会議室

  • 会議室シェアリング「スペイシー」が2億円調達、運用代行サービスも提供

    会議室シェアリング「スペイシー」が2億円調達、運用代行サービスも提供

    会議室のシェアリングサービスを展開するスペイシーは本日、ニッセイキャピタルおよび既存投資家のフリービットインベストメントらを引受先とし、総額2億円の第三者割当増資を実施した。また、同時に4月より会議室の運用代行サービス「だれでも会議室」を提供すると発表した。 スペイシーは遊休スペースを会議室として一般ユーザーに貸し出せるシェアリングサービスだ。ユーザーはスペイシーのサイトから会議室を利用したい地域や時間帯、無線LANやホワイトボードなどの使いたい設備から検索することができる。場所にもよるが、利用料金は1時間500円程度から利用できる… 続きを読む