に翻訳された字幕を提供したり、元の書式を維持しながら、実際のP​​owerPointプレゼンテーションのテキストを翻訳したりすることができる。 続きを読む

  • GEはどのようにしてKodakの運命を避け得たのか

    GEはどのようにしてKodakの運命を避け得たのか

    1888年、ニューヨークのロチェスターでジョージ・イーストマンがKodakを創業した。そしてその4年後、200マイル離れたニューヨークのスケネクタディで、トーマス・エジソンとその仲間たちがGeneral Electric(GE)を創業した。この2つの19世紀大企業は、その後100年以上に渡って着実に業務を続けて来たが、GEがいまだに2500億ドルの時価総額を保っているのに対して、 Kodakの時価総額は4億6600万ドルと、かつての面影はない。ここで問うべきは、GEはどのように同じ運命に陥るのを避けたのかということだ。 続きを読む

  • Nvidiaがそのベンチャー投資ポートフォリオに6社のAIスタートアップを追加した

    Nvidiaがそのベンチャー投資ポートフォリオに6社のAIスタートアップを追加した

    NvidiaがAIスタートアップに投資したときには、背筋を伸ばしてメモをとることをお勧めする。このGPUメーカーが現在のAIを様々なやり方で実質的に可能にしているのだ、なのでおそらくこのメーカーは何年にも渡って、テクノロジーの潜在的な適用可能性を幅広く見て来ている筈で、何がうまく行きそうで何かそうではないのかという点に関して他よりも良く知っている筈なのだ。6つの新会社は注目を集めているだけでなく、NvidiaのGPU Ventures部門を通して資金提供を受けている。 続きを読む

  • 組織が読むべき記事をAIが選ぶ、StockMarkが新サービス「Anews」をローンチ

    組織が読むべき記事をAIが選ぶ、StockMarkが新サービス「Anews」をローンチ

    一緒に働くチームメンバーの中で、ひときわ情報通の人がいるかもしれない。チームリーダーとしては、メンバー全員が仕事に関連した最新ニュースや情報に触れていてほしいと思うところだろう。ストックマークは、そうしたチーム全体の情報感度の底上げを目指すウェブニュースの情報収集サービス「Anews」を本日正式ローンチした。 続きを読む

  • Post Intelligenceがあなたのツイートを良いものにするかも?

    Post Intelligenceがあなたのツイートを良いものにするかも?

    ソーシャルメディアは厄介なことになる可能性がある。 これは仮定の話ではない。いつかはこんなことを考える日が来るだろう「おっと、最後にInstagramやTwitterに投稿してから随分時間がたったぞ」 — そしてまあ、何も言いたいことがないのに無理やりでっち上げた投稿は、惨めな失敗に終わるというわけだ。そんなとき、おそらくPost Intelligenceを使っていたなら、私はもっとうまくやれていただろう。 続きを読む

  • 全自動衣類折りたたみ機「laundroid」の体験型カフェがオープン(製品デモ動画あり)

    全自動衣類折りたたみ機「laundroid」の体験型カフェがオープン(製品デモ動画あり)

    全自動衣類折りたたみ機「laundroid(ランドロイド)」を開発する日本のセブンドリーマーズは3月16日、同プロダクトを展示したカフェレストラン「laundroid cafe(ランドロイド・カフェ)」を3月18日よりオープンすると発表した。 ランドロイド・カフェでは、昼にはコーヒーやかき氷、夜には「焼かない焼き肉屋『29ON(ニクオン)』」のディナーを楽しむことができる。営業時間は11:00から23:00で、年中無休(年末年始を除く)で営業予定。カフェの運営は飲食系スタートアップのfavyが手がける。 続きを読む

  • AIが作り置きレシピを提案 ― ダイエット支援アプリ「CALNA」に新プログラム

    AIが作り置きレシピを提案 ― ダイエット支援アプリ「CALNA」に新プログラム

    1人暮らし世代のTechCrunch読者の中には、「外食や飲み会が増えたのでお腹まわりが気になってきたが、自炊をして健康的な生活を送るための時間や気力がない」という悩みをもつ人も多いのではないだろうか(僕もその1人だ)。そんな悩みを解決してくれるのが人工知能(AI)アシスタントの「CALNA(カルナ)」だ。 続きを読む

