echo

  • Amazon、新型Echoの「(RED)」バージョンを期間限定で発売

    Amazon、新型Echoの「(RED)」バージョンを期間限定で発売

    新しいEchoは、前機種よりもルックスがよい。その理由は主として布地のカバーリングにある。このたび新しい選択肢が増える。特別限定「PRODUCT(RED)」モデルだ。その名にふさわしく布地のアウターは赤で、購入価格(他のEchoと同じく99.99ドル)の中から10ドルが、Global Fundを通じて(RED)のAIDS撲滅キャンペーンに贈られる。 続きを読む

  • AmazonのAlexaデバイスが声で個人を識別できるようになった…Echoの各人利用が可能

    AmazonのAlexaデバイスが声で個人を識別できるようになった…Echoの各人利用が可能

    Amazon Echoの最大の盲点のひとつが解決した。ついに、やっと、今日(米国時間10/11)から、声を聞き分ける機能が加わったのだ。家族のいる家庭では、声を認識してEchoの利用を個人化できる。ショッピングリストや音楽の選択などを、個人別にできるのだ。 続きを読む

  • データで比べるスマートスピーカー

    データで比べるスマートスピーカー

    ここ数年で、家庭用スマートアシスタントが大いに注目を集めるようになってきた。さらにこの2週間ほどの間で、Amazon、Google、加えてSonosなどが立て続けにスマートスピーカーに関連するイベントを開催し、この分野への注目度が高まっている。 続きを読む

  • 今やAmazon Echoは8機種もある!、便利な比較一覧表を作ってみた

    今やAmazon Echoは8機種もある!、便利な比較一覧表を作ってみた

    どのAmazon Echoを買うべきだろう? 今日(米国時間9/27)新しく発表されたEcho 2, Plus, Spot, Connect, それともButtonsか? 続きを読む

  • Amazonから新しい低価格ガジェット6種類――すべて150ドル以下

    Amazonから新しい低価格ガジェット6種類――すべて150ドル以下

    Amazonが1000ドルのiPhoneを発表した後にAmazonは6種類の一見雑多なガジェットを発表したが、どれも150ドルを超えないお手頃価格だった。 あきらかにAmazonの方針は「マージンなどくそくらえ」だ。Amazonは製品を可能なかぎり安く売る。この「低価格レース」はAmazonの標準的戦略で、Kindleの電子書籍リーダーからKindle Fireタブレットまで一貫している。Amazonはこのコンセプトを試すための製品を発表し市場の反応を試す。反応が良ければ、いってみればクラーケンのような怪物的製品が後に続く。 続きを読む

  • Amazon、130ドルのEcho Spotでスマート目覚まし時計と対決

    Amazon、130ドルのEcho Spotでスマート目覚まし時計と対決

    これまで多くの人たちが、スマートクロックを世に送り出そうとして挑戦と失敗をくりかえしてきたが(Chumbyを覚えてますか?)、この約束を果たすのにAmazonほど良い位置にいるものはない。それは、実質的にちいさなEcho Showだ。Echo Show × Echo Dot = Echo Spot。おわかりだろうか? 続きを読む

  • Amazon、買収したWhole Foodsの店頭でEchoを販売

    Amazon、買収したWhole Foodsの店頭でEchoを販売

    Amazonについて確かに言えることがひとつある。動きが速い。小売りの巨人による137億ドルのWhole Foods買収は、今日(米国時間8/28)正式に成立したばかりだが、すでに縄張りのマーキングを始めている。全米のWhole Foodsの戦略的拠点にAmazon Echoスピーカーが出現し、この「産地直送」デバイスを「季節のえりすぐり」として宣伝している。 続きを読む

  • 家庭のテレビをスマートホームのモニタシステムにしたいAmazonの野心、まずささやかにFire TVのリモコンの完全音声化から

    家庭のテレビをスマートホームのモニタシステムにしたいAmazonの野心、まずささやかにFire TVのリモコンの完全音声化から

    AmazonのFire TVはすでに音声でテレビをコントロールできるが、そのためにはリモコンを手に持つ必要がある。そこで今回AmazonのセットトップボックスはEchoの助けを借りて、ユーザーが自分の腕や指を動かさなくてもリモートコントロールができる方法を身につけた。 今日(米国時間8/1)からユーザーは、AmazonのスマートホームハブAlexa/Echoに命じるだけで、番組を選んだり、チャンネルを変えたり、ボリュームを調節したり、アプリを開いたりできる。 続きを読む

