資金調達

  • 株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」運営元が約1.1億円を調達

    株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」運営元が約1.1億円を調達

    株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」を提供する日本クラウドキャピタルは7月20日、西武しんきんキャピタル、事業会社2社およびエンジェル投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額1億1580万100円の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • リーディング特化の英語学習アプリ「ポリグロッツ」がシリーズAで6000万円の調達

    リーディング特化の英語学習アプリ「ポリグロッツ」がシリーズAで6000万円の調達

    POLYGLOTS(ポリグロッツ)は英語のリーディングに重点を置く英語学習アプリだ。本日、ポリグロッツはシリーズAラウンドで総額6500万円を調達したことを発表した。リードインベスターは米SynexCorporationの創業者で九州大学の名誉博士であるロバート・ファン氏が務め、他に事業会社と個人投資家が参加している。 続きを読む

  • ロボアドバイザー「THEO」提供元のお金のデザイン、​新生銀行から総額5億円を調達

    ロボアドバイザー「THEO」提供元のお金のデザイン、​新生銀行から総額5億円を調達

    新たな個人の資産運用方法として注目を集めるロボアドバイザー。国内でも複数のサービスが立ち上がっているが、そのうちの1つ「THEO(テオ)」を提供するお金のデザインは7月14日、本日付で新生銀行を引受先とした第三者割当増資により総額5億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 企業向けウェルネスサービスも提供開始、ハカルスが5000万円を追加で調達

    企業向けウェルネスサービスも提供開始、ハカルスが5000万円を追加で調達

    健康管理サービスを提供する京都拠点のスタートアップ企業「ハカルス」が今日、合計5000万円の資金調達を実施したことを発表した。京都市スタートアップ支援ファンドを引受先とする第三者割当増資と、日本政策金融公庫の資本性ローンによるもので、これで2016年10月のシード資金調達からの累計調達額は1億円となる。 続きを読む

  • 古くて新しい技術――マルチバリューDB開発のシマントが7000万円調達

    古くて新しい技術――マルチバリューDB開発のシマントが7000万円調達

    マルチバリュー型データベースの開発・提供を行うシマントは7月11日、シードラウンドでDraper Nexus VenturesとIDATEN Venturesから総額7000万円を調達したと発表した。Draper Nexusからの出資は2017年2月時点で実施されており、今回のシードラウンドはそれを含んだものとなる。 シマントが開発する「SImount Box」は、1つのレコードが複数の値をもつ”… 続きを読む

  • 平均DAU4万人のおでかけ動画メディア「ルトロン」が15億円調達――体制強化で月間1000本製作へ

    平均DAU4万人のおでかけ動画メディア「ルトロン」が15億円調達――体制強化で月間1000本製作へ

    スマートフォン向けの動画広告サービス「VIDEO TAP」や動画メディアの「ルトロン」などを運営するオープンエイトは7月10日、合計2社の投資家から総額15億円の資金調達を実施したと発表した。
    オープンエイトが手がける事業は2つ。広告事業とメディア事業だ。 女性向けの動画広告サービスの「VIDEO TAP」やネイティブアド・サービスの「NATIVE TAP」などを運営するオープンエイトの広告事業では、@co… 続きを読む

  • VRソフト開発のDVERSEが凸版印刷と資本業務提携、100万ドルを調達

    VRソフト開発のDVERSEが凸版印刷と資本業務提携、100万ドルを調達

    VR制作ソフトウェアを開発するDVERSE(ディヴァース)は7月10日、凸版印刷と5月31日に資本業務提携を締結していたことを明らかにした。DVERSEはこの提携で、凸版印刷を引受先としたConvertible Equity(CE型新株予約権)による100万ドル(約1億1000万円)の資金調達を実施したことも発表している。 続きを読む

  • チャット形式でストーリーが展開、スマホ時代のケータイ小説「Balloon」がローンチ

    チャット形式でストーリーが展開、スマホ時代のケータイ小説「Balloon」がローンチ

    先月の米国TechCrunchの記事でもあったが、「チャットフィクション」と呼ばれるジャンルのアプリが、今ティーンを中心に注目を集めている。 これは言ってみれば「スマホ時代のケータイ小説」。自分の読みたいストーリーを選択すれば、まるでチャット型UIのメッセンジャーを見ているかのごとく、チャット形式で物語を読み進めることができる。サービスにもよるが、プロの投稿したストーリーを読めるだけでなく、ユーザー… 続きを読む

  • エッジで安価にディープラーニング活用、Ideinが1.8億円を調達

    エッジで安価にディープラーニング活用、Ideinが1.8億円を調達

    処理性能が高くないエッジデバイスでディープラーニングを使った画像認識などを実用化する技術を開発するスタートアップ企業のIdein(イデイン)は今日、グローバル・ブレイン、DG LabファンドからシリーズAラウンドとして合計1億8000万円の資金調達を実施したことを発表した。Ideinは2015年4月の創業で、これまでエンジェル投資家や日本政策金融公庫などから3000万円の資金を得て、受託や研究開発を… 続きを読む

  • 貿易業務の効率化クラウドサービス「Zenport」が資金調達とオープンβ公開を発表

    貿易業務の効率化クラウドサービス「Zenport」が資金調達とオープンβ公開を発表

    貿易業務の効率化クラウドサービス「Zenport」を提供するZenportは7月10日、合計2社の投資家から資金調達を実施したと発表した。調達金額は非公開だが、数千万円規模の調達とみられる。同時に、Zenportはこれまでクローズドβ版として提供してきたZenportのオープンβテストを開始すると発表した。 続きを読む