groupon

  • グルーポン、3500万ドルをかけて1100人のリストラを断行。および7カ国での業務を停止へ

    グルーポン、3500万ドルをかけて1100人のリストラを断行。および7カ国での業務を停止へ

    共同購入型クーポンサービスを運営するグルーポンが、大幅なリストラを敢行中であるようだ。同社のアナウンスによれば、3500万ドルをかけて1100人規模のリストラを行う予定であるとのこと。また、最近撤退したトルコおよびギリシャに続き、モロッコ、パナマ、フィリピン、プエルトリコ、台湾、タイ、およびウルグアイなどでも運用を停止するようだ。 続きを読む

  • Groupon、2015年Q1は売上未達、利益達成で株価は微動

    Groupon、2015年Q1は売上未達、利益達成で株価は微動

    今日(米国時間5/5)の取引終了後、Grouponは2015年第1四半期の決算を報告した。地域店舗向けディスカウントクーポンで最も良く知られる同社の売上は7.504億ドル、1株当たり利益は0.03ドルだった。ウォール街予測は、売上8.1219億ドル、1株当たり利益0.01ドルだった。 続きを読む

  • Grouponのロングテールを広げたDIYツールDeal Builder、待たれる国際展開

    Grouponのロングテールを広げたDIYツールDeal Builder、待たれる国際展開

    【抄訳】
    Grouponは、ビジネスを拡大して単なる安売りクーポンだけでなく、地域商業にも手を出していきたい(Apple Payがその機運を作るだろう)。そしてそれによって、オファーの成長を維持したいのだ。そのための努力の一環としてGrouponは、2月に立ち上げた、お店がクーポン企画をDIYできるツールDeal Builderをアップデートする。お店はこのツールを使えば、オファーをアップロードするところまで自分でできるから、Grouponの営業がいなくてもよい。 続きを読む

  • Grouponの2014年Q1、売上7.6億ドル、非GAAP EPS -0.01ドルで予測を上回る

    Grouponの2014年Q1、売上7.6億ドル、非GAAP EPS -0.01ドルで予測を上回る

    今日(米国時間5/6)の通常取引終了後、Grouponは第1四半期の業績を報告し、売上7.576億ドル、非GAAP1株当たり損失0.01ドルだった。アナリスト予測は、売上7.4億ドル、1株当たり0.03ドルの損失だった。 続きを読む

  • Groupon、時間外取引で急騰。Q4売上7.68億ドル、EPS 0.04ドルで予測を上回る[アップデート:熱狂の後、投資家に嫌気]

    Groupon、時間外取引で急騰。Q4売上7.68億ドル、EPS 0.04ドルで予測を上回る[アップデート:熱狂の後、投資家に嫌気]

    アップデート 1:投資家らはGrouponの予想以上の業績を受け、大きく高値をつけた。しかし、15%近く上げたそのわずか10分後にトーンが変わった。現在同社は5%以上値を下げている。 続きを読む

  • 「Grouponの経営陣は貪欲の塊」―より大きな問題は日替わり割引クーポンというビジネスモデル

    「Grouponの経営陣は貪欲の塊」―より大きな問題は日替わり割引クーポンというビジネスモデル

    最近Grouponの経営に関する批判的な記事が多い。しかし根本的な問題はむしろGrouponのビジネスモデルそのものにあるのではないだろうか? Vergeは昨日(米国時間3/13)、Grouponの問題点を分析する長文の記事を掲載した。Grouponは引き続き低調だった四半期決算報告の後、ファウンダー、CEOのAndrew Masonを追放した。現在また過去の取締役、社員、投資家など多数の関係者にインタビューした後、VergeはGrouponの問題は経営陣にあると結論している。「Grouponは貪欲の塊」というのが記事の大見出しだ。 他のG… 続きを読む

  • Groupon株、CEO離任発表後に時間外取引で12%上昇(ただし後に下落)

    Groupon株、CEO離任発表後に時間外取引で12%上昇(ただし後に下落)

    Andrew Masonの損はGrouponの得、少なくとも株主たちにとってはそうなのかもしれない。 Grouponの株価は、時間外取引で急激にかつ際立って上昇した。長年のCEO Andrew Masonが同社を追われたことが発表された直後のことだった。最初の報道から数分以内に株価は終値の4.53ドルから最大12%はね上がった。東海岸時刻4:20pm、時間外取引最高値の5.10ドルを記録した。NASDAQによる。 続きを読む

