自動運転

  • ヤフーが「SBドライブ」へ出資し自動運転へ本腰、既存事業との連携やデータ活用へ

    ヤフーが「SBドライブ」へ出資し自動運転へ本腰、既存事業との連携やデータ活用へ

    自動車業界のみならず、通信業界やIT業界の企業もこぞって注目する「自動運転」。また新たに1社、IT業界の雄がこの領域に本腰を入れることが明らかになった。3月24日、ヤフーはソフトバンクは自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化を目指すSBドライブへ出資したと発表した。出資金額はヤフーが約4.9億円、ソフトバンクが約1.9億円。ソフトバンクについては追加出資となり、累計の出資額は約… 続きを読む

  • AR
    Alibabaが車向けARダッシュボードメーカーのWayRayに投資

    Alibabaが車向けARダッシュボードメーカーのWayRayに投資

    昨年その最初の自動車を発表して以来、Alibaba(阿里巴巴)は自動車業界へ深く入り込みつつある。この中国のインターネットならびに電子商取引の巨獣が、スマートカーテクノロジーの開発企業であるWayRayの1800万ドルに及ぶシリーズBラウンドで、トップ投資家となったことを、WayRayが発表した。 2012年に設立されたWayRayは、ホログラフィックナビゲーションシステムを製造している。その資金調… 続きを読む

  • 中国のDidi Chuxingが、AIならびに自動運転技術の開発を行う米国研究センターをオープン

    中国のDidi Chuxingが、AIならびに自動運転技術の開発を行う米国研究センターをオープン

    中国におけるUberのライバルDidi Chuxing(滴滴出行)は、米国研究室を正式にオープンした。この新センターは、特にAIと自動運転の分野に向けて、中国内での人材プールを超えて、才能を吸い上げようとすると動きの一部だ。 研究センターの存在そのものは新しいものではない。昨年の9月、TechCrunchは、DiDiが米国に拠点を置く2人の経験豊富なセキュリティ専門家を雇用したことを報告した、Feng… 続きを読む

  • スバルがカリフォルニア州での自動運転車試験ライセンスを取得

    スバルがカリフォルニア州での自動運転車試験ライセンスを取得

    カリフォルニア州車両管理局(DMV)は、スバルを州内の路上で自動運転技術をテストすることができる基準を満たす、最新のメンバーとして追加した。これで限定クラブのメンバー数は合計22となった。スバルは日本の富士重工業の自動車生産部門で、人気のフォレスターやアウトバック(日本ではレガシィの一部)シリーズを作っている。 スバルはすでに高度なドライバー支援機能を「アイサイト」という名のオプションで提供している… 続きを読む

  • TeslaがAppleのSwift開発責任者を、自動運転担当副社長として引き抜いた

    TeslaがAppleのSwift開発責任者を、自動運転担当副社長として引き抜いた

    Teslaは自動運転の取り組みを率いる新しい副社長を獲得した。Chris Lattnerだ。そのAppleからの離職は本日(米国時間10日)の早い時間に発表されたばかりだ。LattnerはAppleで11年働いた。その主な貢献はAppleの最新のプログラミング言語であるSwiftの開発である。Swiftは初心者がmacOS、iOSその他のアプリを作成する際に、比較的選びやすく使いやすい言語だ。 続きを読む

  • DeNAが自動運転でZMPとの提携を解消、新たに日産との協業が明らかに

    DeNAが自動運転でZMPとの提携を解消、新たに日産との協業が明らかに

    DeNAは本日、ロボットタクシーを共に手がけるZMPとの業務提携解消を発表した。ZMPはコンシューマ向けのロボットの開発・販売を手がける企業で、2015年5月にDeNAと合弁会社「ロボットタクシー」を設立した。ロボットタクシーでは、DeNAのネットサービス運営ノウハウとZMPの自動運転に関する技術を連携させ、自動運転車両による旅客運送事業を確立する計画だった。 続きを読む

  • Uberが人工知能のスタートアップGeometric Intelligenceを買収し、AI Labsを設立

    Uberが人工知能のスタートアップGeometric Intelligenceを買収し、AI Labsを設立

    タクシー配車サービスは競争力を保つためにも、機械による知性を必要としている。Uberが人工知能分野のスタートアップを戦略的に買収したことは意外なことではないだろう。Uberは、AIに知見のある学術研究者が共同創業したスタートアップGeometric Intelligenceを買収した。Geometric Intelligenceは、Uberがサンフランシスコ本社に新設したAI研究所の中核チームになる。… 続きを読む

  • Sinovation Venturesが狙うのはAIだ

    Sinovation Venturesが狙うのはAIだ

    Sinovation Venturesを創業したKai-Fu Lee博士の中国製SNSのアカウントには、5000万人ものフォロワーがおり、彼はそこで中国のテクノロジーの将来を予測する賢者のように扱われている。TechCrunch Beijing 2016で彼は、中国のスタートアップ業界の重要なトレンドについて私たちに話してくれた。 Sinovation Venturesは先日、中国とアメリカのファンドから6億… 続きを読む

