Google Street View

  • ストリートビューから奇妙な継ぎ目が消える――Googleが画像ブレンド技術を大きく改良

    ストリートビューから奇妙な継ぎ目が消える――Googleが画像ブレンド技術を大きく改良

    これまでもGoogleは世界中の道路を撮影するという野心的なプロジェクト、ストリートビューのテクノロジーの改良に努めてきた。最近もストリートビュー撮影車の装備を大きく改良したことを発表している。今回はマルチカメラで撮影された複数の映像からパノラマを生成する際に生じる奇妙な継ぎ目を目立たなくする方法を考案した。 Googleではストリートビューを撮影するカメラを「ロゼット」と呼んでいる。派手な塗装のGoogleカーの屋根に乗っている球体だ。 続きを読む

  • Googleストリートビューなら、こんな場所にも行くことができる

    Googleストリートビューなら、こんな場所にも行くことができる

    Googleストリートビューは独自のデータ収集技術を使って、各自のデバイスから世界を見えるようにしてくれる。ストリートビューは、地球上の殊玉の写真を見せるだけでなく、そのカメラだけが捕えることのできる新たな視点を提供する。 続きを読む

  • Google、イディタロッドの犬ぞりレースをストリートビューで公開

    Google、イディタロッドの犬ぞりレースをストリートビューで公開

    アラスカは世界で最も苛酷な耐久イベントのふるさと。Iditarod[イディタロッド]は米国最北の州を横断して荒野を1000マイル以上走り続ける犬ぞりレースだ。実際にレースを見る(あるいは参加する)ことのできる人は殆どいないが、今やレースの一部を体験することができる ― Googleストリートビューの力を借りて。 続きを読む

  • ヨルダンの岩壁古都ペトラへGoogleのStreet Viewで行ける

    ヨルダンの岩壁古都ペトラへGoogleのStreet Viewで行ける

    Googleは今でも精力的に、Google MapsのStreet View機能にいろんなものを取り込んでいる。今日ローンチされたのは、岸壁を刻んで作られたヨルダンの古都Petra(ペトラ)だ。これは古くから、世界の七不思議の一つ、と言われていたほどの‘奇観’だ。もっとも、何が世界の七不思議かについては諸説があるけど。なお今回は、ヨルダンのそのほかの、およそ30箇所の史蹟の画像も加わった。 これは、ギザのピラミッドやイラクのリワ砂漠、UAEのブルジュ・ハリーファなどに続いて、GoogleのStreet Viewに取り入… 続きを読む

  • GoogleのStreet View Trekkerがガラパゴス島を再訪、大ウミガメ保護努力の成果を撮影

    GoogleのStreet View Trekkerがガラパゴス島を再訪、大ウミガメ保護努力の成果を撮影

    Google Street Viewのカメラがこのほどガラパゴス島を再訪して、同地の大ウミガメの生態を追った。 同島のStreet Viewが初めて撮られたのはof the islands 2013年だったが、そのときはCharles Darwin Foundation(ダーウィン財団)とGalápagos National Park(ガラパゴス国立公園省)とパートナーして、画像を撮影した。昨年同社は同様の企画をスポンサーして、主に大ウミガメの撮影に協力した。それは同島の、いちばん目立つシンボルの一つだ。 続きを読む

  • GoogleのStreet Viewが今度は豪華クルーズ船の中へ

    GoogleのStreet Viewが今度は豪華クルーズ船の中へ

    【抄訳】
    今日(米国時間7/7)Googleは、Google MapsのStreet Viewの、あの各部を縫い合わせたようなパノラマに初めて、海の上の大型船を加えた。それはRoyal Caribbean International社のクルーズ船Allure of the Seas号だ。接近撮影の画像が2万枚もあるので、この水に浮かぶリゾート村の仮想見学旅行で休日のひまつぶしは十分にできる。 続きを読む

  • Google、「ストリートビュー」に「タイムトラベル」機能を追加

    Google、「ストリートビュー」に「タイムトラベル」機能を追加

    日々、Googleのストリートビュー撮影車が走り回り、定期的にさまざまな場所の写真を撮り続け、そしてGoogleマップに公開している。これまではストリートビュー対応エリアにおける最新の写真のみが公開されていた。しかしこの最新版に加えて、過去のイメージも見られるようになるようだ。 続きを読む

  • Google MapsのStreet Viewの画像認識アルゴリズムがCAPTCHAのほとんどを解読

    Google MapsのStreet Viewの画像認識アルゴリズムがCAPTCHAのほとんどを解読

    Googleは今、厄介な問題を抱えている。同社が作った画像認識アルゴリズムはStreet Viewの画像から街区番号(番地など)を相当正確に読み取るので、ユーザにとってはたいへん便利だ。しかしこのアルゴリズムは、CAPTCHAの99%を解読してしまうのだ。ご存知のように、CAPTCHAはボット対策として、コンピュータには読めず、人間にしか読めない(はずの)ところにセキュリティ対策としての意味がある。 続きを読む