  • IBMとSalesforceがパートナーシップを締結 ― WatsonとEinsteinによる統合サービスを提供

    IBMとSalesforceがパートナーシップを締結 ― WatsonとEinsteinによる統合サービスを提供

    人工知能の分野で先行する2社が手を組んだ。IBMとSalesforceがパートナーシップ締結を発表したのだ。 このパートナーシップにより、IBMはEinsteinとWatsonの両方を通じて同社のコンサルティングサービスを売り込むことができる。 今後、Watsonのビジネスから得たノウハウが直接SalesforceのIntelligent Customer Successプラットフォームにもたらされることになる。Einsteinがもつカスタマーリレーションシップのデータと、Watsonがもつ天気、ヘルスケア、金融、リテール分野の構造化/非構造… 続きを読む

  • 手書きの内容も人工知能でデータ化する「Tegaki」の開発元が13億円を調達

    手書きの内容も人工知能でデータ化する「Tegaki」の開発元が13億円を調達

    申込用紙やアンケート用紙など手書きのものが多いが、それを有効活用するには、まずは手書きの情報をデータ化しなければならない。Cogent Labsは、人工知能による手書きの認識サービス「Tegaki」を開発している。Cogent Labsは本日、シリーズAで総額13億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はSBIインベストメント、トッパン・ フォームズだ。 続きを読む

  • イーロン・マスク、「脳とコンピューターの直結」を主張

    イーロン・マスク、「脳とコンピューターの直結」を主張

    最近、ITの世界では人工知能の改良に大量の資源が振り向けられている。こうしたトレンドの中で時代に取り残されないためにはどうしたらよいだろう? TeslaとSpaceXのCEO、イーロン・マスクによれば「コンピューターと人間がさらに一体化すること」だという。 マスクは以前にも脳とコンピューターのインターフェイスが持つ大きな可能性を論じ、 「ニューラル・レース」〔SF作家、イアン・M・バンクスの創作に登場する脳・コンピューター・インターフェイス〕についても触れている。今週月曜にUAE〔アラブ首長国連邦〕が主催するWorld Government… 続きを読む

  • 書評―『グーグルに学ぶディープラーニング』

    書評―『グーグルに学ぶディープラーニング』

    TechCrunch Japanでも機械学習やディープラーニングを含めた人工知能について何度も取り上げている。最近ではGoogleのリアルタイム翻訳や日本発のニューラルネットワークを利用した線画着色システムの記事を掲載している。 続きを読む

  • 人工知能でサイト改善提案「AIアナリスト」の開発元が3.5億円の調達、電通との提携も視野に

    人工知能でサイト改善提案「AIアナリスト」の開発元が3.5億円の調達、電通との提携も視野に

    Google Analyticsをサイトに導入すると訪問数やコンバージョン率など様々なデータが取れる。しかし、情報が多すぎて、具体的にサイトの何をどう改善させたらいいか迷ってしまうこともあるだろう。「WACUL(ワカル)」が提供するウェブサイト分析の人工知能「AIアナリスト」は、Google Analyticsのアクセス解析を元に、課題発見から課題ごとの改善方針提案まで自動で行うサービスだ。本日、WACULは総額3.5億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先は、電通デジタル・ファンドとジャフコの2社だ。 続きを読む

  • Bots_aliveキットは、AIでおもちゃのロボットに、生き物のような可愛らしさを吹き込む

    Bots_aliveキットは、AIでおもちゃのロボットに、生き物のような可愛らしさを吹き込む

    CESではガジェットの数が足りなくて困るということはなかったし、来月の玩具フェアでもガジェットに不足することはないだろう。素晴らしい人工知能を搭載したロボットとガジェットたち。とはいえ実は「人工知能」という意味では不足しているのだ。しかし、実際のAI研究者による、より慎ましやかなアプローチが、生き物のような振舞を生み出す、巧妙な手段を作り出した。既存のロボットを使ったシンプルでエレガントなソリューションによってそれは実現されている。 このキットの名前はbots_aliveというもので、現在Kickstarter上でわずか1万5000ドル… 続きを読む

