Google I/O 2016

  • Google、Projcet Soliのレーダーセンサーをスマートウォッチとスピーカーに搭載

    Google、Projcet Soliのレーダーセンサーをスマートウォッチとスピーカーに搭載

    毎年I/Oカンファレンスでは、GoogleのATAP、即ち同社の少しおかしなアイデアを製品化する部門が、独自の短いキーノート講演を披露する。今年もいくつかのプロジェクトの最新情報を報告した。その一つであるProject Soliは、非常に小さなレーダーセンサーを作り、手の動きをデジタル信号に変えて、ウェアラブルに新しいユーザーインターフェースをもたらそうとするものだ。 続きを読む

  • モジュール構造で多様な機能に変身するスマートフォンProject Ara、Googl I/Oの歓声の中でデベロッパーエディションをデモ

    モジュール構造で多様な機能に変身するスマートフォンProject Ara、Googl I/Oの歓声の中でデベロッパーエディションをデモ

    Project Araについて多くを知ってからかなりの時間が経つが、でもGoogleはこの、Motorola起源の、モジュール構造のスマートフォンを、I/Oから外す気はなかった。 Projects SoliとJacquardの最新アップデートを紹介したあと同社は、Araフォーンの実働デベロッパーエディションの感動的な姿を、熱心なGoogleファンたちに披露した。彼らは同機のプラグアンドプレイ機能を見て、興奮の声をあげていた。そのデバイスは機能的にはベーシックなスマートフォンだが、モジュールのための“汎用的”スロットが… 続きを読む

  • 3分で分かるGoogle I/O:AndroidのVR標準対応、インストール不要の「Instant Apps」など

    3分で分かるGoogle I/O:AndroidのVR標準対応、インストール不要の「Instant Apps」など

    Googleは米国時間5月18日10時(日本時間19日午前2時)から3日間にかけて開発者向けカンファレンス「Google I/O」を開催している。カンファレンスでは、AndroidのVR標準対応やインストール不要の「Instant Apps」、ビデオ通話アプリ「Duo」など、さまざまなが発表されている。ここではその内容について、翻訳記事をまとめたかたちでご紹介する。これを読めば、カンファレンスでの発表の概要を理解することができるだろう。 続きを読む

  • Google、Firebaseをモバイル開発者に向けた統一プラットフォームに進化させる

    Google、Firebaseをモバイル開発者に向けた統一プラットフォームに進化させる

    Googleがモバイルアプリ開発に利用できる大量のクラウドサービスを提供する。これまでにもGoogleは、2014年に買収したFirebaseによってモバイルアプリ開発専用のプラットフォームとSDKを提供している。しかし今回、Firebaseに数々の新機能が追加され、Googleがもつ他のクラウド・ツールに統合される事によって同サービスが大幅に拡張されることが明らかになった。 本日開催のGoogle I/Oで発表された新しいFirebaseでは、既存のサービスを活用することによって機能の拡張を実現する。これまでのFirebaseは、今は亡… 続きを読む

  • やっぱりGoogleはDaydream対応VRヘッドセットを作っている

    やっぱりGoogleはDaydream対応VRヘッドセットを作っている

    Googleは、実物のVRハードウェアをステージで披露することなく、殆どの時間をこの秋Android Nに塔載するプラットフォーム、Daydreamの詳細説明に費して、噂に後押しされた大きな期待を打ち砕いた。 続きを読む

  • Google、Awareness APIをリリース―Androidアプリがユーザー環境に反応するようになる

    Google、Awareness APIをリリース―Androidアプリがユーザー環境に反応するようになる

    スマートフォンがユーザーの位置、何をしているか、付近に何があるか、それに外の天気まで知っており、これらの情報を総合してユーザーの置かれた状況を把握して知的に反応できるとしたらどうだろう? 気味が悪いだろうか? すばらしく便利だろうか? われわれはすぐにどちらなのか実感することになりそうだ。 今週のGoogle I/Oデベロッパー・カンファレンスでGoogleはアプリのデベロッパー向けのツールを発表した。 このツールを利用するとデベロッパーは自分の置かれた環境を認識してそれに合わせて自らをカスタマイズするアプリケーションを開発することができる… 続きを読む

  • Android Nの名前はGoogleが決めずにネット上の一般公募になった

    Android Nの名前はGoogleが決めずにネット上の一般公募になった

    Androidの次のリリースの名前を決めるのは、Googleではなくてあなただ。 これまで、Androidの各リリースyは、Marshmallow, Lollipop, KitKat, Jelly Beanなどなど、甘いものの名前が付けられた。アルファベット順に。 そしてプレビューは、前のバージョンの次のアルファベットで呼ばれた。えー、前のMarshmallowの次といえば、Mの次のNだ。そして最終リリースは、それが出る直前に完全な名前が発表される。 続きを読む

