Azure

  • CoreOSのTectonicコンテナプラットフォームがMicrosoft Azureをフルサポート

    CoreOSのTectonicコンテナプラットフォームがMicrosoft Azureをフルサポート

    本日(米国時間8月17日)CoreOSは、KubernetesベースのTectonicコンテナ管理プラットフォームの、Microsoft Azure対応を発表した 。これまでは、ベアメタルサーバとAWS上へのコンテナデプロイメントだけが完全にサポートされていた。3月に登場したAzureへのベータサポートに続く今回の新規リリースで、Tectonicはサポート対象の3つのプラットフォームにまたがるマルチクラウドデプロイメントへの統合サポートを提供することになった。 「Microsoft Azureに向けてのTectonicsの安定版メジャーリリー… 続きを読む

  • Microsoft、IoT Centralをスタート―企業向けフル機能のクラウドIoTサービス

    Microsoft、IoT Centralをスタート―企業向けフル機能のクラウドIoTサービス

    今日(米国時間4/20)、MicrosoftはIoT Centralをオープンした。これは企業向けにInternet of Things〔モノのインターネット〕を実現するクラウド・ベースの新しいサービスだ。企業はIoTに関する専門的知識を持った人材やハードウェアを社内に準備することなしに、IoTを組み込んだシステムを構築、運用することができる。基本的にIoT-as-a-Serviceといってよいだろう。 続きを読む

  • Microsoft、Azureクラウドへの移行を助けるツールを各種発表

    Microsoft、Azureクラウドへの移行を助けるツールを各種発表

    MicrosoftはAzureの最初期からエンタープライズ向けのハイブリッド・クラウドに力を入れてきた。これは企業がクラウド・サービスを利用しながら並行して自社のデータセンターでもソフトウェアを動かす環境を指す。Microsoftがマーケティングを行っている企業の80%は現在でもクラウド移行にあたってハイブリッド・アプローチを希望しているという。そこで今日(米国時間4/12)、Microsoftは企業がクラウドに移行することを助ける各種のツールを発表した。 続きを読む

  • MicrosoftがAzure Container Service Engineをオープンソース化、Kubernetesのネイティブインテグレーションも発表

    MicrosoftがAzure Container Service Engineをオープンソース化、Kubernetesのネイティブインテグレーションも発表

    Kubernetesのオープンソース側のホスト役を果たしているCloud Native Compute Foundationは、初めてのKubernetesカンファレンスを今週主催する。当然ながら、数日の内に私たちは相当な数のコンテナ関連ニュースを目にすることになるだろう。 その筆頭はMicrosoftである。同社はそのAzure Container Service(ACS)のコアエンジンのソースコードをオープンにするだけではなく、ACSに対するKubernetesのネイティブインテグレーションに関しても、そのプレビューを公開する。加えて、Mic… 続きを読む

  • サティア・ナデラが語る、人工知能が変革するMicrosoft

    サティア・ナデラが語る、人工知能が変革するMicrosoft

    MicrosoftのCEOサティア・ナデラは同社の開催する大規模な開発者会議Igniteのステージで、ディープラーニングと人工知能がどのように同社を変えていくのかについてのビジョンを発表した。
    「AIは私たちの野心の交点に位置するのです」。ナデラは「大規模なデータに意味を与え、それを知性へと変換していくことを」AIがどのように可能にするのかを指摘した。 続きを読む

  • MicrosoftのAzure Media Servicesにビデオの要約を自動作成、タイムラプス生成、ビデオ画面に対するOCRなど、多くの新機能が加わる

    MicrosoftのAzure Media Servicesにビデオの要約を自動作成、タイムラプス生成、ビデオ画面に対するOCRなど、多くの新機能が加わる

    ビデオ関連のワークフローを支えるツールをクラウドから提供しているMicrosoftのAzure Media Servicesが、相当賢くなるようだ。今日ラスベガスで行われた2016年NAB show〔放送機器のカンファレンス〕でMicrosoftは、同社がビデオ用の機械学習サービスのために開発したツールの一部を、Media Servicesが利用していく、と発表した。 これによりたとえば、Media Servicesはソースのビデオからいちばんおもしろい部分を取り出したり、ビデオ全体の要約を素早く作って見せたりできる。 続きを読む

  • MicrosoftがAWSのLambdaに続いてサーバー不要のイベント駆動型クラウドサービスAzure Functionsをローンチ

    MicrosoftがAWSのLambdaに続いてサーバー不要のイベント駆動型クラウドサービスAzure Functionsをローンチ

    Microsoftが今日(米国時間3/31)行われた今年のBuildデベロッパーカンファレンスで、デベロッパー自身がそのためのインフラを作らなくてもイベント駆動のトリガーを作れる、というサービスのプレビューを発表した。 ご存知のようにAWSは昨年のre:Inventカンファレンスで、Lambdaと呼ばれる同様のサービスを発表したが、競争の激しいパブリッククラウドプラットホームの業界だから、Microsoftもそれを黙視できない。Microsoftの、AWS Lambda相当サービスの名前は、Azure Functionsという。 続きを読む