  • 速報:業績悪化で株価暴落のGroupon、ファウンダーでCEOのアンドルー・メイソンが離任

    速報:業績悪化で株価暴落のGroupon、ファウンダーでCEOのアンドルー・メイソンが離任

    Grouponのファウンダー、CEOのAndrew Masonがさきほど離任し、 会長のEric Lefkofskyが後任CEOとなった。また副会長のTed LeonisisがCEO室長という新設ポストに就いた。 二人は暫定で共同CEOを務める。現在取締役会は後任CEOを探しているという。 続きを読む

  • Groupon、2012年Q4の売上は6.38億ドル。予想を下回り株価は20%ダウン

    Groupon、2012年Q4の売上は6.38億ドル。予想を下回り株価は20%ダウン

    先ほどGrouponが第4四半期および通年の決算を発表した。四半期売上は6.388億ドル、経常損失は1290万ドル、1株当たり損益(EPS)は0.12ドルの損失で、EPSはアナリスト予測に届かなかった。予測は売上6.3841億ドル、EPSが0.03ドルの利益だった。 続きを読む

  • 今後のビジネスを語るGrouponのAndrew Mason。市場は好感して(?)株価前日比11.6%高

    今後のビジネスを語るGrouponのAndrew Mason。市場は好感して(?)株価前日比11.6%高

    Groupon株式(NASDAQ:GRPN)の終値は4.42ドルとなった。これは前日比で11.62%高となるものだ。これは、昨日行われたCEOのAndrew Masonとのインタビューを受けてのものと評価すべきものなのかもしれない。インタビューの内容は、AllThingsDが伝えていた、Masonの資質および将来のビジョンに関して取締役で疑義が呈されたことについてだ。 続きを読む

  • Grouponの第2四半期、売上5億6830万ドル、利益2840万ドルとまずまず―しかし株価はさらに下げる

    Grouponの第2四半期、売上5億6830万ドル、利益2840万ドルとまずまず―しかし株価はさらに下げる

    Grouponは今日(米国時間8/13)、2012年第2四半期の業績報告を発表した。2011年11月に株式を上場してから3回目の四半期報告だった。 Grouponの第2四半期の売上は5億6830万ドルで、対前年同期比45%のアップだった。 2012年第1四半期の5億5930万ドルからも1.6%のアップとなったが、アナリストの予想の平均、5億7480万ドルには届かなかった。 しかし、Grouponの上げた利益は予想より大きかった。 第2四半期の純益は2840万ドル、1株あたり0.04ドルだった。ウォール・ストリートのアナリストの予想の平均は0.… 続きを読む

  • Groupon、クーポン利用者の満足度を店舗に提供開始

    Groupon、クーポン利用者の満足度を店舗に提供開始

    日替りクーポン顧客満足度の不透明性と戦うべく、Grouponは今日(米国時間1/4)、マーチャントセンターの新バージョンを公開した。そこには友達にその店を薦めたいと思うクーポン利用者のパーセンテージがリアルタイムで表示される。顧客満足度は、店舗にとって日替りクーポンを利用あるいは継続すべきかを考える上での重要な問題だ。しかし、満足度に関するデータは殆どない。さらに悪いことに、2010年の調査によるとクーポン以上の金額を使った顧客はわずか36%、再来店したのはわずか20%だった。新機能は両刃の剣になり得る。フィードバック次第で、顧客維持… 続きを読む

  • Presentify.meは、未使用のグルーポンをギフト券に変える

    Presentify.meは、未使用のグルーポンをギフト券に変える

    まだプレゼントが決まっていない人へ。あの使っていないGrouponはいかが?日替り特典クーポンも、メールのプリントアウトをカードに貼り付けるのでなければ、プレゼントとして悪くない。そこに目を付けたのがPresentify.meで、お得なクーポンをギフト券に変えてくれる。 この新しいスタートアップは、ロンドン拠点のクーポン集約サービス、Dealzinga.comの主力メンバー、Alex Vander Hoeven、Bob Pluss、およびChan Yinが作った会社だ。今月行われた24時間「ハッカソン」で、このグループは日替りクーポンがギフトと… 続きを読む

  • Groupon IPO:一番の勝ち組は誰?

    Groupon IPO:一番の勝ち組は誰?