  • Amazonのプライムデー・セールス、Amazon Echo人気が圧倒的

    Amazonのプライムデー・セールス、Amazon Echo人気が圧倒的

    今年のAmazonのプライムデー・セールスは「記録的」なものとなったようだ。30時間にわたって開催されたプライムデー・セールスでは、大幅に値引きされたEchoデバイスや、さまざまのメーカーからの各種プロダクト(Amazonの言葉を借りれば「何十万もの商品」)が大いに売れ、昨年のプライムデーを60%上回る、過去最高の売上を達成した日となったようだ。 続きを読む

  • Amazon Alexaのスキルが15000を突破、わずか半年で倍増、競合製品を圧倒

    Amazon Alexaのスキルが15000を突破、わずか半年で倍増、競合製品を圧倒

    【抄訳】
    Amazonの音声プラットホームAlexaの‘スキル’が、15000を超えた。それらが、EchoスピーカーやEcho Dot、Echo Showなどのデバイスの上で、多彩な‘芸’を披露する。Amazonの2月の発表では10000だったが、それ自体は昨年9月に比べて3倍増だった。 続きを読む

  • Amazon Echoを家庭内のインターコムとして使えるようになった、Showの機能を借用

    Amazon Echoを家庭内のインターコムとして使えるようになった、Showの機能を借用

    Echo Showの発売を数日後に控えたAmazonが、そのわずかな間隙を縫うかのように、これまでのEchoデバイスに前から望まれていたインターコム(intercom, 屋内通話)機能を導入した。この追加機能は、Showを持ってる人たち同士のための会議機能Drop-Inを利用して実装されている。Showでは、その会議機能で遠く離れた家族や友だちなどと互いに顔を見ながらおしゃべりできるが、若干の制約はある。 そちらの方は今週試してみて、あまり好きになれなかった。ふつうのテレビ電話などに比べて、強引すぎるのだ。でもこっちのインターコムの方は、よ… 続きを読む

  • 音声アシスタント製品をパートナーに任せるMicrosoft、Harman Kardonの次はHPとIntelが参加

    音声アシスタント製品をパートナーに任せるMicrosoft、Harman Kardonの次はHPとIntelが参加

    今週初めには、スピーカーの名門メーカーHarman Kardonが、Microsoftの音声アシスタント・システムCortanaを載せたAmazon Echo対抗製品Invokeを発表した。サードパーティのCortana製品はそれが初めてだが、いつまでも‘唯一’ではない。今日(米国時間5/10)Microsoftは、HPが同様の製品を作ることで同社と契約した、と発表した。Intelもこのゲームに参加し、Cortanaが動くデバイスの参照設計を近くローンチする、と約束した。 続きを読む

  • Amazonの新しい開発キットでAlexaの遠方界技術をさらに多くのサードパーティ製品が利用できる

    Amazonの新しい開発キットでAlexaの遠方界技術をさらに多くのサードパーティ製品が利用できる

    昨年の12月に、部品メーカーのConexantが、製品にAlexaを組み込みたいと考えているサードパーティのメーカーのために、Amazonと共同して開発キットを作る、と発表した。さらにそのフォローアップとして、Alexa Voice Serviceのための開発キットAudioSmart Development Kitに、マイクロフォンが4つのキットが登場した。 続きを読む

  • メインストリーム化の道を歩むAmazon Echo

    メインストリーム化の道を歩むAmazon Echo

    自らしゃべる小さなスピーカーであるAmazon Echoは、「成功」の段階を超えて進みつつあるようだ。そうレポートしたのはデータ収集解析ファームのSlice Intelligenceだ。年末のホリデー期間にも数多くのデバイスを売り上げたのみならず、購入者層の幅を大きく拡大しているようなのだ。 続きを読む