  • 新しい自動車メーカーの誕生

    新しい自動車メーカーの誕生

    フランスのMulhouseという街にあるCité de l’Automobileは素晴らしい場所だ。スイス人のHansとFritz Schlumpf兄弟の自動車に対する強い愛情のおかげで、この場所には多くの自動車が展示されている。展示されている自動車を集めるための費用は彼らが立ち上げたビジネスから得た収益で賄われた。彼らはウール製品向けの紡績工場を経営していたのだ。面白いことに、「Schlu… 続きを読む

  • Uberの自動運転車がピッツバーグで走行開始、早速乗ってみた

    Uberの自動運転車がピッツバーグで走行開始、早速乗ってみた

    今日から、ピッツバーグのUberユーザーの中には、配車を依頼する時、自動運転車に乗る選択肢が登場するので驚くかもしれない。 Uberがカーネギーメロン大学のロボティクスセンターから何十人もの研究者を採用し、技術開発を進めてから1年半経ってからの発表だった。 Uberは火曜日、レーダー、カメラを始めとするセンサー機器を搭載した14台のFord Fusionの一部を少数の記者に公開した。これらの車は、ピッツ… 続きを読む

  • Mobileye、Teslaへの供給は現行のEyeQ3プロセッサで終了

    Mobileye、Teslaへの供給は現行のEyeQ3プロセッサで終了

    26日朝の四半期収支報告で、自動運転技術企業のMobileEyeは、現在Teslaの車両で使用され、Teslaの運転支援自走技術を可能にする画像分析インテリジェンスを提供しているEyeQ3プロセッサ以降のTeslaとの協力関係を延長しないと発表した。
    同報告においてMobileyeのCTOを務めるAmnon Shashua氏は、Teslaの自動車で使用されているEyeQ3の性能改善に関しては同社が引き… 続きを読む

  • Teslaの次のステップ、貨物トラックとバスの自動運転車両を開発へ

    Teslaの次のステップ、貨物トラックとバスの自動運転車両を開発へ

    TeslaのファウンダーでCEOのElon Muskは 「マスタープラン」の第2部を本日発表した。プランの2つの大きなニュースは新型車の発表だが、コンシューマーモデルではない。Teslaは大型セミトラックと、都市部でバスの役割を果たすために運用する「多くの乗客に対応する都市交通手段」だという。 続きを読む

  • 英調査会社、「世界でもっとも『つながった自動車の』メーカーはTeslaとトヨタ」―MITのリストにもランクイン

    英調査会社、「世界でもっとも『つながった自動車の』メーカーはTeslaとトヨタ」―MITのリストにもランクイン

    イギリスの調査企業、Visiongainが発表した「もっともインターネットにつながった自動車メーカー、世界のトップ20」というレポートは、Volvo、Ford、Honda、 Tesla、Toyotaその他、こうした調査では常連の有力自動車メーカーを網羅している。Visiongainは「つながった車」の市場規模が2016年だけでも357億ドルに上ると推計しているが、 TeslaとToyotaはここでもト… 続きを読む

  • 自動運転時代の自動車保険について専門家はこう考える

    自動運転時代の自動車保険について専門家はこう考える

    人間のドライバーを必要とせず、自動運転車に行きたい場所を告げるだけでどこへでも自由に行けるようになるというユートピアの実現までにはまだ長い時間がかかりそうだ。しかし自動運転車の時代は確実に近づいている。 Volvo、Honda、Audi、Teslaその他ほぼあらゆる自動車メーカーに加えて、 Googleは(おそらくはAppleも)自動車に組み込める高度ドライバー援助システム(ADAS)をすでに開発して… 続きを読む

  • IBM Watsonを乗客インターフェイスに利用した電気ミニバス、Olliが運行開始へ

    IBM Watsonを乗客インターフェイスに利用した電気ミニバス、Olliが運行開始へ

    今日(米国時間6/16)、IBMは自動運転分野に大々的に参入したことを明らかにした。ただし実際に自動車を作るのではなく、自動運転に興味深い機能を提供する頭脳としての役割だ。 IBM Watsonの人工知能が電気自動車のOlliの乗客インターフェイスのベースとなる。Olliは12人乗りのミニバスで、アリゾナの自動車メーカー、Local Motorsが開発した。 続きを読む

  • 自動運転トラックがやってくる。そして、数百万の職を自動化する

    自動運転トラックがやってくる。そして、数百万の職を自動化する

    最近、自動運転トラックの輸送団がヨーロッパを横断し、ロッテルダムの港にたどり着いた。自動運転トラックほど、自動化によって職を減らす、または経済を効率化させるものはない。 トラック1台分の積み荷をロサンゼルスからニューヨークまで輸送するのは、現在4500ドルのコストがかかる。その75%が人件費だ。だが、自動運転トラックを導入することによる恩恵は、人件費の削減だけではない。 人間のドライバーは、法律によっ… 続きを読む

  • 自動運転のミニ配送車Dispatch、Andreessen Horowitzのリードで200万ドルを調達

    自動運転のミニ配送車Dispatch、Andreessen Horowitzのリードで200万ドルを調達

    消費者はオンデマンドでの迅速な配送を当然のことと期待するようになってきた。こういうトレンドを踏まえて、スタートアップのDispatchは歩道や自転車道が走れる自動運転のミニ配送車を開発中だ。昨日(米国時間4/6)、Dispatchは、 Andreessen Horowitz(Chris Dixon)がリードし、Precursor Ventures(Charles Hudson)他が参加したラウンドで200万… 続きを読む