    照明内蔵スリッパの販売から3年で、従業員1万人の安定企業に転身したGrouponが、今日、株式上場した。反応はさまざまである。発行価格は20ドルで、売り出し直後の熱狂で28ドルまで上昇したが、取引終了時には26ドルに落ち着いた。 Grouponの共同ファウンダーや上級幹部らは、初期の調達ラウンドで数億ドルを手にしたことで悪名高いが、今もまだ目立つ存在であることが、Grouponの最新S-1書類の株式割当一覧で明らかになった。一番の勝ち組? Lightbankのファウンダー、Eric Lefkoskyは、議決権株式28.1%を持ち、今や億万長… 続きを読む

  • Grouponの株が割引クーポンになった? 上場目前に時価総額大幅下落で爆笑パロディー登場

    Grouponの株が割引クーポンになった? 上場目前に時価総額大幅下落で爆笑パロディー登場

    長らく話題になってきた割引クーポン共同購入ビジネスの巨人の株式公開が秒読みに入っている。Grouponの上場は11月4日の予定だ。 しかしここに至る道のりは決して平坦なものではなかった。Grouponは割引クーポン市場の54%を占めているし、最近の四半期営業報告には明るい点も見えてきた。しかし推定時価総額は、ブーム最盛期の250億ドルから300億ドルに対して、現在は114億ドルに下落している。 結局あまり根拠がないと判明した以前の高値と比較すると62%も安くなった株価だが、「Groupon株の割引クーポン」購入を投資家に勧めるページが見つ… 続きを読む

  • Grouponの上場目標額は60億ドル以下に大幅低下―上場延期もありうる?

    Grouponの上場目標額は60億ドル以下に大幅低下―上場延期もありうる?

    Grouponの株式新規上場は$25B(250億ドル)にも達するだろうとして投資家が大いに興奮していたのはほんの半年前に過ぎない。しかし現在機関投資家の見方は慎重になっている。 今日のBloombergの記事によると、あるファンドマネジャーは「上場を実現させるためには時価総額の目標を30億ドルから50億ドル程度に引き下げる必要があるかもしれない」と語ったという。この額は、昨年GoogleがGrouponに買収をもちかけたときの$6B(60億ドル)という申し出より安い。Grouponはこの提案を断った。別のファンドマネジャーは「Group… 続きを読む

  • ゲイポンは、ゲイのためのグルーポン

    ゲイポンは、ゲイのためのグルーポン

    レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(LBGT)および関連コミュニティー向けケータリングの日替りクーポンサイトがスタートした。その名はGaypon。このサービスは、登録メンバーに対して、地域企業の日替りクーポンサービスを提供する ― ただし、ゲイ・フレンドリーな店に限る。 さらに、Gayponによると、収益の一部は地元および全米のLGBT団体と慈善団体に寄付される。 一見すると、昨今の日替りクーポンブームに便乗したサイトだと思うだろう。しかし、実際このサイトはグルーポンモデルに新しいしくみを導入しようとしている。大義のための… 続きを読む

  • Facebook、Groupon対抗の割引クーポン・サービスから撤退―Foursquare対抗サービスは半分残す

    Facebook、Groupon対抗の割引クーポン・サービスから撤退―Foursquare対抗サービスは半分残す

    今日(米国時間8/26)の午後、Facebookは生まれたばかりのFacebook Dealsサービスをひっそりと閉鎖した。ただし正確に何が起きたのか、少々戸惑いが広がった。つまり今週に入って、〔その場にいなくてもチェックインできるという大幅な変更で〕FacebookがPlaces〔スポット〕を事実上廃止した際、Placesと同時にローンチした位置情報ベースのCheck-in Dealsがどうなるのだろうかと注目された。 その時点では Facebookは「Chek-in Dealsは存続する」と答えた。では今回Daily Dealsも廃止されたこ… 続きを読む

  • Groupon、2011年第2四半期でまたしても1億ドルの赤字―人件費の急増が原因

    Groupon、2011年第2四半期でまたしても1億ドルの赤字―人件費の急増が原因

    割引クーポン共同購入サービスの巨人、Grouponは前四半期(2011年第2四半期)にマーケティング費用を大幅に削減することに成功したものの、純損は対前年同期比でほとんど3倍に膨れ上がった。 今朝公表された証券取引委員会への報告書によれば、社員を新規に1000人も雇ったことがこの赤字の主要な原因のようだ。全体としてみればGrouponは驚異的なスピードで成長を続けているが、赤字の拡大も同様に驚異的だ。 今回公表された資料によると、Grouponの売り上げは2009年第2四半期の$3.3M(330万ドル)から$2011年第2四半期の8億78… 続きを読む

