機械学習

  • AI
    IBMの新しいPower9チップはAIと機械学習のために開発された

    IBMの新しいPower9チップはAIと機械学習のために開発された

    人工知能や機械学習などのリソースを大量に消費する作業を、滞りなく処理するためにコンピューティングパワーを増加させるための競争に、IBMは最新世代のPowerチップであるPower9で参戦した。 同社はこのチップを、サードパーティーのメーカーや、Googleなどのクラウドベンダーへ販売する予定だ。一方、Power9チップを搭載した新しいコンピューターAC922もリリースする。また、IBMクラウドに対してもこのチップを投入する予定だ。「私たちは通常、私たちのテクノロジーを完璧なソリューションとして市場に提供しています」と説明するのは、IBM… 続きを読む

  • AI
    AIが「考えた」どこか見覚えのあるセレブの顔

    AIが「考えた」どこか見覚えのあるセレブの顔

    この地球上に足りないものがあるとすれば、それはセレブだろう。もしも十分な数のセレブが既にいるとすれば、こんなに続々と新しい人が登場するはずもない。今こそコンピューターの力を借りるときだ!と思いきや、実は既にそのような研究が進められており、セレブの顔を認識できる(なんと羨ましいことだろう!)AIが、ある研究で何十人ものセレブを「考え出す」ことになった。その結果は……見てからのお楽しみだ。 続きを読む

  • AI
    CiscoがAIと機械学習を用いてITの障害予測を助ける

    CiscoがAIと機械学習を用いてITの障害予測を助ける

    私たちはITシステムから送られてくる通知の数が、人間が追跡できる能力を上回ってしまうことがあることを、もう何年も前から気が付いていた。これまでも機械がそれを助けて来た。そして人工知能や機械学習の出現が、その能力を加速している。本日(米国時間10月17日)Ciscoは、そうしたテクノロジーを用いて、重大な問題が起きる前に、顧客が不具合を発見することを助けることを発表した。 Ciscoのソリューションは、AIを使う他の企業たちのものと似ている。そして機械学習が人間の能力を拡大し、システムから送られてくる膨大な情報をふるいにかける支援をするの… 続きを読む

  • AI
    IBMとMITがAI研究パートナーシップを締結、10年間で2億4000万ドルが提供される

    IBMとMITがAI研究パートナーシップを締結、10年間で2億4000万ドルが提供される

    IBMとMITは本日(米国時間9月6日)、MIT-IBM Watson AI Labを高名なマサチューセッツ州ケンブリッジの地に設立するために、10年間で2億4000万ドルに及ぶ契約に合意した。 このラボは、IBMのAIのリサーチVPであるDario Gilと、MIT工学部長のAnantha P. Chandrakasanが共同議長を務める予定だ。 ビッグブルーは、IBMの研究者たちとMITの学生そして教員が、高度なAI研究を行うために机を並べて仕事のできるラボに2億4000万ドルを投じるのだ。パートナーシップが生み出す知的財産がどうなるのかに関して… 続きを読む

  • AI
    意思決定AIプラットフォームの提供を目指すProwler.ioが1300万ドルを調達

    意思決定AIプラットフォームの提供を目指すProwler.ioが1300万ドルを調達

    幅広い人工知能ベースのスタートアップが市場に参入してくるのを眺めていると、果たしてAIシステムというものは人間と同様の意思決定ができるのだろうかという、拭えないそして大きな疑問が湧いてくる。 ケンブリッジ大学からのスタートアップであるProwler.ioは、確率的モデリング、強化学習、ゲー​​ム理論に基づいた新しい種類の意思決定プラットフォームを開発している。上の疑問に対してAIコミュニティが肯定的な回答をすることを期待してのことだ。 Prowler.ioは、また別のAI企業であるVocalIQの元従業員である2人の人物によって創業された… 続きを読む