  • GoogleのDaydream VRヘッドセットの参考デザインが発表、ハードウェアの発売は秋から

    GoogleのDaydream VRヘッドセットの参考デザインが発表、ハードウェアの発売は秋から

    2012年のGoogle I/Oの圧倒的な主役は、多くのスカイダイバーやバイカー(自転車乗り)やクライマー(登山家)を動員してデモを行ったProject Glassだ(今から思えば)。 その2年後のGoogleは、来場者全員にCardboardヘッドセットを進呈し、その年のI/Oはそれでキマリ、となった。さらにその後それは、某日刊紙が読者に無料で配る景品になった。 スマートグラス(glass,眼鏡)とVRヘッドセット、この二つは、どちらも大成功、とは言えなかったが、ひとつだけ確かなのは、Googleが人間の顔にコンピューターの画面を貼り付ける… 続きを読む

  • GoogleはNで始まる言葉をネットで募集…でもそれは最悪の企画だ

    GoogleはNで始まる言葉をネットで募集…でもそれは最悪の企画だ

    製品の名前をネットで募集するなんて、最悪の愚行ではないか? それは、Nで始まる名前、とだけ指定されている。このたびのGoogleのお人好しぶりは、度が過ぎているのではないか? まず第一に、何かのネーミングをネットで公募するというやり方は、敗者のシナリオだ。たとえばイギリスの極地調査船Sir David Attenboroughは最初、公募でBoaty McBoatfaceという珍名をもらった。インターネットは、無責任が蔓延する世界だ。だから名前の公募などはつねに、目立ちたがり屋たちによるジョークのネタにされる。 続きを読む

  • Google、大幅に高速化したAndroid Studioをリリース

    Google、大幅に高速化したAndroid Studioをリリース

    Googleが、開発環境であるAndroid Studioの新版をアナウンスした。いろいろとアップデートが施されているが、とくにうれしいのは大幅なスピードアップがなされていることだろう。マウンテンビューで行われたデベロッパー・カンファレンスにてアナウンスされたものだ。 続きを読む

  • Googleは機械学習アルゴリズム専用の高速チップを内製、なんと、8ビット機だ

    Googleは機械学習アルゴリズム専用の高速チップを内製、なんと、8ビット機だ

    GoogleのデベロッパーカンファレンスI/Oにおける発表によると、同社は機械学習のアルゴリズムの高速化に特化した独自のチップの構築を最近開始した。
    その特製のチップはTensor Processing Units(TPU)と呼ばれ、同社のテクニカルインフラストラクチャ担当SVP Urs Holzleによれば、すでに同社のデータセンターで1年あまり使われている。またGoogleによれば、それは“性能が大幅に最適化されているので、1電力単位(ワット)あたりの機械学習実行効率がきわめて高く”、しかも、“通常なら7… 続きを読む

  • Android Nの新プレビュー版はベータ版品質―アップデートはバックグラウンド、VRモードを標準搭載

    Android Nの新プレビュー版はベータ版品質―アップデートはバックグラウンド、VRモードを標準搭載

    現在Google本社に隣接するショアライン・アンフィシアターで開催中のデベロッパー・カンファレンス、Google I/Oのキーノートで、予想どおりAndroid Nが発表された。この次世代Android OSはGoogleのモバイル・システムの要となる存在だ。 Android NでGoogleは従来のアップグレードのサイクルから大きく外れた。 GoogleはこれまでI/Oで次世代Androidの最初の発表を行ってきた。しかしAndroid Nのプレビュー版は数カ月前にリリースされている。またNはon-the-airでアップデートできる最初のプレビュ… 続きを読む

  • Google I/O: AndroidのInstant Appsはアプリとウェブページとのギャップを埋める新アプローチ

    Google I/O: AndroidのInstant Appsはアプリとウェブページとのギャップを埋める新アプローチ

    モバイルのネーティブ・アプリはいろいろな面でブラウザ・ベースのウェブページよりも優れたユーザー体験を提供できる。しかしユーザーがネーティブ・アプリを利用するためには検索などによってまずその存在を発見し、ダウンロードし、インストールするのを忘れないようにしなければならない。Googleはアプリとユーザーのこうした関係を根本的に見直そうとしている。 今日(米国時間5/18)、Google本社に隣接する野外劇場でスタートした I/O 2016デベロッパー・カンファレンスでGoogleはAndroidアプリを次世代に進化させる道筋を発表した。 モバイ… 続きを読む

  • Google Cardboard、アプリのダウンロード数が5000万を突破

    Google Cardboard、アプリのダウンロード数が5000万を突破

    Google Cardboardアプリのダウンロード数が、この4ヵ月間で倍増した。 今日(米国時間5/18)I/Oの壇上で、GoogleのVR責任者、Clay Bavorは、Google PlayストアのGoogle Cardboardアプリのダウンロードが、5000万件を超えたと語った。1月にはわずか2500万ダウンドードだった。 続きを読む

  • Google I/O 2016のキーノートを最初からライブブログで実況中継する(合衆国西部午前10時、東部午後1時、日本19日午前2時)

    Google I/O 2016のキーノートを最初からライブブログで実況中継する(合衆国西部午前10時、東部午後1時、日本19日午前2時)

    今日はGoogle I/Oのキーノートの日だ! Googleがこれまでの数か月、ひそかにやってきたものがすべて、どばっと公開されるのだ。 Androidのアップデート! VRのヘッドセット(だろうねきっと)! ほかには? 本誌TechCrunchは予想記事を載せたけど、予想外のサプライズもいくつかあるはずだ。だからこれから、ライブブログで、実況をじっくりお伝えしたい。 続きを読む