  • 地域商業者の持続的マーケティング戦略としての日替わりお買い得企画

    地域商業者の持続的マーケティング戦略としての日替わりお買い得企画

    地域の商業者にとっていちばん重要なのは、回収ループ(redemption loop)を閉じることだ。このループは、消費者がそのお店の広告や安売り案内を見たときに始まり、消費者が実際に購入と支払いをして、その購入の源泉となった広告や安売り案内をお店が同定できたときに閉じる。どんなお客が何を見て来ていくら使ったか、という情報は、今後の広告や売り出しの改善に欠かせない。 GrouponやLivingSocialのような日替わりお買い得サイトの多くは、この回収ループをできるかぎり長く延ばすことによって、大きな価値を作り出している*。たとえば誰かが… 続きを読む

  • 元Groupon社員が激白: 営業に無理な企画を押しつけられたら絶対拒否せよ

    元Groupon社員が激白: 営業に無理な企画を押しつけられたら絶対拒否せよ

    編集者注記: ゲスト筆者のRocky Agrawalが、日替わりお買い得サービスの深層分析シリーズを続けている(TCjp編集部注:日本語はクーポンビジネスが崩壊する理由、パート2)。Agrawalは起業家で、1995年からローカル製品を手がけている。彼のブログはreDesign、ツイートは@rakeshlobsterだ。 Grouponの元社員からもらった2通のメールを読むと、同社の営業の体質が分かるようだ。あくまでも特定の個人の見方にすぎないが、でも外部者ではなくて彼は元社員だ。メールは下に引用するが、率直で公平な見方をしていると私は思う… 続きを読む

  • 小企業はGrouponに近寄るべきではない?–うまくいってるお店のほうが多いのに!

    小企業はGrouponに近寄るべきではない?–うまくいってるお店のほうが多いのに!

    編集者注記: 以下の記事は、日替わりお買い得業界を批判している本誌連載記事に対する反論だ。筆者のVinicius Vacantiは、YipitのCEO、ここは300あまりのお買い得サイトの情報を集積している”お買い得情報アグリゲータ(aggregator)”だ。 夜のニュースを見ると、毎日必ずどこかで殺人事件が起きてるな、と思ってしまう。そして最近の本誌TechCrunchを読んでいると、Grouponはどの都市でも小企業を殺しているのだな、と思ってしまう。 日替わりお買い得のセール企画を実施する商業者の数は、年間で数… 続きを読む

  • アメリカの日替わりお買い得共同体購入クーポン業界はこんな宇宙だ

    アメリカの日替わりお買い得共同体購入クーポン業界はこんな宇宙だ

    GrouponのIPO申請以降、共同購入*のビジネスモデルとしての正当性をめぐって議論が燃え上がっているが、しかしこの種のソーシャルお買い得サービスは、今も雨後の筍ぶりが続いている。たとえば昨日会った某氏は、「ママたちのためのGrouponのCEOだ」と自己紹介した(いいアイデアだと思ったけど)。 今では、テクマニアたちのためのGrouponがあり、ユダヤ人のためのGrouponがある。次は何だろう? その答は、聞きたくないから黙ってて。 続きを読む

  • お店リビューサイトYelpが日替わりお買い得のモバイルアプリを展開

    お店リビューサイトYelpが日替わりお買い得のモバイルアプリを展開

    【抄訳】
    これから日替わりお買い得サービスが伸びるのは、モバイルだ。Grouponはそのことを知っているし、Yelpも知ってる。Yelpは今日(米国時間6/29)、Yelp DealsのiPhoneとAndroid用アプリの提供を開始した。モバイルバージョンにはお買い得(Deals)アイコンがあって、それをクリックするとユーザの近くのレストラン、サウナ、等々の割引き情報の一覧を見られる。これまでのYelp Special OffersやCheck-In Offersアプリもそのまま使えるが。 Yelpが地域商業者のお買い得情報の提供を開始したのは… 続きを読む