  • Googleはモバイル検索時に見つかったビデオに6秒間のプレビューを表示するようにする

    Googleはモバイル検索時に見つかったビデオに6秒間のプレビューを表示するようにする

    Googleは本日(米国時間8月18日)、モバイル検索結果ページを大幅に更新することを発表した。利用者の問い合わせがビデオを見つけてくるたびに、Googleはそのビデオが実際に見たいものかどうかを判断するのに役立つ、6秒間の無音のクリップを表示する。 この機能は現在ウェブで見ることのできる大部分のビデオに対して有効で、特にYouTubeだけに限られてはいない。実際、このプロジェクトを担当するGoogleのプロダクトマネジメント担当ディレクターEmily Moxleyによれば、Web上のビデオはすべて対象となるが、最新のビデオではまだサーバ… 続きを読む

  • BlizzardとDeepMindがStarCraft IIをAI研究室として開放

    BlizzardとDeepMindがStarCraft IIをAI研究室として開放

    StarCraft IIはここのところAlphabetのDeepMind AI研究のターゲットとなっていた。英国のAI企業(DeepMind)は、昨年からBlizzardのこのSF戦略ゲームに参加し、ゲームに基づいたオープンなAI研究環境を構築する計画を発表していた。この環境を用いて、誰もが世界のトップStarCraftプレイヤーに打ち勝つことのできるような、仮想エージェントの構築に参入することができるようにするためだ。そして今回、DeepMindとBlizzardは、その扉を環境に対して開いた。機械学習API、大規模なゲームリプレイデー… 続きを読む

  • 深層学習とは異なる機械学習モデル「Deep Binary Tree」を開発するエイシングが約2億円を資金調達

    深層学習とは異なる機械学習モデル「Deep Binary Tree」を開発するエイシングが約2億円を資金調達

    人工知能の活用と聞くと、先日トップ棋士に連勝して引退を表明したAlphaGoのDeepMindや、IBM Watsonなどがまず思い浮かぶだろうか。日本でもPreferred NetworksやNextremerといったAIベンチャーのほか、さまざまな企業が機械学習モデルの開発やサービス提供に乗り出している。これらの企業で採用されている機械学習モデルの共通点は、ディープラーニング(深層学習)を利用しているところだ。
    ところが、エイシングが提供する「Deep Binary Tree」は、ディープラーニングとは別のアルゴリズムを採用した、独自の機械… 続きを読む

  • BI
    SisenseのPulseは機械学習を用いてデータ異常に警告を発する

    SisenseのPulseは機械学習を用いてデータ異常に警告を発する

    Sisenseは、米国時間4月12日から、機械学習を用いて、特定の指標値に関して正常なパラメータを逸脱する結果を検出した際に、警告を発するPulseという新しいツールの提供を開始した。 利用者はPulseに対して、営業活動や成約率などのメトリクスやKPIをモニタリングし警告を出すように設定する。機械学習コンポーネントは、選択されたメトリクスを監視し、何が正常な状態かを時間をかけて学習する。そして異常を検出した際に、ユーザーに対して警告を送る。更には、メトリクスが時間とともにどのように変化して来たかを判断することができるため、新しい正常パ… 続きを読む

  • 数学知識もいらないゼロからのニューラルネットワーク入門

    数学知識もいらないゼロからのニューラルネットワーク入門

    機械学習の一分野であるニューラルネットワークこそ、長く続いた”AI冬の時代”を終わらせ、新時代の幕開けを告げたテクノロジーなのだ。簡単に言えば、ニューラルネットワークは業界の根底を覆すような、現存するテクノロジーの中でもっともディスラプティブな存在だ。 そんなニューラルネットワークに関するこの記事の目的は、読者のみなさんがディープラーニングについて会話ができるようになるくらいの理解を促すことにある。そのため、数学的な詳しい部分にまでは入らず、なるべく比喩やアニメーションを用いながらニューラルネットワークについて説… 続きを読む

  • 専門知識なしで動画からオブジェクト検出 ― Matroidが本日ローンチ

    専門知識なしで動画からオブジェクト検出 ― Matroidが本日ローンチ

    画像が何千語分もの情報をもつとしたら、ビデオはその数字にフレームレートを掛けあわせた分の価値があることになる。本日ローンチしたコンピュータービジョンのMatroidは、誰もがビデオの中に含まれた情報を活用できるようになるサービスだ。直感的に操作できる同社のWebプラットフォームを利用することで、ビデオに映る人物やその他のオブジェクトを検出するディテクターをつくることができる。 Matroid創業者のReza Zadeh氏はスタンフォード大学で非常勤の教授を務める人物。彼が最初にこのビジネスの構想を思いついたのは約10年前だった ― そして今、… 続きを読む