  • Amazonは、ホリデーシーズンにAmazon Echoを9倍売った

    Amazonは、ホリデーシーズンにAmazon Echoを9倍売った

    さて、Amazonは今年のホリデーシーズンに大量のEchoを売ったそうだ。同社によると昨年の9倍だ。もちろんこの会社はこの手の数字を具体的に発表することはないのだが、今日のプレスリリースには全世界で「数百万」を販売したと書いてある。 続きを読む

  • Amazon Alexaのスキルが1000を突破(1月にはわずか135だったのに)…スキルストアの整備が早急に必要

    Amazon Alexaのスキルが1000を突破(1月にはわずか135だったのに)…スキルストアの整備が早急に必要

    AmazonのEchoスピーカーとその子孫Dot and Tapは、消費者に好まれる家庭用の“お利口な”スピーカー、そして声を出すコンピューターとして、人気が拡大している。しかしそこにはさらに、“スキル(skill(s))”と呼ばれるアドオンをめぐってデベロッパーの関心の高まりもある。スキルは、AmazonのパーソナルアシスタントAlexaに教える新しいワザのことで、Uberを呼んだり、ピザを注文したりなど、いろいろある。今日(米国時間6/3)Amazonは、Alexaのアプリストア(のよう… 続きを読む

  • AmazonのAlexaにWebブラウザーから質問できるEchosim.ioがローンチ

    AmazonのAlexaにWebブラウザーから質問できるEchosim.ioがローンチ

    Amazonの音声で応答するAIソフトウェアAlexaは、これまでEchoやDot and Tapで使われていたが、今度はそれをWebブラウザーから利用できるサイト、Echosim.ioがオープンした。 ログインはAmazonのアカウントで行い、マイクの形をしたボタンを押してAlexaに質問する。 続きを読む

  • Echo Dotがどうしても欲しい人、Amazonの制約をバイパスして今日オーダーできる方法がこれだ

    Echo Dotがどうしても欲しい人、Amazonの制約をバイパスして今日オーダーできる方法がこれだ

    Amazonは、90ドルのEcho Dotの予約を難しくしている。でも、まだ方法はある。しかも、簡単に列に割り込める方法だ。ただし、急いだ方がよい。Amazonがこの抜け穴を、いつ塞ぐか分からないからね。 Echo Dotを予約するには: 続きを読む

  • スマートスピーカーのAmazon Echoで、ピザが注文できるようになった

    スマートスピーカーのAmazon Echoで、ピザが注文できるようになった

    Amazonのインターネットとつながるスピーカー、Amazon Echoを買う理由を探している人へ:今度はあなたの声でピザを注文できるようになった。私の夢は全部実現したかって? イエス。たしかに。実際にはこの機能は宅配ビザチェーンDomino’sのサードパーティーアプリケーションを通じて実現される。Domino’sはこの一年間新しいデジタル注文システムを実験中で、ツイートに絵文字を送ってピザを注文するオプションもある。 続きを読む

  • Amazon、AlexaとEchoをアンバンドル、それぞれをサードパーティーに公開―1億ドルの支援ファンドも

    Amazon、AlexaとEchoをアンバンドル、それぞれをサードパーティーに公開―1億ドルの支援ファンドも

    Amazonは私が昨日述べた希望を早くもかなえてくれた。AmazonはAlexaバーチャル・アシスタントとその最初のハードウェアである「つながったスピーカー」、Echoに対するハード、ソフト両面でのサポートを大きく拡大した。 今日(米国時間6/25)、 AmazonはサードパーティーのデベロッパーがアプリにAlexaの機能を容易に組み込めるようにするAPI、Alexa Voice Serviceを発表した。またAlexaの音声認識機能を利用するデベロッパーやガジェット・メーカーを支援するため総額1億ドルに上るAlexa Fundがスタートした。… 続きを読む

  • Amazon Echoは、Siri風アシスタントが常時待機している199ドルのスピーカー

    Amazon Echoは、Siri風アシスタントが常時待機している199ドルのスピーカー


    Amazonは、現在どのIT企業も同等品を出していない新製品を発表した ― つながっているスピーカー、Echoは、常時オン状態で待機して、バーチャルアシスタントが利用者の命令を聞いて情報を知らせたり作業を開始したりする。 続きを読む

  • Facebook、外部サイト用コメントシステムまもなく公開か?

