健康

  • スマホ中毒の十代は、スポーツやリアルな遊びをする子供たちほど幸せではない(研究結果)

    スマホ中毒の十代は、スポーツやリアルな遊びをする子供たちほど幸せではない(研究結果)

    これを聞いて驚く親はいないだろうが、スマートフォンの使いすぎは十代を不幸にする。 続きを読む

  • 人工蜘蛛の糸のBolt ThreadsがシリーズDで$123Mの巨額を調達、二次製品は他企業とのパートナーシップ次第か

    人工蜘蛛の糸のBolt ThreadsがシリーズDで$123Mの巨額を調達、二次製品は他企業とのパートナーシップ次第か

    蜘蛛の糸を、微生物を利用して人工的に作ろうとしているBolt Threadsが、シリーズDで1億2300万ドルという巨額を調達した。本誌が11月に報じたように、SECの提出書類によると同社は、Formation 8から1億600万ドルを調達した。 続きを読む

  • 自宅で安価に歯列矯正治療ができるCandidがシリーズAで$15Mを調達

    自宅で安価に歯列矯正治療ができるCandidがシリーズAで$15Mを調達

    Candidは、歯列矯正を矯正器やInvisalignよりも安くできる、というスタートアップだ。同社はこのほど、Greycroft Partners, Bessemer Venture Partners, e.ventures, それに一部の既存の投資家たちが率いるシリーズAのラウンドで、1500万ドルを調達した。 続きを読む

  • Apple Watchなど心拍計のあるウェアラブルは高血圧症や睡眠時無呼吸を正確に検出する

    Apple Watchなど心拍計のあるウェアラブルは高血圧症や睡眠時無呼吸を正確に検出する

    ヘルステックスタートアップのCardiogramとカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)による最新の調査によると、Apple WatchやFitbitなどのウェアラブルには、高血圧症(過緊張)や睡眠時無呼吸など、一般的によくある危険な状態を正確に検知できる能力があることが分かった。 続きを読む

  • ますます病的になっているインターネットの解毒を探求するEvolve Foundationが$100Mのファンドを創立

    ますます病的になっているインターネットの解毒を探求するEvolve Foundationが$100Mのファンドを創立

    このところ悪いニュースばかりのようだが、しかし良いニュースもある。非営利団体Evolve Foundationが、テクノロジー隆盛の影で全世界的に広がっている孤独や生きがい喪失、不安や恐怖、怒りなどとたたかうためのファンドConscious Accelerator〔仮訳: 気づきの加速〕に1億ドルを調達した。 Matrix Partners Chinaの協同ファウンダーBo Shaoがこのファンドをリードし、世界の問題に対する人びとの意識を高めるようなテクノロジーを目指す起業家を、掘り出し、育成していく。 続きを読む

  • 米FDA、針を使わない血糖値モニターを認可

    米FDA、針を使わない血糖値モニターを認可

    米国食品医薬品局(FDA)が現代科学技術に向けて準備運動している証拠がまた一つ見つかった ―― このたびFDAは、血液サンプル採取のために針を刺す必要ない初の連続血糖値モニターを承認した。 続きを読む

  • 米保険大手のエトナ、顧客2300万人にApple Watchを提供か

    米保険大手のエトナ、顧客2300万人にApple Watchを提供か

    Appleと医療保険大手のAetnaは、Aetnaの2300万人の顧客にApple Watchを提供する件で秘密の会合を重ねていると、CNBCが報じた。 続きを読む

  • Amazon、認定外の日食用メガネ購入者に返金

    Amazon、認定外の日食用メガネ購入者に返金

    Amazonは、この夏の大日食イベントに向けて販売した日食用サングラスが偽物である可能性があるとして、購入者に返金した。 続きを読む

  • 顕微鏡で観察する‘微小ロボット’のモジュールが、形をさまざまに変えてたった一つの細胞を捉える

    顕微鏡で観察する‘微小ロボット’のモジュールが、形をさまざまに変えてたった一つの細胞を捉える

    ノースカロライナ州立大学とデューク大学が発表したビデオでは、顕微鏡の下で5つの小さなキューブが自由に浮遊している。突然、二つのペアがくっつき合い、最後には5つすべてが一体化する。いったんくっつくと、彼らは蝶番のように折れ曲がり、パックマンのあごのように密着し合う。キューブたちは小さな円形のオブジェクト…一つのイースト菌の細胞…に接近し、蝶番の開閉を利用して前進していく。やがて彼らは閉じた形状になり、そこにイースト菌を閉じ込め、その後また開いて、菌を自由にしてやる。 続きを読む

  • AIでがん患者に最適な治療法を見つけるMendel.aiが200万ドルを調達

    AIでがん患者に最適な治療法を見つけるMendel.aiが200万ドルを調達

    Dr. Karim Galilはうんざりしていた。がんで患者を亡くすことにうんざりしていた。散乱する医療記録にうんざりしていた。として、様々な効果をうたう数多くの臨床試験を掌握することにうんざりしていた。多くの患者を失い、忍耐力も失いつつあったGalilは、AIシステムを構築して担当する患者を、最適な治療方法とマッチングさせようと考えた。 続きを読む

  • メアリー・ミーカー、医療分野でのシリコンバレーの役割に言及

    メアリー・ミーカー、医療分野でのシリコンバレーの役割に言及

    今日(米国時間5/31)、メアリー・ミーカー(Mary Meeker)のインターネット・トレンド・レポート最新版が公開され、そこには私たちの将来をテクノロジーががどう形作るかについての考察が満載だ ―― そして、今年は医療問題も取り上げられている。ミーカーが同レポートで医療に言及したのはこれが初めてであり、これは今後の私たちの生活を改善していく上で、テクノロジーが果たす役割の大きさを示すものだ。 続きを読む