  • MicrosoftのマイクロサービスプラットホームAzure Service Fabricが一般公開へ

    MicrosoftのマイクロサービスプラットホームAzure Service Fabricが一般公開へ

    Microsoftが今日(米国時間3/31)、Azure Service Fabricから“プレビュー”のラベルを外した。それは、ステートフルとステートレスの両方のDockerベースのマイクロサービスを、クラウドとオンプレミスで動かすサービスだ。 Service Fabricは、Microsoft自身もAzureの中核的インフラストラクチャの多くを駆動するために使っており、一般のデベロッパーはこれをMicrosoftの次世代PaaS技術の上で利用することにより、高度にスケーラブルなサービスを構築できる。 続きを読む

  • Microsoft AzureがAWSからの移行を容易にし、ハイパフォーマンスコンピューティングのサポートを充実

    Microsoft AzureがAWSからの移行を容易にし、ハイパフォーマンスコンピューティングのサポートを充実

    Microsoftが今日(米国時間7/9)、同社のクラウドコンピューティングプラットホームAzureのアップデートを発表した。このアップデートには、大規模で計算集約的なアプリケーションを動かすための新しい機能二つと、AWSからAzureへの移行を容易にするためのAzure Site Recoveryの新機能が含まれている。 続きを読む

  • Microsoft、ハイブリッドクラウド戦略を強化―Azureがオンプレミスのデータセンターで稼働へ

    Microsoft、ハイブリッドクラウド戦略を強化―Azureがオンプレミスのデータセンターで稼働へ

    Microsoftは以前からエンタープライズ・ユーザーに対するハイブリッド・クラウドの提供に力を入れてきた。今週、Microsoftはこの戦略をさらに一歩推し進め、Microsoft Azure Stackを発表した。この新サービスはAzureのクラウド・アプリの導入、運用、管理をあらゆるデータセンターに提供するものだ。データセンターは企業のオンプレミスのものであってもホスティング会社のものであってもよい。 Azure Stackはソフトウェアによるネットワーキング、ダイレクトアタッチストレージの共有、バーチャルマシンの運用とセキュリティー管… 続きを読む

  • Microsoftはクラウド企業への変身を志向する…2018会計年度の商用クラウドの売上を$20Bと予測

    Microsoftはクラウド企業への変身を志向する…2018会計年度の商用クラウドの売上を$20Bと予測

    Microsoftが今日(米国時間4/29)のデベロッパカンファレンスBuildで、2018会計年度(2017年半ば以降)に同社の商用クラウドの売上(年商)が200億ドルに達する、と発表した。Microsoftがここで“商用クラウド”と言っているのは、Azureと企業向けのOffice 365などのことで、その売上が一四半期あたり約50億ドルになる、というのだ。 それは、大金だろうか? まさに、そのとおりだ。同社の商用クラウドの今の年商は63億ドルだ。 続きを読む

  • Mesosphereの総合化プロダクトDatacenter Operating System(DCOS)がMicrosoft AzureとAWSに上陸

    Mesosphereの総合化プロダクトDatacenter Operating System(DCOS)がMicrosoft AzureとAWSに上陸

    さまざまなサーバで構成されるデータセンターを単一のエンティティとして扱えるためのサービスを提供しているMesosphereが、重要な結実期を迎えた。今日(米国時間4/29)同社は、Microsoft AzureとAmazon Web Services(AWS)の両クラウド上で、同社のDatacenter Operating System(DCOS)の公開ベータをローンチした。オープンソースのApache Mesosをベースとする同社の技術にとって、これは大きな前進だ。 続きを読む

  • Microsoft Azureが4KエンコーディングやNoSQL DocumentDB、自然言語検索など高級機能を続々サポート

    Microsoft Azureが4KエンコーディングやNoSQL DocumentDB、自然言語検索など高級機能を続々サポート

    Microsoftは今日(米国時間3/5)、同社のクラウドコンピューティングプラットホームAzureに関する発表をいくつか行った。その一部は、前に発表したサービスがプレビューを終えたというもので、NoSQLデータベースDocumentDBや検索SaaS Azure Search、そして仮想マシンの新しいインスタンスタイプ2種などだ。 また、新たにローンチしたAzure Media Services Premium Encoderは、Azureの通常のエンコーダサービスに加えてより高度なエンコーディングを必要とする企業のためのツールだ。… 続きを読む

