Chrome

  • 次期Chromeは耳障りなビデオ自動再生を無音化へ――Googleが機能とポリシーを変更

    次期Chromeは耳障りなビデオ自動再生を無音化へ――Googleが機能とポリシーを変更

    ウェブを見ていて非常に不愉快なことの一つは―広告を別にすれば―開いたページが勝手に大音量でビデオの再生を始めることだろう。これはユーザーを驚かせ、苛立たせるだけでなく、データ転送量も食ってしまう。特にモバイルの場合は痛い。Googleはこの問題に対処する計画だ。近く公開される次期のChrome(Chrome 64)ではGoogleは自動再生に制限を加える。 続きを読む

  • 最新Chrome、自動再生音声のシャットアウトをテスト中

    最新Chrome、自動再生音声のシャットアウトをテスト中

    音声付きビデオを自動再生するようなウェブサイトは、もうすぐ過去の遺物となるかもしれない。すくなくとも、閲覧者がそうしたサイトに悩まされることは少なくなっていきそうだ。 続きを読む

  • Googleは企業のChrome OS機採用を促進するためエンタープライズサービスのワンセットChrome Enterpriseをローンチ

    Googleは企業のChrome OS機採用を促進するためエンタープライズサービスのワンセットChrome Enterpriseをローンチ

    Googleは、Chrome OS機の採用を考えている大企業のための新たなエンタープライズサービスをローンチする。そのChrome Enterpriseと呼ばれるサブスクリプション(会員制サービス)は、一機につき年間50ドルで、基本的にはChromebooks for Workの別名のようなものだが、サービスの内容は増えている。名前にChromeがあってもそれはChromeブラウザーのことではなく、あくまでもChrome OSである。エンタープライズのChromeユーザー向けにはすでに、Chrome Enterprise Bundle for ITとい… 続きを読む

  • Chromeブラウザーの企業採用を増やしたいGoogleがアドミンのためのChrome Enterprise Bundleをローンチ

    Chromeブラウザーの企業採用を増やしたいGoogleがアドミンのためのChrome Enterprise Bundleをローンチ

    Googleが、企業内でのChromeブラウザーの展開と管理をより容易にしようとしている。今日(米国時間5/23)発表されたChrome Enterprise BundleはアドミンにChromeブラウザーの単一のインストーラーを提供し、またChrome Legacy Browser SupportエクステンションはActivXウィジェットの使用をサポートし、このほかにも、いくつかのアドミン用ポリシーテンプレートが提供される。 続きを読む

  • Google、Chromecastのミラーリング機能を改善。最新バージョンを試せる

    Google、Chromecastのミラーリング機能を改善。最新バージョンを試せる

    何年も言い続けていることだが、私は本当に〈本当に〉Chromecastが好きだ ― Googleの出している小さなデバイスで、Netflix、Hulu、YouTubeなどを自分の端末からテレビに簡単にストリーミングできる。するべきことをそつなくこなし、それ以上何もしようとしない。 続きを読む

  • GoogleがChromeブラウザーに広告ブロック機能を実装中とか

    GoogleがChromeブラウザーに広告ブロック機能を実装中とか

    今朝のWall Street Journal紙の記事によると、GoogleはChromeブラウザーにアドブロッカー(ad blocker, 広告ブロック機能)を、デフォルトでは全ユーザーの標準機能として搭載するらしい。Googleは収益の大半が広告収入だから、ちょっと首を傾(かし)げたくなる決定だが、むしろこれは、そのほかのアドブロッカーをブロックするための手段かもしれない。 続きを読む

