2014年10月24日

マーク・ザッカーバーグ、北京の清華大学で中国語を披露して大反響

マーク・ザッカーバーグはフード付パーカは1着しか持っていないように見えるが、複数の言語が話せることがわかった。今日(米国時間10/23)、Facebookのファウンダーは北京の清華大学でインタビューされたとき、すべて中国語で会話した。聴衆は大喜びだった。もしかすると〔見た目が変わり過ぎたと炎上している〕レネー・ゼルウィガーも自分から注目がそらされる話題ができて喜んだかもしれない。

清華大学経済学・マネジメント大学院(SEM)では最近ザッカーバーグを顧問委員会のメンバーに迎えた(テクノロジー界からはAppleのCEO、ティム・クックとFoxconのファウンダー、CEOのテリー・ゴウも加わっている)。

→ 続きを読む
2014年10月16日

Facebookのつながりから安否確認ができるようになる、開発のキッカケは東日本大震災

safety_topFacebookで友達のつながりから安否確認ができるようになる。この機能は「災害時情報センター」という名称で、東日本大震災で多くの人がFacebookで安否確認していたことをキッカケに開発されたものだ。日本を含むグローバルで利用可能となる。… → 続きを読む

広告

2014年10月16日

「モバイルで出遅れた」サプライズ来日のザッカーバーグが過去の過ちを認める

marcFacebookは10月16日、パートナー企業向けのイベントを東京・六本木で開催した。イベントでは、6年ぶりの来日となる創業者兼CEOのマーク・ザッカーバーグがサプライズゲストとして登場。対談相手となった副社長のハビエル・オリバンに「Facebookは過去にいろんな過ちを犯してきたが、どれが一番悔やまれる?」と水を向けられたザッカーバーグは、「そうですね」と苦笑いしてしばしの沈黙の後、こう語った。… → 続きを読む
2014年10月13日

IT株、不確実な世界経済の渦中で急落

金曜日(米国時間10/10)にIT株が揃って急落し、週末の業界に厳粛なムードが漂った。 … → 続きを読む
2014年10月13日

Facebookの匿名アプリは、荒らしやスパマーを撲滅できるか

モグラたたき。匿名コミュニティーにおける、荒らし、いじめ、スパマーとの戦いは、往々にしてそうなる。削除してもすぐに新しいアカウントを作る。その人が誰であるかをFacebookが知っているという事実が ,来たるべき匿名アプリの鍵である理由はそこにある。 … → 続きを読む

広告

2014年10月11日

英国キッズのタブレット保有率は34%。ニッチ・ソーシャルネットワークも人気上昇中

昨年10月に、Ofcom(英国情報通信庁)が子供たちの間でのタブレット利用率が上がっているというレポートをリリースした。この度、新たに2014年版年次レポートがリリースされたが、どうやらタブレット利用が広がっていくトレンドは継続中であるようだ。今やイギリスの若年層におけるタブレット保有率は3人に1人というレベルに達しているらしい。

→ 続きを読む
2014年10月10日

Facebook、あなたのベストショットを拡大表示

写真の価値は平等ではない。あなたがスカイダイビングしているあのカッコいい写真は、あなたのランチ写真よりずっと面白い。そこでFacebookは今日(米国時間10/9)、iOSおよびAndroidアプリのプロフィール画面をアップデートして、「いいね!」のたくさん付いた写真を大きく表示するようにした。また、「アップロード」タブが新たに導入され、投稿した写真を一箇所で見られるようになったので、友達はあちこちのアルバムを探し回らなくて済む。そして、アルバムを見る時には、小さなサムネイルとアルバム名のリストの代わりに、大きなカバー写真が表示される。 … → 続きを読む
2014年10月8日

「いいね!」ちゃうで「ええやん!」やで、Facebookの関西弁設定が来たで、コレ

eeyan-small著名人の誰それとコラボとかキャンペーンだとか、特別機能公開!といった企業PR系の「新施策」に関するお知らせメールは0.5秒でゴミ箱に捨てるぼくなのだけど、ゴメン、これだけは取り上げたい。生まれも育ちも大阪のぼくとしては、Facebookのこの新機能に反応せざるを得ない。今朝、Facebookにアクセスしたら、いきなり、こう言われた。「日本語(関西弁)の準備ができたで。言語設定を変えてみてや」と画面のトップで言ってくるので、思わず「よっしゃ」ボタンを押したわけである。… → 続きを読む

