Evernote

  • 「ソーシャル・ネットワーク+Evernote」をイメージするMrOwl

    「ソーシャル・ネットワーク+Evernote」をイメージするMrOwl

    ソーシャル・ネットワークとEvernoteが融合したようなアプリケーションが登場してきた。ArvindおよびBecky Raichurによるもので、データの保管や共有を簡単に行うことができるようになっている。しかもあらゆるデータ形式に対応しているのだ。 続きを読む

  • Evernote Mac版で添付データが消えてしまうトラブル発生

    Evernote Mac版で添付データが消えてしまうトラブル発生

    Mac版Evernoteの特定バージョンを使っている人に対し、データが消えてしまうか可能性がある旨のメールが送られた。すべてのMac版で問題があるわけではないのだが、メール受信者に対しては、直ちにEvernoteのアップデートを行うように促している。 続きを読む

  • Evernoteの波乱続く―Alex Pachikovなど著名副社長2人が辞任

    Evernoteの波乱続く―Alex Pachikovなど著名副社長2人が辞任

    Evernoteでは依然として過渡期が続いているようだ。それを証拠立てるように、国際的にも有名な副社長2人が同社を離れたことが伝えられた。パートナーシップ開発担当副社長でEvernoteの設立最初期から9年以上在籍していたAlex Pachikovが来年1月に新天地を求めることをTechCrunchはつかんだ。またLinkedInのプロフィールによれば、ブランド担当副社長のAndrew Sinkovも最近Evernoteを離れている。 こうした人材の流出の5ヶ月ほど前に、CEOで共同ファウンダーでもあるフィル・リビンがエグゼクティブ・チェエ… 続きを読む

  • Evernoteの就任間もないCOO、Linda Kozlowskiが年内退職へ

    Evernoteの就任間もないCOO、Linda Kozlowskiが年内退職へ

    Evernoteは、人の生活やそれ以上の物事に関するアイデアとメモを残すプラットフォームとして名を成してきた。しかし、同じ永続性はそこで働く人々にはあてはまらなかった。 続きを読む

  • Evernote、元Googleのクリス・オニールが新CEO、ファウンダーのフィル・リビンはエグゼクティブ・チェアマン

    Evernote、元Googleのクリス・オニールが新CEO、ファウンダーのフィル・リビンはエグゼクティブ・チェアマン

    今日(米国時間7/20)、Evernoteのトップに異動があった。Chris O’Neillが新CEOにスカウトされ、ファウンダーのPhil Libinはエグゼティブ・チェアマンに就いた。これに伴ってLibinは今後「Evernoteの次世代プロダクト開発にさらに密接に関わっていく」ということだ。 O’NeillはGoogleで10年近くさまざまな職を経験してきたが、最近はGoogle [X]のグローバル・ビジネスの責任者を務めた。 続きを読む

  • Evernote、新料金体系をスタート。低価格の中間プランを導入、プレミアムは値上げ

    Evernote、新料金体系をスタート。低価格の中間プランを導入、プレミアムは値上げ

    昨年の約束通り、Evernoteは今日(米国時間4/29)新たな料金体系を導入し、同サービスの無料プランとプレミアムプランの中間に位置するユーザーが購入しやすいプランを追加した。従来のプレミアムプランは5ドル/月から5.99ドル/月に値上げされる。 続きを読む

  • 日経、Evernoteに2000万ドルを出資してサービス提携へ

    日経、Evernoteに2000万ドルを出資してサービス提携へ

    Evernoteは、日本のメディアコングロマリットであり、「日本経済新聞」や英文の「Nikkei Asian Review」などを発行する日経から2000万ドルの資金を調達したとアナウンスした。また日経はEvernoteが先月発表したContextに対応する情報を提供していくことにもなるようだ。 続きを読む

  • Evernote、ウェブ版アプリケーションを刷新(現在はベータ版)

    Evernote、ウェブ版アプリケーションを刷新(現在はベータ版)

    Evernoteのウェブクライアントが大きく変更されることとなるようだ。EC4カンファレンスでLibinが発した言葉によれば、これまでのウェブクライアントには特徴的な魅力がなかったのではないかとのこと。メモを書くときに、書くことに集中できるシンプルな(melt awayする)インタフェースを実装したのだそうだ。 続きを読む