  • Chromeがモバイルでの不快なページジャンプを追放―スクロール・アンカリングを追加

    Chromeがモバイルでの不快なページジャンプを追放―スクロール・アンカリングを追加

    Google Chromeブラウザの最新のアップデートでは、モバイルでサイトを開いたときに経験する非常に苛立たしい問題の一つが解決されている。 続きを読む

  • ボタンを押せば電話がかかってきて会話から脱出―、BreatherのChrome用プラグイン

    ボタンを押せば電話がかかってきて会話から脱出―、BreatherのChrome用プラグイン

    仕事用スペースのレンタルサービスを提供しているBreatherは、少し変わったマーケティング戦略の一環として「Nope Button(いいえボタン)」と呼ばれるChromeのプラグインをリリースした。 このプラグインの目的は、Breatherの貸切スペースを使っていない人にも、仕事を邪魔されないような手立てを提供することだと彼らは話す。オープンスペース型のオフィスというのはスタートアップ(そしてスタートアップ以外の企業でも)一般的になってきており、一日の業務の中でさまざまな会話に引っ張り出されてしまうことがよくある。 Nope Buttonは… 続きを読む

  • One Dropのスマート(電脳)グルコースモニタリングハードウェアをFDAが承認、ついに発売へ

    One Dropのスマート(電脳)グルコースモニタリングハードウェアをFDAが承認、ついに発売へ

    この夏One Dropは、その糖尿病管理アプリのために、シリーズAで800万ドルを調達した。そのときの同社によれば、資金の一部は同社のモバイル健康ソフトウェア専用のハードウェアの開発に充てられる、ということだった。 そしてできたChromeは、グルコースモニタリングシステムで、しかしそれにしてはシンプルですっきりしたデザインだ。 続きを読む

  • Google、Windows版Chromeを15%高速化

    Google、Windows版Chromeを15%高速化

    現在Googleは、Chromeブラウザーの高速化およびスリム化に一丸となって取り組んでいる。例えば10月に同社は、メモリー消費を削減するプロジェクトを発表した。しかし、Googleは他にも最適化の取り組みを静かに進めており、Windows版Chromeを約15%高速化した。 続きを読む

  • GoogleがChromeの空タブページに“おすすめ記事”を満載、でも以前の履歴やブックマークに戻すことは可能

    GoogleがChromeの空タブページに“おすすめ記事”を満載、でも以前の履歴やブックマークに戻すことは可能

    あなたには、人が何を好きかなんて、分かるかな? Googleにも、それが分かるはずはない。自分が使い慣れてて便利なものを、“あなたのため”と称する、望んでもいないコンテンツに変えてしまうなんて、余計なお節介だよな。Chrome for Androidの最新バージョンが、そのお節介をやっている。これまでのようにブックマークと最近訪れたページ(上図)ではなくて、新たに空のタブを開いたときは“suggested articles”(おすすめ記事)が表示されるのだ。 続きを読む

  • ChromeはHTTPの死を早めている…1月からHTTPSでないページに警告を表示

    ChromeはHTTPの死を早めている…1月からHTTPSでないページに警告を表示

    2016年は、HTTPがついに死ぬ年かもしれない。 Chromeのセキュリティチームの今日(米国時間9/8)の発表によると、2017年の1月からこのブラウザーは、パスワードやクレジットカードのデータの送信にHTTPを使っているWebサイトを「危険(insecure)」とマークする。その警告はブラウザーのアドレスバーに表示され、個人情報が見られたり盗まれたりするかもしれない、とユーザーに注意を促す。 さらにその後Chromeは、ユーザーがブラウザーの“匿名”モードで見ているHTTPページにはページの上に警告を表示する… 続きを読む

  • GoogleはWindows, Mac, Linux用のChromeアプリを徐々に廃止へ、Webへの移行ツールを提供

    GoogleはWindows, Mac, Linux用のChromeアプリを徐々に廃止へ、Webへの移行ツールを提供

    まず、ChromeアプリをWindowsやMacやLinuxで使ってる人、お気の毒に。そして、それは自分だけじゃない、と思って自分を慰めよう。Googleが今日のブログ記事で言ってるように、これらのアプリは、ユーザー数がかなり少ないのだ。 WindowsとMacとLinuxのユーザーの1%ぐらいしかChromeのパッケージアプリを使っていないし、Chromeがホストしているアプリも、その多くはすでにふつうのWebアプリケーションとして実装されている。 続きを読む

