campfire

  • 仮想通貨やICOは資本主義をどう変える?——CAMPFIRE、VALU、Timebankが語る

    仮想通貨やICOは資本主義をどう変える?——CAMPFIRE、VALU、Timebankが語る

    8月3日から4日にかけて北海道・札幌市で開催中の招待制イベント「B Dash Camp 2017 Summer in Sapporo」。初日のセッション「仮想通貨がもたらす信用経済と新たなビジネス」には、CAMPFIRE代表取締役の家入一真氏、森・濱田松本法律事務所の弁護士・増島雅和氏、VALU代表取締役の小川晃平氏、メタップス代表取締役の佐藤航陽氏が登壇。ICOの可能性や評価経済のこれからについて語った。モデレーターはフリークアウト・ホールディングス代表取締役の佐藤裕介氏が務めた。 続きを読む

  • クラウドファンディングだけで解決できない資金ニーズを解決——CAMPFIREが企業向け融資を開始

    クラウドファンディングだけで解決できない資金ニーズを解決——CAMPFIREが企業向け融資を開始

    クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」を手がけるCAMPFIREが、プロジェクト実行者を対象にした融資を行う。同社は7月28日、「CAMPFIRE レンディング」を開始すると発表した。 CAMPFIREと言えば、「○○を制作する」「○○を開催する」といったさまざまな“プロジェクト”を立ち上げ、そのプロジェクトを支援する人達(パトロン)が商品や作品を閲覧する権利といったリターンを提供することで資金の調達を目指す、クラウドファンディングサービスを展開している。 続きを読む

  • CAMPFIREが仮想通貨取引所「FIREX」を開設、ビットコインでプロジェクトを支援

    CAMPFIREが仮想通貨取引所「FIREX」を開設、ビットコインでプロジェクトを支援

    1月にソーシャルレンディング事業への参入を明らかにしていたクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」運営のCAMPFIREが3月27日、仮想通貨取引所「FIREX(ファイヤーエックス)」を開設した。CAMPFIREではFIREXの開設について、個人がより気軽に少額からクラウドファンディングに参加できる環境を整備することが目的、としている。 続きを読む

  • プロジェクト実行者と支援者をライブ配信で結ぶ「FIRESIDE」、CAMPFIREが提供

    プロジェクト実行者と支援者をライブ配信で結ぶ「FIRESIDE」、CAMPFIREが提供

    2016年2月に共同創業者である家入一真氏が代表取締役に就任してから、手数料の大幅値下げやソーシャルレンディング事業への参入、大規模プロジェクトのサクセスなど、活発な動きを見せているクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」。今度は動画配信機能を提供することで、プロジェクト実行者とその支援者の距離を近づけていくという。サービスを運営するCAMPFIREは2月15日、「FIRESIDE by CAMPFIRE(FIRESIDE)」ベータ版の提供を開始した。 続きを読む

  • 日本のCAMPFIREが約3億円を調達:レンディング事業参入とAIの研究開発へ

    日本のCAMPFIREが約3億円を調達:レンディング事業参入とAIの研究開発へ

    クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」を運営する株式会社CAMPFIREは本日、第三者割当増資を実施し、合計で3億3000万円を調達したと発表した。 今回の資金調達に参加した投資家は以下の通りだ:D4V1号投資事業有限責任組合、GMOインターネット株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、East Ventures、株式会社iSGSインベストメントワークス、株式会社サンエイトインベストメント、株式会社セプテーニ・ホールディングス、株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社フリークアウト・ホールディングス、ほか個人投資… 続きを読む

  • クラウドファンディングのCAMPFIREが手数料を20%から5%に大幅引き下げ「小さな声も拾い上げられる場所に」

    クラウドファンディングのCAMPFIREが手数料を20%から5%に大幅引き下げ「小さな声も拾い上げられる場所に」

    国内クラウドファンディングサービスの黎明期にスタートした「CAMPFIRE」が1つ大きなサービスの方向性を示したようだ。サービスを運営するCAMPFIREは2月24日、CAMPFIREのサイトリニューアルを実施。あわせてこれまで20%に設定していた手数料を5%に変更。また審査基準も見直し、より多くのプロジェクトを掲載していくという。 続きを読む