autonomous vehicles

  • 自動運転シャトルバスがラスベガスでテスト開始直後に軽微な事故

    自動運転シャトルバスがラスベガスでテスト開始直後に軽微な事故

    ラスベガスのダウンタウンで運行を開始した自動運転のシャトルバスが、発車から一時間足らずで軽微な事故に遭遇した、と地元のニュースサイト(NBC系列のKSNV)が報じている。自動運転車としては、ちょっと幸先が良くなかったようだ。 続きを読む

  • フォードのCEOが交代、自動運転車子会社のトップが就任へ

    フォードのCEOが交代、自動運転車子会社のトップが就任へ

    Ford Motorsは、CEO Mark Fieldsに代わり、自動運転車を開発する子会社のトップが新CEOに就任する。New York Timesが伝えた。 続きを読む

  • SoftBankは日本で自動運転バスの実用化を目指す、商用サービスの開始は2020年を予定

    SoftBankは日本で自動運転バスの実用化を目指す、商用サービスの開始は2020年を予定

    SoftBankは日本で、自動運転バスのプロジェクトに力を入れている。公共交通機関の自動運転技術を開発するために同社が昨年創った会社、SB Drive(SBドライブ株式会社)は、Yahoo Japanが率いるラウンドで5億1000万円(460万ドル)の資金を獲得し、資金的にも潤沢になった。 続きを読む

  • 自動運転車を混乱させる“罠”を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle

    自動運転車を混乱させる“罠”を考えたパフォーマンスアーチストJames Bridle

    自動運転車に何ができるか、については、本誌もこれまでさんざん書いてきたけど、ときには、できないことの方がおもしろいこともある。技術というものは、その能力とともに、限界を知ることもきわめて重要だ。というわけで今回は、このパフォーマンスアートから教訓をいただこう。 続きを読む

  • 複数のトラックが互いに通信し隊列を組んで燃費を節約するPeloton Technologyの車上システム

    複数のトラックが互いに通信し隊列を組んで燃費を節約するPeloton Technologyの車上システム

    セミトラックは隊列で走った方が良い、とかねてから言われている。燃料効率が良いし、安全だし、運転も楽だ。そしてこれからは、そんな隊列が至るところで見られるようになるかもしれない。運航自動化ソフトウェアのPeloton Technologyが、車両管理サービスのOmnitracsとパートナーして、今年からその隊列化技術を提供する。 続きを読む

  • Uberの自動運転車はサイクリストを危険にさらす、と自転車愛好家グループが警告

    車のオンデマンド配車で巨大企業になったUberは先週、州の許可なしで公道上の自動運転車のテストを行い、論議を招いた。 本日(米国時間12/20)Uberは、自転車愛好家たちが、その試験車両には右折時の“右フック”(巻き込み)問題があり、サイクリストを重大な危険にさらす、と警告したため、火に油を注ぐ結果となった。 続きを読む

  • Apple、米規制当局宛の文書で自動運転車への意欲を表明

    Apple、米規制当局宛の文書で自動運転車への意欲を表明

    Appleは米国道路交通安全局に政策提言書を提出し、成長しつつある自動運転車市場への参入意志を公に表明した。 続きを読む

  • 光に頼らないOryxのナノアンテナは自動運転車の視界能力を大幅に高める

    光に頼らないOryxのナノアンテナは自動運転車の視界能力を大幅に高める

    Oryx VisionのCEO Rani Wellingsteinによると、同社は、自動運転車の奥行き知覚を改善するコヒーレントな光学レーダーシステム(coherent optical radar system, 仮訳: 可干渉光学レーダーシステム)を開発した。イスラエルの同社は、シリーズAの資金調達を契機にステルスを脱し、既存のライダーシステムに挑戦する技術、と自らを位置づけている。 続きを読む

  • Uberが買収したOttoが自動運転トラックによる長距離輸送業を2017年に開始予定

    Uberが買収したOttoが自動運転トラックによる長距離輸送業を2017年に開始予定

    Uberはこの夏、自動運転トラックを使って運送業を営むOttoを6億800万ドルで買収し、その実稼働を来年と予定している。 Ottoの協同ファウンダーLior Ronがロイター通信に、同社が2017年に長距離輸送業を開始する、と述べている。以前の本誌記事にも書かれているように、Ottoは既存のトラックを自動運転車に改造し、アメリカのハイウェイを走れるようにする。 続きを読む

  • Googleの自動運転車が地元マウンテンビューで衝突事故、人が運転していた?

    Googleの自動運転車が地元マウンテンビューで衝突事故、人が運転していた?