  • LinuxのユーザーはChromeブラウザー上でWebアプリケーションのSkypeを使える(まだアルファバージョン)

    LinuxのユーザーはChromeブラウザー上でWebアプリケーションのSkypeを使える(まだアルファバージョン)

    Skypeの今日(米国時間7/1)の発表によると、ChromebookのユーザーとLinux上のChromeブラウザーのユーザーは、web.skype.comで、一対一やグループの音声通話ができるようになった。今日加わったメッセージング機能も、利用できる。 WebRTCを使ったSkypeのアルファバージョンは、Linux用Skypeのアルファバージョンと同じ機能を継承している。ORTC(WebRTC 1.1)のおかげで、専用アプリケーションやブラウザーのプラグインがなくても、音声とビデオによる無料の通信がSkype上でもできる。 続きを読む

  • GoogleのChrome Web Storeは新しいユーザーデータ保護指針に違反しているエクステンションやアプリを排除する

    GoogleのChrome Web Storeは新しいユーザーデータ保護指針に違反しているエクステンションやアプリを排除する

    Googleが、Chrome WebブラウザーのエクステンションやアプリのマーケットプレースChrome Web Storeを掃除している。同社によるとその一環として、同社はUser Data Policyを改定し、顧客データの扱い方に関するさらなる透明性をデベロッパーに求める。中でもとくに、データを収集するときにはユーザーの同意を必須とする。 改定の動機はおそらく、Chrome Web Storeに最近マルウェアがポストされたことだろう。その不埒なエクステンションは、ユーザーをスパイして個人情報を集めたりするのだ。またSnowdenによる内部告発が… 続きを読む

  • GoogleのChromeブラウザの新しいデータセーバーは転送量を最大70%も節約する

    GoogleのChromeブラウザの新しいデータセーバーは転送量を最大70%も節約する

    しばらく前からGoogleは各種のデバイスにおけるモバイル・データの消費を節約するテクノロジーの開発に努めている。今年の1月、Google はChromeのモバイル・ブラウザにデータ圧縮オプションを加えたことを正式に発表した。このオプションを利用するとユーザーはデータ転送量を最大で半分に削減できるということだった。このほどGoogleは機能をバージョンアップさせ、ChromeのAndroidブラウザのデータセーバー機能として改めてリリースした。Googleは最新版ではデータ量を70%も削減可能だとしている。 続きを読む

  • プロダクトを隔離/孤立させないGoogleの社風がChrome OSとAndroidの合体を支える

    プロダクトを隔離/孤立させないGoogleの社風がChrome OSとAndroidの合体を支える

    Googleが(主に)ラップトップに導入した‘クラウド’オペレーティングシステムChrome OSと、スマートフォンやタブレットのOS Androidが一つになるかも、とWall Street Journalが報じている。この“一体化”は、早ければ来年、…来年のI/Oカンファレンスあたりで…実現するらしい。 ぼくはこれまでの数年間個人的に、いろんな情報筋から話を聞いているが、この二つのプロジェクトの“合体”については、まだ想像の域を出ない、という声が大勢だった。しかし、昨年… 続きを読む

  • GoogleがChromeのあまり使われない通知センターを廃止、ChromeOSには残存、通知はネイティブ依存へ移行か?

    GoogleがChromeのあまり使われない通知センターを廃止、ChromeOSには残存、通知はネイティブ依存へ移行か?