広告

2014年10月3日

Facebook、モバイルアプリ用「いいね!ボタン」を正式公開

ウェブの大部分がモバイルネイティブアプリへと移行するにつれ、Facebookはその中のコンテンツを自らの塀の内側へと囲い込む方法が必要だった。そして4月のf8会議でのプレビューに続き、Facebookは今日(米国時間10/2)正式にモバイル「いいね!」ボタンを公開し、iOSとAndroidの全デベロッパーに対して、彼らのユーザーがアプリ内から簡単に、コンテンツをニュースフィードでシェアする方法を提供した。 … → 続きを読む
2014年10月2日

Facebook、LGBTコミュニティーに謝罪。実名ポリシーの変更を約束

数週間に渡るFacebookの実名ポリシーに対する反発、具体的には、"drag name"を使ったためにFacebookページを停止されたLGBTコミュニティーによる行動を受け、Facebookはコミュニティーメンバーらと会い、同社が与えたであろう苦痛について謝罪した。 … → 続きを読む
2014年9月30日

Facebook、買収したAtlas広告プラットフォームを再ローンチ―マルチデバイス、オフラインのセールスもモニタ

ニューヨークで開催中のAdvertising WeekカンファレンスでFacebookはAtlas広告プラットフォームの新しいバージョンを発表する。Facebookによればこのプラットフォームはマルチデバイス上で広告の効果のモニタを画期的なレベルに進めるサービスだという。

昨年、Facebookは広告ネットワークのAtlasをMicrosoftから買収したThe InformationThe Wall Street JournalはAtlasの再ローン地を予測し、FacebookがGoogleに挑戦する努力の一環だとしていた。

→ 続きを読む

広告

2014年9月12日

Facebook、広告フィードバックUIをアップデート―非表示にした理由を詳しく聞き取り

Facebookはユーザーが広告を非表示にした場合、その理由が単に「繰り返し表示される」ためか、それとも本当に「不快または不適切」なためかを知りたがっている。Facebookで広告を非表示にすると、その理由を詳しく尋ねられるようになった。「不快または不適切」と認定されるとその広告はFacebookのサイト、アプリから削除される。また「繰り返し表示される」を選択したユーザーには同種の広告が表示される回数が少なくなる。

→ 続きを読む
2014年9月9日

Facebook、1日で動画10億ビューを記録―すべての動画に再生回数を表示

広告主にオンラインビデオといえばYouTubeだけではないと強くアピールすべく、Facebookは今日(米国時間9/8)、ビデオの再生回数が1日10億回を超えたとと発表した。Facebookはこれを機に、ユーザーやページから公開投稿されたすべてのビデオに再生回数を表示することとした。これは広告主に予算をテレビCMからFacebookに振り向けさせる狙いがある。これに関連してFacebookはこの7月にビデオ広告テクノロジーのLiveRailを4億ドルから5億ドル程度で買収している。

→ 続きを読む
2014年9月5日

Facebook、Slingshotを骨抜き。「返信でアンロック」を任意に

多くの人たちが、Facebookの刹那的アプリ、Slingshotは意味がわからないと思っていたが、今や特別ですらなくなった。単なるできそこないのSnapchatクローンだ。今日のアップデートで、Slingshotの中核機構である、送られてきたビデオや写真を見るためには、まず返信しなければならないという条件を、送り手がオフにできるようになった。これは、受け手に何ら努力を要求することなく、写真を送りつけてよいことを意味しており、まちがいなくこのアプリを使うための抵抗を減らし、広いユーザーを対象にできる。しかし、あの抵抗こそが、Slingshotの楽しさの根源だったはずだ(実際私は何週間か使ってみて、なんと、楽しんだ)。 … → 続きを読む
2014年9月5日

Facebook、「共有範囲を確認」メニューを新設―3ステップでプライバシー設定をチェック

Facebookに対するユーザーの最大の不満は「自分の情報が誰と共有されているかわかりにくい」というものだ。そこでFacebookではプライバシー設定が3ステップで簡単にチェックできる「共有範囲を確認」という新たなメニューを追加した〔日本語化ずみ〕。

トップバー右側のプライバシーショートカット(南京錠アイコン)をクリックするとメニューが開き、「私のコンテンツを見ることができる人」、「私に連絡を取ることができる人」、「近況の共有相手」、「迷惑行為を防止する方法」などのプライバシー関連の項目が表示されてきたが、そのトップに「共有範囲の確認」というメニューが追加され、かわいいブルーの恐竜がマスコットとなってユーザーをガイドする。

→ 続きを読む
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 132 other followers