    警察によると、金曜日(米国時間9/23)の午後、Googleの自動運転車Lexus RX 450hがバンと衝突した。幸運にも、負傷者は出なかった。 TechCrunchは現在、Googleに情報を求めている。 地元テレビ局のKRONとKPIXの報道では、Googleの自動運転車は“コントロールされていた”、つまり衝突時には自動運転モードだった。 続きを読む

  • カリフォルニア州、ハンドルのない自動運転車に向けて法整備

    カリフォルニア州、ハンドルのない自動運転車に向けて法整備

    真の「ドライバーレス」車のテストを可能にする法案の検討が、カリフォルニア州議会で進められている。 具体的には、米国時間8/29に改訂されたカリフォルニア州議会法案 1592が通ると、近々次のことが可能になる。 「運転席に運転手が座らず、ハンドル、ブレーキ、あるいはアクセルを装備していない自律走行車によるテスト走行」 このパイロットテストが許可されるためには、いくつか条件を満たしている必要がある。例えば、自動運転車はパイロットテスト中時速35マイル以上で走ることがてきない。また、走行できる場所は、「当局が指定する私有のビジネスパーク、および敷地… 続きを読む

  • 自動運転車の車載カメラは、歩行者だけでなく乗客も観察する

    自動運転車の車載カメラは、歩行者だけでなく乗客も観察する

    強力なセンサーとソフトウェアによって自動運転車は驚くほど周囲の状況を把握できるようになった ― しかし車のAIが気にしなくてはならないのは障害物や歩行者や他の車だけではない。自身の車内で起きていることも知る必要がある。ドイツの研究開発会社、Fraunhoferでは、研究者らがその開発に没頭している。 続きを読む

  • ペンシルベニアの事故当時、Tesla Model Xのオートパイロットはオフだった

    ペンシルベニアの事故当時、Tesla Model Xのオートパイロットはオフだった

    7月1日にペンシルベニアで事故を起こしたTesla Model Xは、当時オートパイロットが無効化されていた、とElon MuskがTwitterで発表した。この情報は当該車自身のログに基づくものだ。 続きを読む

  • Googleが自己運転車のバイク〜自転車検出アルゴリズムを説明

    Googleが自己運転車のバイク〜自転車検出アルゴリズムを説明

    今日(米国時間7/1)は、自律車両の歴史の中で、もっと重要な理由で目立つ日になると思うが、またひと月が経ってGoogleが6月の自己運転車リポートを発表した日でもある。この号には、サイクリストを検知して避けるシステムの能力が、かなり詳しく書かれていておもしろい。 “サイクリストは動きが敏捷で速く、ときには自動車と同じぐらい速く動く”、とリポートは述べている。“われわれの自動車はサイクリストを道路のユニークな〔他と混同しない〕 ユーザーとして認識し、彼らの近くでは控えめな運転をするよう、教えられている&#… 続きを読む

  • 2016年、自動走行車にできること、できないこと

    2016年、自動走行車にできること、できないこと

    Hondaが最新型Civicセダンに最先端技術の本格的運転者支援システムを塔載して2万ドルで発売すると発表した時、The Wall Street Journalはこれを自動走行車と呼んだ。たしかにCivicは様々なことができるか、自分で運転はできない。まだ。それでは、自立あるいは自動走行車とわれわれが言う時、正確には何を指しているのだろう。 続きを読む

  • レット・イット・ビープ:Googleの自動走行車がクラクションを鳴らすようになった

    レット・イット・ビープ:Googleの自動走行車がクラクションを鳴らすようになった

    The Bulwer-Lytton Fiction Contestは、著者たちが最悪の小説冒頭を競う、毎年恒例の行事だ。Googleは、いくつかの理由により、今年これにエントリーすべきだ ― 最新の自動走行車プロジェクト報告 (PDF)の中で、同社はこう書いている:「当社の警笛アルゴリズムが改善されたため、われわれはクラクションを世界に発信し始めた」。 続きを読む

  • 未来の完璧な自動運転車でもブラックボックスはやはり重要だ…事故はありえるし原因究明のためのデータは必要

    未来の完璧な自動運転車でもブラックボックスはやはり重要だ…事故はありえるし原因究明のためのデータは必要

    [筆者: Kristen Hall-Geisler]
    衝突は通常、運転者のせいにされる…人間のドライバーだ。部品の不良やタイヤの破裂などもありえるが、しかし(データによって数字に多少の違いはあるが)衝突事故の約90%は人間のが犯す間違いが原因だ。しかしさほど遠くない未来に、運転という仕事の多くを車自身が行い、その過程で大量のデータが生成されるようになると、事故の原因を明確に突き止めることが困難になる。そしてそのデータは、ブラックボックスに記録される。 2014年の9月から、今後新たに製造される旅客車両にはブラックボックスの搭載が義務付けられた… 続きを読む

