位置情報

  • Facebook、匿名位置情報を人道支援団体と共有へーー災害支援の効率化を目指す

    Facebook、匿名位置情報を人道支援団体と共有へーー災害支援の効率化を目指す

    Faceboookは新たなイニシアチブのもと、人道支援団体に対して被災地域のユーザーの位置情報を提供することを決めた。これにより、各団体は災害発生時に市民の避難場所や避難元となる地域を把握できるようになる。このFacebookの決定からは、ユーザー追跡データの大きな可能性を感じることができる一方で、同社はこのデータを使って他にどんなことができてしまうのかという問いが再び頭をよぎる。 Facebook… 続きを読む

  • AR
    英ガトウィック空港、屋内ナビゲーション用に2000個のビーコンを設置

    英ガトウィック空港、屋内ナビゲーション用に2000個のビーコンを設置

    空港やショッピングモールなど複雑な構造をした施設の中では、なかなか目的の場所にたどり着けないことがある。Googleは3Dセンサーを搭載したスマートフォンを使って、GPSでは測定しきれない場所でもナビゲーション機能を使えるようにしようとしているが、それ以外の解決策になり得るのがビーコンだ。施設のいたるところにビーコンを設置すれば、スマートフォンがその信号を拾って現在地を特定できるようになるので、ユ… 続きを読む

  • 古地図やイラストの情報をGPSと連動する「Stroly」開発元が総額1.4億円を資金調達

    古地図やイラストの情報をGPSと連動する「Stroly」開発元が総額1.4億円を資金調達

    地図と情報というと、商圏分析によるマーケティングや防災など、ちょっと堅めの活用方法を思いつきがちだけれども、IngressやポケモンGO、あるいはブラタモリの人気を見れば分かるように、もともと地図や位置情報って、それだけでも“楽しい”ものだと思う。2月にα版がローンチされた「Stroly(ストローリー)」は、イラストマップや古地図とGPSによる位置情報を連動させて、地図の裏… 続きを読む

  • 訪日外国人旅行者解析「inbound insight」運営のナイトレイが1.3億円の調達、今後はより幅広いサービスを提供

    訪日外国人旅行者解析「inbound insight」運営のナイトレイが1.3億円の調達、今後はより幅広いサービスを提供

    東京に住んでいると、街で旅行者らしき外国人を見かける機会が確実に増えたのを感じる。実際のところ訪日外国人旅行者は増加の一途にあり、2016年には過去最高の2403万人超という数字を記録した。政府は2020年の訪日外国人旅行者4000万人という数字を掲げており、インバウンド対策のニーズは高まるばかり。 そんな彼らの行動をSNSや各種データから解析するのが「inbound insight」だ。サービスを提… 続きを読む

  • 京都発、イラストマップや古地図と現在地が連動する「Stroly」で街歩きが変わる

    京都発、イラストマップや古地図と現在地が連動する「Stroly」で街歩きが変わる

    ポケモンGOを始めて起動した時、見慣れた街が一変した。ARでポケモンが普段の見慣れた風景に出現したのも目新しかったが、ポケストップをタップすると、今まで気にも留めなかった場所が実は歴史上の遺跡や名所だったことを発見できたことにも新鮮な驚きがあった。京都発のスタートアップStorlyは地図に新たな見方を提案するサービスを開発している。同社は本日、イラストマップや古地図とGPSによる位置情報を連動させ… 続きを読む

  • 屋内外問わずGPSで子どもの見守り ー Jiobitが300万ドルを調達

    屋内外問わずGPSで子どもの見守り ー Jiobitが300万ドルを調達

    シカゴに拠点を置くJiobitは、ワイヤレステクノロジーを使って、子どもがいつどこにいようが親が安心できるような環境を築こうとしている。同社のフラッグシップ機は、バッテリー寿命が長く、ドタバタと動き回る幼児や児童がどこにいるか確実に把握することができ、子どもが想定範囲外に出てしまったときはモバイルアプリ経由で親に通知を送ることもできる。 以前Motorola Mobilityでヴァイスプレジデントを務… 続きを読む

  • Uberがバックグラウンドで乗客の位置情報の収集を開始した

    Uberがバックグラウンドで乗客の位置情報の収集を開始した

    あなたはダウンタウン高層ビルでの予約したセラピーに向かっている途中だと想像して欲しい。あなたはUberを呼び、セラピーの前に軽食でも取ろうと、目的地近くのコーヒーショップを行き先として入力する。車の中では、Instagramを眺めたり、メールをチェックしたり。車を降りて、コーヒーを買って、角を曲がればセラピストのオフィスだ。 もしアプリの最新アップデートを行っていたなら、Uberはこれらの位置情報の… 続きを読む

  • 仏スタートアップZenly、次世代の位置情報アプリでBenchmarkから2250万ドルを調達

    仏スタートアップZenly、次世代の位置情報アプリでBenchmarkから2250万ドルを調達

    フランスのスタートアップZenlyが、この夏にかけてBenchmarkほか数件の投資家から2250万ドルを調達した。このラウンドについては最初にBusiness Insiderが報じ、TechCrunchでも公式な確認を得た。我々がつかんだ詳細は以下のとおりだ。 続きを読む

  • ポケモンGOが世界で推定7500万ダウンロードを達成

    ポケモンGOが世界で推定7500万ダウンロードを達成

    ポケモンGOはすでに1つ公式な記録を打ち立てている。App Storeでローンチしてから一週間で最もダウンロードされたアプリになった。しかし、今後も新たな記録を次々と打ち立てていくだろう。アプリのアナリティクスを手がけるSensor Towerは、 先週末にはGoogle Playだけで推定5000万ダウンロードを達成したのも新たな記録であり、同社のデータよるとiOSとAndroidの両方では推定7500… 続きを読む

  • Androidの新機能Nearbyが現在地に応じて便利なウェブサイトやアプリをお知らせ

    Androidの新機能Nearbyが現在地に応じて便利なウェブサイトやアプリをお知らせ

    先月のI/Oカンファレンスで、Googleは「Instant Apps」という新たなコンセプトを発表した。これは、アプリを小さなモジュールに切り分けることでダウンロードを高速化する方法で、あるアプリの必要な機能だけをダウンロードすることもできる。しかし、Googleは、そもそもユーザーがどのようにしてそのような細切れのアプリと出会うのか、ということに関してはカンファレンス内では触れていなかった。そし… 続きを読む

  • 店舗や企業の配置をマップに正しく表示するPlaceKitのSocialRadarが国際展開へ

    店舗や企業の配置をマップに正しく表示するPlaceKitのSocialRadarが国際展開へ

    オンライン地図はこの数年で驚くほど精度が改善された。しかし建物の中のショップや企業の位置となるとこころもとない場合が多い。Uberやタクシーのドライバーが目的のレストランの裏口の前で客を降ろそうとするのはそのためだ。 SocialRadarの新しいPlaceKitはビジネス向けにマップ上の正確な位置データをサポートするサービスだ。この情報はきわめて精密なので、レストランの入り口や会社の受付がどちら側… 続きを読む