  • TC Cribs: Evernote本社訪問―なんと全社員がバリスタの講習を受ける

    TC Cribs: Evernote本社訪問―なんと全社員がバリスタの講習を受ける

    テクノロジー企業のオフィスをビデオで紹介するTechCrunch Cribsの今回の訪問先はサンフランシスコの南50キロのレッドウッド・シティーにある「なんでも記憶する」サービス、Evernoteの本社だ。 良く知られているようにEvernoteは「100年続く会社」を目指している。だからどんなに社員が増えてもいいように巨大なビルを借りきっている。 上のビデオでもわかるように、以前からEvernoteが使っていたフロアと最近使い始めたフロアでは雰囲気がまるで違う。Evernoteが拡大するにつれてこのビルもどんどん愉快な場所になっていくに違… 続きを読む

  • Evernote、Google Drive、およびDropboxのデータをマインドマップ化するMohiomap

    Evernote、Google Drive、およびDropboxのデータをマインドマップ化するMohiomap

    読者の方々にも、情報保管にはEvernoteを使っているという人が多いことだろう。筆者もやはりEvernoteを利用している。使うにあたっては、ノートブックを分割したり、タグを工夫して効率的な管理を心がけている。しかし何年分ものPDFファイルやウェブのクリッピング、そしてもちろん各種ノートが増殖し続け、今や全く管理不能な状態になってもいる。 もしかするとMohiomapが、そうした状況を救ってくれるのかもしれない。Evernoteをマインドマップ化するウェブアプリケーションだ。 続きを読む

  • ブランド商品を販売するEvernote Market、月次売上全体の30%を占めるまでに成長

    ブランド商品を販売するEvernote Market、月次売上全体の30%を占めるまでに成長

    EvernoteのCEOであるPhil Libinが、パリで行われているLeWebで壇上に立った。Libin曰く、フリーミアムのEvernoteで100万ドルの売り上げを達成するには16ヵ月を要した。それがEvernote Businessは5ヵ月でこの金額を達成し、そして9月に開設したEvernote Marketは、なんと1ヵ月で100万ドルを達成したのだそうだ。 続きを読む

  • ケビン・ローズがEvernoteのファウンダー、CEO、フィル・リビンにインタビュー―スタートアップはゼロサム・ゲームではない

    〔この記事はKevin Roseの執筆〕 私のFoundationシリーズ、今回はEvernoteのファウンダー、CEO、Phil LibinをSTART SFカンファレンスの会場でインタビューした。Philは「クラウド」というバズワードについて語り、「イノベーションとかクラウドという言葉をたくさん使う会社ほど中身がない」と批判した。またEvernoteを100年続く会社にする戦略や暗号化を魅力的に見せる方法などについても語った。 以下はPhilのビジネス上の競争に関するバランスの取れた意見だ。 続きを読む

  • Evernote、To-Doないしプロジェクト管理用途向けに希望の多かったリマインダ機能を実現

    Evernote、To-Doないしプロジェクト管理用途向けに希望の多かったリマインダ機能を実現

    EvernoteをTo-doリストアプリケーションとして使っている人も多い。そういう人にとって、きっと大歓迎のアップデートだろう。EvernoteおよびEvernote Businessでリマインダが利用できるようになったのだ。とりあえず対応したのはMac、iOSおよびウェブ版。Mac版およびウェブ版では右上に、そしてモバイル(iPhoneおよびiPad)版では下の方にある目覚まし時計アイコンで設定することができる。 続きを読む

  • Evernoteのノートブックをブログ化するPostach.io、ベータ版にてサービス提供中

    Evernoteのノートブックをブログ化するPostach.io、ベータ版にてサービス提供中

    EvernoteのDevcupと呼ばれるハッカソンにも参加しているPostach.ioがなかなか面白い。Evernoteのノートブックをコンテンツ・マネジメント・システムとしてブログを構築するものだ。提供しているのはバンクーバーのInput Logic。サービスを提供し始めて4週間ほどだがEvernoteともマネタイズについて話をしつつ、また投資家からの資金も獲得している。 続きを読む