  • Microsoft、クラウドベースの機械学習プラットフォームAzure MLを正式リリース

    Microsoft、クラウドベースの機械学習プラットフォームAzure MLを正式リリース

    企業には日々四方八方から大量のデータが流れこんでくる。顧客、ソーシャルメディア、モバイルアプリ、センサー、Excel表計算ファイル等々、その種類と量は増えるばかりだ。Microsoftは企業のビッグデータ処理を助けるためクラウド上の機械学習のAPIを公開した。 今日(米国時間2/18)、MicrosoftはStrataカンファレンスで、クラウド機械学習サービス、Azure Machine Learningを正式に発表した。このサービスは6月にベータ版が公開されていたが、今回の正式リリースを機に機能のアップデートも行われた。 続きを読む

  • Microsoft、シリコンバレーに求愛―YCのスタートアップ各社に50万ドル分のAzureを提供

    Microsoft、シリコンバレーに求愛―YCのスタートアップ各社に50万ドル分のAzureを提供

    今週、Y CombinatorとMicrosoftは提携プログラムを発表した 。これによると、MicrosoftはY Combinatorの現在のクラスにAzureクラウド・コンピューティングを無料で提供し、インキュベーションを助けるという。 このプログラムにより、参加スタートアップにはそれぞれ50万ドル分のAzure利用クレジットと3年間のOffice 365への無料アクセス権が与えられる。50万ドル分のクラウド・コンピューティング能力の提供はMicrosoftにとっては何でもないだろうが、Y Combinatorに参加している若いスタートアッ… 続きを読む

  • Windowsアプリケーションをクラウドで動かすMicrosoftのAzure RemoteAppがベータを終えて一般公開へ

    Windowsアプリケーションをクラウドで動かすMicrosoftのAzure RemoteAppがベータを終えて一般公開へ

    5月にMicrosoftは、 同社のAzure RemoteAppサービスの公開ベータを発表した。名前のとおりこのサービスは、ユーザがアプリケーションを仮想化してAzure上で動かし、リモートでそのアプリケーションを利用する、というものだ。ユーザの使用機はWindows PCでもMacでもモバイルでも何でもよい。そして今日Microsoftは、 RemoteAppが12月11日にベータを終え、SLAも提供される、と発表した。 続きを読む

  • GoogleがCompute Engineにオートスケーリングを提供

    GoogleがCompute Engineにオートスケーリングを提供

    Googleのクラウドコンピューティングプラットホームはいつも増築工事が行われているが、今日発表されたのは、同社のIaaS Compute Engineのオートスケーリングサービスだ。今それは、ベータで提供されている。 続きを読む

  • クラウドの価格競争に勝者なし

    クラウドの価格競争に勝者なし

    今週初めにGoogleは、Google Compute Engineの料金を一律に10%値下げした。費用はきわめて低くなり、ほとんど誰にとっても、インフラをクラウドで動かすためのコストは些細なものとなった。でもクラウドの価格競争がこれ以上続けば、最終的にどこまで安くなり、そして実際にどこかが最終的な勝者になるのだろうか? 続きを読む

  • Microsoft Azure上のWordPressホスティングに高スケーラビリティバージョン登場

    Microsoft Azure上のWordPressホスティングに高スケーラビリティバージョン登場

    今日では、世界中のWebサイトの約1/4がWordPressで動いている(本誌TechCrunchもまさに)。しかしWordPressは、トラフィックが猛烈に多い大規模サイトへのスケールアップが容易にできるコンテンツ管理システム(CMS)とは言いがたい。通常のキャッシングはもちろん有効だが、非常に大きなサイトを運用したり、Redditなどのようにビジターの巨大なスパイクに頻繁に対応しなければならない場合は、安価な仮想プライベートサーバでは間に合わない。Microsoftは、Azure Websitesと名づけたAzure上のサービスでW… 続きを読む

  • MicrosoftのAzureがDockerコンテナを管理するGoogleのツールKubernetesをサポート

    MicrosoftのAzureがDockerコンテナを管理するGoogleのツールKubernetesをサポート

    6月にMicrosoftは、GoogleのオープンソースツールKubernetesによるDockerコンテナの管理機能をAzure導入すると発表したが、今日(米国時間8/28)ついにその約束が果たされる。この統合化の作業をやったのは主に、同社の子会社Microsoft Open Technologiesで、ここはいわばMicrosoftのオープンソース技術部門、そしてオープンソースコミュニティへのインタフェイスだ。 続きを読む

  • Visual Studio 2013の三度目のアップデートではGitベースの開発をより優遇、Azureの統合も充実

    Visual Studio 2013の三度目のアップデートではGitベースの開発をより優遇、Azureの統合も充実

    MicrosoftのVisual Studioは、だいたい二年ごとにニューバージョン、あいだにサービスパック、というパターンを守ってきたが、しかしVisual Studio 2013以降は、アップデートのペースが早くなった。そして今日Microsoftは、Visual StudioとTeam Foundation Server 2013の三度目のアップデートをリリースした。前回のアップデートはVisual Studioのクロスプラットホームな開発機能の強化が中心だったが、今日のローンチはIDE本体の機能に力が向けられたようだ。 続きを読む