    Facebook、外部サイト用コメントシステムまもなく公開か?

    昨年10月、Facebookがコメント用プラグインを全面改訂するというニュースが駆けめぐった。Disqus、Echo、Livefyreといったコメントサービスのスタートアップは背筋が凍る思いだっただろう。当時本誌に宛てられた声明によると、Facebookは改訂があることを認め、曖昧に「近々さらに発表できることがある」と言っていた。しかし、あれから数ヵ月たった今、何もない。しかし、いよいよ何かが起こりそうだ。 Facebookは、外部の第3者サイト向けの本格的コメントシステムを発表直前であると、CNETのCaroline McCarthyが… 続きを読む

  • Echo:ブログに投稿されたコメントを好きな場所にリアルタイムで更新表示するReal-Time Riverをリリース

    Echo:ブログに投稿されたコメントを好きな場所にリアルタイムで更新表示するReal-Time Riverをリリース

    「リアルタイム」を強く意識したコメントプラットフォームを提供しているEchoがReal-Time Riverなる新プロダクトを発表した。これによりサイトでは寄せられたコメントを、サイト内の望む場所に表示することができるようになる。たとえばふつうはヘッドラインおよび短い抜粋を掲載しているトップページに、併せてコメントも表示させることなども行えるわけだ。 ヘッドライン中にコメントも表示する例は、こちらのデモページでご覧いただくことができる(TechCrunch画面がサンプルになっている)。記事の抜粋部分のすぐ下にコメントが表示されているのがお… 続きを読む

  • Echo、サイトへのコメントとソーシャルネットワークでの関連情報を同時に表示するリアルタイムウィジェットをリリース

    Echo、サイトへのコメントとソーシャルネットワークでの関連情報を同時に表示するリアルタイムウィジェットをリリース

    かつてJS-Kitという名前で知られていた、リアルタイムコメントエンジンを提供してるEchoが、新たに新着コメント表示ウィジェットをリリースした。運営するサイトのトップページや記事掲載ページに読者からのコメントストリームを表示するためのものだ。 運営サイトのどの記事に投稿されたコメントでもウィジェットに表示できるし、また特定のコメントのみを表示させることもできる。またサイトのコメントだけでなくTwitterでの発言やDigg等、Echoが対象としている他のソーシャルネットワークでの発言を表示させることもできる。またこちらでも表示するコメ… 続きを読む

  • ブログなどの悪質コメントを撃退するLivefyreに投資家たちの期待も大

    ブログなどの悪質コメントを撃退するLivefyreに投資家たちの期待も大

    Webサイトに書き込まれるコメントは、今やひどい状態だ。訪問者の比較的多いサイトは、だいたいどこでもひどい。たまに良質なコメントもあるが、多いのはジョーク、アホ発言、単なるイジメ、などだ。Webは対話のための偉大なメディアだと考えると、この状態は放置できない。そこでLivefyreが、対策に乗り出そうとしている。 Livefyreが昨年12月に非公開ベータで立ち上がったときは、”知的な会話のスレッドを作る”をテーマにしていた。ただし取り上げる対象のほとんどは、Twitter上のトピックだった。CEOのJordan… 続きを読む

  • 一箇所でWeb上の全部を見れる!–ECHOのリアルタイムコメント集積サービスをTechCrunchでテスト

    一箇所でWeb上の全部を見れる!–ECHOのリアルタイムコメント集積サービスをTechCrunchでテスト

    “私は本日この席に、コメントの死を宣言するために参上いたしました。” JS-KitのCEO Khris Louxは、本誌主催のリアルタイムストリームCrunchUpカンファレンスの、あいさつの冒頭でこう述べた。そのあと彼が紹介したECHOは、これからのWeb上の会話はこうあるべきとJS-Kitが信ずる形を示す新製品だ。今日(米国時間7/31)本誌は、このシステムの、やや制約のあるテストを、TechCrunchのネットワーク上で行ってみた。 続きを読む