  • 機械と人間の役割分担を見つめ直してみよう

    機械と人間の役割分担を見つめ直してみよう

    最近騒がれている機械学習のバイアスや倫理上の問題から、数字とデータには限界があることは明らかだ。偽ニュースの失態や、自然言語処理の分野で有名な研究者がその解決にあたっている様子を見ると、自分たちが解決しようとしている問題を明確にすることこそが1番難しい問題なのだとわかる。いつどのようにスマートマシーンを使うか、という判断には人間の力が欠かせない。そしてスマートマシンを賢明かつ安全に利用するためには、目的のレベルが上がるほど、人間が積極的に関わっていかなければならない。 続きを読む

  • 「AIを搭載」は「全て自然」同様の技術的ナンセンスだ

    「AIを搭載」は「全て自然」同様の技術的ナンセンスだ

    人工知能と卵の値段の共通点は何だろうか? さて、今あなたはお店で9から10種類の卵からどれかを選ぼうとしている。ある1つがあなたの目を捕らえる「全て自然(All natural)」。まあ、いいんじゃないかな、自然であることは良いことだし、30セントばかり高いだけだし。ということであなたはそれを買う。さて、そうして選んだ鶏や卵は他のものよりも、より「自然」であるかもしれないし、そうではないかもしれない。なぜなら公式には、それどころか一般的な合意としても、天然に対する定義は存在していないからだ。それは何でもないもののために、あなたに30セント… 続きを読む

  • 日本のCAMPFIREが約3億円を調達:レンディング事業参入とAIの研究開発へ

    日本のCAMPFIREが約3億円を調達:レンディング事業参入とAIの研究開発へ

    クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」を運営する株式会社CAMPFIREは本日、第三者割当増資を実施し、合計で3億3000万円を調達したと発表した。 今回の資金調達に参加した投資家は以下の通りだ:D4V1号投資事業有限責任組合、GMOインターネット株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、East Ventures、株式会社iSGSインベストメントワークス、株式会社サンエイトインベストメント、株式会社セプテーニ・ホールディングス、株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社フリークアウト・ホールディングス、ほか個人投資… 続きを読む

  • 製品化への道に潜む「AIの溝」の越え方

    製品化への道に潜む「AIの溝」の越え方

    AIが私たちの生活やビジネスをより良くしているという、うきうきするようなニュースを毎日耳にする。AIは既にX線写真を解析し、モノのインターネットを動かし、営業・マーケティングチームの次の一手を考え出すほどまでになった。その可能性は無限大に広がっているようにさえ見える。 しかし全てのサクセスストーリーの背景には、研究段階から抜け出せずに終わった無数のプロジェクトが存在する。というのも、機械学習の研究の成果を製品化し、顧客にとって本当に価値のあるものへと転換することは、理論上うまくいくアルゴリズムを組むよりもよっぽど難しいことが多いのだ。私… 続きを読む

  • 人体とテクノロジーの融合のこれまでとこれから

    人体とテクノロジーの融合のこれまでとこれから

    ”人間”と”機械”の距離が縮まりつつある。機械学習によって、仮想現実はより”リアル”に感じるようになり、これまで人間の脳でしか処理できないとされていたことも、AIがどんどん再現できるようになってきている。このような技術の力によって、テクノロジーはこれまでにないほど人間の体に近づいており、だんだんと奇妙な感じさえしてくる。 しかし、これからもっと奇妙なことが起きようとしている。 まずはこんな問いからスタートしてみよう。VRモードのMinecraftで教会の屋上の端っこに… 続きを読む

  • 拡張現実と機械学習による農業革命

    拡張現実と機械学習による農業革命

    農業は、これまで人類が生み出したもっとも成熟した産業だ。文明の黎明期から、農業は洗練され、調整され、適応されてきた — しかし完成したことはなかった。私たちは社会として、常に農業の未来を心配している。今日では、私たちはハイテクセクターが提供する概念も適用している — デジタル、IoT、AIなどなど。では、なぜ私たちは心配しているのだろうか? 続きを読む