  • データサイエンスで癌に打ち勝つ

    データサイエンスで癌に打ち勝つ

    癌治療の探求の複雑さは、何十年にもわたって研究者たちを困らせてきた。治療法は目覚ましい進歩を遂げてきたものの、癌は世界の主要な死因の1つとして残っているため、まだまだ厳しい闘いは続いている。 しかし、科学者たちはまもなく、その複雑さを別の方法で攻撃できる重要な新しい味方 — インテリジェント・マシン — を手に入れるかもしれない。 続きを読む

  • 人工知能が企業のセールス業務に利用される例が増えている

    人工知能が企業のセールス業務に利用される例が増えている

    2016年は人工知能(AI)が非常に注目された年だった。人工知能の開発は何十年も前からはじまっていたが、パワフルなコンピューターを安価で利用できるようになったことと、アクセスできるデータの量が飛躍的に伸びたことで、今年になってやっと人工知能の時代が訪れたようだ。 AIによるビジネスの効率化が最初に始まったのは企業のセールス業務だった。毎日のように繰り返される営業ワークフローをAIによって効率化させようという試みだ。考えてみれば、企業の収入を直接的に左右するこの分野でAIの応用がはじまったのは、当然の成り行きだったと言えるだろう。AIがビ… 続きを読む

  • 営業アシスタントAIのConversicaがシリーズBで3400万ドルを調達

    営業アシスタントAIのConversicaがシリーズBで3400万ドルを調達

    見込み客から何らかのコンタクトがあれば、営業員の出番だ。通常、自己紹介もかねた挨拶メールを送ることから始めることだろう。人工知能システムのConversicaは、このようなコンタクト初期のメールを自動化し、その後に人間の営業員に引き継ぐというシステムを開発している。現地時間14日、同社は3400万ドルの資金調達を完了したと発表した。 続きを読む

  • バイアスなきAIを創るのは、なぜ難しいのか

    バイアスなきAIを創るのは、なぜ難しいのか

    人工知能と機械学習のテクノロジーが成熟し、それを利用して複雑な問題を解決できることが実証されつつある。それにつれて、私たちはこれまで人間には不可能だったことも、ロボットなら成し遂げることが可能なのではないかと考えるようになった。それはすなわち、個人的なバイアスを排除して物事を判断するということだ。だが、最近の事例によって機械学習が抱える予想外の問題が浮き彫りになっている。その他の革新的な技術と同じように、機械学習でさえも時には人間界のモラルや道徳的な基準からかけ離れた結果を生むことが分かったのだ。 続きを読む

  • Amazon Alexaは2016の大統領選挙戦に関する事実確認もすることができる

    Amazon Alexaは2016の大統領選挙戦に関する事実確認もすることができる

    友人たちと大統領選挙に関して議論した際に、ヒートアップしてしまったことはないだろうか?グッドニュースだ:いまやAlexaは2016年の選挙に関して、候補者の主張そのものに対する事実確認(fact check)をすることができる。対象にはクリントンとトランプの発言だけではなく、コメントの内容がチェックされた、他の候補者や政治家のものも含まれている。 続きを読む

  • 社内経費の不正検知が機械学習の次のターゲットだ

    社内経費の不正検知が機械学習の次のターゲットだ

    現状では、機械学習は怪しい経費を検出するためには使われて来なかった、しかし私たちは、それが程なく現実となる正しい方向へ向かっている。しかし、内部経費不正はどの程度のものなのだろうか?そして、ボットが検出する経費異常とはどのようなものなのだろうか? ビジネスにとって困ったことに、怪しい経費はますます日常的なものになりつつある。そしてそれが企業利益に深刻な影響を及ぼしているのだ。政府から民間に至るまで、目立ったケースは引きも切らない。しかし、少し深く掘り下げてみると、私たちがConcurで発見したところによれば、従業員の23パーセントは経費… 続きを読む