  • Evernote、韓国のメッセージングの巨人KakaoTalkと提携

    Evernote、韓国のメッセージングの巨人KakaoTalkと提携

    Evernoteが9000万人のKakaoTalk登録ユーザーを狙って、韓国のメッセージの巨人と提携し、KakaoTalkモバイルアプリにEvernote統合機能を追加する。 米国内に400万人近くユーザーがいるにもかかわらず、KakaoTalkを知っている人は稀だろう。このメッセージング・アプリは主に韓国系アメリカ人(例えば私)が、国内外の友人や家族と連絡を取るために使われている。しかし韓国では、KakaoTalkの存在は巨大だ。このアプリは同国スマートフォンの95%にインストールされており、日本でも少ないながら1500万人のユーザー… 続きを読む

  • EvernoteがホンダとDocomoと提携、シリコンバレーでスタートアップ支援のアクセラレータ・プログラム実施へ

    今日(米国時間4/16)、「すべてを記憶する」サービス、Evernoteは、ホンダとDocomoと協力してEvernote Acceleratorと名付けたスタートアップ向けの1ヶ月の集中指導プログラムをスタートさせることを発表した。 実施の場所はシリコンバレーのRedwood CityにあるEvernoteの本社だ。世界中のEvernote APIを利用してプロダクトを開発しようとする個人あるいは小規模スタートアップのデベロッパーが対象となる。このプログラムはEvernoteが自社の提供するサービスの範囲を超えて、サードパーティのデベロッ… 続きを読む

  • 新経済サミット2013:シリコンバレーのエコシステムを日本に作るには何が必要か

    新経済サミット2013:シリコンバレーのエコシステムを日本に作るには何が必要か

    シリコンバレーではスタートアップが次から次へと立ち上がる。投資家が彼らに資金提供し、成長を加速させIPOやバイアウトを成し遂げる。成功した起業家は再度スタートアップするのであれ、投資家サイドにつくのであれ、またシリコンバレー内で活動を続ける。この様子を見て世界各国から人材が集まり、さらに質と量が増していく。このような好循環エコシステムがシリコンバレーにはある。 このエコシステムは日本では作ることができないのだろうか。また、できるならば何が必要なのだろうか。本日開催された新経済サミット2013のセッションの1つではシリコンバレーで活躍する… 続きを読む

  • Evernote 5、Android版リリース―カメラは連続撮影が可能に、モレスキンのスマートノートにも対応

    Evernote 5、Android版リリース―カメラは連続撮影が可能に、モレスキンのスマートノートにも対応

    Evernoteは先ほどAndroidアプリを5.0にバージョンアップした。最近iOS版とMac OS X版のアップデートと内容はほぼ同様だ。UIが改良された他、左にスワイプするとショートカット・ページがポップアップし、カメラの機能も強化されている。 新しいページカメラ・モードはEvernoteをでメモを取るより写真を撮って保存するような使い方をしている私にはことにありがたい。テキストの写真を撮影すると自動的に傾きや影などを修正しコントラストを高めて読みやすくしてくれる。またカメラを閉じずに複数の写真を連続して撮影し、1つのノートに保存でき… 続きを読む

  • GoogleがEvernote風のなんでもノートするサービス、Keepのウェブ版とAndroidアプリを正式公開

    GoogleがEvernote風のなんでもノートするサービス、Keepのウェブ版とAndroidアプリを正式公開

    一瞬現れてすぐ消えたノート・アプリ、Google Keepが正式公開の運びとなった。Googleはプロモーションビデオ入りのブログ記事でKeepをお披露目した。同時にAndroidアプリもGoogle Playストアに登場した(Android 4.0以降)。 「Keepはペンや紙なしに頭に浮かんだことや関心を抱いたことをすばやくメモするためのツールだ」とソフトウェア・エンジニアのKatherine Kuanはブログ記事で説明している。このアプリはキーボード入力以外にも音声メモを文字に書き起こす機能を備えている〔日本語にも対応〕。記録はウェブに同… 続きを読む