  • 私たちとまだ若いAIとの関係を考える

    私たちとまだ若いAIとの関係を考える

    人工知能は半世紀以上もの間人類を魅了してきた、最初に公の場でコンピューター知能に関しての言及がなされた記録は、1947年にアラン・チューリングによってなされたロンドンでの講義中のものである。最近では、大衆は成長を続けるAIの力を伝える多くのニュースを目にするようになってきている、伝説の囲碁プレーヤーイ・セドルを打ち負かしたAlphaGo 、Microsoftの人種差別主義AIボットのTay、あるいはその他沢山の機械学習分野での新しい開発など。かつてはサイエンスフィクションのためのプロットの道具だったAIが現実のものになりつつある R… 続きを読む

  • AIによる全自動衣類折りたたみ機を開発する日本のセブンドリーマーズが60億円の大型資金調達を発表

    AIによる全自動衣類折りたたみ機を開発する日本のセブンドリーマーズが60億円の大型資金調達を発表

    AIによる全自動の衣類折りたたみ機を開発する日本のセブンドリーマーズは11月14日、パナソニック株式会社、大和ハウス工業株式会社、SBIインベストメントを引受先とした第三者割当増資、技術開発提携および販売提携により、60億円の大型資金調達を実施したことを発表した。2015年6月のシリーズAで調達した約15億円を含め、同社のこれまでの資金調達額の合計は約75億円となる。 日本のスタートアップとしては、今年3月に約84億円を調達したメルカリなどに次ぐ大型の資金調達だ。 続きを読む

  • バイアスなきAIを創るのは、なぜ難しいのか

    バイアスなきAIを創るのは、なぜ難しいのか

    人工知能と機械学習のテクノロジーが成熟し、それを利用して複雑な問題を解決できることが実証されつつある。それにつれて、私たちはこれまで人間には不可能だったことも、ロボットなら成し遂げることが可能なのではないかと考えるようになった。それはすなわち、個人的なバイアスを排除して物事を判断するということだ。だが、最近の事例によって機械学習が抱える予想外の問題が浮き彫りになっている。その他の革新的な技術と同じように、機械学習でさえも時には人間界のモラルや道徳的な基準からかけ離れた結果を生むことが分かったのだ。 続きを読む

  • いまさら聞けない機械学習入門

    いまさら聞けない機械学習入門

    機械学習についての沢山の記事を目にして、何やら深遠なものが発見されつつあると思う人もいるかもしれないが、実際はその技術はコンピューティングと同じくらい古いものだ。 歴史上最も影響力のある計算機科学者のひとりであるアラン・チューリングが1950年に、コンピューティングに関する彼の論文の中で「機械は考えることはできるか?」という問いかけを始めたことは偶然ではない。空想科学小説から研究室に至るまで、私たちは長い間、自分自身を人工的な複製が、私たちに自分自身の意識の原点、より広義には、私たちの地上での役割、を見出すことの役にたつのだろうかと問い… 続きを読む

  • K-12校(小学校から高校まで)の生徒たちのインターネット安全性を守るために、Securlyが400万ドルを調達

    K-12校(小学校から高校まで)の生徒たちのインターネット安全性を守るために、Securlyが400万ドルを調達

    サンノゼのスタートアップSecurlyが、シリーズAのラウンドで400万ドルを調達した。そのクラウドベースのウェブフィルタリングシステムのサポート範囲を、米国内そして全世界の似たような規制のあるK-12スクール(小学校から高校までに相当)に広げることが目的である。 続きを読む

  • AIが引き起こす破壊の波

    AIが引き起こす破壊の波

    情報技術はディストラプション(破壊)の波を超えて進化する。最初はコンピューター、そしてウェブ、遂にはソーシャルネットワークとスマートフォン、全てが人びとの生き方や、ビジネスの回し方に革命を起こす力を持っていた。
    そうした波の到来のタイミングと形を正確に予測することは困難だが、それらがたどるパターンは認識しやすい。例えば、ウェブ/デジタルのディストラプションを考えてみよう:まず先行するテクノロジー(例えばTCP/IPや設置済のコンピューター群)の利点を活かした、テクノロジーのブレイクスルーがあり(例えばTim Berners-LeeのWWW… 続きを読む

  • それで良いのかGoogle(Not OK, Google)

    それで良いのかGoogle(Not OK, Google)