    GoogleがChromeブラウザの通知の方式を変えようとしている。ChromeによるWebアプリケーションからデスクトップへのプッシュ通知のサポートは5年前に始まり、そして数年前には、Webアプリケーションやエクステンションからのメッセージをまとめて扱う総合通知センターを導入した。しかしその通知センターは、利用者がきわめて少ないため、Chromeの次のリリースからは存在しなくなる。 続きを読む

  • Facebook、Googleと協力してモバイルウェブユーザーにプッシュ通知を送信

    Facebook、Googleと協力してモバイルウェブユーザーにプッシュ通知を送信

    デベロッパーがモバイルウェブサイトを嫌う大きな理由は、ネイティブアプリのようなユーザーを呼び戻すためのプッシュ通知がないことだ。それはfacebookにとって深刻な問題だった。山ほどのユーザーがm.facebook.comサイトにやってくるのに、彼らを引き入れることができない。そこで今日(米国時間9/14)Facebookは、Googleと協力して新たなモバイルウェブアラート標準を定め、モバイルウェブサイト m.facebook.comのユーザーが、Chrome経由で通知を受けられるようにしたことを発表した。 続きを読む

  • Chromeの最新バージョン(v45)ではページロードの高速化とメモリ利用の低減に注力

    Chromeの最新バージョン(v45)ではページロードの高速化とメモリ利用の低減に注力

    Chromeは最初、メモリ消費の控えめなブラウザだったが、年(歳)とともに大胆になり、メモリへの食欲が旺盛になってきた。しかし最近それを反省したGoogleは、Chromeを初心に戻すために、今度のバージョン45から、ブラウザの高速化と高効率化に再び力を入れはじめた。 続きを読む

  • Chromeは9月1日からFlash広告をデフォルトで停止へ

    Chromeは9月1日からFlash広告をデフォルトで停止へ

    GoogleのWebブラウザChromeが、ますます良くなる。Google+のポストによるとChromeは9月1日から、デフォルトでは、広告中で使われているFlashを停止し、ブラウザとしてのパフォーマンスを上げる。この変更は6月に発表され、Chromeのデスクトップブラウザのベータに導入されていた。 当時Googleは、ユーザにとって重要でないと思われるFlashコンテンツをデフォルトでは停止するが、ユーザがそのビデオを見たければ見られる、と述べていた。Googleに止められていたビデオを見たければ、そのアイテムをクリックするだけで再… 続きを読む

  • Firefoxのエクステンション(アドオン)開発がChromeと同じ技術になる

    Firefoxのエクステンション(アドオン)開発がChromeと同じ技術になる

    Mozillaが今日、Firefoxのアドオンの今後の実装が大きく変わることを発表した。中でもいちばん重要なのは、ChromeやOperaのようなBlinkベースのブラウザとほとんど互換性のある、新しいエクステンションAPIを採用することだ。このWebExtensions APIにより、デベロッパはChrome/Operaのエクステンションにわずかな変更を加えるだけで、Firefoxでも動くようにできる。 続きを読む

  • ブラウザから使えるSkypeの公開ベータがまず合衆国とイギリスから提供開始

    ブラウザから使えるSkypeの公開ベータがまず合衆国とイギリスから提供開始

    Skypeのビデオ/音声通話とIMが、Webから使えるようになる。その、Webアプリケーション版Skypeのブラウザ上のクライアントを、今日から公開ベータで使える、と同社が発表した。この人気絶大なるチャットと通話サービスのWebバージョンが出たのは昨年の終わりごろだったが、これまではアクセスを招待者に限定していた。それが今日からは、合衆国とイギリスのユーザを皮切りに、誰もが利用できるようになる。 続きを読む

  • Google、Chromeのフィードバック受付専用の拡張機能を公開

    Google、Chromeのフィードバック受付専用の拡張機能を公開

    Googleは、検索の巨人にとって初めてのタイプのChrome拡張機能を公開した。新しいChrome User Experience Surveys拡張機能は、例えば通知やマルウェアの警告等、ブラウザーで普段と違うことが起きた時にポップアップして、ユーザー体験に関する簡単なアンケートを取る。GoogleはユーザーのフィードバックをChromeの改善に活用すると言っている。 続きを読む

