自動車

  • フォードのロボット尻があなたの尻を守る

    フォードのロボット尻があなたの尻を守る

    MIT Technology Reviewによれば、フォードは、「Robutt」という名前のロボット尻を所有していて、それを自動車のシートのテストに利用している。いや嘘ではない本当だ(buttはbuttokの略で「ケツ」という語感の俗語)。自動車の長い寿命を通して、数限りない臀部衝突に耐えぬけるだけの強さをシートに持たせられるようにするためだ。 続きを読む

  • フォードとドミノ・ピザが自動運転車による宅配実験へ

    フォードとドミノ・ピザが自動運転車による宅配実験へ

    フォードとドミノ・ピザがタッグを組み、自動運転車によるピザの宅配実験を行おうとしている。この実験の狙いは、自動運転車に対する消費者の反応や両者の関わり方を解明することだ。 実験には自動運転機能を備えたフュージョン・ハイブリッドが使用される予定で、車体にはドミノ・ピザのパートナー企業Roush Enterprisesが設計したピザを収納する箱も取り付けられる。この箱はピザを保温するだけでなく、注文主がコードを入力することで解錠できるようにもなっている。実験対象となるのはアン・アーバー(ミシガン州南東部)エリア在住の消費者で、その中からランダ… 続きを読む

  • Tesla Model 3のユニークなUIに興味がある?ならばこのモックアップをチェック

    Tesla Model 3のユニークなUIに興味がある?ならばこのモックアップをチェック

    TeslaのModel 3は、多くの点でユニークだが、初期のレビュー写真の中でもひときわ目立っていたのがそのダッシュボードだ。ハンドルの横に15インチのタッチスクリーンが置かれている。私たちはダッシュボードとその様々なスクリーンの写真を既に見ているが、とあるTeslaファンが、その表示インターフェイスのインタラクティブシミュレーションをまとめ上げた(Electrek経由)。これは私が車の中で体験したものと比べてもかなり正確なものだ。 続きを読む

  • この車載ガジェットに外部から攻撃を仕掛けると、攻撃者が走行中にエンジンを止めることができる

    この車載ガジェットに外部から攻撃を仕掛けると、攻撃者が走行中にエンジンを止めることができる

    いまや、スマートダッシュカム(多機能ドライブレコーダー)からヘッドアップディスプレイ、そしてBluetoohで通信する診断ドングルといった、多くのデバイスが、あなたの車の組み込み診断ポート(別名OBD-II)に、データと電源へのアクセスを求めて接続されようとしている。 問題なのは、実はこのポートは…こうした用途に利用することが想定されていなかったということだ。元々は、ときどき接続が行われて漠然とした「チェックエンジン」を簡単に行うことを主目的にデザインされていたもので、車両がオンになっているときに、様々な無線プロトコルを発信… 続きを読む

  • Teslaが保険もメンテナンスコストも入ったオールインワン価格を検討中

    Teslaが保険もメンテナンスコストも入ったオールインワン価格を検討中

    Teslaは本日決算発表を行いその中で、保険とメンテナンスコストを含むパッケージ価格での自動車販売をアジア市場で開始したと伝えた。今後、他の市場でも同じようにパッケージ価格で自動車を販売する計画であり、そのために外部の保険会社とパートナーシップを締結していくという。ただ、保険は自社で提供することも考えているようだ。 続きを読む

  • クルマを降りずにガソリン代を支払い ― JaguarがShellと共同で新機能をローンチ

    クルマを降りずにガソリン代を支払い ― JaguarがShellと共同で新機能をローンチ

    車内で利用できる便利な機能の第一弾として、JaguarはShellと共同で新しいペイメント機能をローンチした。この機能を利用することで、クルマの運転手は車内にいながらApple PayやPay Palでガソリン代を支払うことができるようになる(近日中にAndroid Payにも対応する予定)。この機能はイギリスで最初に利用可能となるが、その後、全世界にも導入される予定だ。 続きを読む