  • Appleは睡眠追跡のBedditを買収、それでも製品とサイトは存続している

    Appleは睡眠追跡のBedditを買収、それでも製品とサイトは存続している

    本誌TechCrunchが確認したところによると、Appleは睡眠追跡ハードウェアとソフトウェアの企業を買収した。この買収のニュースは、CNBCが最初に報じた。 そのBedditのプライバシーポリシーのページで、同社も買収されたことを確認し、さらに、ユーザー情報は“Appleのプライバシーポリシーに従って収集、利用、そして開示される”、とある。 続きを読む

  • Alphabet傘下Verilyのスマートウォッチは大量の生命徴候データを長期にわたって集め医学研究に奉仕する

    Alphabet傘下Verilyのスマートウォッチは大量の生命徴候データを長期にわたって集め医学研究に奉仕する

    長期的な医学研究を念頭に置いて設計されたStudy Watchは、ふつうのスマートウォッチとはまったく異なる要求に応えている。このデバイスを設計したVerilyはGoogleの持株会社Alphabetの傘下で、多発性硬化症の観察やグルコースレベルをモニタするコンタクトレンズなど、本格的な医学研究をターゲットにしている。 続きを読む

  • 自宅でできる精子チェックが流行中?!

    自宅でできる精子チェックが流行中?!

    精子の状態を自宅でテストするツールがはやっているようだ。先週にはハーバード大学の開発した、安価かつ手軽に精子の運動能力チェックを行うアプリケーションが話題になった。そして今回紹介するYOも出荷を開始した。FDA認可のデバイスと、簡単に使えるアプリケーションをセットにして、精子の状態をチェックするものだ。 続きを読む

  • MIT等の研究チームが、耳の有毛細胞を再生して聴覚消失を防ぐ方法を発見

    MIT等の研究チームが、耳の有毛細胞を再生して聴覚消失を防ぐ方法を発見

    年齢を重ねると共に、耳の中の有毛細胞は ― われわれと同じように ― 徐々に死んでいく(嫌な書き出しだ)。その結果片方の耳で約1万5000個の有毛細胞が損傷を受け、大きな音やある種の薬品によってさらに悪化する場合もある。これが聴覚障害の主要な原因となっている。損傷された細胞は自然に再生することがない。 続きを読む

  • 3D
    ケンブリッジ大学が癌の診断治療への3D VR技術の応用を研究中

    ケンブリッジ大学が癌の診断治療への3D VR技術の応用を研究中

    テクノロジーが癌の治療に貢献、というお話は、いつ聞いても嬉しいけど、そこに仮想現実が登場するとは、ぼくも含め多くの人が思ってない。でも、今ケンブリッジ大学の研究者たちが100万ポンドの補助事業で研究に取り組んでいるのは、VRと3Dの視覚化を利用する診断と治療の技術だ。 続きを読む

  • スマートウォッチが毎日勝手に健康診断をしてくれる…病気の早期発見のための強力なツールだ

    スマートウォッチが毎日勝手に健康診断をしてくれる…病気の早期発見のための強力なツールだ

    自分の健康を気にして、さまざまな不具合の兆候に気をつけている人は多いが、そんな人たちの中にも、心拍や体温など測定できる項目を毎日チェックしている人はあまりいない。これまで、そんな人が一人もいなかったとしても、これからはスマートウォッチが毎日、勝手に測定してくれるだろう。 スタンフォード大学のMichael Snyderの研究チームが最近発表した、長期的な実験の結果によると、スマートウォッチは確かに、疾病の診断や監視の役に立つ。 続きを読む

  • 糖尿病患者の健康状態を常時チェックして警報をスマホに送るSiren Careの“スマートソックス”

    糖尿病患者の健康状態を常時チェックして警報をスマホに送るSiren Careの“スマートソックス”

    糖尿病の健康チェックサービスSiren Careが、糖尿病患者が温度センサーで炎症や傷害を、リアルタイムで検出する、スマートソックス(靴下)を作った。 協同ファウンダーのRan Maは、ノースウェスタン大学にいるときに傷めた背中の皮膚を回復するため、バイオマスを育てていたとき、糖尿病患者の足の処置について勉強を始め、怪我を調べたり防ぐためにウェアラブルを作ることを思いついた。 続きを読む

  • Uber、ユーザーにインフルエンザ予防接種5人分を無料提供

    Uber、ユーザーにインフルエンザ予防接種5人分を無料提供

    昨年Uberは、オンデマンド健康パック配送サービスのUberHEALTHをスタートし、オプションとしてインフルエンザの予防接種を提供した。2016年も、同じくオンデマンドで「対インフルエンザ」ケアパックを提供するUber for Healthをアプリ内でリクエストすると、近くに住む最大5人までがインフルエンザの予防接種を受けられる。しかも今年は、すべて無料だ。 続きを読む

  • 起業家円卓会議(ERA)デモデーにおける12社のプレゼンテーション

    起業家円卓会議(ERA)デモデーにおける12社のプレゼンテーション

    ご存知ない方へ。Entrepreneur Roundtable Accelerator(起業家円卓会議アクセラレーター)は、他のアクセラレーターと同様に、参加するスタートアップ企業を投資候補者へ紹介するプログラムである。 プログラムはまた、スタートアップがマーケットに参加することを助けてくれる、業界に関連したメンターとのペアリングも行う。今年は、12スタートアップのうちの11社が、ERAから40000ドルのシード投資を受けた。 今年のスタートアップは、あらゆる場所からのB2B市場への対応、サイバーセキュリティプラットフォーム、そしてネット接続… 続きを読む