DeepMind

  • Google親会社のAlphabet、持株会社「XXVI」を設立して2015年の企業再編成を完了

    Google親会社のAlphabet、持株会社「XXVI」を設立して2015年の企業再編成を完了

    かつてGoogleとして知られた会社 ―― 2015年に「会社の集合体」をAlphabetに再ブランドし、主要な広告収益事業を親会社が100%保有する企業ユニットに移行した ―― は、この事業再編成プロセスをようやく完了すべく、新たな持ち株会社、XXVI Holdings Inc.を設立した。 続きを読む

  • BlizzardとDeepMindがStarCraft IIをAI研究室として開放

    BlizzardとDeepMindがStarCraft IIをAI研究室として開放

    StarCraft IIはここのところAlphabetのDeepMind AI研究のターゲットとなっていた。英国のAI企業(DeepMind)は、昨年からBlizzardのこのSF戦略ゲームに参加し、ゲームに基づいたオープンなAI研究環境を構築する計画を発表していた。この環境を用いて、誰もが世界のトップStarCraftプレイヤーに打ち勝つことのできるような、仮想エージェントの構築に参入することができるようにするためだ。そして今回、DeepMindとBlizzardは、その扉を環境に対して開いた。機械学習API、大規模なゲームリプレイデー… 続きを読む

  • マイクロソフト、AI研究所を創設してGoogleとDeepMindに挑戦

    マイクロソフト、AI研究所を創設してGoogleとDeepMindに挑戦

    本日(米国時間7/12)Microsoftは、汎用人工知能技術の開発に重点を置く新しい研究所を設立したと発表した。場所はMicrosoftのレドモンド本社内で、科学者100名以上からなるチームが、自然言語処理から機械学習、知覚システムまで様々な分野のAIを研究する。 続きを読む

  • 機械学習のDeepMind、国際展開を開始――最初の海外オフィスはカナダのアルバータ州エドモントンに

    機械学習のDeepMind、国際展開を開始――最初の海外オフィスはカナダのアルバータ州エドモントンに

    Alphabetの人工知能企業、DeepMindは本拠であるイギリスから海外への展開を開始した。最初の海外オフィスはカナダのアルバータ州エドモントンに置かれる。アルバータ支社はアルバータ大学と緊密に連携して調査・研究に当たる。 続きを読む

  • トップ棋士に3連勝したAlphaGo、引退を表明

    トップ棋士に3連勝したAlphaGo、引退を表明

    盤上ゲームの中で最も戦略的とされる囲碁を打つために開発された、GoogleのAlpha Goが引退することになった。中国で世界最高レベルの打ち手をことごとく破ってからの引退ということになる。最後に対局したのは、世界トップランクの柯潔だ。中国で行われたイベントにて3局戦ったが、いずれもAlphaGoの勝利(3-0)となった。 続きを読む

  • AlphaGo対人類の囲碁対局、5人がかりでもAlphaGoの勝ち

    AlphaGo対人類の囲碁対局、5人がかりでもAlphaGoの勝ち

    世界ランク1位の柯潔が連敗するなど、囲碁ももはや人工知能に対抗できなくなりつつあるのかもしれない。それならばと、5人のトッププレイヤーがチームを組んでAlphaGoに挑む対局が行われた。しかし金曜日に行われたこのデモンストレーション対局でも、AlphaGoが勝利をおさめた。 続きを読む

  • AlphaGo、世界ランク1位のプロ棋士に連勝

    AlphaGo、世界ランク1位のプロ棋士に連勝

    AlphaGoは、AIの実力が人間を上回ることを再度証明してみせた。人間の方が上回る点がないわけではなかろう。しかし少なくとも囲碁に関しては、AIの実力が人類を上回るようなのだ。 続きを読む

  • GoogleのDeepMindが社内的に使っていたニューラルネットワークライブラリSonnetをオープンソース化

    GoogleのDeepMindが社内的に使っていたニューラルネットワークライブラリSonnetをオープンソース化

    GoogleのDeepMindが今日(米国時間4/7)、同社のオブジェクト指向のニューラルネットワークライブラリSonnetをオープンソースにする、と発表した。SonnetはTensorFlowに置き換わるものではなくて、同社内部の研究のためのベストプラクティスとよくマッチした高レベルのライブラリだ。 続きを読む