  • これは実用的:Googleの次の自動走行車はクライスラーのミニバンだ

    これは実用的:Googleの次の自動走行車はクライスラーのミニバンだ

    Googleの自動走行車には好きな要素がたくさんあるが、子供のいる家では、サッカーゲームの送り迎えに使える車が必須だ。Googleが自動車メーカーとの初の直接提携で、広々とした新しいミニバン、Pacificaを自動化しようとしているのはそのためだろう。 続きを読む

  • 「つながった車」にも、ウィルス対策ソフトが必要になる

    「つながった車」にも、ウィルス対策ソフトが必要になる

    「つながった車」は互いに話すこと(vehicle-to-vehicle、V2V)が可能で、これからは走っている都市とも話せるようになる(vehicle-to-infractructre、V2I)。これは、私たちの車に悪い連中が話しかけてくるかもしれないことを、Jeepをハックする実験が示している。しかし、危険はハッキングだけではない。なぜなら、コンピューターのあるところには、必ずコンピューターウィルスが潜んでいるからだ。 続きを読む

  • AI不信が強まる中、望まれるのは人類−機械のコラボレーション

    AI不信が強まる中、望まれるのは人類−機械のコラボレーション

    AIが進化するにつれ、人類の滅亡の日が近づいているのではないかという話をきくことが増えてきた。ビル・ゲイツ、イーロン・マスクあるいはスティーブン・ホーキングたちも人工知能の進化に対しては警告を発しており、楽観的進化論者のレイ・カーツワイル(Ray Kurzweil)などはおされ気味であるのが現状だ。またスウェーデンの哲学者であるニック・ボストロム(Nick Bostrom)もAIがもたらす恐怖についての思考実験を行なっている。もちろん、そのような勢力が力を得ていることには理由はある。 続きを読む

  • アメリカ人は自動走行車を怖がっている

    アメリカ人は自動走行車を怖がっている

    今年1月、AAA(米国自動車協会)は18歳以上のドライバー約2000人を対象に電話調査を行い、ちょっと驚く結果を得た。回答者の75%が、「自分が乗った自動走行車に運転を任せるのは怖い」と答えた。20%はこれを受け入れ、残る5%は空飛ぶ車が出るのを待っていたいようだ。 続きを読む

  • 2016年ホンダ・シビック:2万ドルで先進運転支援システムを搭載

    2016年ホンダ・シビック:2万ドルで先進運転支援システムを搭載

    先日NHTSA(国家道路交通安全局)が、2022年までに自動緊急ブレーキ(AEB)システムをすべての新車に標準装備することを自動車メーカー20社と合意したと発表した時、多くの人たちは今でもこのテクノロジーを搭載した車がたくさん売られていることを指摘した。2016年時点で、これは高級車でのみ利用できる高価な装置だと思っているかもしれないが、Honda Civicセダンはそれに異議を唱える。Honda Sensingシステムは、同社の控えめながら人気の高いセダン全車種に、1000ドルで装着することができる。 続きを読む

  • GoogleとFordが自動運転車の開発と生産で提携か…とくに“生産”をFordが担当するらしい

    GoogleとFordが自動運転車の開発と生産で提携か…とくに“生産”をFordが担当するらしい

    Yahoo Autosの記事によると、GoogleとFordがジョイントベンチャーで自動運転車を開発し生産する、そしてそのことを、来月ラスベガスで行われるConsumer Electronics Showで発表するそうだ。テクノロジ業界と自動車業界、両世界の大物同士のパートナーシップだ。 Googleのスポークスパーソンは、同社のコメントは何もない、と述べた。今、Fordにも問い合わせ中だ。 Yahoo Autosの記事では、GoogleはFord一社に縛られるわけではなく、自動運転車の技術に関心のあるほかの自動車メーカーと協働してもよいらしい。… 続きを読む

  • Teslaで自動操縦のソフトウェアを担当していた技術マネージャRobert RoseをGoogleが引っこ抜く

    Teslaで自動操縦のソフトウェアを担当していた技術マネージャRobert RoseをGoogleが引っこ抜く

    自動運転車のトップブランドを目指す競争が、ますます激化している。その戦いの重要な戦術の一つが、有能なチームを編成することだ。 今日(米国時間11/30)の報道によると、GoogleはTeslaで自動操縦ソフトウェアの技術マネージャだったRobert Roseを引きぬいた。LinkedInのプロフィールによると、RoseはSpaceXにも5年いた。
    聞くところによると、Googleで彼は車そのものには関わらず、もっぱらソフトウェアを担当する。”Google Robots”の彼の職責は”Engineering M… 続きを読む