  • Evernote Food、FoursquareやOpenTableと連携、レシピ共有など新機能も多数

    Evernote Food、FoursquareやOpenTableと連携、レシピ共有など新機能も多数

    Evernote Foodがリリースされてから1年になる。今日(米国時間3/19)、レストランや料理の情報を共有するこのモバイル・アプリがアップデートされた。 OpenTableによる予約、Foursquareによる格付け、レシピの共有がサポートされるなど大きく機能が強化された。 今回のアップデートは昨年12月のEvernote Food 2.0のリリースで iPadの大きいスクリーンに初めて対応したのに続くものだ。これまでもこのアプリにレシピを記録することはできたが、検索はできなかった。今回、Punchforkとの提携のおかげで料理名、素材、ブ… 続きを読む

  • Google、ノート作成アプリケーションのGoogle Keepを公開…してあっという間に閉鎖

    Google、ノート作成アプリケーションのGoogle Keepを公開…してあっという間に閉鎖

    Googleがついにノート作成アプリケーションであるGoogle Keepを公開した。但し、すぐに閉鎖されてしまった。しかし公開されていたほんの僅かの間に、Android Policeがスクリーンショットなどのデータを収集して記事にしている。 続きを読む

  • Evernoteが全ユーザにパスワード変更を要請: 大規模ハッキング行為で個人情報が漏出

    Evernoteが全ユーザにパスワード変更を要請: 大規模ハッキング行為で個人情報が漏出

    人気のパーソナルノートサービスEvernoteが、その5000万近いユーザに、パスワードの変更を要請している。同社は一両日前に、最近大きく報道されている大規模なハッキング行為の、最新の犠牲者になった。これまでの数週間で、TwitterやFacebookなどなども、同種の被害に遭っている。 EvernoteのファウンダでCEOのPhil Libinによると、サイトは全体的に順調に稼働しているが、現状ではユーザに対し、パスワードの変更を求めるフォームが表示される。“この異常事態のため、サーバが混雑し、アクセスが不調になることもある… 続きを読む

  • 知り合いをすべて覚えるアプリEvernote Hello 2.0リリース―名刺スキャンや音波近接通信など新機能盛りだくさん

    知り合いをすべて覚えるアプリEvernote Hello 2.0リリース―名刺スキャンや音波近接通信など新機能盛りだくさん

    今日(米国時間1/31)、Evernoteは知り合いについての情報をすべて覚えてくれるアプリHelloのiOS版の能力を大幅に強化した2.0を発表した。最初のバージョンは2011年の12月に発表されている。 Hello 2.0アプリには名刺のスキャニングや近くのEvenoteと音を使ってデータ交換するEvernote Connectなど新機能満載だ。今週私はEvernoteのCEO、フィル・リビンにインタビューしたが、「Helloはアドレス帳に革命を起こすというのが当初の目的だ。今回はその目標にさらに近づくために使いやすさと機能を充実させた… 続きを読む

  • Livescribe Sky WiFiは、手書きメモを取りながら録音もできる受信機不要のデジタルペン

    Livescribe Sky WiFiは、手書きメモを取りながら録音もできる受信機不要のデジタルペン

    ショートバージョン:Livescribeがまたまたスマートペンを改良した。2大変更点は、Wi-Fiの追加とEvernoteの統合だ。このペンは同期やノートの保存にEvernoteを使用するとともに依存するようになった。
    機能: ボールペン マイクロフォン WiFi 2、4、または8 GB 169.95ドル、199.95ドル、または249.95ドル メーカーの製品ページ 続きを読む

  • ブックスキャンのアメリカ版書籍電子化サービス、1DollarScanがEvernote APIを利用してより便利に ― スキャンデータをEvernoteに保存

    ブックスキャンのアメリカ版書籍電子化サービス、1DollarScanがEvernote APIを利用してより便利に ― スキャンデータをEvernoteに保存

    Evernoteのアプリとソリューションを紹介するカンファレンスを明日(米国時間8/24)に控えて、書籍の自炊代行サービス、 1DollarScanがEvernoteのAPIを利用した新アプリを発表した。 サードパーティーがEvernoteにこの種の機能を提供するのはこれが最初だ。1DollarScanは顧客から送られた本を断裁、スキャンした上でデータをクラウドに保存する。顧客はスキャンされた本をEvernoteのアプリをインストールしたすべてのデバイス(Mac、Windows、スマートフォン、タブレットなど)で読み、メモを書き込むことが… 続きを読む