    昨日サンフランシスコで開催されたハードウェアの発表イベントで、Alphabetは、更に幅広く消費者の個人データ(それも、これまで以上に個人的な性質の情報の)収集に向かう野心を表明した。この先コンピューティングが静的なデスクトップやスクリーンを離れ、相互結合したデバイスのクラウドと合体し、更なるデータの生成に向かう動きを加速するためである。 続きを読む

  • ディープラーニングが計算機の視覚に果たす役割

    ディープラーニングが計算機の視覚に果たす役割

    21世紀の最大の課題の1つは、コンピューターをより人間の脳に似たものにすることだ。私たちは彼らに話し、理解し、そして問題を解いて欲しい – そして今、私たちは画像を見てその内容を認識して欲しいと思うのだ。 長い間盲目だった私たちの最も賢いコンピューターたちは、今や見ることができるようになった。 これは、ディープラーニングによって可能になった革命である。 続きを読む

  • Google、ニューラルネットワーク機械学習を検索翻訳に適用―第一陣は中国語/英語

    Google、ニューラルネットワーク機械学習を検索翻訳に適用―第一陣は中国語/英語

    ある言語を別の言語に翻訳するのは難しい作業だ。言語の自動翻訳システムを開発することはコンピュータ処理の目標の中でも非常に困難な部分だ。一つには、取り扱う対象となる語句の数が膨大になるからであり、それらを統べる規則を発見することは非常に難しい。幸いなことに、ニューラルネットワークは膨大かつ複雑なデータの自動的な処理が得意だ。 Googleは機械学習を利用した自動翻訳を長年にわたって開発してきたが、昨日(米国時間9/27)からその第一陣を公式にスタートさせている。 続きを読む

  • 「ボット倫理」が問題になるのはこれから

    「ボット倫理」が問題になるのはこれから

    ボットは私たちの生活の一部になってきている。朝目覚めると、私はAlexaにブラジルのサンバを再生するように伝え、Amyにミーティングのセットアップを任せ、Slackで現在の状況とレポートを知る。ボットビルダーたちと同様にユーザーたちも、ボットが私たちの生活の不可欠な一部であることを理解し始めている。しかし、これらの新しいハイテク友人たちを支配するルールは何だろう? 続きを読む

  • 「AI時代」の子どもたちはロボットの夢を見るか?

    「AI時代」の子どもたちはロボットの夢を見るか?

    想像してみよう、ここに5歳の女の子がいる。母親はSiriに、父親はAlexaに話しかけているのを毎日のように見ている。こうしたやり取りは、その子の目にはどのように映るだろうか。最近の子どもたちは、心を持っていたり、関わり合いの対象として実在物のようにすら見えたりするコンピューターを目の当たりにしているのだ。今の子ども世代にとってのマシンというもの - そして世界そのもの - の認識は、当然私たちのそれとは大きく違っているはずだ。 続きを読む

  • IoT
    Microsoftの人工知能Cortanaで、冷蔵庫がもっとスマートに

    Microsoftの人工知能Cortanaで、冷蔵庫がもっとスマートに

    MicrosoftがLiebherr(リープヘル)の家電部門と共同で冷蔵庫をもっとスマートに作り替えようとしている。2社による新たなコラボレーションにより、Microsoftはコンピュータビジョン技術(いわばコンピュータの目)をMicrosoft Cognitive Services Computer Vision API経由で提供し、冷蔵庫が自分で庫内にある物体を見分けられるようにするという。 続きを読む

  • AIが目に見えないUIを実現する

    AIが目に見えないUIを実現する

    私たちと環境の相互作用は、例えばあなたがお馴染みのバーに入って、バーの椅子に腰掛ける前にはもう好みの飲み物を手にしていることができている、という位に簡単であるべきだ。バーテンダーはあなたを知っていて、どの飲み物が好みかを正確に把握しているし、まさにいまドアを開けて入ってきたことも知っている。それは明示的な「相互作用」はなくても、多くの相互作用から成り立っている。 私たちが機械と対話する方法、そして機械が私たちと相互作用する方法を、私たちは再定義している最中だ。AIの進化は、機械=人間そして人間=機械の新しい対話手段を可能にする。伝統的な… 続きを読む