  • Microsoft、パートナー・カンファレンスでクラウド戦略を説明―「未来ではなく今の話だ」と強調

    Microsoft、パートナー・カンファレンスでクラウド戦略を説明―「未来ではなく今の話だ」と強調

    今朝(米国時間7/14)、Windowsパートナー・カンファレンスでMicrosoftは会場のクライアントに向かって多様なクラウド・サービスを利益と顧客を増加させる有力な手段であると説明し、「クラウドは未来の話ではない。現在の話だ」と強調した。 今回のMicrosoftのプレゼンでは、市場の支配者というより、むしろ古い市場を捨てて新しい市場のシェアを獲得しようとする新参の反逆者のような表現が注目された。 続きを読む

  • MicrosoftがAzureの合衆国政府専用インスタンスを発表, 次期CEOに関する質問には答えず

    MicrosoftがAzureの合衆国政府専用インスタンスを発表, 次期CEOに関する質問には答えず

    Yammerのサンフランシスコオフィスで今日(米国時間10/7)、MicrosoftのSatya Nadellaが、同社のクラウドプロダクトAzureの合衆国政府顧客専用のインスタンスを発表した。このプロダクトはこれまで”Windows Azure US Government Cloud”と呼ばれていたもので、単独のサービスとして合衆国国内でホストされ、合衆国の国民にしか管理できない。この発表の前には、Microsoftはそのプロダクトを政府に売るための特殊な認可をもらった、というニュースが流れた。 続きを読む

  • Windows Azureにもやっとオートスケール機能–‘エラスティック’になれるかな

    Windows Azureにもやっとオートスケール機能–‘エラスティック’になれるかな

    Microsoftは今日(米国時間6/27)、同社のデベロッパカンファレンスBuildで、クラウドコンピューティングプラットホームAzureにオートスケーリングを導入する、と発表した。これは、Azure上のサーバの容量を、必要に応じて自動的にスケールする機能だ。ただしユーザはあらかじめ、サーバの最少数と最大数を決めておく。 この機能を有効にするには、Azureの管理コンソールで数か所クリックし、またサーバに関しては台数のほかに、各サーバのCPUの負荷を指定できる。すると、アプリケーションが大きなCPUパワーを必要とするようになったり、ス… 続きを読む

  • Windows Azureのコミュニティギャラリー(Microsoft Open TechのVM Depot)でLinuxなどオープンソースイメージを提供

    Windows Azureのコミュニティギャラリー(Microsoft Open TechのVM Depot)でLinuxなどオープンソースイメージを提供

    Microsoftの完全子会社であるMicrosoft Open Technologiesが今日(米国時間1/9)、VM Deptというもののローンチを発表した。それは、“Windows Azureのためのオープンソースの仮想マシンイメージの、コミュニティが支えるカタログ”だ、という。もちろんAzureにはすでにストアがあり、デベロッパはそこのクラウドコンピューティングサービス上で自己の有料アプリケーションをデプロイできる。しかしVM Depotでは、Amazon Web ServicesがAmazon Machine Imag… 続きを読む

  • Microsoftのクラウド・プラットフォーム、Azureは従量課金制、11月中旬リリースと判明

    Microsoftのクラウド・プラットフォーム、Azureは従量課金制、11月中旬リリースと判明

    今週は週明けからMicrosoftのクラウド・コンピューティングに関連するビッグニュースが連続している。 まず月曜日には、Office 2010のWord、PowerPoint、Excelの無料クラウド版(ウェブ版)をデビューさせた。今日(米国時間7/14)、Microsoftは、クラウド・コンピューティングのためのOSとして長らく喧伝されてきたAzureのビジネスモデルとリリース時期を明らかにした。このプラットフォームにはMicrosoft SQL Azureによって利用できるウェブ・ベースのリレーショナル・データベースが含まれる。これは従… 続きを読む

  • MicrosoftのRay Ozzie、クラウド・コンピューティングのWindows Azureを発表

    MicrosoftのRay Ozzie、クラウド・コンピューティングのWindows Azureを発表

    Microsoftはクラウド・コンピューティングに大いに進出するかまえだ。10月27日にMicrosoftが開催したプロフェッショナル・デベロッパー・カンファレンスで、Microsoftのチーフ・ソフトウェア・アーキテクトのRay OzzieはWindows Azureを発表した。これはインターネット上でスケール可能なクラウド・コンピューティング・サービスのプラットフォームで、Microsoftのデータセンターでホストされる。Windows Azureは現在のところ、ごく限られたデベロッパーに対してテクノロジー・プレビューとして公開される予… 続きを読む