  • Google、パスワードの使い回しを制限するためのChrome拡張機能をオープンソースで提供開始

    Google、パスワードの使い回しを制限するためのChrome拡張機能をオープンソースで提供開始

    Googleが新しいChrome拡張機能をリリースした。Googleサイトで利用しているパスワードを、他のサイトで再利用しないように注意を喚起するためのエクステンションだ。パスワードアラート(Password Alert)という名前で、Chromeウェブストアにて入手することができる。この拡張機能をインストールしておくと、Googleサービスで利用しているパスワードを他サイトで使用しようとすると、警告が表示されるようになる。 続きを読む

  • Chrome 43(ベータ)は外付けMIDIキーボードをサポート、新たなパーミッションAPIも

    Chrome 43(ベータ)は外付けMIDIキーボードをサポート、新たなパーミッションAPIも

    WebのAudio APIを使った楽器のWebアプリケーションを、すでにいくつかご存知だろう。しかし今度のChromeはWebのMIDI APIをサポートしているので、それらの楽器アプリケーションや音楽アプリケーションがMIDIにも対応していれば、MIDIキーボードをブラウザにつないで演奏ができる。 続きを読む

  • Googleは“モアベターなJavaScript”をねらったDart言語をChromeでサポートしないことに決定

    Googleは“モアベターなJavaScript”をねらったDart言語をChromeでサポートしないことに決定

    DartはChromeに来ない、とGoogleは今日(米国時間3/25)発表した。 Webの標準語はJavaScriptだが、DartはGoogleがそのJavaScriptをリプレースするためにローンチした言語だ。Googleによると、Dartには静的型付け(static typing)をはじめ、デベロッパに歓迎される高度な機能が揃っている。 続きを読む

  • あなたのお気に入りのブラウザがさっきハックされた、でもご安心を

    あなたのお気に入りのブラウザがさっきハックされた、でもご安心を

    あなたの“お気に入り”のブラウザがどうやってぼくに分かるのか? でも、実はそんなことはどーでもよい。人気上位の4つのブラウザ、ChromeとInternet ExplorerとFirefoxとSafariがどれも、先ほど、見事にやられてしまったのだ。 今週(3/15-21)は今年の(第8回の) Pwn2Ownが開かれ、世界中から集まったセキュリティの研究者たちが、その腕前を競った。今回の勝負は、人気ブラウザの最新のビルドをいためつけること。成功すると巨額の賞金がもらえる。 続きを読む

  • iOS版Chromeがマテリアルデザインに。ハンドオフもサポート

    iOS版Chromeがマテリアルデザインに。ハンドオフもサポート


    GoogleのモバイルWebブラウザー、Chrome for iOSが「マテリアルデザイン」になって今日(米国時間1/20)iPhoneとiPadユーザーの元に届けられた。最新版Androidと共に導入されたGoogleのこの新しいデザインモチーフは、Googleのモバイルプラットフォームとサービスを通じて、どのデバイスを使っている時でも統一されたルック&フィールを提供することを目的としている。 続きを読む

  • Google Chromeが複数アカウントの切り替え機能を実装–あなたは多重人格になれる

    Google Chromeが複数アカウントの切り替え機能を実装–あなたは多重人格になれる

    Googleの自分のアカウントは一つあれば十分、という人がほとんどだと思うが、いろんな会社の仕事でGoogleのサービスを使っている人などは、複数のアカウントを使い分けたいと思っている。8月にリリースされたChromeのベータはAccount Switcher(アカウントスイッチャー)を実装して、ユーザが使用するアカウントを変えられるようにし、ブックマークもタブも履歴なども、アカウントごとに違えるようにした。それは一つのコンピュータを複数の人が共有しているような場合にも便利だし、さらにそのコンピュータをゲストに無難に使わせることもできる… 続きを読む