  • Google、アンコール遺跡をストリートビュー対応に

    Google、アンコール遺跡をストリートビュー対応に

    Googleストリートビューに9万ものアンコールワット写真が加わることとなった。ストリートビュー化されたのは100箇所にのぼり、日の出の時間に撮影された幻想的な写真で構成されている。見ることが出来るようになった場所はバイヨン寺院、ラーマーヤナに描かれたランカー島の戦いを描いた遺跡などだ。撮影には通常のストリートビュー・カーはもちろん、バックパック型カメラのトレッカーも使って行われた。 続きを読む

  • Google、新たに6つの動物園をストリートビュー対応エリアに追加

    Google、新たに6つの動物園をストリートビュー対応エリアに追加

    Googleが世界中の動物園でのストリートビューを導入してしばらくになる。この度Googleは、6つの動物園を新たに加えるとともに、「Googleマップ ビュー」サイトにて、動物園からのストリートビュー画像集の表示を始めた。 続きを読む

  • Googleはロバをひき逃げしていなかった! (いやエープリル・フールではなくて本当の話)

    Googleはロバをひき逃げしていなかった! (いやエープリル・フールではなくて本当の話)

    ロバは生きていた! ボツワナの奥地でGoogleのストリートビュー撮影車がロバをはねて殺したという非難の声が一部から上がっていた。ロバ殺しはGoogleの「悪をなさない」というモットーに反するので由々しき事態だった―というのは冗談だが、それでもGoogleは忙しい中、ロバひき逃げという非難に対して詳細な反論をGoogle Mapsのブログに掲載した。そのタイトルもNever ass-umeというのだからおかしい Ass-umeですよ。 お分かりかな? 〔assume=思い込む、とass=ロバのダジャレ〕 この話をご存知ない(それが当たり前かもし… 続きを読む

  • これは必見。Googleプロダクトの面白デモサイト(Google Demo Slam)

    これは必見。Googleプロダクトの面白デモサイト(Google Demo Slam)

    10月にGoogle Demo Slamという謎のサイトについての記事を掲載した。どうやらこのサイトが数日前から稼動しているようだ。いろいろなGoogleプロダクトのデモビデオを掲載する面白サイトというのがその招待だった。2つのデモが並んで掲載され、そのうち面白かった方に投票するという仕組みになっている。 デモビデオはGoogleのエンジニアによって作成されたものが多い。しかし実は誰でも投稿することができ、Google Demo Slamチャンピオンの座を狙うことができる。下に現在のところ投稿されている面白デモビデオをいくつか掲載しておく。最初… 続きを読む

  • Googleストリートビューの「路上で出産」写真はイタズラだった

    Googleストリートビューの「路上で出産」写真はイタズラだった

    Googleのストリートビュー撮影車が通り過ぎたとき、たまたま歩道上での出産シーンを撮影していた―話が出来すぎているような気がしないだろうか? 事実出来すぎていた。 この写真はドイツのベルリン郊外のWilmersdorf、正確にはNo. 37 Hubertusallee, BerlinでGoogleのカメラカーによって撮影されたとされている。この写真はTwitterとFacebookで現在評判になっている。車が急いだ様子で道に止めてあり、ドアが開いていて、男が赤ん坊を腕に抱いている。なるほど。 ドイツのpcgames.deというウェブサイトはこ… 続きを読む

  • 世界一美しいGoogleストリートビュー画像集

    世界一美しいGoogleストリートビュー画像集

    2007年以来Googleストリートビューの「世界の情報を整理して万人が有効活用できるようにする」取り組みは、いたずらからヌード、犯罪、死にいたるまで人間のありとあらゆる体験をビジュアルに捕えてきた。それなりの問題は抱えているものの、Googleマッププロジェクトはわれわれの文化が産み出した技術とイメージの並列による最高傑作の一つといえるだろう。 続きを読む

  • GoogleのStreet Viewがブラジルで立ち上げ早々に死体を撮影–今度は本物

    GoogleのStreet Viewがブラジルで立ち上げ早々に死体を撮影–今度は本物

    ブラジルは、政府からGoogleへの情報要求や削除要求がやたら多い国だが、昨日(米国時間9/30)のGoogle Street Viewの立ち上げでは何度かつまずいてしまった。たとえば路上の死体が、一つではなく二つも映っていた。左の写真のはリオデジャネイロのAvenida Presidente Vargas、もう一つは、ミナスジェライス州のベロオリゾンテだと言われている。 G1によると、Googleはこれらのブラジルの画像を削除し、Street Viewでおかしなものを見つけたら知らせてくれとユーザの協力を求めている。報告先は、各ページの下にある… 続きを読む

  • Google Street Viewで自分のバンドを宣伝した男–誰も見る人のいない平凡な住宅地で

    Google Street Viewで自分のバンドを宣伝した男–誰も見る人のいない平凡な住宅地で

    Google Street View…道路を走行中の車から撮影したビデオ画像で、Google Mapsからズームして見ることができる…に自分が映っているといって文句を言う人がいる。そこでGoogleは、プライバシー保護のために人の顔をぼかす。自分の家をGoogleに撮られたといって抗議する人もいる(それは、えー、あー、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)様だ)。しかしGoogle Street Viewは逆に、マーケティングの手段としても使えるのだろうか? Nate Heagyはそう信じている。彼はGoogle Street Viewの… 続きを読む