  • イギリスの自動車購入サイト「Hellocar」が125万ドル調達

    イギリスの自動車購入サイト「Hellocar」が125万ドル調達

    自動車購入サイトを展開するイギリスのHellocarは現地時間11日、資金調達ラウンドで100万イギリスポンド(約125万ドル)を調達したと発表した。本調達ラウンドをリードしたのは、Innocent Drinksの創業者が創始したJamjar Investmentだ。その他にも、Zoopla Property Group創業者兼CEOのAlex Chesterman氏も参加している。また、Founders FactoryのCEOであり、lastminute.comの創業チームの1人でもあるHenry Lane Fox氏がHellocarの取締役に就任… 続きを読む

  • 米運輸省、Teslaの責任を否定―事故調査報告書は「オートパイロットで事故率40%減少」 と賞賛

    米運輸省、Teslaの責任を否定―事故調査報告書は「オートパイロットで事故率40%減少」 と賞賛

    アメリカ運輸省の国家道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration)は、今日(米国時間1/19)Teslaの死亡事故に関する最終報告書を発表した。NHTSAは昨年、半自動運転機能を搭載したオートパイロットを利用して走行中のTeslaが起こした死亡事故を調査していた。 報告書はTeslaのオートパイロット・システムには事故の原因となる欠陥がなかったと結論している。また報告書の複数の箇所で安全性の観点からTeslaのオートパイロット・システムのデザインを賞賛している。またTeslaのオー… 続きを読む

  • Ford、車載の自動撮影カメラの特許を申請―なんとSNS向けらしい

    Ford、車載の自動撮影カメラの特許を申請―なんとSNS向けらしい

    Fordが車載カメラの特許を申請していた―と聞けば自動運転車関連と思うだろうが、そうではなかった。スピード、移動方向その他のデータを自動車から取得して「いちばんいい写真を撮る」のに使うのだという。 続きを読む

  • Samsungが自動車部品大手のHarmanを80億ドルで買収:コネクテッドカー分野の強化を狙う

    Samsungが自動車部品大手のHarmanを80億ドルで買収:コネクテッドカー分野の強化を狙う

    Samsungが自動車部品、オーディオ機器のHarmanを80億ドルで買収すると発表した。Samsungが今後コネクテッドカー(IT化されたクルマ)に注力していくという意志の表れだろう。 Harmanという名前を聞くと、オーディオ機器を浮かべるという読者も多いとは思うが、同社は自動車部品の大手でもある。今回買収は、Samsungの買収案件としては過去最大級のものであり、同社がもつ自動車分野への野望がうかがえる。Harmanの昨年の売上高は70億ドルで、その65%は自動車関連部品からの売上だ。今回の買収により、コネクテッドカー向けのデバイ… 続きを読む

  • Otonomoが1200万ドルを調達、コネクテッドカーのデータ標準化サービスを展開

    Otonomoが1200万ドルを調達、コネクテッドカーのデータ標準化サービスを展開

    自動運転車が私たちの日常生活に浸透しているとはまだ言えないものの、インターネットに接続された車の数は急速に増えている。 路上を走る車の5分の1、そして世界中で新たに製造される車のほとんどが、2020年までにワイヤレスネットワークに接続されるようになるとGartnerは予測する。一方で、現在世に出ているコネクテッドカーのデータを有効活躍できている組織はほとんど存在しない。 イスラエルのヘルツリーヤ(Herzliya)に拠点を置くOtonomoが、その状況を変えようとしている。 同社のシステムは、数々の自動車・自動車部品メーカーから集めた、車両… 続きを読む

  • トヨタ、カーシェアリングサービスGetaroundとパートナーシップを締結

    トヨタ、カーシェアリングサービスGetaroundとパートナーシップを締結

    自動車メーカーは、個人が自動車を所有する以外の未来の交通手段を模索したり、投資先を探したりしている。トヨタは、スタートアップが提供する交通モデルに賭けるようだ。トヨタはサンフランシスコに拠点を置くカーシェアリングサービスGetaroundに戦略的な投資を実施すると発表した。トヨタは投資の他に、Getaroundのプラットフォームのテクノロジーと車を購入する時のファイナンスの部分を連携する。この施策は、トヨタの自動車を持つオーナーがGetaroundに参加するインセンティブになるだろう。 続きを読む

