Geo

  • inbound insightはSNSの情報をもとに訪日外国人の行動データを可視化する

    inbound insightはSNSの情報をもとに訪日外国人の行動データを可視化する

    2020年に開催される東京オリンピック。その需要を想定した新事業や新サービスが次々にスタートしている。昨日のニュースだけを見ても、楽天がVoyaginを買収してインバウンド(訪日旅行者向け事業)を強化するとしているし、MAU(月間アクティブユーザー数)1000万人という数字を発表したRettyも、訪日外国人満足度ナンバーワンのサービスを目指すと語っている。 今日もそんなオリンピック需要を見越した新サ… 続きを読む

  • ヤフーが位置情報共有サービスの米「Life360」と提携、日本向けにサービス開始

    ヤフーが位置情報共有サービスの米「Life360」と提携、日本向けにサービス開始

    ヤフーは3月27日、米スタートアップのLife360との業務提携を発表した。あわせてLife360が提供する位置情報共有アプリ「Life360」のAndroid日本語版を公開した。iOS版は現在英語のみで提供されており、日本語版は近日公開予定。 Life360 は家族や友達などをグループとして登録し、お互いの居場所をリアルタイムで把握できるアプリだ。アプリ内の設定で位置情報共有のオンオフを切り替え可能… 続きを読む

  • 位置対応サービスの大先輩Whereがものすごく広範囲な関連特許を取得(スタートアップいじめはやらないみたい)

    位置対応サービスの大先輩Whereがものすごく広範囲な関連特許を取得(スタートアップいじめはやらないみたい)

    モバイルの位置サービスがこれから伸びるというこの時期に、合衆国特許庁(U.S. Patent Office)は、”位置対応サービス”に対するものすごくカバー範囲の広いパテントをWhereに対して認めた。その第7,848,765番の特許は31件の特許申請をカバーし、それには、モバイルデバイスを持った誰かがジオフェンス(geofence,地理上の仮想境界)を越えたときにアラートを送… 続きを読む

  • GowallaがAppleストアで仮想プロダクトプレイスメントを実験中

    GowallaがAppleストアで仮想プロダクトプレイスメントを実験中

    ジオ・ソーシャルネットワークへの注目が増すにつれ、人の居る位置をトリガーにした新しい形のマーケティングや広告が始まろうとしている。例えばFoursquareでは、レストランにチェックインすると割引きされたり、メイヤー(市長)になればタダでランチが食べられるというものまである。 続きを読む