earnings

  • アイデンティティサービスのOkta好調な2017Q3、スタートアップ向け無料サービスを開始

    アイデンティティサービスのOkta好調な2017Q3、スタートアップ向け無料サービスを開始

    オンラインのアイデンティティ管理サービスOktaにとって、大きな一日だった。 アナリストたちの予想を凌(しの)ぐ第三四半期の決算報告のその日(米国時間12/6)、同社はさまざまな発表を行った。 続きを読む

  • Yextが2017第三四半期の決算報告を発表、売上は前年比で39%アップ

    Yextが2017第三四半期の決算報告を発表、売上は前年比で39%アップ

    企業やブランドに関して検索や音声アシスタントなどが吐き出す情報を、その企業の最寄りのお店の位置情報などで拡充するサービスYext(米)が、木曜日(米国時間11/30)の市場終了後に本年第三四半期の決算報告を発表した。 ニューヨークに拠を構える同社は、今期の売上4430万ドルを計上した。これは、前年同期比で39%の成長である。アナリストたちの予想は、4385万ドルだった。 続きを読む

  • Apple、絶好調の四半期決算で時価総額9000億ドルを超える

    Apple、絶好調の四半期決算で時価総額9000億ドルを超える

    Appleは1兆ドルに向かって前進を続けている。そして好調な会計第4四半期決算が株価を引き上げ、時価総額は瞬間的に9000億ドルを超えた ―― その後はそのわずか下で安定している。 続きを読む

  • Apple、2017年Q4決算でウォール街予測を一蹴

    Apple、2017年Q4決算でウォール街予測を一蹴

    Appleは2017年第4四半期決算でウォール街予測を大きく上回った。
    Appleは、この四半期が業界ウォッチャーの予想より良くなるという基調をすでに打ち出していた。そして決算発表後の僅かな期間、Appleの時価総額は9000億ドルを超えた。ウォール街にその兆候を示して以来、Appleは新たな需要に火をつける次世代スマートフォンと人々にそのスマートフォンを使い続けさせる一連の製品群を携え、1兆ドル企業に向かって邁進している。今年に入ってからの高騰は目覚ましくこの決算前に50%近く上げている。 続きを読む

  • Apple、今週の決算報告で1兆ドル企業に名乗り

    Apple、今週の決算報告で1兆ドル企業に名乗り

    人々が1000ドル以上払って〈いずれ〉iPhone Xを手に入れる権利(あるいはその〈いずれ〉iPhone Xを手に入れる権利を1500ドル以上で売る権利)を獲得している一方で、Appleは同社が1兆ドル企業になれるかどうかの実態をウォール街に示すべく順調に仕事を進めている。 続きを読む

  • Microsoftの決算はウォール街の予想をあっさり上回りクラウドは年商$20Bを超えるペース

    Microsoftの決算はウォール街の予想をあっさり上回りクラウドは年商$20Bを超えるペース

    【抄訳】
    Microsoftが今日(米国時間10/26)、2018会計年度第一四半期(2017/7-9)の決算報告を発表した(おかしな会計年度だが、これがMicrosoft流!)。ウォール街の俊英アナリストたちはその売上を約235億600万ドル、EPSを72セントと予想していたが、実際の数字は売上が245億ドル、調整後のEPSが84セントとなり、前年同期の223億3000万ドル、76セントを上回った。 続きを読む

  • Amazon、好調の四半期決算で株価は1000ドル超え

    Amazon、好調の四半期決算で株価は1000ドル超え

    木曜日(米国時間10/26)の株式市場終了後、Amazonは第3四半期決算を発表し、ウォール街の予測を上回った。株価は時間外取引ですぐに7%上昇し、1000ドルの大台に乗った。 続きを読む

  • Atlassianは絶好調、IPOから2年足らずで時価総額は50%増、決算報告で株価急上昇

    Atlassianは絶好調、IPOから2年足らずで時価総額は50%増、決算報告で株価急上昇

    2015年の終わりに行われたAtlassianの上場は、やや変則的だった: 同社の良好な数字は、すでに利益が出ていることを示していた。 そのIPOから約2年、同社の時価総額はほぼ90億ドルだ。IPOの初日には32%急伸し、時価総額は58億ドルだった。 続きを読む

  • Tesla、勤務評定後に社員数百名を解雇

    Tesla、勤務評定後に社員数百名を解雇

    Teslaは、年次勤務評定の後、従業員数百人を解雇したとTechCrunchに伝えた。ニュースはThe Mercury Newsが最初に報じた。 続きを読む

  • 死んだはずのBlackBerryがソフトウェア企業として蘇生、業績も株価も好調

    死んだはずのBlackBerryがソフトウェア企業として蘇生、業績も株価も好調

    死んだはずの企業がまだ生きていた、といえばBlackBerryのことかもしれないが、しかし同社はCEO John Chenのリーダーシップのもとで、ソフトウェア企業として再生しつつある。最近の四半期決算報告でも、業態転換の効果が顕著だ。 続きを読む