  • Microsoftがインドで目の健康のために機械学習を活用、Google DeepMindに対抗

    Microsoftがインドで目の健康のために機械学習を活用、Google DeepMindに対抗

    同じ企業間競争でも、障害者の生活が少しでも良くなるための競争なら、大いに奨励したいね。Microsoft Indiaは、GoogleのDeepMindのやり方に倣って、インドにデータドリブンの視覚障害者支援サービスを導入するための研究グループ、Microsoft Intelligent Network for Eyecare(目のケアのための人工知能ネットワーク)を立ち上げた。 続きを読む

  • TC Disrupt London―DeepMindのMustafa Suleyman、汎用人工知能は「遠い先の話」

    TC Disrupt London―DeepMindのMustafa Suleyman、汎用人工知能は「遠い先の話」

    Googleが 2014年に買収したApplied AIの共同ファウンダーであり、現在DeepMindの責任者を務めるMustafa Suleymanは今日(米国時間12/5)、ロンドンで開催中のTechCrunchカンファレンス、Disrupt Londonに登壇し、スペシャルプロジェクト編集長のJordan Crookのインタビューを受けた。Applied AIという会社、DeepMindのGoogle内での役割、AIの未来などがテーマだった。 続きを読む

  • Google DeepMindの新しい人工知能、DNCは地下鉄路線図から適切な経路を割出す

    Google DeepMindの新しい人工知能、DNCは地下鉄路線図から適切な経路を割出す

    2011年のノンフィクションのベストセラー、『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか』(早川書房)(Thinking, Fast and Slow)でノーベル賞経済学者のダニエル・カーネマンは、人間の思考は基本的に2つに分かれると主張した。この2つの区分はそれぞれ、適切にも、速い思考と遅い思考と名付けられている。前者はいわば「勘に頼る」思考だ。物事に対する最初の直感的、自動的な反応といってもいい。後者は熟慮された内省を経た思考で、これを得るには時間がかかる。DeepMindの新しいアルゴリズムがもたらそうとしているのは、こ… 続きを読む

  • Facebook、Amazon、Google、IBM、MicrosoftがAIで歴史的な提携を発表

    Facebook、Amazon、Google、IBM、MicrosoftがAIで歴史的な提携を発表

    世界最大のテクノロジー企業のグループが今や地球上でもっとも価値のあるデータベースのカギを握っている。歴史的には財貨と貨幣が価値を体現する存在だった。現代ではデータがもっとも重要な通貨だ。.データの価値を最大限にするのはそれをベースとする人工知能だ。誰であれきわめて大規模なデータの持ち主でなければ有効な人工知能テクノロジーを持つことはできない。現在のところそのような規模でデータを所有する企業はFacebook、Amazon、Alphabet(Google)、IBM、Microsoftなどだろう。今日(米国時間9/28)、上述の5社は共同… 続きを読む

  • AIに投資しないリスクを怖れよう

    AIに投資しないリスクを怖れよう

    今後10〜20年間で人工知能がどのように変化するかを予測することは難しい。しかしそこには沢山のことが待ち構えている。2018年までに、ロボットが監督する労働者は300万人以上になるだろう;2020年までには、スマートマシンは3割以上のCIOにとってトッププライオリティの投資対象になる。 ジャーナリズムから顧客サービスといった様々なものが既にAIによって置き換えられつつある。それは徐々に人間の経験と能力を置き換えつつあるのだ。かつて技術の将来と見られていたことがすでにここにある、そして残された唯一の質問は、それはどのようにマスマーケットに… 続きを読む

  • Googleが囲碁の世界チャンピオンに勝ったDeepMindをデータセンターの省エネに利用、冷房費用を40%削減

    Googleが囲碁の世界チャンピオンに勝ったDeepMindをデータセンターの省エネに利用、冷房費用を40%削減

    DeepMindは地球上でもっとも複雑なゲームの名人かもしれないが、でも彼は、Googleのデータセンターのエネルギー問題を解決できるだろうか。ところが、できるのだ。しかも、強力に。 データセンターの電力の用量は、需要や気候条件などさまざまな要因に依存し、電力使用効率の最大化のためにそれらの変数を調整あるいは予測することは、とても難しい。Googleは機械学習をこの問題に適用し、ニューラルモデルの構築により、AIがこれらの要因のすべてを常時把握/監視できるようにした。 続きを読む