  • 敵視をやめよう: 日替わりお買い得サイトは悪ではない–そしてその理由

    敵視をやめよう: 日替わりお買い得サイトは悪ではない–そしてその理由

    編集者注記: 本誌はこのところ、日替わりお買い得サービスという業態のあら探しをするゲスト記事をたくさん載せている。この記事は、それらに対する反論だ。Arash Pirzad-AllaeiはKASA Capitalの協同ファウンダで、同社のWebサイトのネットワークの、技術開発を担当している。日替わりお買い得サイトCrowd Cutも、そのネットワークの一員だ。 最近は、日替わりお買い得サイトを敵視する記事を、メディア上に多く見かけるようになった。メディアって、そう、おたくのことですよ、TechCrunchさん。 たしかに、Grouponはこの業界… 続きを読む

  • クーポンビジネスが崩壊する理由―パート2

    クーポンビジネスが崩壊する理由―パート2

    編集部注:このゲスト投稿はフラッシュマーケティング業界のビジネスモデルを詳細に分析するシリーズの一部だ。筆者のRocky Agrawalは1995年以来、ローカルサービス事業に携わっている起業家だ。クーポンビジネスが崩壊する理由―パート1、他、関連の記事を参照。Agrawalの記事はreDesignで読める。Twitterは @rakeshlobster。 読者がスモールビジネスのオーナーだとしよう。次の2つのどちらかを選ぶだろうか? オーナーは私に広告費として6万2500ドルを支払う。私はオーナーに大量の客が来ることを保証する。その客は再… 続きを読む

  • 日替わりお買い得サイトの消費者行動調査: お客の1/3は新規客だ

    日替わりお買い得サイトの消費者行動調査: お客の1/3は新規客だ

    調査会社ForeSee Resultsが日替わりお買い得サイト業界を分析した結果、今GrouponやLivingSocial、Googleなどが提供しているディスカウント情報配布サービスは、商業者のお店に多くの新規顧客を連れてくることが判明した。 その調査によると、日替わりお買い得企画で来るお客の38%は、そのお店の前からの常連さんである。このことは、頻繁に定価で買う人にディスカウントを提供しているのだから、良いニュースではないかもしれない。 しかし、31%は新規のお客であり、4%は以前のお客さんだ。合わせると、35%は新しい商機だ。しかも… 続きを読む

  • 今自分がいる町のGrouponセールが分かる新バージョンのPulseリーダー

    今自分がいる町のGrouponセールが分かる新バージョンのPulseリーダー

    Pulseは、ニューズフィードリーダーとFacebookのリンクだけではない。これからは、最寄りの日替わりお買い得情報も分かるのだ。iPhoneとAndroidアプリの今回のアップデートにより、ユーザが位置共有をonにしていたら、Pulseは最寄りのGroupon情報を取り出す。 Pulseでは、ユーザが今いる都市のお買い得クーポンを買える。お買い得情報はPulseリーダーのストリームとして表示され、さらに近隣都市の情報も見ることができる。ユーザがそのどれかを買ったら、Pulseにはアフィリエイト料金が入る。でも、Grouponからのメ… 続きを読む

  • バーベキュー屋のおやじが語る: Grouponの良し悪しはその活かし方次第

    バーベキュー屋のおやじが語る: Grouponの良し悪しはその活かし方次第

    編集者注記: Carey Friedmanは、ヴァージニア州リッチモンドのGrandpa Eddie’s BBQ(エディーじいちゃんのバーベキュー)の誇り高き経営者だ。この記事は、Grouponのビジネスモデルを疑問視している本誌の連載記事に対する、彼からの返答だ。 最近本誌に載った、Grouponをたたいている大量の記事を読んだけど、最初は、Grouponに満足している商業者の一人として、ほとんど無視していた。一人の筆者が自分の見方を述べた単発記事だ、と思っていたからだ。でも、Grouponをぼろくそに言っている記事が次から次へと… 続きを読む

  • クーポンビジネスが崩壊する理由

    クーポンビジネスが崩壊する理由

    編集部注:本稿のゲストライター、Rocky Agrawalは1995年以来地域サービスに取り組んできた起業家である。彼のブログ、reDesignとツイート、@rakeshlobsterはこちら。 GrouponがIPO申請したことでもあり、今この業界を根本から見直してみる価値があると思う。これまでの成長ぶりは目を見張るばかりだ。しかし、果たしてこれは維持可能なビジネスなのだろうか。 みんなが日替りクーポンを好きな理由は単純で、驚くほどお得だからだ。最初のインターネットバブルでの収益成長のしくみが、1ドルを50セントで売ることだったとすれば、… 続きを読む