脆弱性

  • WPA2のWiFi脆弱性から身を守る方法――KRACK攻撃の内容と対策

    WPA2のWiFi脆弱性から身を守る方法――KRACK攻撃の内容と対策

    今日(米国時間10/16)、セキュリティー専門家のMathy VanhoefはWPA2暗号化プロトコルにおける深刻な脆弱性を公表した。現在利用されているほとんどのルーターその他のデバイスはWiFi接続を保護するためにWPA2暗号化を用いている。つまりきわめて多くのユーザーがこの問題の影響を受ける。このKRACK〔Key Reinstallation AttaCKs=キー再インストール攻撃〕脆弱性を利用してハッカーができること、できないことをはっきりさせておこう。攻撃者はユーザーのコンピューターとルーターの間のWiFi通信の一部に割り込むこと… 続きを読む

  • DNAに書き込まれた悪意あるコードがそれを読み込んだコンピューターに感染した

    DNAに書き込まれた悪意あるコードがそれを読み込んだコンピューターに感染した

    驚くべきことに、生物学者とセキュリティ研究者のチームが、DNA鎖上にコード化された悪意のあるプログラムを、コンピューターに感染させることに成功した。 まるでサイエンスフィクションのように聞こえるかもしれないが、これは本当の話だ。とはいえこの特定の脅威にすぐに怯えなければならないというわけではない。ともあれ、このプロジェクトが示唆する可能性は、魅力的でありまた同時に恐ろしいものでもある。 ワシントン大学の学際チームは、目立つニュースを目指していたわけではないが、結果としてそれを成し遂げた。彼らは世界中の研究室で使用されているオープンソースソ… 続きを読む

  • 腕に覚えのある者は集まれ:クライスラーがバグ発見に報奨金

    腕に覚えのある者は集まれ:クライスラーがバグ発見に報奨金

    もしあなたがあれこれつつき回して大企業の間違いを証明することが好きなら、米国FCA(Fiat Crysler Automobile)社は格好の挑戦を提供している。米国FCAはフィアット、クライスラー、ジープ、ダッジ、そしてラムの統括会社であるが、彼らが製造する車両のサイバーセキュリティシステムの潜在的な脆弱性を見つけて欲しいと思っているのだ。発見者には報酬が用意されている。 続きを読む