duolingo

  • 言語学習のDuolingo、中国語コースを開設

    言語学習のDuolingo、中国語コースを開設

    語学学習アプリケーションのDuolingoは、今年に入って「日本語コース」を設けていた。これは、アジア系言語として初めて登場した学習コースとなった。以来、韓国語コースも開講し、そしてついには中国語コースも開講することになった(モバイル版、ウェブ版の双方で利用できる)。 続きを読む

  • Duolingo、日本語学習のサポートを開始

    Duolingo、日本語学習のサポートを開始

    人気の外国語学習ツールであるDuolingoが、iOSアプリケーションにて日本語のサポートを開始した(日本語を学習することができるようになった)。Android版でも間もなくサポートされる予定であるとのこと。 続きを読む

  • 外国語学習のDuolingoがソーシャルな機能を加えてモチベーションの持続と進捗アップをねらう

    外国語学習のDuolingoがソーシャルな機能を加えてモチベーションの持続と進捗アップをねらう

    今やユーザー数が1億5000万を超えているDuolingoは長年、コンピューターやスマートフォンから誰もが気軽に外国語を勉強できるサービスとして人気があった。でも、教室のような環境と違ってDuolingoで勉強することは孤独な営みだ。そこで同社は今日(米国時間12/29)、言葉を勉強する体験にソーシャルな要素を加えるDuolingo Language Clubsというオプションを導入した。 続きを読む

  • Duolingoのチャットボットは会話を上達させてくれそうだ―当面iOSアプリのみ

    Duolingoのチャットボットは会話を上達させてくれそうだ―当面iOSアプリのみ

    多くのスタートアップがチャットボットの可能性に興奮している。語学学習サイトのDuolingoも最近、外国語の練習に役立つユニークなチャットボットをリリースした。このチャットボットは フランス語、スペイン語、ドイツ語でのテキスト会話に対応しており、さまざまなトピックに応じて異なるキャラクターが与えられている。 続きを読む

  • Duolingoに外国語学習を手助けするチャットボットが登場

    Duolingoに外国語学習を手助けするチャットボットが登場

    チャットボットのブームであるようだが、実際に役立つものが少ないと感じている人も多いようだ。しかし言語学習の際に利用できれば、それはきっと便利なのではないだろうか。学習した内容を、コンテキストの中で使ってみることができれば、身につく度合いも変わってくることだろう。 続きを読む

  • 学習ツールを提供するDuolingo、新しいTinycardsで言語学習以外にも対応開始

    学習ツールを提供するDuolingo、新しいTinycardsで言語学習以外にも対応開始

    モバイル向けの教育アプリケーションでもっとも有名なものといえばDuolingoということになるだろうか。ただし、「教育アプリケーション」とはいっても、これまでは言語の学習に特化したものとなっていた。しかしこの度Tinycards(iOS版)というアプリケーションをリリースし、「記憶力」を使うものであれば多くの学習シーンで利用できるようになった。 続きを読む

  • VC
    オンライン語学サイトのDuolingoがGoogle Capital他から4500万ドルを調達―評価額4億7000万ドルに

    オンライン語学サイトのDuolingoがGoogle Capital他から4500万ドルを調達―評価額4億7000万ドルに

    reCAPTCHAの開発者Luis von Ahnが共同創立した無料のオンライン語学学習サービス、Duolingoは、今日(米国時間6/10)、Google Capitalがリードしたラウンドで4500万ドルの資金を調達したことを発表した。Union Square Ventures、NEA、Kleiner Perkins Caufield & Byersに加えて、Tim Ferrisや俳優でベンチャーキャピタリストのAshton Kutcherなど前回のラウンドの参加者も今回のラウンドに加わっている。 続きを読む

  • Duolingo、無料の学校向け教育プラットフォームをリリース

    Duolingo、無料の学校向け教育プラットフォームをリリース

    有力な語学学習ツールのDuolingoが、今日(米国時間1/8)、学校向けの無料プラットフォーム、Duolingo for Schoolsを発表した。利用は完全に無料だ。 この新しいサービスを利用すれば、教師はダッシュボードからクラスの全生徒の成績をモニタし、学習状況を詳細に知ることができる。 続きを読む

  • オンライン語学学習のDuolingoがTOEFLに代わる英語検定をローンチ

    オンライン語学学習のDuolingoがTOEFLに代わる英語検定をローンチ

    今日(米国時間7/22)、無料のオンライン語学学習サービスのDuolingoは、語学能力の検定を行うTest Centerをスタートさせた。 ここで実施される英語運用能力試験(English Proficiency Exam)は受験者の能力を10段階で評価する。同センターは今後、英語以外の言語についても試験を拡張していく。 当面この試験は無料だが、試験結果を多くの企業が求人の際の資格として認定するようになれば、20ドルの受験料を課す計画だ。 続きを読む