  • Google曰く:囲碁チャンピオンを破ることで、人工知能が「人間に見えない答を見つけられる」ことを示した

    Google曰く:囲碁チャンピオンを破ることで、人工知能が「人間に見えない答を見つけられる」ことを示した

    Googleが開発した人工知能(AI)が最強の囲碁プレーヤーを破った歴史的瞬間については数多く語られている。 続きを読む

  • DeepMindのAIに負けた囲碁の世界チャンピオンが最終戦直前のゲームで勝利…AlphaGoを上回る妙手で

    DeepMindのAIに負けた囲碁の世界チャンピオンが最終戦直前のゲームで勝利…AlphaGoを上回る妙手で

    マシン3勝、人間1勝…これが、DeepMindのAlphaGo対人間の囲碁世界チャンピオンLee Sedolの、5番勝負のこれまでの結果だ。 先週GoogleがオーナーであるそのAIは、Sedolとの初戦に勝って歴史的な勝利を達成した。初めてマシンが、世界クラスのプロの囲碁プレーヤーを負かしたのだ。その後、そのアルゴリズムは続く2試合にも勝って3連勝を達成、5番勝負における勝利を確定した。 しかし、まだ2試合残っている今となってSedolは、(The Vergeによれば)第4試合に勝ち、人類のために1勝を取り戻した。 続きを読む

  • GoogleのDeepMindがAIの大きな画期を記す: 囲碁の世界チャンピオンLee Sedolに第一戦で勝利

    GoogleのDeepMindがAIの大きな画期を記す: 囲碁の世界チャンピオンLee Sedolに第一戦で勝利

    GoogleがオーナーであるロンドンのDeepMindの囲碁ソフトが、世界チャンピオンのLee Sedolに勝ち、人工知能(AI)の開発史に特筆すべき新たな画期が刻まれた。 韓国のソウルで行われた五番勝負の第一戦で今日、そのソフトウェアAlphaGoは、Leeが持ち時間29分弱を残す時点で負けを認めたため、早期の勝利を手にした。最後の第五戦は来週火曜日(米国時間3/15)に行われ、YouTubeはそれまでの全試合をライブで放送する。勝者の賞金は、100万ドルだ。 AIの進歩は、戦略ゲームのトッププレーヤーに対する勝利で歴史に刻まれる。チェス… 続きを読む

  • 「人工知能」の新時代到来か。欧州囲碁チャンピオンがコンピューター相手に5戦5敗

    「人工知能」の新時代到来か。欧州囲碁チャンピオンがコンピューター相手に5戦5敗

    史上初めて、コンピューターがプロ囲碁棋士を破った。中国出身でフランスで碁を打っているファン・フイに対して勝利をおさめたのだ。人工知能およびニューラルネットワークが新たな段階に到達したことを意味するできごとだといえる。囲碁でプロを破るのはまだまだ先の話だと思われていたのだ。 続きを読む

  • Google、ビデオゲームを自力で学習しプレイする人工知能の開発に成功

    Google、ビデオゲームを自力で学習しプレイする人工知能の開発に成功

    Googleは自力でコンピュータ・ゲームを学習し、驚くべき成績を上げる人工知能の開発に成功したことを発表した。Bloombergの記事によれば、このプロジェクトはGoogleが昨年買収したロンドンの人工知能スタートアップDeepMindが担当したという。人工知能に与えられたのはAtari 2600の49種類のゲームだというが、多くの読者が子供の頃、最初にプレイしゲームが含まれていることだろう。 続きを読む

  • GoogleがDeepMindを買ったのは人間の心を持つコンピュータを作るため

    GoogleがDeepMindを買ったのは人間の心を持つコンピュータを作るため

    Googleは、かつてチェスの天才少年と呼ばれたイギリスのDemis Hassabisが創業したDeepMindの買収に、少なくとも5億ドルを投じたらしい。この、すでに多くの高名な投資家たちが支援している人工知能企業には、コンピュータが人間のプレイヤーとまったく同じようにビデオゲームをプレイするデモがある。Facebookも同社を買おうとしたらしいが、でも、それはなぜだろう? 続きを読む

  • Google、モノのインターネットの戦略的要衝を次々に占領中

    Google、モノのインターネットの戦略的要衝を次々に占領中

    昨年12月にロボット関連のスタートアップ7社を一気に買収する以前は、Googleのモノのインターネット戦略は箱を開けたばかりのジグソーパズル同様、まったく全容が見えないものだった。 しかしBoston Dynamics、Nest、そしてDeepMindの買収が発表された現在、Googleの狙いが人工知能とロボットを利用したリアルライフのインターネット化にあることが明らかになった。その影響は交通システム、製造業一般から消費者の日常生活のあらゆる側面にまで及ぶ可能性がある。 Googleのリアルライフ・インターネット戦略は、ウェブ検索やオンライ… 続きを読む