  • Evernoteのフィル・リビンが現状を報告―ユーザーは3400万人、140万人が有料とさらに急成長続く

    Evernoteのフィル・リビンが現状を報告―ユーザーは3400万人、140万人が有料とさらに急成長続く

    「すべてを記憶する」サービス、Evernoteのファウンダー、CEOのフィル・リビンは10億ドルの会社評価額を獲得し、まだ実現までに多少の時間がかかりそうだとはいえ、株式上場の準備を進めている。昨日(米国時間6/19)、リビンはロンドンで開催中のLeWebカンファレンスに登壇し、Evernoteに関する最新の数字をいくつか公表した。 リビンによれば、全世界でのユーザー総数は3400万人、 有料ユーザーは140万人だという。最近5月に7000万ドルを調達したときの発表で全ユーザー2500万、有料ユーザー100万だったのだから、これはすごい成… 続きを読む

  • EvernoteのAndroidアプリが刷新でビデオ機能が追加(ただしドコモユーザーのみ)

    EvernoteのAndroidアプリが刷新でビデオ機能が追加(ただしドコモユーザーのみ)

    今日のPhil Libin氏の来日記者会見で、EvernoteのAndroid向けアプリが刷新されたことが発表された。新たにリリースされたEvernote for Android 4.0では、ユーザーインターフェイスが一新され、ホーム画面からすべての機能にアクセスすることが容易になっている。 今回のアップデートで注目に値するのは、初めてサポートされたビデオ機能だろう。ただし、現在のところこの機能はNTTドコモユーザーのみの対応となっている。世界各国でサービスを提供しているEvernoteだが、なぜドコモユーザーだけに機能を制限しているのかといえ… 続きを読む

  • EvernoteのPhil Libinが来日して事業戦略を語る「2013年末にはIPO readyに」

    EvernoteのPhil Libinが来日して事業戦略を語る「2013年末にはIPO readyに」

    EvernoteのPhil Libin氏が来日して記者向けに同社の今後の事業戦略について語った。すでに報じられているとおり最近Evernoteは10億ドルの評価額で7000万ドルの資金調達を実現している。これは以前の資金が底をついたわけではなく、Libin氏が唱える「100年企業」を実現するために必要な資金だということだ。100年企業を目指すEvernoteの事業戦略の中でいくつか興味深い発言があったので、フォローしておこう。 1つはIPOについてだ。すでにこれだけの規模になり「最近はIPOの質問を多く受けるようになった」としながらLib… 続きを読む

  • 中国版Evernote、「印象筆記」は別サービスとして現地運営へ

    中国版Evernote、「印象筆記」は別サービスとして現地運営へ

    日常生活のあらゆる情報をメモし、保存しておくサービス、Evernoteが今日(米国時間5/10)、中国市場を対象にYinxiang Biji (印象笔记)と名付けられた独立のサービスを発表した。Evernoteによると中国版の名称は「記憶ノート」あるいは「印象ノート」という意味だという。 Yinxiang Bijiを発表したブログ記事でEvernoteのファウンダー、CEOのPhil Libinは中国版を独立のサービスとした理由について次のように説明している。 続きを読む

  • Evernote、iPadの手描きアプリのベストセラー、Penultimateを買収

    Evernote、iPadの手描きアプリのベストセラー、Penultimateを買収

    最近7000万ドルの資金調達ラウンドを完了したEvernoteだが、さっそくその資金の効果的な使い道を見つけたようだ。今日(米国時間5/7)、EvenoteはiPad向けデジタル手描きアプリのPenultimate〔ペナルティメット〕を買収したことを発表した。 買収金額などの条件は明らかにされていないが、Evernoteのファウンダー、CEOのPhil Libinは私の取材に対して「一部キャッシュ、一部はEvenoteの株式で100%買収した」と語った。Penultimateのファウンダー、Ben Zottoは買収の契約の一環としてEver… 続きを読む