  • 来日中のDuolingo CEO、安価で手軽な語学検定アプリ提供でTOEICもディスラプトする予定と明かす

    来日中のDuolingo CEO、安価で手軽な語学検定アプリ提供でTOEICもディスラプトする予定と明かす

    2週間前に日本語版をローンチして話題の語学学習サービス「Duolingo」(デュオリンゴ)の創業者でCEOのルイス・フォン・アン氏が来日中で、東京・六本木で話を聞く機会があった。Duolingoは、外国語学習をゲーミフィケーションして無償で教材を提供しつつ、一方で、翻訳コンテンツでマネタイズするという興味深いモデルで成長しているが、次は語学検定ビジネスをディスラプトするという。 続きを読む

  • クラウドソース言語学習のDuolingoがiOSアプリで日本語版、中国語版の英語コースをスタート

    クラウドソース言語学習のDuolingoがiOSアプリで日本語版、中国語版の英語コースをスタート

    人気のクラウドソース型言語学習サービスのDuolingoがiOSアプリをアップデートした。Version 4.0にはいろいろ新機能が含まれているが、もっとも重要な点はアジア地域のユーザーに対応したことだろう。 新バージョンには日本語話者、中国語話者のための英語学習コースが含まれている。日本人、中国人向けに他の言語の学習コースも準備されており、近く公開されるということだ。 続きを読む

  • 有力オンライン語学サイト、DuolingoがKleiner Perkinsから2000万ドル調達―グループ機能追加へ

    有力オンライン語学サイト、DuolingoがKleiner Perkinsから2000万ドル調達―グループ機能追加へ

    人気のオンライン語学プラットフォーム、Duolingoは、今日(米国時間2/18)、シリーズCのラウンドで2000万ドルの資金をKleiner Perkins Caufield & Byersから調達したことを発表した。私の取材に対してDuolingoのファウンダー、Luis von Ahnは「この資金を利用してわれわれは語学学習市場のリーダーとなるべく引き続き努力していく」と語った。 これまでDuolingoは2011年にUnion Square VenturesがリードしたシリーズA、2012年にNEAがリードしたシリーズB(1500万ドル… 続きを読む

  • Duolingoでスペイン語を勉強すると大学やRosetta Stoneよりも効果的–という調査結果

    Duolingoでスペイン語を勉強すると大学やRosetta Stoneよりも効果的–という調査結果

    教育のオンライン化が急速に進んでいるが、オンラインで学ぶことの実際の効果については、まだそれほど研究が進んでいない。CAPTCHAを発明したLuis von Ahnが創設した言語学習サービスDuolingoはこのほど、この事業の効果に関する委託調査を行い、その報告書[PDF]を公開した。結果は当のvon Ahnにとっても意外なもので、Duolingoのユーザは、大学の一学期に相当するスペイン語の学習を34時間で習得している。 また、言語学習サイトの老舗であるRosetta Stoneと比較すると、Duolingoのユーザが34時間で習得する内容… 続きを読む

  • OCRにも利用されているreCaptcha。言語学習および翻訳サービスに同様の仕組みを活用するDuolingoが間もなくサービスイン

    OCRにも利用されているreCaptcha。言語学習および翻訳サービスに同様の仕組みを活用するDuolingoが間もなくサービスイン

    無料で語学学習と翻訳サービスの提供をしようと奮闘しているDuolingoが、6月19日にサービスを一般向けに公開するとのことだ。Duolingoは、2011年にreCaptchaのファウンダーであるLuis von Ahnによって構築されたサービスだ。一般公開の話は、現在ニューヨークで行われているTechCrunch Disruptの席で発表されたもの。サイトは2011年後半から英語、スペイン語、ドイツ語にターゲットを絞りプライベートベータにて提供されてきた。 2009年にGoogleが買収したreCaptchaについてはほとんどの人がご存知… 続きを読む

  • 外国語を学習しながら翻訳ができるDuolingo–GoogleがまたAhnのアイデアを買収しそう

    外国語を学習しながら翻訳ができるDuolingo–GoogleがまたAhnのアイデアを買収しそう

    2005年に、当時カーネギーメロン大学の院生だったLuis von Ahnが、あるゲームを思いついた。それは、本物の一般参加型(crowdsourcing)システムの初期の例の一つで、画像を見ている人びとに、その画像にラベルを付けさせて、画像検索を改良するものだった。GoogleはそのESP Gameを2005年に買収し、名前をGoogle Image Labelerに変えた。 2007年に、そのころは教授になっていたAhnは、また、あることを思いついた。人びとがCAPTCHAをタイプするために浪費している時間を、有効利用できる、それを本のデジタ… 続きを読む