  • フォードがライド・シェア・スタートアップのChariotを買収

    フォードがライド・シェア・スタートアップのChariotを買収

    Ford Smart Mobilityは自動車会社のフォードが設立した会社で、既存の交通システムに対する代替的な交通手段を提供する会社である。この会社が初めての企業買収を行ったが、その会社とは、サンフランシスコを拠点とする通勤者用ライド・シェアのスタートアップであるChariot社だ。 続きを読む

  • テクノロジーが進歩しても道路で立ち往生する車の数は増加の一途を辿っている

    テクノロジーが進歩しても道路で立ち往生する車の数は増加の一途を辿っている

    自動車における全般的な技術的進歩にも関わらず、車の故障件数は実際には急速に上昇している。フォーチュン誌によると、昨年、全米自動車協会(AAA)が車の故障のため対応したドライバー数はこれまでで最多の3200万人に達した。その故障箇所は、タイヤのパンクが多かったが、その他にもエレクトリック・キーレス・イグニッションの電池切れなどがあった。 続きを読む

  • 調査結果:カーシェアリング導入の都市では車の所有数と排気ガスが減少

    調査結果:カーシェアリング導入の都市では車の所有数と排気ガスが減少

    世界的に温室効果ガスの排出に最も寄与している物の1つは車だ。特に交通量が多く、人口密度も高い都市の温室効果ガスの排出量が大部分を占める。市民全員に自転車は公共交通機関の利用を奨励しても、車を捨てることに納得させることはできないだろう。一方でカーシェアリングサービスは都市に住む人に受け入れられつつある。今回の新しい研究結果は、このようなサービスは環境に良い影響があり、さらに市民にとっても不要な出費を削減することにつながることが示唆された。 続きを読む

  • Fordの自動車組立ラインでは、人とロボットが協力して作業している

    Fordの自動車組立ラインでは、人とロボットが協力して作業している

    あなたの次の同僚は工業ロボットかもしれない。Fordは、将来的に世界中の自動車の組立ラインで人とロボットが手を取り合って作業する道筋をつけるためのパイロットプロジェクトを行っている。 続きを読む

  • 英調査会社、「世界でもっとも『つながった自動車の』メーカーはTeslaとトヨタ」―MITのリストにもランクイン

    英調査会社、「世界でもっとも『つながった自動車の』メーカーはTeslaとトヨタ」―MITのリストにもランクイン

    イギリスの調査企業、Visiongainが発表した「もっともインターネットにつながった自動車メーカー、世界のトップ20」というレポートは、Volvo、Ford、Honda、 Tesla、Toyotaその他、こうした調査では常連の有力自動車メーカーを網羅している。Visiongainは「つながった車」の市場規模が2016年だけでも357億ドルに上ると推計しているが、 TeslaとToyotaはここでもトップ10に入っている。 MIT Technology Reviewが発表した「2016年のもっともスマートな企業」リストの50社のうち、自動車メー… 続きを読む

  • アメリカのQ1ではインターネット接続の新規契約は携帯より自動車の方が多かった

    アメリカのQ1ではインターネット接続の新規契約は携帯より自動車の方が多かった

    アメリカには昔から何千万という携帯電話ユーザーがいる。われわれは時折デバイスを買い換えたり、データプランをアップグレードしたりする。しかしその場合でもわれわれはすでに携帯電話を持っており、携帯でのインターネット接続を契約ずみなのが普通だ。しかしインターネット接続を新たに販売するターゲットが品切れになったわけではない。キャリヤの次の狙いは自動車だ。2016年の第1四半期に新規に契約されたインターネット接続のうち、3分の1は自動車が占め、件数でトップとなった。 続きを読む

  • ジェレミー・クラークソンらのトップ・ギア、Amazon版新番組タイトルはThe Grand Tour(ザ・グランド・ツアー)に決定

    ジェレミー・クラークソンらのトップ・ギア、Amazon版新番組タイトルはThe Grand Tour(ザ・グランド・ツアー)に決定

    あの人気自動車番組、トップ・ギアの元プレゼンターのトリオ、ジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェイムズ・メイの3人が昨年夏にAmazonと契約したことはよく知られている。 クラークソンらは、新番組をプライムビデオでストリーミング配信することでAmazonと合意していた。そのタイトルが明らかになった。新番組はグランド・ツアー(The Grand Tour)と呼ばれる。 続きを読む